今やっている転職する活動で「私は経験としてこういっ…

退職|今やっている転職活動の際、「自分は経験としてこういう価値のあ…

やっている転職する活動の際に「今までずっとこのような内容の仕事に尽力してきました」「過去の仕事によって、このような技術を身につけました」と過去の成功体験やセールスポイントを十分にアピールしようと考える人はとても多いです。ですが、転職先のその会社で「させてもらえるのならばこういうような仕事をしたい」「私が話したような内容の仕事なら積極的に貢献できるはず」と将来のプランで自己をアピールする方が効果的である場合は、意外と多いものなのです。この点をしっかり意識しておくと、転職活動が効率的なものとなります。

転職サイトは、一度登録したら、電話やメールで執拗に連絡が入ってきます。

転職エージェントに一旦登録すると、電話やメール連絡が執拗に入ります。これに対して「転職エージェント」の利用が初めての人は結構驚く場合が多々あります。「転職エージェント」は、転職を成功に導くことが役割だといえるので、本当に積極的です。その中でも大手エージェントは、転職を成就へと導くことで企業からお金を受け取る仕組みといえるので、転職希望者の都合うんぬんよりも企業側を優先的に考えるケースが目立ちます。さらに、彼らは、成約数を増やしたいがために内定がでた瞬間に、入社するよう後押ししてくることが多いです。防御策として自分の気持ちや意思を明確にし、無理に転職しないように心がけるようにしましょう。

退職|クールビズ(軽装)で転職の面接場に出向くときには、さすがにジャケットまで・・

クールビズ(軽装)の服装で転職の面接にチャレンジする際には、いくらなんでもジャケットは着込まなくても良いとはっきりと断言できますが、ネクタイは面接では着用しているほうが良い印象を与えます。ネクタイの着用はなくても良いと思っている会社も存在する場合もあるにはあります。ですが、ことネクタイについては例えクールビズであっても必ずつける必要があるとしているところが一定数存在します。という訳で、例えクールビズ(軽装)が許可されていてもネクタイだけは必ず着用して面接した方が印象が良いというのは伝えておきます。

退職|もしもあなたが転職を視野に入れたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」といった具合…

もしもあなたが再就職しようと考えた場合、「Uターン」「Jターン」において都会から地方に移住した上で転職したい、と考えている人が、近年増えています。今のネット社会では求人情報サイトを見れば、地方での求人情報にも簡単にアクセスできます。地方での求人に関しては、大都会のそれよりも内容が薄く、数も少ないのが欠点といえます。といった性質上の問題があるので、求人情報サイトを利用するのは当然ですが、求人情報サイトと併せて、その地方の自治体や商工会議所の情報サイトもまめにチェックしておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」といった役所が開催する転職サポートのイベントにも見逃しがないようにしましょう。

あなたが転職活動をされているのなら、良いと思える求人(または業…

将来転職活動をするのなら、気になる求人(あるいは職種)を見るたびにマメに「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネット検索し目を通しておくべきです。求人票や担当してくれる転職エージェントの言葉からは業界に関するマイナス面などはアドバイスしてもらえません。仮にブラック案件が蔓延している業界であれば、インターネット検索によってカンタンにいとも簡単におおまかな実態を理解できます。そのような面を知らずに入社してしまうと、あとからしっぺ返しを食らう可能性が高いです。その求人募集が出ている理由が「内容がきつく、人がすぐに辞めてしまう」といった場合も多くあります。目に留まった業種について、注意してください。

シフトのある仕事についてです。

これはシフトの仕事に関する話です。毎週、決まった曜日に働ける人を募集している求人をよく見ますが、もし、応募しようと考えているならシフトの提出方法や、休む方法の詳細を面接の際に聞いておいたほうが良いでしょう。私自身、産休で休む人の穴埋めとして、正社員の仕事をはじめたのですが、「土曜、日曜」固定のシフトで、新人の私以外、他の社員は現場にいませんでした。前にいた人が土日に必ず出勤できる人だったので、私自身もそう思われていたみたいです。なので「土日」に冠婚葬祭が入った場合、シフトを変えてもらう必要があり、同じ部署の上司に「代わりに出勤していただけませんか?」と自ら交渉しないといけませんでした。給料も立場も同じなのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。思い返してみると「本当によく耐えた」と自分でも驚きです。

ある古物商の社員募集にて、書類選考をクリアしたため…

ある古物商の人員募集に応募したところ、書類審査に受かったので、担当者から、面接日時を教えてもらいました。けれども、面接日当日、指定場所へ行ってみると、どうしたものか相手が面接準備を一切していないことがわかりました。しばらく待っていると、責任者らしき人が面接に応じてくれましたが、最初から最後まで、非常にだるそうな対応の状態のままなんとか面接が終わりました。ところが、予定日を過ぎているのに、まったく採用結果すらなく、ガマンできなくなり、こちらから問い合わせると「面接結果に関しては、郵送で本日送付しました」と告げられました。しばらく待っていましたが、ですが、これも届かずそこでふたたび、電話をしたところ、意味が分からなかったのですが、「結果は不採用でした」、と勝手に電話を切られました。呆れ返ってしまい言葉も出ませんでしたが、正直なところ、不採用でよかったです。

転職エージェント、そして転職サイトを活用し、転職活動される人は多くなってきました。

転職サイトあるいは転職エージェントを活用して、転職活動される人は今では普通になってきました。とはいえ、より確実に良い仕事を探したいのであれば、加えて転職フェアに参加するのがおすすめです。転職フェアでは、複数の企業が同時に集まることから、一度足を運べば複数の企業について知ることができ、そして、その場にいるスタッフ(説明員)から、その企業がどんな雰囲気なのかある程度わかります。転職フェアに参加する場合には、面接を受けるつもりで自身をしっかりアピールしていきましょう。それによりフェアの期間中に企業から気に入られれば、その後実際の面接時に大きなアドバンテージになるでしょう。

