いい転職をしようと転職活動の際に「私は今までずっとこういう…

退職|がんばっている転職する活動時、「自分はこれまでずっと…

がんばっている転職活動時、「今までずっとこのような仕事に尽力してきました」「過去の仕事によって、このような経験を身につけました」と自身の実績を強調してアピールしようと考える人はしばしば目にします。ところが、応募し新しい職場で「近いうちにこうありたい」「私が触れたような内容の仕事ならできれば参加したい」と将来的なビジョンで自分をアピールしていったほうがよっぽど効果があります。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。

退職|転職サイトは一度登録したあとに、電話・メールが頻繁に掛かってきます。

転職サイトに一旦登録すれば、電話・メールが呆れるくらい掛かってきます。転職初心者はとてもびっくりするケースが多いです。「転職エージェント」は、利用者の転職をサポートすることが業務だといえるので、大変積極的にアプローチしてきます。その中でも大手のエージェントは、転職を成功させると企業側からお金が支払われる仕組みであるといえるので、転職したい人の都合よりも企業の都合を優先的に考えるケースが目立ちます。加えて、転職エージェントは、成約数を増加させたいがために、内定がでた直後に、「入社されてはどうでしょうか?」と説得を図ります。自身の気持ちを明確にしておき、妥協した形の転職とならないように注意することが大事です。

クールビズをして再就職の面接場に出向く場合、ジャケットま・・

クールビズ(軽装)の格好で再就職の面接を受けに行くときには、さすがにジャケットは着ていかなくても大丈夫だとはっきりと言い切れます。ですが、ネクタイは面接では着用しているほうが印象的には良いです。ネクタイにおいてもなくても大丈夫だとする会社も存在する可能性はあります。ですが、ネクタイについてはクールビズが推奨されていても身だしなみとしてつけなければならないと考える会社がいくつかは存在します。そんな訳で、クールビズ(軽装)が許可されていてもネクタイに関しては絶対に着用いく方が安心であるということをわかっておいてください。

退職|あなたが再就職しようと考えた場合、「Uターン」「Jターン」におい・・

再就職しようと考えた場合、「Uターン」「Iターン」において都市部から地方へと移り住んだうえで再就職してみたいと興味を持つ人が増える中、実行に移している人もたくさんいます。最近では求人情報サイトを見れば、地方・郊外の求人もいつでも閲覧できるようになりました。ただ、地方や郊外での求人については、どうしても選択肢が限られてくるのが一般的です。といった問題があるので、転職サイトを使用するのは当たり前ですが、転職サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」といった情報サイトもまめにチェックしておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」といった役所が主催する転職サポート系のイベントについても注意してみておきましょう。

転職活動をするのなら、気になる求人(または業界)を見た際・・

将来的に転職活動をするという時は、気になる求人(もしくは業種)を見るたびに逐一、「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネットで調べておくべきです。求人票や担当してくれる転職エージェントから入ってくる言葉からは、まずその業界に関するマイナス面などは知ることはできません。もしも、ブラック案件が多い業界であれば、ネット検索を活用することでおおまかな実態を理解できます。そうした実態を理解しないまま、入社した場合、あとから落胆してしまう可能性もあります。そもそもその求人が出ている理由が「業務内容がキツく、なかなか人が定着しない」ということも少なくないため、気に入った案件や業種については、しっかりチェックしたうえで応募しましょう。

「シフト制」の勤務形態がある仕事についての話です。

これはシフトの仕事に関する話です。毎週、決まった曜日に働ける人を募集する求人を頻繁に見ますが、もし、応募しようと考えているならシフトの出し方や休み方をあらかじめ確認しておいた方が良いです。それはどうしてかというと、過去に私は出産のため抜けた人の代理として正社員として仕事をすることになったのですが、私のシフトが土曜、日曜が固定シフトだったのですが、新人の私以外は、他の社員は誰一人現場にいませんでした。前にいた女性が「土日」にかならず出られる人だったので、私も出勤できる人として扱われてしまいました。「土日」に冠婚葬祭が入ると、シフトを変更してもらわなくてはならず、同じ部署の先輩方に「代わりに出ていただけませんか?」と自ら依頼しなくてはいけませんでした。給料も立場もほとんど同じなのに土日を1人の人に任せるって・・・冷静に考えると、よく我慢したなと思います。

退職|とある古物商の会社で、書類審査を通過しました。すぐに…

とある古物商にて、書類選考に合格したので、先方から、面接予定日を連絡してもらいました。にもかかわらず、面接日当日、指定場所へ行ってみると、相手が、面接の用意を一切していないと知りました。しばらく待つと、所長らしき人が面接中も半ば聞きというか、始終驚くほどだるそうな対応の状態のままやっとのことで面接が終わりました。予定日を過ぎても結果連絡が一切なく、私のほうから問い合わせてみると、「郵送で本日送付してあります」とのこと。しばらく待ちましたが、結局、届きませんでした。再度問い合わせてみた結果、どういうことなのか、「今回は見送らせてもらいました」と一方的に電話を切ってしまいました。呆れ返ってしまい言葉も見つかりませんでしたが、率直に、不採用でよかったです。

転職エージェントと転職サイトを使用して、転職活動を行う人はますます増えています。

転職サイトや転職エージェントといったサービスを活用して、転職活動することは今では常識といえるかもしれません。しかし、条件のよい転職先を確実に見つけたいなら、その上に転職フェアを利用してみるのもありだと思います。転職フェアは、複数の企業が一度に集まるイベントなので、参加することであなたの気になる企業の情報を効率的に得られますし、加えて、説明員等を通じて、その企業の社風についてある程度は知ることができます。もしも、転職フェアに参加しようと思うなら、面接に臨む覚悟で自分をアピールする準備をしておきましょう。その結果フェア中に、企業側(の担当者に)認められれば、そのあとの面接の本番時に非常に有利になると予想されます。

