「転職サイト」は、大手企業が運営しているもののほうが、…

転職サイトは、大手が運営しているものであるほど掲載される会社も多いので、…

  • 転職サイトは大規模なサイトの方が豊富な数の企業が掲載されているため、興味のある2つか3つの会社を、ともかくサイトに登録して、希望する勤務地や収入について条件を設定しておき、さらに条件に合う案件が掲載されたら自動的にメールが送られるように設定しておくと容易に情報収集を行うことができるようになります。とはいっても、最初だけは登録が大変ですので、登録前に履歴書と職務経歴書をしっかり準備し、さらにそれらをテキストファイル化して、コピー&ペーストする形で登録しておくと手間が減って便利です。登録の初日は、多少時間がかかることから、案件の検索や、その後の応募も大変な作業になりますが、次回以降は、新規案件のみ確認するだけで良いため、最初の準備をきちんと行うことを心がけてください。

  • 職を変えた際には、高確率でそれまでの会社の仕事の多くの出来事は美化されます。

  • 転職すると、高い確率で以前の仕事での多くの出来事は美化されます。本来は現在の会社に満足できないから、そういった思いをどうにかするために、せっかく転職を決めたはずなのに、昔を思い返すとどうしてかわからないけれど「前職のほうが心地良かった」と思うことは多いです。それというのも至って普通で、前職では仕事に慣れ切っていてすんなりとまいにちの業務をあっさりとできていたから、理由にあると思います。しかし、「やっぱり退職などするべきでなかった」と本気で悔やむほど、過去の職場のほうが待遇や自分に合っていた場合もあります。

  • 退職|転職のため職探しをする場合に注意して欲しい求人内容・・

  • 転職するため仕事探しをする場合に気を付けて欲しい求人内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高めで、拘束される時間が長めであるというものです。このような求人内容は、給料に『みなし残業代』を入れて告知しているケースが多いです。みなし残業代は、別名『みなし』とも言われ、30時間・45時間という風に求人の記載内容に時間の併記がされています。これは、毎月この程度の残業が想定されるので、給料に残業代を組み込んで計算しておくというものになります。(注・合法です)例えば求人に『みなし残業代20時間込』という記載は「書かれた時間分の残業代も含めてこれだけの給料になります」ということになるわけです。ただし、悪質な求人情報では告知しておくべき『みなし』を表記していないこともあるのでよく気を付けてください。

  • 退職|新たなことにチャレンジしたいと考え、転職サイトを利用し…

  • 今現在あなたが、「転職サイト」であなたがストレスなく働ける将来性のある仕事情報を見ているのなら、転職エージェントは絶対活用したほうがいいです。必要情報を入力し、エージェントサービスの登録のあと、エージェントが紹介してくれる仕事は、誰でもチェックできる公開求人とは違ってどう比べても、比べ物にならないくらいとても質が高いといえます。さらに、自分に合ったものをピックアップし、調査し、紹介してくれます。だから、あなたの希望のあなたの職種・業種の求人を提供してもらえたりもします。もし、同じ求人を発見するとしても、自分の力で行き当たりばったりに探す手間を考えれば、とても効率はいいですし、使ってみる価値はあります。

  • ある会社に派遣されて働いています。

  • 派遣で就業しています。労働契約法の関連で不本意ですが長い期間働いた就業先での就業を終わらせなければなりません。いっしょに働いている派遣の仲間の中には派遣先から正規社員としての契約を獲得した方もいるのですがぶっちゃけ仕事ができるわけではなく派遣先の上司へのご機嫌取りがうまくて引き立てがあったよう。業務処理能力よりも上司のおじさん転がしスキルが必要なのだろうと選考に漏れた別の派遣の同僚と派遣先の職場で文句を言う毎日です。

  • 転職をするための活動を効率的にやっていくには、まずゼッタイに…

  • 転職のための活動中はとにかく、何よりも自分自身の心が沈着であるということをとても忘れないようにしたいものです。働きながら転職をするための活動をする場合はたいして気にしなくても良いとは思いますが、退職してしまってから行う場合だったら、やはり心が焦りが出てしまいます。であるので、慎重に活動するように意識しましょう。将来、自分がやってみたい業務や、理想とする職場の雰囲気を明瞭化しておきましょう。そして、希望する職場と比較してみて、それらが合致してるか、改めて冷静に見極めましょう。時間を掛けて判断することで良い転職先が容易に見つかるはずです。