退職|求人情報を見る場合、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」という人・・

求人情報をチェックする場合、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」という人ほど製造業をあまりチェックしていませんが、そんな人のほとんどは「製造業は現場で製造する求人募集しかやっていないだろう」と間違って解釈しているケースもあります。実際に、製造業であっても、経理、総務、人事といった従業員募集に加え、資材、購買、営業管理といった「オフィス系」の仕事も結構な数あります。ただ、製造業の勤め先自体、オフィス街のように都会のイメージとはかけ離れた地域にあるのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはその点がデメリットに感じる人もいるかもしれません。ただし、自身のこだわりを捨ててみることで思いがけないチャンスにつながる可能性があるかもしれないのです。

退職|転職の際に現在勤めている会社を辞める時に失業保険をもらうための手続きをしなければいけませんが、…

転職するにあたって、現在勤務している会社を退社する時に「失業保険」を受けるための手続きをしなくてはなりませんが、自分の希望により退職願を出して会社を辞める、いわゆる自己都合退職の場合は、直ちに実業保険を受け取れるわけではなく手続きしたのち、失業したことがきちんと認められてから、3か月待たないといけないのです。よく間違って会社を辞めた次の日から3か月経てばもらえると誤解している人がいますが、この規則に無理解な人が、ハローワーク側にミスがあると主張してそれが原因となりハローワークの担当スタッフと大声でやりあっているのを見たことがあります。なお、リストラなど、「会社都合」での解雇のケースでは、失業が認定されれば直ちに失業保険がもらうことが可能です。

転職の面接で着用するスーツの色合いは、新卒の人たちが就職活動の際…

職を変える際にいるスーツの色味については、新卒の就活に身に付ける色味が無難です。言い換えると、黒とか紺色などのような暗い色合いになるわけです。転職の面接においても、ビジネススーツのカラーというのはこういったような暗い感じのカラーが多数で、それ以外の色の転職者は少数派です。他のカラーで言えば、まれにグレー系を着ている方がわずかにいるほどです。たいていの場合は黒系や紺系のスーツを着用する方が大多数を占めています。ですから、面接を行う人事側からしても黒とか紺のスーツを着ている人が当たり前であるかのように感じます。ですから、身だしなみ、という点においてはそのようにする方が好ましいわけです。

退職|転職の時に行われる面接時の身なりはクールビズで良いと…

職を変える際の面接での身なりはクールビズでお越しくださいと伝えられることもあるようですが、クールビズで伺うのは印象が良くないのではないか?と考えてしまいます。クールビズに関する迷いを懐に背負いこんでいる人に言いたいのが、クールビズでも大丈夫だと言われている面接の場面では伝達事項を守った方が正しいです。考えすぎて、夏の暑いときにしっかりとスーツを着ると逆に不自然ですから、会社側からクールビズで来てくださいと書かれていたらクールビズで行く方が好ましいのです。

転職の採用面接を受けに赴きました。

転職の面接を受けにある会社に向かいました。偶然会社で部屋が空いていないとのことで外の会場で面接官と待ち合わせをして面接が行われて、その場で解散をし、面接官も会社に帰らず直接帰宅するとのことでしたが、ビックリしたのは下りる駅が私と一緒だったのです。ですから電車内においても彼と一緒に話しながらいっしょに帰ることとなり、そのため緊張がほぐれて面接の時よりも込み入った話ができて、それが奏功したのかなんと採用を掴むことができました。

ここ数年の労働背景の変化に際して、全世代の中で若い…

このように現在の労働背景の慌ただしい変移をに当たって、働きざかりの世代の中で34歳ぐらいまでの若い世代ほど鋭く感じ取っているようです。大方、将来のキャリアアップのために、色々と考えているのでしょう。こういった理由からサラリーマンや労働者といった労働力の「流動化」が活溌になっているので、より後々若年層の転職への注目が高まると考えられます。労働力の「流動化」によって転職することは誰しもが身近な出来事として捉えるようになるのです。「終身雇用制度」機能していた頃は、「転職」には良くないイメージがつき転職しようにもうまくいかない人もありました。けれども、時流の変化とともに今現在やっている会社のみに執着する意味も必要性も減っているように感じます。

退職|失業した人に給付される失業保険は、失業中でない人はもらえません・・

失業することによって得られる失業保険は、失業中でなければ給付されませんが、給付される期間が定められています。それまで勤務してきた期間に応じて違い、90とか120日とか決定されるのですが、なんとこういった現実を知らない人が一定数います。失業を続ける限りもらえると勘違いして失業保険がもらえるからと遊び続けている人もいますが、失業保険はあと1ヶ月のみ、という段階で気づいてから急いで職を探しても好条件の仕事を見つけるのは困難です。転職を希望する会社の面接担当も無能ではないので、「いつ頃失業し、どの程度経過し、何をやっていたのか」位はほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。場合によっては、面接官から失業中の求職活動について根掘り葉掘り聞かれます。きちんと返答できなかったり、すぐにバレる嘘をついてしまえば、受かるのは難しいでしょう。

退職|数日前仕事を探すために人材バンクへ登録をしに行きました。

先週人材紹介会社へと登録に出向きました。登録カウンセリングの時に出てきた担当の人の雰囲気がどうも新入社員みたいで、こちらが説明をしていることの50%ほどもその社員は理解ができていない模様。それでいて「キャリアデザインがよくないですね」とか「もっと自分の強みと弱みを理解しておくことが重要です」等、経験豊富なベテランのように横柄に言い散らかすのですごく不愉快でした。カウンセリングを担当する人はいくらかカウンセリングのスキルがある方にしてほしいと思います。