「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり・・

退職|現在、ブラック企業がメディアで取り上げられたりし・・

  • 近時は、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件に関する取り締まりが強くなったり、悪質な経営をしていると社名を公表されたりと、厳しく罰する傾向にありますが、パーフェクトとは言い難いです。それゆえ、面接で見破る必要が出てきます。ともかく、求人票などに記載された労働条件をチェックし、それらを使って堂々と質問しましょう。おおよそブラック企業であれば、質問したことが嘘であった場合、明確に返答できなかったり、あるいは、その場で答えられなかったり逃げようとすることが多いです。とりわけ給与や残業や休日に対しては、質問してみると、困った表情を見せる可能性大です。それでもしつこく聞くとブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされたような態度になってくるので、そこで相手がウソをついていると確信できます。この手の会社は、募集要項を遵守してくれない上に、入社後もふてぶてしい態度でいることが多いため、「何か引っかかる」と思ったなら、他の会社をあたったほうが良いと思います。

    退職|転身を近いうちにするつもりなら、労を惜しまずにさまざ・・

  • 再就職を念頭に置いているなら多くの会社の採用情報の詳細を日常的に調べておくと再就職先の選択をするときに大いに役立ちます。あなたが今の職場に何か不満や納得いかないことがあるケースでは、いざ転職活動をする時にどの企業も魅力的に見えてしまいます。そういった状態になってしまうと、どこを選択すべきか迷ってしまうのでどんな企業でも飛びついてしまうのです。したがって、短い期間で退職しなくてはならなくなるので、どんな会社か見極める目を養っておくべきなのです。企業の雇用に関わる情報だけ見るのではなく、その転職したい会社の「取引先」も気にしてみましょう。透明性ある会社は、取引先の情報を公開していますし、逆にそうでない企業は、広告宣伝ばかりしている傾向が強いので、求人チェック時に見ておきましょう。さらに、会社によっては、個人でのグループに入っている企業があるので、グループ名をチェックをすると細かい所もチェックできます。

    退職|新卒後最初に働いた会社で性格が合わない上司に憂鬱な気分にさせられ…

  • 新卒で採用された会社で性格のきつい上司に心をすり減らし、結局我慢することができなくなり退職し、同業者の別の企業に変えました。転職先の会社では人間関係を良好に保つことができきわめて満足のいく毎日でしたが、徐々に会社の売上が落ち込んで、最後にはある会社に経営統合されることになりました。偶然にもその経営統合先の会社がなんと以前働いていた会社で、その上大嫌いだった上司が再び私の上司となることになりました。いったいこれはなんでこんな縁があるのでしょうか。当然再度の転職活動を始めるつもりです。

    退職|転職活動をしていて面接において間違いなく質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動をしている際に、面接で必ず質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。このうち志望動機に限っては、隠さずに話してもかまいませんが、転職理由についてストレートに伝えるのはよくありません。たとえば給料の不満、上司や同僚との人間関係など聞き手があなたに良い印象を持ってくれる可能性は少ないです。たぶん、自分にとってマイナスになると予想されることをストレートに話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそのような部分に注目しがちなので、かなり慎重に質問してきます。これに対抗して悪いイメージを持たれるのを回避する方法として、現職の業務内容以外を一切話さないことです。それにプラスして、「御社に入ってから〇〇したいです」、「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、そのために御社を選択しました、と話をすり替えてポジティブな印象を与えるのです。

    退職|とらばーゆを決心をしたのであれば、会社の人には内密に…

  • 例えばあばたが、現職からの転業の意思を固めたのなら、まったく周りの人には内密にその気持ちを知られないように、活動を進めていき、現職期間中には、あくまでも社内の人間に悟られないよう淡々と業務をこなしていくのが妥当です。転職先が決まっていない間、この点を意識しておけば、もしもいい転職先が容易に見付けることができなくても、転職を持ち越しながら、現在の職を残ってもトラブルがありません。でもついつい「転職するつもりでいる」と口にすると、周りの人は、その言葉を受けた対応をします。そればかりでなく会社内で「辞めるつもりです」と口にしたら、「あの人はもうすぐ辞める」と見なされます。しかし、転職の気持ちが消えて、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」と心境が変わっても、周囲の人たちは、「一度は仕事を辞めようとした人」ということで在籍中、立場が悪くなる思いををする可能性が高いです。