  • 再就職の面接で決まり文句のように問われるのは前職を辞・・

  • 再就職時の面接で100%問いかけられるのが前職を辞めたわけです。この質問に回答する場合には話題を辞めた会社に向けない方が無難です。そのことを的に絞り話が進むと必ずマイナス要素を含んだ話になってしまいますから。どうこの点に関して面接を進めていけば良いかと言うと、どうして前の職場を辞めたかという点をこちらの会社にぜひとも入りたい理由があったからといった感じの話に持っていくべきであり、自己アピールもかねて今、自分が入りたい会社に焦点を向けていくべきなのです。転職理由でも、今面接をしている会社のことであればマイナス面を消しプラスの要素を含んだ辞職の訳にすることができます。

  • 退職|転職するための期間中は、知らず知らずのうちに時間がある…

  • 転職を決めるあいだは、そういう風にしたいわけではないのに時間が有り余っている分、だれた生活になってしまいます。・・であったとしても、そうした過ごし方を常態化させてしまうのは危険です。というのも、だれた生活が当たり前になると、肉体的にだけでなく、「心」もだらしなくなるからです。なので、いつの間にか仕事をしようとする気力も失い、経済的に困ってしまいます。そうなると、悪いサイクルがさらにつづき、次の勤め先を見付けることが難しくなってしまいます。再就職先を決めることができないのは、給料を第一に考えてしてしまうからです。給料を一番に考えざるを得ない状況では仕事内容を重視して転職を決意していたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ということで、お金に縛られない生活を続けるためにも、ダラけた姿勢は、止めておきましょう。

  • 退職|将来に目を向け、楽しみを見出しながら再就職に向けての転職活・・

  • 楽しく転職活動ができれば、メンタル的にも転職期間中の堕落も回避できます。そのうえメンタルにも損なわれていない分、割と早く転職先も見つけられるはずです。お勧めなのは、休職期間をつくることなく転職先を見付けることです。今の仕事を続けながら、次の仕事を見つけるのが理想です。それに、隙間をなくせば直ぐに働けるので、経済的な心配もありません。そのようにしておけば、仕事をしていない期間はできませんから、将来に響くこともありません。要するに、再就職の際にマイナスの要因がなくなるということです。先のことを考えながら、上手に転職活動を進めていきましょう。

  • 退職|転職活動の際は、前もって、求人票を見たり、インターネット上の公式サイトを見たりし…

  • 転職をする際は、まず第一にハローワークやインターネット上の求人情報を見たりしてその会社のことを調べるのですが、ですが、当該会社が情報を公にする際には、、専属「コンサルタント」が手を入れている可能性が高いです。彼ら(コンサル)は、会社にとってマイナスになる情報を隠す能力に長けています。仮に公開するとしても遠回しな表現に徹します。その種の会社や社員に関連する情報については、馬鹿正直に信じるのではなく、参考程度に聞いておいた方がいいでしょう。美辞麗句を信じて入社してしまった場合、「話が全く違う」と後々、後悔するおそれがあります。たちの悪い会社は、素直な人間を取り込み、その後は難癖をつけて、いかにして辞めさせないようにするか画策しています。この種のブラック企業には注意が必要です。

  • 転職しようと考えている会社の見学ができれば、すごく参考になります。

  • 転職候補先の見学ができれば、たいへん参考になります。そういった会社のなかでも、技術を必要とされる業種なら、スキルを近くで見られるため、気持ちが高ぶります。でも、残念なことに「職人」がいる会社見学は、見学者には間違いなく、いつも通りの仕事現場を見せてくれることは少ないです。例を挙げるとずばり、ブルーワーカーなどの分野です。この業種では、独自の感覚を持つ人が多いので仕事を始めてみるまでは、実際の姿はわからないものです。ですから、仕事=見学内容と思わないことがとても良いです。それに加えて、会社見学時に仕事を体験させてくれる会社はかなり問題がありますから言語道断といえます。正規雇用が結ばれていない場合、万が一何かあっても、それに対する保証が一切無いので、万が一、勧められてもやんわりと断るのが無難です。

