万が一、転身を決心をしたのであれば、周囲にひそかにそれを教えないように…

退職|万が一あなたが、転職を決めたのなら、あくまで周囲に・・

  • 一度、転業の思い立ったのなら、徹底的に周りに内密にそれが広まらないように転職活動を進め、現職中はできるだけ周りの人に悟られないよう通常通りに仕事をするのがたいへん安全です。その姿勢でいれば、もしも希望に知った転職先をうまくいかなくても、転職を見送って現職にし続けても容易にできます。そうではなくて、「転職するつもりでいる」と言ってしまうと、周囲はそれに合わせて動きます。また辞めると一度言ったら社内では一気に周囲からは「あの人は転職する人」と受け止められます。しかし、転職の気持ちがなくなり、「やっぱり辞めないことにしました」と釈明しても、「一度は辞めようとした人」とあなたを見るので、在籍しているあいだ、身の置き所がない思いををするリスクが高いです。
  • 退職|知っている人による紹介で転職の先を探すこともあるでしょう。

  • 友人・知人からの紹介によって転職する先を見つけている最中の人もいるでしょう。しかし、転職先の労働環境や労働時間などの大切な部分を知人からの口コミ情報のみであんまり信じすぎてしまうのは、あまり問題になることが多いです。どうしてもある特定の人の口コミというのは、客観的な要素が排除されやすく、客観性に乏しくなります。紹介した人にとって、かなり良い働く場所だったとしても、あなた自身にとっては、まったくそう思えない可能性かもしれません。またその逆も然りです。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミだけに頼らずに、最後は自身の決断を信じるしかありません。
  • 再就職をする際の面接で着用する腕時計のことなのですが…

  • 再就職する時に行われる面接を受けるときにする腕時計についてですが、ビジネスの場らしからぬ目を惹くタイプのものは着用しないほうが安心といえます。腕時計で目立つものというのは高そうなデザインをしているとか、といったことだけではなく反対にチープなものに見えるとか、そのような目立つという意味であって真逆で目を惹く、ということでとらえておきましょう。転職の面接のときにつけていく腕時計についてはポジション的にはスーツやネクタイと同じように、面接するにふさわしい安全なものを選択した方が確実です。ただ、年齢に適しているということも大切で、新卒の時に面接で着けていた腕時計よりはほんの少しでも高級感のある腕時計にした方が好ましいということは言えます。
  • 退職|一般的観点からすると一流企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるた・・

  • 一般的に見て大企業では、「定期採用」で人材募集することが普通なので、転職希望者には適していません。そればかりでなく、都市近郊部~地方となるとその可能性がきびしくなります。ですが「製造業」に関連する企業の場合であれば、地方の工業団地近辺に製造工場を置いている少なくありません。そういった地方の工場に的を絞れば、事業を拡大する時に「中途採用」を行っているので、そういったタイミングに転職を考えるのも悪くありません。地方の工場での転職を希望される場合は、希望する企業についての下調べからあらかじめチェックしておきましょう。ホームページをチェックし、求人がないか頻繁に確認してみましょう。
  • 励んでいる転職活動の際、「自分は振り返るとこういった職・・

  • やっている転職する活動時、「これまでずっとこういう価値のあるの仕事に尽力してきました」「今までに手にした経験は、、、です」と過去の自身の成功体験などを強めにアピールする人はけっこう少なくありません。ところが、転職先となる再スタートを狙う企業で「こういったことをしたい」「これこれの内容ならぜひ貢献したい」と未来の姿を通して自身をアピールしていったほうがよっぽど効果があります。この点を踏まえて転職活動をがんばってみましょう。
  • 転職エージェントに一旦登録すると、何度も電話やメールをしてきます。