    友人・知人からの紹介によって転職する先を見付ける人がいます。

  • 友人・知人からの紹介によって転職する先を探す人もいるでしょう。しかしながら、転職した先の労働環境や労働条件といった点に関して友人からの口コミだけを信用しすぎるとあとで面倒なことになるかもしれません。言うまでもなく、ある特定の人の口コミというのは、どうしても伝える側の主観が入ってしまうからです。それ故に紹介者にとって、今よりずっとベターな職場だったとしても、自分自身の価値観に照らし合わせたときには、そうではない可能性なのかもしれません。職場環境の良し悪しは、人それぞれです。口コミだけに頼らずに、最後は自分の目で確かめておくことも大切です。

    再就職時の面接でする腕時計の事ですが、ビジネスの場らしからぬ目立つようなタイプの…

  • 転職する際に行われる面接のときにつける腕時計ですが、明らかに目立つタイプの腕時計はやめておいた方が良いと言えます。この場合の腕時計で目立つものというのは高価なものとか、といったことだけではありません。反対に、明らかに安い腕時計の印象を与えるとか、そのような目立つという意味であって真反対の目を惹くのだと捉えておいてください。転職の面接のときにつける腕時計においてはポジションとしてはネクタイやスーツと同じようにとらえ面接するにふさわしい安全なものを身に付けるほうが確実です。そうはいっても、年齢にあったものというのも必要な条件であり、新卒の頃に面接時にしていた腕時計よりはほんの少しでも高級感のある腕時計にした方が好印象であるということは言えるでしょう。

    ほとんどの場合大手企業は「定期採用」がメインです。ですから、…

  • ほとんどの場合一流企業は「定期採用」で人材を確保します。ですから、転職希望者には適していません。そのうえ、都市近郊部~地方となるとその確率はたいへん少なくなりそうです。でも、「製造業」の場合であれば、都市部でない地方の工業団地界隈に工場を構えていることが可能性が高いです。また、そういう地方の工場に的を絞れば、事業分野の拡大と並行して「中途採用」を併せて行っているので、そのタイミングを利用して転職するのも悪くないでしょう。そのためには、地方の工場に転職しようと考えているなら、希望する会社についての情報をまえもって仕入れておきましょう。公式サイトにアクセスし、求人予定の有無など、こまめにチェックすると良いでしょう。

    いい転職をしようと転職活動で「経験としてこういう職場の…

  • 転職する活動中に、「自分は今まで、こういった種類の仕事に従事しました」「過去の会社の仕事によって、こういったスキルを手に入れました」と自分の実績・セールスポイントをよく伝わるようにアピールする人はしばしば目にします。しかし、転職先の1から始める職場で「こういった仕事をしたい」「このような業務なら積極的に貢献できるはず」と将来的なビジョンで自身をアピールする方が過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。この点に注意しつつ、転職活動をがんばってみましょう。

    転職サイトに一度登録すると、電話・メールで頻繁に連絡が入ります。

  • 転職サイトは一度登録したあとに、電話やメールでの連絡が何度も来ます。これについて転職初心者は結構驚くケースが多々あります。転職エージェントは転職を助けることが目的とされるので、本当に積極的です。特に大手エージェントは、転職を成功へと導くことで企業から報酬が支払われるシステムのため、転職活動される人の都合よりも企業の都合を優先させることが多かったりします。その上転職エージェントは、契約数を増やしたいために、内定を得た瞬間に、入社するよう後押ししてくることが多いです。防御策として自分の気持ちや意思を明確にし、無理に転職することがないように気を付けることが必要です。

    退職|クールビズで転職の面接を受けに行くときには、ジャケットはさすが・・

  • クールビズのスタイルで再就職の面接場に出向く場合、やっぱりジャケットは着ていかなくても大丈夫だと言い切ることができるわけですが、ネクタイは面接では着用しているほうが悪い印象を与えることがありません。タイの着用はなくても大丈夫だとする企業も存在するケースもありますが、ネクタイについては例えクールビズであってもつけて行く必要があるとする企業がある程度存在するわけです。ですので、例えクールビズが指定されていてもネクタイをしてから面接に行った方が印象が良いというのは認識しておいてください。