退職|求人サイトをチェックする折、オフィス系の仕事が希望だから…

求人サイトをチェックする場合、「オフィス系の仕事をしたい」と思っている人ほど製造業をスルーしてしまっています。そういった人のほとんどは「製造業は、現場で製造する仕事だけしか募集してない」と勘違いしている可能性が高いです。実際に、製造業での求人でも、現場に出る仕事だけでなく経理、人事、総務などの従業員募集から、購買、営業管理といった「事務系」に準ずる仕事が多数あるのです。ですが、製造業の勤務場所はオフィス街から外れた地域にあるので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、その点がマイナスに映る人もいるかもしれません。ただし、自身のこだわりを捨てることで将来の可能性を高めてくれる機会になるかもしれません。

退職|転職の際に今働いている会社を辞める時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけません…

転職のために今務めている会社を辞める時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけませんが、仮に自分の希望により退職届を書いて退社する、いわゆる自己都合退職の際にはすぐさま失業保険が出るわけではなく手続きをした後に失業が確認されてから3か月経ってやっと受け取れるのです。よく間違って退社した日の翌日から3か月経過すればもらえると信じている人がいますが、この規則に無理解な人が、ハローワーク側にミスがあると主張してその結果としてハローワークのスタッフと口論していたのを以前見たことがあります。なお、社員側の都合ではなくリストラなど会社都合で解雇されたケースでは、失業認定されてから直ちに失業保険がもらうことが可能です。

退職|転職の時の面接で着用するビジネススーツの色合いについては・・

職を変える時に必要なスーツの色については、新卒の就職活動に身に付けている色が安全です。ということは、黒系や紺系の暗い感じの色味になります。それは転職であっても、着用するビジネススーツの色合いは新卒の就活の時のようなダークカラーが圧倒的に多くて、黒や紺以外の色の転職者は圧倒的に少ないです。あえて言えば、たまにグレーのビジネススーツを着ている人がいるくらいで、全体的には紺系や黒系が多数派なので、面接を行う人事部から見ても黒とか紺のスーツを着ている人が違和感なく見えます。ですから、身だしなみ、という面においてはぜひおすすめします。

再就職の面接に関してですが企業側からクールビズでも大丈夫で…

転職の面接での身なりは企業側からクールビズで来てくださいとと書かれていることもあります。ですが、クールビズで伺うのは印象が悪いのではないか?と懸念する人もいます。そういう悩みを懐に抱え込んでしまっている人たちに進言したいのは、企業側からクールビズOKだと言われた面接時は伝えられた内容をそのまま行動に移したほうが堅いです。迷うことによって、明らかに暑い時期にスーツをしっかりと着ると逆におかしいので、会社側からクールビズで来てくださいと書かれていたらクールビズで良いのです。

転職時の採用面接に希望先の会社へ出向きました。

転職の面接を受けに転職希望の会社へ伺ったときのことです。その日に限ってその会社の部屋が空いていないということで社外で面接担当者と待ち合わせて面接をして、その場所で解散をし、面接担当者も会社には帰らずそのまま帰宅するとのことでしたが、ビックリしたのは自宅最寄駅が私と同じ。なので電車内においても彼と一緒におしゃべりをしながら帰ることになり、すっかりお互いリラックスして話が盛り上がり、それが奏功したからなのか何事もなく採用を掴み取ることができました。

このようにここ最近の企業の労働環境が目まぐるしく変わってきたこ…

今現在の会社や企業の雇用形態の激しい変移をについて、働きざかりの世代の中で34歳ぐらいまでの若い世代が特に注意してみているようです。それはたぶん、先行きを見据えようとしているのでしょう。こういった理由からサラリーマンや労働者の労働市場の流動化が進行しているようで、さらにこの先、転職への関心は増加していくものと思われます。そういったことから、転職することは当然のことと認識されていくでしょう。「終身雇用制度」があった頃は、「転職」には良くないイメージがつき転職が思い通りにいかない人もあったようです。しかしながら、時代の変化もあり、今現在やっている会社のみに執着する必要もあまり無くなっているように感じます。

退職|失業によって得られる失業保険は、失業状態でない人はもらえませんが…

失業したときにもらえる失業保険は、失業していることがもらうための必要条件ですが、延々と受け取れるワケではなく、「期間」があります。離職時までに働いていた期間によって違い、3ヶ月だったり、1年だったりするのですが、驚くことにこのような事実を理解していない人が少なくありません。永久にもらえると思い込んで失業保険で食べていけばいいと考えて遊び続けている人もいますが、給付期限があと1ヶ月、という段階で気づいてから焦りつつ就業先を探しても条件のよいところを見つけるのは困難です。転職を希望する会社の面接担当も無能ではないので、「いつ頃失業したか」「失業から、どのくらい経つか」「その間、何をしていたか」といった部分はだいたいバレると思っておくべきです。場合によっては、面接の際に失業中何をしていたのかことごとく聞かれます。答えに詰まったり、不自然な嘘をついたりしていると、合格する可能性は限りなくゼロに近くなります。

退職|新しい仕事を見つけるために人材会社へ登録に行きました。

一昨日転職のために人材バンクに登録をしに足を運びました。カウンセリングをしに出てきた担当者の雰囲気がどうも学生と見間違うほどの若い社員で、こちら側が説明していることの5割も彼はわかっていない様子。しかも「キャリアデザインが全然ですね」とか「もっと自分の強みを明確化しいていく必要があります」とか、一人前のことを偉そうに言うから大変不快な気分になりました。カウンセリングを担当する人はそこそこカウンセリングの経験がある社員にしてほしいと感じます。