今がんばっている転職する活動で「自分は今までずっとこのような価値のある・・

退職|励んでいる転職する活動の際に「今までにこういう価値のあ・・

励んでいる転職活動中に、「これまでこういった種類の仕事をがんばりました」「仕事の中でこのようなスキルを身につけました」とそれまでの成功体験などを強調してアピールしなくちゃと考える人はとても多いです。ところが、希望する再スタートを狙う企業で「近い将来こういった仕事をしたい」「私が申したような内容なら積極的に貢献したい」と将来のプランを話してアピールしていくほうがよっぽど効果があります。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。

退職|「転職エージェント」では、登録後、嫌になるぐらい電話やメールをしてきます。

転職エージェントに登録した場合、電話やメール連絡が執拗に入ります。そのため転職初心者は大変びっくりすることが少なくありません。転職エージェントは転職をサポートすることが業務なため、大変積極的に行動します。特に大手のエージェントは成就させると企業から報酬を受け取るシステムといえるので、転職希望者の都合を考えるよりも企業の都合を優先的に考えることが少なくありません。また、彼らは、契約数を増やしたいために、内定が取れた瞬間に、入社するよう後押ししてくることが多いです。防御策として自分の気持ちや意思を自身で整理しておき、転職に妥協しないように注意することが必要です。

退職|クールビズ(軽装)の格好をして再就職の面接場に出向く場・・

クールビズ(軽装)の服装で転職の面接に臨むときには、ジャケットにおいてはやはり着ていかなくても大丈夫だと間違いなく分かりますが、ネクタイはつけて行った方が印象的には良いです。タイもジャケットと一緒でなくてもOKだと認めている企業もある確率もなくはないですが、ネクタイは例えクールビズであろうと身だしなみとしてつける必要があると思っている企業が一定数存在します。ですので、例えクールビズ(軽装)のスタイルであってもネクタイだけは着用して面接した方が印象が良くなるということを伝えておきます。

退職|仮にあなたが転職をするとき、「Uターン」「Jターン」など…

転職を希望したとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において都市部から地方に移り住んで再就職したいと思っている方も少なくありません。ネット社会の今では求人情報サイトを使用することで地方や郊外での求人情報にも手軽にアクセスできるようになりました。ただ残念なことに、郊外や地方での求人情報は、大都会の場合よりも、数が少なく良い条件も少ないのが欠点といえます。ですから、転職サイトだけに頼りすぎると機会損失が大きくなるので注意が必要です。求人サイトにプラスして、「地方自治体・商工会議所」などのサイトもマメに確認しておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」など、行政が主催する転職サポート系のイベントについても見逃しがないようにしましょう。

将来的に転職活動をされるなら、気になる求人を見付けるたび・・

あなたが転職活動をされているのなら、気になった求人(または職種)を見るたびにきちんと「〇〇業、ブラック、デメリット」とインターネットで調べておくべきです。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントでは、まずその業界のマイナスにあたる箇所は、教えてはもらえません。仮にブラック案件が蔓延している業種であれば、インターネット検索でいとも簡単に本来の姿を理解できるでしょう。そうした手間を惜しんで入社した場合、直後にガッカリしてしまうおそれがあります。そもそも求人が出ていた理由が「内容がキツイから人がなかなか定着してくれない」という場合がかなり多いため、目に留まった業種や案件に関しては、下調べをし疑問点を払拭した上で、応募しましょう。

これはシフトの仕事に関する話なのですが、毎週、一定の曜日…

「シフト制」の仕事に関する話なのですが、毎週、決まった曜日に勤務できる人を募集する求人をよく目にするのですが、休み方やシフトの提出方法を面接時に確認しておいた方が良いです。それはどうしてかというと、以前に私自身が、産休で抜けた人の代理として正社員としての仕事をはじめたのですが、私のシフトがそこでは、「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新人の私以外、他の社員はいない状態という職場でした。前任者が土日に必ず出勤できる人だったので、私もそう思われていたみたいです。ですから「土日」に冠婚葬祭が入った場合、シフト変更を出す必要があり、職場の先輩たちに「代わりに出ていただけませんか?」と自ら交渉しないといけませんでした。立場も給料もほとんど同じなのに土日を私1人だけに任せるって、どういうことなのでしょう?冷静に考えると、「おかしな職場だった」としか言いようがありません。

退職|ある古物商の社員募集にて、書類選考をクリアしたた…

ある古物商の会社で書類選考をクリアしました。すぐに相手方から、面接予定日を連絡してもらいました。当日、指定された場所へ行ってみると、なぜなのか相手が、面接の用意を一切していないと知りました。しばらく待っていると、所長と思しき人が面接に応じてくれましたが、最初から最後まで、驚くほどだらしのない態度で迎えられ、ひとまず面接は終わりました。ですが、予定日になっても合否連絡が一切来ず、いてもたってもいられず、私の側から問い合わせると、「面接結果に関しては、郵送で本日送付しました」と告げられました。心待ちにしていたのですが、私の手に届くことはありませんでした。そこでまた電話をしたところ、「残念ですが不採用とします」、とそう言われてすぐ、電話が切られてしまいました。あまりのことにしばらく言葉も出ませんでしたが、率直に、不採用で良かったと痛感しています。

転職サイトや転職エージェントを用いて、転職活動を行うことは常識になりつつあります。

転職サイトや転職エージェントなどを使って、転職活動することは今では常識といえるかもしれません。としても、転職先を見つけるチャンスをもっと増やしたいのであれば、その上に転職フェアも併用されることをお勧めします。転職フェアでは、多くの企業が一堂に会しており、参加した際は多くの企業の情報が得られ、同時に、その場にいるスタッフ(説明員)から、それぞれの企業の雰囲気を感じられるはずです。今後、転職フェアに参加しようと思うなら、面接を受ける心構えで自身の売り込みをしていく気概をもっておいてください。それが奏功してフェアでの交流の中で企業側に必要な人材と思わせることができれば、後に応募して採用面接時にとても有利になると期待できます。

