今がんばっている転職する活動をしているときに、「自分・・

今やっている転職活動で「私は振り返るとこのような職・・

今やっている転職する活動をしているときに、「自分はこれまでずっとこういう職場の仕事をしました」「仕事の中で手にしたスキルは、、、です」と自分自身の実績などを強くアピールする人は頻繁に見かけます。ただし、希望する新たな組織で「近いうちにこうありたい」「このような内容の仕事をするのなら積極的に貢献したい」と将来的なビジョンを話して自身をアピールする方がはるかに効果的だったりします。この点に注意しつつ、転職活動をがんばってみましょう。

転職エージェントに一旦登録すれば、頻繁に電話やメールをしてきます。

転職サイトでは、登録後、電話・メールで頻繁に連絡が入ります。このことに対して「転職エージェント」の利用が初めての人は結構びっくりすることが多いです。転職エージェントは転職をサポートすることが業務なため、非常に積極的に行動します。その中でも大手のエージェントは転職させると企業から報酬が支払われる仕組みであることから、転職活動を行っている人の都合よりも企業側を優先させるケースが目立ちます。加えて、転職できそうな会社に入れようとする傾向にあるため、内定が出た瞬間に、入社を強くすすめてくることが多いです。対抗策として自分の気持ちや意思を明確にし、転職に妥協しないように気をつけておきましょう。

クールビズ(軽装)のスタイルで転職の面接に行く際に…

クールビズで再就職の面接にチャレンジする際には、やっぱりジャケットまでは着ていかなくても大丈夫だと間違いなく言い切ることができるわけですが、ネクタイは着用しておいたほうが印象的に良いイメージを与えるのでお勧めです。タイもジャケット同様になしで良いと認めている企業もあるケースもありますが、ことネクタイに関してだけはクールビズが推奨されていても必ず着用しなければならないと思っている会社がある程度存在します。なので、クールビズ(軽装)で来るように言われていてもネクタイに関しては必ず着用いく方が安心だということは知っておいてほしいです。

退職|仮にあなたが転職を考えた場合、「Uターン」「Iターン」といった具合に・・

転職を考える場合に「Uターン」「Iターン」といった形で、大都市から地方に移って転職したいと考えている人が、ここ数年で増加傾向にあります。一昔前とは違い求人情報サイトを見れば、地方や郊外の求人もタッチできます。けれども、郊外や地方での求人情報では、大都会ような選択肢がないというのが大きく違うところで、そういった点でマイナスといえます。といった性質上の問題があるので、求人情報サイトだけに頼り切ると機会損失が大きくなるので要注意。求人サイトと併せて、「地方自治体・商工会議所」のサイトなども定期的にチェックしてみてください。「地方自治体・商工会議所」などの行政が開催している就業サポートの関連情報もアンテナを張っておきましょう。

転職活動のとき、気になった求人(あるいは業種)を見つけた…

これから先、転職活動をするのなら、良いと思う求人(または業種)を見つけたら、100%「〇〇業、ブラック、デメリット」でネット検索してみましょう。求人票・転職エージェントからはまずその業界に関するマイナスにあたる箇所は、教えてはもらえません。もしも、ブラック案件が多い業界であれば、簡易的なネット検索によってカンタンに実態を知ることができます。そのような手間を惜しんで入社すると、あとから後悔してしまうかもしれません。だいたいその求人が出されていた理由が「仕事内容がキツイから人がなかなか定着してくれない」といった場合がかなり多いため、気になる業種や案件に関しては、疑問点を払拭した上で、応募するようにしましょう。