  • 転職エージェントに一旦登録すると、何回も電話やメールをしてきます。初めて利用した人は結構驚くことが多々あります。「転職エージェント」は、会員の転職を促すことが業務ですので、かなり積極的な姿勢を見せます。中でも大手エージェントは、転職を成就させることで企業からお金がもらえる仕組みなため、転職活動される人の都合よりも企業の都合を優先的に考えることが多かったりします。加えて、彼らは、契約数を増加させたいがために、内定が出たその日に、入社を強引にすすめてくることが珍しくありません。自身の気持ちをハッキリしておき、無理に転職することがないように心がけましょう。
  • クールビズ(軽装)の格好をして再就職の面接に臨む際には、…

  • クールビズ(軽装)をして再就職の面接に臨むときには、いくらなんでジャケットまでは着用しなくても良いとはっきりとわかるのです。ですが、ネクタイはしておいた方が好印象を与えてくれるのでお勧めです。タイなしでもOKだと考えている会社もある場合もありますが、ことネクタイはクールビズであろうと必ずつけなければならないと思っている会社がまあまあ存在します。したがって、例えクールビズで来るように言われていてもネクタイだけはしていく方が安心だということは知っておいてそんはありません。
  • あなたが転職しようと考えた場合、「Uターン」「Iターン」にお…

  • あなたが再就職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」にて都市部から地方に引っ越したうえで再就職したいと興味を持つ人が増える中、実行に移している人もたくさんいます。一昔前とは違い転職サイトをうまく活用すれば、地方・郊外の求人もタッチできます。ただ、郊外や地方での求人に関しては、どうしても都市部よりも少ないので、それがマイナスといえます。ですから、求人サイトだけに頼りすぎると機会損失が大きくなるので注意が必要です。求人情報サイトに加え、その地方の自治体や商工会議所のサイトもよくチェックし、「地方自治体・商工会議所」といった機関が開催する就業サポートの有無も見逃さないようにしましょう。
  • これから転職活動をするという時は、気になる求人(または職種)…

  • 今から転職活動をするという時は、良いと思う求人(または業界)を見るたびに忘れず「〇〇業、ブラック」でネットで調べておきましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントからはその業界に関するマイナス面について知らせてもらえません。もしも、ブラック企業体質な業種であれば、ネット検索を通じてカンタンに現実を知ることができます。そうした手間を惜しんで会社に入ると、あとでしっぺ返しを食らうおそれがあります。そもそもその求人が頻繁に出ている理由が「仕事がキツイから人が辞めて穴が開く」といった場合が多くを占めるため、気に入った案件や業種については、きちんとチェックした上で応募しましょう。
  • シフトの仕事についての話です。

  • 「シフト制」の仕事に関する話です。毎週、一定の曜日に仕事できる人を募集する求人をけっこう目にするのですが、もしも応募しようと思っているなら休む方法の詳細やシフトの出し方については前もってチェックしておくべきです。それはなぜかというと、私は以前産休で休む人の代役として、正社員として入社したのですが、「土日」固定となるシフトだったのですが、新入社員の私以外だれも出てくれませんでした。産休に入った前任の女性が土日に必ず出勤できる人だったので、私自身もそういった形で扱われたしまいました。ですから「土日」に冠婚葬祭が入ったりした場合、シフト変更の必要があり上の人たちに「代わりに出勤していただけませんか?」と私自身がお願いをしに行かなければいけませんでした。給料も立場も同じなのに土日を私ひとりに任せっきりって、一体・・・。思い出すと「本当におかしな職場だった」としか言いようがありません。
  • 退職|ある古物商の会社で書類選考に受かりました。すぐに相手方から面接の日時を指定してもらいました。

  • とある古物商の求人にて、書類審査を通過し担当者から面接の日時を教えてもらいました。それなのに、当日、時間通りに行ってみると、どうしたものか相手の面接の用意が全くできていない状況だとがわかりました。ようやく、責任者らしき人が面接に応じてくれましたが、始終非常に面倒くさそうな態度を見せてひとまず面接が終わりました。ですが、約束の日を過ぎても、合否結果は告げられず、ガマンできなくなり、こちらから問い合わせると「郵送で今日送った」と告げられました。心待ちにしていたのですが、私の手に届くことはありませんでした。また問い合わせたところ「残念ですが不採用とします」、と勝手に電話が切られてしまいました。あまりのことにしばらく絶句してしまったのですが、素直に、採用されなくて良かったとホッとしています。
  • 退職|転職サイトや転職エージェントといったサービスを使って・・