  • 退職|新しい転職先で、すぐに「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。

  • 転職の予定があるのなら、「年収」を高望みしないほうが無難です。入社した年度は、大方研修期間が含まれているというのが少なくありません。自身の転職したときは、労力を費やして転職して悲しいかな以前の職場での年収とあんまりイコールで変わりませんでした。加えて、業務内容もきつく、責任のある立場で、1年目を越すのも厳しかったです。ではどうすればいいのでしょうか。それは、初年度は、仕事を学ぶ年と割り切り、可能なかぎり転職以前に貯金しておくことに尽きると思います。

  • 退職|転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択予定の方…

  • 転職する場合、派遣社員」で考えている人に注意してほしいポイントがあります。まずはじめに派遣という言葉を聞くと、電話対応、データの入力などの雑務、雑用等をのような業務内容をなんとなく思い浮かべる人がおそらく少なくないでしょう。最初は私自身も現在勤めている会社に入るまでは「派遣社員」の募集に応募したとき、電話応対と聞いていました。採用の際に派遣会社から伝えてもらっていました。でも、いざ働き始めると、なんと「電話対応」にプラスして、辞めた正社員の穴埋め役を要求されました。知識もないので毎回てんてこまいですし、面接のときの説明とはかなり違っていたので非常に参っています。今は、派遣の期間が過ぎるのを待つのみです・・・。

  • 退職|現代、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、…

  • 最近、インターネットの就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティング会社をよく見かけるようになりました。あなたに特許を出した経歴があるなら、彼ら(ヘッドハンティング会社)から電話が掛かってきやすいという話をご存知ですか?彼らは、特許を出願した人だけでなく、研究開発で論文を発表した経歴のある人や、テレビ・雑誌などの「マスコミ」に出演した人など、何かしらの「功績」を残したと思しき人を対象に、電話やメールを使ってコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしようと画策しています。万が一、あなたがヘッドハンティングと推測される話が出てきた場合は、心当たりがないか考えてみましょう。稀にヘッドハンディングのように見せかけて、登録料を請求する会社もありますが、その手の業者はたぶん嘘なので、騙されないように注意しましょう。報酬を支払わなければいけないのは登録している会社で、転職希望者が払う必要はありません。

  • 求人関連の情報では、とうぜんたいていの会社では月の収入がしっかりと記載されていますよね。

  • 求人関連の情報を見てみると、大部分の企業では月の給料がしっかりと記載されていますよね。ただしこの月収の箇所を調べれる時には、深く確認する事が必要です。その数値だけで納得しないほうが無難です。というのはもしかすると、月収の金額の内訳に月30時間残業の場合が含まれているかもしれません。残業代の金額を入れることで金額を多く見せ、応募者を増やそうとするケースも考えられるのです。それ以外にも、「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。歩合をかなり盛って月収を多く見せている可能性が考えられたりします。そういうわけで、その手の応募者を増やそうとする会社には近づかないほうが良いでしょう。

  • 退職|安定的な人生を願い正規の雇用社員として働こうと考えている人は…

  • 安定した生活を希望して正規の雇用社員を目指している人はかなりいらっしゃるはずです。とはいえ、役立つスキルを身に着けたりしていくら頑張っても正社員としての転身が叶えられないこともあります。準社員の求人はたくさんあるのに正規雇用の求人以外は気にも留めずチャンスを放棄してしまっている人が多いといいます。万一あなたが正規雇用での転職が厳しいのなら、非正社員の募集にも目を通してみましょう。契約社員や派遣社員募集の企業の中には成果次第で数年で非正規雇用から正規雇用にステップアップを狙えるところもあるからです。ですので採用面接時に、「正社員登用」のチャンスがどのくらいあるかを尋ねておけば、将来設計も組みやすくなります。