退職|シフトの仕事についての話なのですが、一定の曜日に仕事できる人を募集する求…

これはシフト制のある仕事についてです。毎週、決まった曜日に仕事できる人を募集している求人をよく目にするのですが、もしも応募しようと思っているならシフトの提出方法や休み方について、面接の際に確認しておきましょう。それはどうしてかというと、私は過去、産休で休む人の代わりに正社員の仕事をはじめたのですが、私のシフトが「土日」固定となるシフトだったのですが、他に誰も来ず、新入社員の私一人だけで現場を任されるだけでした。前にいた人が土日は必ず出勤していたので、私も出勤できると思われていたようです。実際「土日」に外せない用事が入ると、シフトを変更してもらう必要があり、同じ部署の先輩たちに「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と自らお願いをしに行かなければいけませんでした。給料も立場もほぼ同じなのに土日は私だけなんて・・・。思い出すとよく我慢したな、と自分でも驚きです。

ある古物商の社員募集にて、書類審査に受かりました。2、3日し…

とある古物商にて、書類審査を通過しました。すぐに相手方から、面接予定日を連絡してもらいました。それなのに、面接日当日、指定された場所へ行ってみると、なぜか相手が面接準備を全くしていませんでした。待たされたのち、所長と思しき人が面接担当をしてくれたのですが、驚くほどだるそうな対応の状態のまま淡々と面接を終えました。ところが、予定日を過ぎているのに、採用結果もまったく告げられず、こちらから問い合わせると「郵送で本日送付しました」と返答されました。しばらく待ちましたが、しかし、これも未達なのでもう一度連絡をしたところ、意味が分からなかったのですが、「今回はご縁がなかったということで」とそう言われてすぐ、電話が切られてしまいました。あまりの対応に呆れ返ってしまいましたが、本心から、不採用で良かったと感謝しています。

転職サイトや転職エージェントなどを用いて、転職活動することは今では当たり前のことです。

転職エージェントと転職サイトを利用して、転職活動すること自体、一般化してきました。しかし、転職フェアに参加するのがおすすめです。転職フェアは、複数の企業が一度に集まるイベントなので、参加した際は多くの企業の情報が得られ、同時に、フェアに参加している企業スタッフから、企業の雰囲気を感じられるはずです。転職フェアに行く際には、面接を受けにいくつもりでしっかりとした考えで参加する事がお勧めです。それによりフェアを通じて、自分の魅力が企業に伝われば、そのあとの本格的な面接時にアドバンテージになります。

退職|求人に係る情報をチェックする場合、「オフィス系の仕事をしたい」と思っている人ほ・・

求人関連の情報をチェックする折、「デスクワークがしたい」という人ほど製造業をチェックしていなかったりします。そうした人のほとんどは「製造業は現場で製造する求人募集しかやっていないだろう」と間違って解釈している場合もあります。現に、製造業の求人募集でも、経理、総務などの人材募集をはじめ、資材・購買や営業管理等のオフィス系の仕事がとても多いです。でも、製造業の職場自体、ビジネス街などのおしゃれな雰囲気とはかけ離れた場所にあることが多いですから仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、その点がデメリットに映る人もいるかもしれません。ですが、自らのエゴをなくすことで意外な発見があったり、スキルアップのチャンスがあるかもしれません。

転職するにあたり、今務めている会社を退社する時に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけないが・・

転職の際に今務めている会社を退社する時に失業保険の給付を受ける手続きをしなければいけないが、もしも自分からすすんで退職願を提出して退社する、いわゆる「依願退職」のときはすぐさま失業保険を受け取れるわけではなく手続きを行い、失業したことが認められてから3ヶ月経たないと受け取れないのです。よく勘違いして退職日の翌日から3か月経過すれば給付されると信じている人がいますがこの規則を勘違いしてハローワークの職員の方が間違っていると言い張ってそれが原因となりハローワークの担当者と言い争っていたのを過去に見たことがあります。念のため、自分側の都合ではなくリストラみたいな「会社都合」での解雇に遭遇したときは、失業認定されてからすぐに失業保険をもらえます。