  • 転職エージェント、そして転職サイトを活用して、転職活動する人は年々増加しています。だとしても、転職のチャンスを高めたいのなら、その上に転職フェアの利用が有益です。転職フェアでは、複数の企業が集まるので、そこに足を運ぶことにより気になっている企業に関する情報を直接得られますし、その上、常駐するスタッフ(説明員など)から、企業の雰囲気を肌で感じることができます。仮に、転職フェアに参加する機会があれば、1次面接を受けるつもりで準備することを怠らないようにしましょう。フェアを通して企業側の担当者に気に入られれば、その後応募して採用面接で有利になることが期待できます。
  • 退職|求人関連の情報を見る際、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」という人ほ…

  • 求人に係る情報をチェックする時、「オフィス系の仕事をしたい」という人は、はなから製造業をスルーしてしまっています。そうした人のほとんどは「製造業は製造マンの求人募集だけだ」と勝手な思い込みで認識している場合もあります。現に、製造業の求人であっても現場作業者だけでなく、経理、人事、総務などの従業員募集をはじめ、購買、営業管理といった「オフィス系」の部門もかなりの数あります。ただ、製造業の勤め先自体、オフィス街のような雰囲気はないので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、嫌だと感じる人もいるかもしれませんが、とはいえ、自らのこだわりを捨てることによって良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ選択肢に加えてみてください。
  • 転職する際、失業保険についての手続きをしなければいけません…

  • 転職を目前にしているなら、今働いている会社を辞める時に「失業保険」を受けるための手続きをしなくてはなりませんが、自らが希望して退職願を書いて退社する、いわゆる自己都合退職の際には即座に失業保険が給付されるわけではなく手続きをした後に失業が確認されてから3か月経ってやっと給付があるのです。よく勘違いして退職日の翌日から3か月経てば給付されると思っている人がいますが、この規則を知らない人が、ハローワーク側にミスがあると思い込んでハローワークの担当者と言い争っていたのを過去に見たことがあります。念のため、退職者の都合ではなくリストラなど会社側の都合による退職のケースでは、失業認定が下ったのち即座に失業保険が給付となります。
  • 退職|職を変える時に必要なビジネススーツのカラーは、新卒の就活・・

  • 職を変える際にいるスーツの色合いは、新卒の人たちが就職活動の際にに身に付けている色味が基本的です。ですので、黒系や紺系といった感じのような暗めのカラーになるわけです。それが、再就職の場面であっても、着用するスーツの色味はこういった落ち着いた色が多く、そうでない色のスーツの人は少数です。あえて言えば、まれにグレー系のスーツを着用している方が若干いるくらいです。ほぼ黒や紺色のビジネススーツを着ている人が大多数なので、面接を行う採用担当の人も多数を占めるカラーを着用している人の方が自然に見えます。ですから、第一印象という面ではぜひともそのようにしてくださいね。
  • 転職をする際の面接で会社側からクールビズで来てくださいと…

  • 再就職の時にする面接での身なりは会社側からクールビズでお越しくださいと伝えられることもあるようです。しかし、なかには、クールビズで面接するのは良くない印象を与えるのではないか?と考えてしまいます。そういう悩みを懐に抱え込んでしまっている方にアドバイスしておきたいのは、会社側からクールビズで来るように言われた面接は書かれていることを実行したほうが正しいです。色々悩みすぎて、汗がでる時期にスーツを着込んでいくと暑苦しいと思われますから、企業側からクールビズで来てくださいと書かれていたらクールビズで行く方が好ましいのです。