求人に係る情報をチェックする時、例えば、デスクワークがしたいから…

求人関連の情報をチェックする折、例えば、「事務系の仕事をしたい」と考えている人ほど製造業をスルーしてしまっています。そういったことをしている人の多くは「製造業って、現場で製造する仕事しか募集しない」と誤解している場合もあります。事実、製造業の求人でも、経理、総務といったスタッフ募集に加え、資材、購買、営業管理といった「事務系」に準ずる職も結構多くあります。しかしながら、製造業がある場所はオフィス街のように都会のイメージとはかけ離れた地域にあるので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、その点がデメリットに映る人もいるかもしれません。けれど、自分のこだわりを捨てることで人との出会いや、将来の可能性を高められるチャンスになるはずです。

転職を行うにあたって、今勤務している会社を退社する・・

転職のために今働いている会社を辞める時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが、仮に自らの希望によって退職願を提出して会社を辞める、いわゆる自己都合退職の際には失業保険はすぐには給付されず手続して失業したことが認められてから3ヶ月経ないといけないのです。なので、会社を辞めた翌日から3か月経てばもらえると信じている人がいますが、実際に誤解してしまった人が、ハローワーク側にミスがあると主張してそれが原因でハローワークの担当スタッフと口論になっているのを見たことがあります。加えて、退職者の都合ではなくリストラなど会社都合で解雇されたときには、失業認定が下ったのち直ちに失業保険を受け取ることができます。

転職の面接で必要となるビジネススーツの色味は、新卒の就・・

転職の時の面接で着用するビジネススーツのカラーは、新卒の人たちが就職活動の際にに着用しているカラーが一般的となっています。要するに、黒や紺色といった感じのような暗めの色味になるわけです。再就職のケースでも、スーツの色合いというのは黒系や紺系の落ち着いたカラーが圧倒的多数であって、そうでない色のスーツの人はほぼ見ることはありません。強いて言えば、まれにグレー系を着用している方が若干いるくらいで、ほとんどが紺色や黒色が多く、採用担当の人もそういった色であるほうが当たり前のように感じるので、身だしなみ、という面においてはおすすめしたいのです。

退職|転職の時に行われる面接時に企業側からクールビズで良いと…

転職をする際の面接での身なりは企業側からクールビズ可とと書いてある場合もあるようですが、なかには、クールビズで伺うのは実際は悪い印象を与えるのでは?と感じてしまいます。クールビズに関する不安を心に持っている人たちに関しては、企業側からクールビズで来ても良いとされた面接のときは書かれていることを守った方が安心です。混乱してしまい、夏の暑い時期にスーツをびしっと着ると相手に暑苦しく感じられます。ですから、企業側からクールビズでもOKと言われたらクールビズでも大丈夫というわけです。

転職における面接に向かいました。

転職時の面接に転職したい会社へ伺ったときのことです。その日に限ってその会社で会議室が空いていないとのことで外のある場所で面接官と待ち合わせて面接を行って、その場所で解散し、面接担当者も会社に寄ることなくそのまま帰宅するとのことでしたが、偶然にも下りる駅が私と一緒だったのです。ですから電車の中でも一緒にお話をしながらいっしょに帰ることとなって、そのため緊張がほぐれ面接よりお話が弾んで、それが功を奏したからなのかなんと採用を掴み取ることができました。

このように現在の雇用形態のめまぐるしい変化に際して、…

このように現在の雇用形態の激しい変移をに際して、働きざかりの世代の中で34歳ぐらいまでの若者たちは鋭く感じ取って、十中八九転職と自身のキャリアアップを同時に考えているのでしょう。そんなわけで、サラリーマンや労働者といった人たちの「流動化」が顕著となっているので、一層、後々世代に関わらず転職への関心が増加していくと思います。労働市場の「流動化」の影響で一つの会社に縛られない生き方は身近なものとなるのは間違いありません。「終身雇用制度」が実在したしていた頃には「転職」には良くないイメージがつき転職が思うようにいかず、困っていた人もたくさんありました。ところが、時代の流れとともに現在の仕事のみに執着する必要もあまり無くなっているように感じます。

失業時にもらえる「失業保険」は、失業中でなければ給付されませんが、…

失業することによって得られる失業保険は、失業しているあいだ、給付条件になりますが、給付される期間について規定があります。それまで働いていた期間によって変動し、3ヶ月だったり、1年だったりするのですが、このような現実を全く知らない人が一定数いらっしゃいます。失業中である限りもらえると思い込んで失業保険が給付されるからと遊び続けている人もいますが、給付残りが1ヶ月、という段階で気づいてから慌てて就業先を探しても好条件のところを見つけるのは困難です。転職候補となる会社の面接官も無能ではないので、「いつ失業したか?」「失業してからどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたのか?」といった箇所はそこそこ察しがつくでしょう。ときには、その手の質問をされることもあります。返答に詰まってしまったり、バレる嘘をとっさにつくと、採用は極めて難しくなります。

3日ほど前転職活動の一環として人材会社に登録に向かいました。

新しい仕事を見つけるために人材紹介会社に登録に向かいました。そこで登録カウンセリングの時に現れた担当者が見たところ会社に入って間もない社員のようで、こちらが説明している話の50%も理解できてないようでした。おまけに「キャリアデザインを考え直さなければいけません」とか「自分の強みについてもっと考察することが大事でしょう」とか、一人前のことを偉そうに言うので大変不快な気分になりました。カウンセリングを担当させるのはある程度社会人を経験している人にしてほしいものです。