退職|転職の面接で必要となるビジネススーツのカラーは、新卒の人たちが就職活動の・・

仕事の面接でいるスーツの色合いに関しては、新卒の学生が就職活動の時に身に付ける色合いが基本です。言い換えると、紺系や黒系のような暗いカラー、ということになります。転職のケースでも、ビジネススーツのカラーはこういう暗めの色が圧倒的な数を占めていて、それ以外の色の人はあまり見かけることはありません。あえて言えば、たまにグレー系のスーツを着用している方が若干いるくらいです。ほとんどが黒や紺色が大多数なので、人事の方から見ても多数を占めるカラーを着用している人の方が普通のように感じます。ですから、見た目の印象という観点ではぜひおすすめします。

転職の時に行われる面接時に企業側からクールビズでもOK・・

再就職の際の面接についてですが企業側からクールビズでお越しくださいと書かれていることもあります。ですが、クールビズで面接に行くのは実際は印象が悪いのではないか?と思ってしまいます。クールビズの悩みを懐に感じている方々に伝えたいのは、会社側からクールビズで来るように言われた面接なのであれば、伝えられていることを実行したほうが安心できます。色々迷うことによってしまい、真夏でありながらきちっとしたスーツの格好をしていくと相手に不自然な印象を与えてしまいますから、会社側からクールビズ可と書かれていたらクールビズの格好をおすすめします。

退職|転職のための採用面接に赴いたときのことですたまたまその会社の会議室・・

転職における面接に行ったときのことです。その会社の部屋がすべて他の客でつまっているということで社外の会場で面接担当の人と待ち合わせて面接を行い、その場で解散をして、面接を行った方も会社に帰らず自宅に直接帰るとのことでしたが、偶然にも自宅からの最寄駅が一緒。ですから電車内でも一緒に会話をしながら帰宅することとなって、すっかりすっかりリラックスして面接の時よりも話が弾み、それが奏功したからなのか最終的に採用を獲得することができました。

このように今現在の会社や企業の労働環境の慌ただしい変化…

今現在の労働背景の激しい変化に当たって、全世代の中で34歳ぐらいまでの若い世代ほど注目度が高いといわれています。十中八九今後の転身とキャリアアップを考えているのでしょう。なので、労働者・サラリーマンといった層の労働市場の流動化が進行しているようで、ますますこの先、世代に関わらず転職についての注目が強くなっていくでしょう。労働市場の「流動化」が背景にあることで、労働者の転職は誰しもが身近な事柄として認識すようになります。「終身雇用制度」が普通に実在した頃には、「転職」は、そのことでややネガティブに捉えられる傾向が強く、転職が思い通りにいかないことも多くあったようです。けれども、時代の変化もあり、現在の会社だけに執着する必要が減少しているように感じられます。

失業時に受け取れる「失業保険」は、失業していることがもらうための必要条件ですが…

失業した人がもらえる失業保険は、失業している間もらえるが、給付される期間が定められています。失業時までに働いていた期間に応じて変わり、90日とか120日とか決められるのですがなんとこのような現実を全く知らない人が一定数いらっしゃいます。失業を続ける限りもらえると思い込んで失業保険があるから働かなくてもいいと考えて仕事を探さずにブラブラしている人もいますが、給付期間が終わろうというところでようやく自分の間違いを知り焦りつつ就業先を探し始めても好条件のところを探すのは難しいです。面接担当者が馬鹿である場合を除いて失業中に何をしていたかといった点はだいたいバレると思っておくべきです。運が悪ければ、面接時にそういった質問をされるキケンもあります。うまく返答できなかったり、バレる嘘をついてしまって、不合格となるでしょう。

先日新しい仕事先を見つけようと人材紹介会社へと登録に行きました。

先週新しい仕事先を探すために人材紹介会社に登録に行きました。そこで登録するときのカウンセリングに現れた担当の人の雰囲気が見たところ会社に入って間もない社員のようで、私が説明した話の3分の1も彼はわかっていない様子。そのくせ「キャリアデザインを作り直した方がいいですね」とか「もっと強みと弱みを知っておくことが大切でしょう」とか、一人前のことを横柄に言うのでとてもイライラしました。カウンセリングを担当する人は多少はカウンセリングの経験がある方にしてほしいと思います。