    退職|あなたが転職を視野に入れたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」のよう・・

  • 転職を視野に入れたとき、「Uターン」「Jターン」において大都市から地方に移って転職したいと思っている方も少なくありません。ネット社会の今では求人情報サイトの地域指定をするだけで、地方での求人情報も容易に知ることができますが、ただ残念なことに、郊外や地方での求人の場合、大都市では当たり前に見るような条件や待遇のある企業が少ないというのが大きく違うところで、そういった点でマイナスといえます。そのため、転職サイトだけに集中するとなかなか難しいかもしれません。転職サイトだけでなく、その地方の自治体や商工会議所のサイトもしっかり確認しておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった機関が主催する就業サポートの有無も見逃さないようにしましょう。

    退職|転職活動の最中、良いと思う求人(または業種)を見つけた・・

  • 将来的に転職活動をするという時は、気になった求人(OR 業界)を見付けるたびに必ず「〇〇業、ブラック、デメリット」でネットで調べておくべきです。求人票・転職エージェントでは、業界のマイナスとなる面は、教えてもらうことは不可能です。ネットで調べればインターネット検索によってカンタンにすぐに現実を知ることができます。そのような検索をしないまま、入社してしまうと、あとになって後悔してしまうおそれがあります。その求人が出ていた理由が「業務内容がキツく、なかなか人が定着しない」という場合も多いので、気になる案件・業種については、納得するまできちんと調べた上で応募するようにしましょう。

    「シフト制」の業務についてです。

  • シフトのある仕事についてです。毎週、一定の曜日に入れる人を募集している求人をけっこう見るのですが、もし、応募しようと考えているならシフトの出し方や休み方を面接の際にたずねておいた方が良いです。過去に私は出産のため休む人の穴埋めとして、正社員として入社したのですが、私のシフトが土曜、日曜が固定シフトで新人の私以外、誰も現場にいない状態という職場でした。産休に入った前任の女性が「土日」に必ず出ることができたので、私も出勤できると思われていたようです。なので「土日」に外せない用事が入ったりした場合、シフト変更を出す必要があり、同じ部署の上司に「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と自分で依頼しなくてはいけませんでした。立場も給料も同等なのに土日は一人だけなんて・・・。振り返ると本当に異常な職場だったんだと思います。

    とある古物商の会社で、書類選考に合格したので、相手方から、面接予定日を連絡してもらいました。

  • とある古物商にて、書類審査を通過し面接の日時について担当者から連絡をもらい、だが、当日、時間通りに行ってみると、相手の面接の準備が全くできていない状況だとわかりました。しばらく待つと、所長らしい男性が面接に応じてくれたものの、最初から最後まで、たいへんにだらしない態度を見せられ、なんとか面接を終えました。だが、約束の日を過ぎても、合否結果は告げられず、気になったので、自ら問い合わせると、「郵送で本日送付しました」と告げられました。しばらく待っていましたが、結局届かず、仕方がないので再度電話をしたところ、「残念ですが不採用」ということで、そう言われてすぐ、電話を切られてしまいました。あまりのことに呆れて何も言えませんでしたが、本当は、不採用で良かったと痛感しています。

    転職エージェント、そして転職サイトを使用して、転職活動することは現在の常識かもしれません。

  • 転職サイトおよび転職エージェントを活用して、転職活動する人は年々増加しています。ですが、転職先を確実に見つけたいのであれば、その上に転職フェアに参加するのがおすすめです。転職フェアでは、多くの企業が同時に参加するので、そこに足を運ぶことによって気になっている企業に関する情報を直接得られますし、それに加え、説明員等を通じて、その企業の社風がある程度わかります。これから、転職フェアに行く際には、面接だと思ってしっかりとした準備をしておくことがおすすめです。運よくフェア中に、企業側(の担当者に)認められれば、その後の実際の面接時にかなり有利なはずです。