今後転職活動をされるなら、気になった求人(あるいは業種…

あなたが転職活動中に、気になる求人(あるいは業種)を見付けるたびに…

  • 転職活動の際に、気になった求人(あるいは職種)があれば、マメに「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネットで検索したほうがいいです。求人票や担当してくれる転職エージェントの情報では、まずその業界のマイナス部分について知ることができない、と思っておくべきです。もしも、ブラック案件が蔓延している業種なら、簡易的なネット検索によって本来の姿を理解できるでしょう。そういったチェックを怠りながら入社した場合、後々に落胆してしまうおそれがあります。その求人募集が出ている理由が「仕事の内容がキツイから入っても続かない」ということも多くを占めるため、目に留まった案件・業種については、疑問点を払拭した上で、応募することを心がけましょう。
  • 退職|これはシフト制の仕事についての話なのですが、一定の曜日…

  • これはシフト制がある仕事についての話です。一定の曜日に働ける人を募集している求人を頻繁に見るのですが、もし、応募しようと思っているなら休み方やシフトの提出方法を前もってチェックしておくべきです。私自身、出産のため抜けた人の代理として正社員の仕事をはじめたのですが、私のシフトがそこが「土日」固定のシフトで、新人の私以外、他の社員はいない状態という職場でした。前にいた人が「土日」に必ず出ることができたので、私も必ず出勤できると思われていたみたいです・・・。実際「土日」に外せない用事が入った場合、シフトを変更してもらわなくてはならず、同じ部署の先輩方に「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と私からお願いしなくてはいけませんでした。立場も給料もほとんど同じなのに土日を私1人だけに任せるって、どういうことなのでしょう?冷静に考えると、よく我慢してやってこれたと思います。
  • 退職|とある古物商のお店で、書類選考に受かったので、担当者から面接の日時を指定してもらいました。

  • とある古物商の求人にて、書類審査に受かりました。2、3日して先方から面接の日時を指定してもらいました。それなのに、当日、指定された場所へ行ってみると、どういうわけか相手が面接準備を全くしていませんでした。しばらく待たされたのち、所長らしい男性が面接担当をしてくれましたが、始終呆れるほどだるそうな対応の状態のままかろうじて面接が終了しました。しかしながら、予定日を過ぎているのに、まったく採用結果すらなく、待っていられず、私から問い合わせてみたところ、「面接結果に関しては、郵送で本日送付しました」と返答されました。しばらく待っていましたが、ですが、これも来ず、そこでまた電話した結果、意味が分からなかったのですが、「残念ですが不採用」ということで、一方的に電話が切られてしまいました。あまりのことにしばらく言葉も出ませんでしたが、とりあえず不採用でよかったです。
  • 転職エージェント、そして転職サイトを用いて、転職活動することは今では当たり前のことです。

  • 転職エージェントや転職サイトなどを用いて、転職活動する人は少なくありません。としても、転職についてよりよい結果を得たいのであれば、加えて転職フェアも併用されることをお勧めします。多くの企業が一堂に会することから、参加した際は多くの企業に関する情報を得ることができ、同時に、その場で説明しているスタッフさんから、その企業の社風を感じる事が出来る事も少なくありません。もしも、転職フェアに参加される場合は、1次面接を受ける心構えで自身をしっかりアピールしていきましょう。それが奏功してフェアの期間中に企業側(の担当者に)認められれば、それからあとの本格的な面接時に大きなアドバンテージになるでしょう。
  • 退職|求人情報をチェックする際、事務系の仕事がしたいから・・

  • 求人に関する情報をチェックする折、「デスクワークがしたい」という人は、製造業を見逃してしまっていますが、そういった人の多くは「製造業は現場で製造する求人募集しかやっていないだろう」と勘違いしている場合もあります。実際に、製造業の求人であったとしても、経理、総務、人事などのスタッフ募集をはじめ、資材、購買、営業管理といった「事務系」に準ずる役職も結構多くあります。しかし、製造業の勤務場所はビジネス街のような華やかな感じではないのでその点がマイナスに映る人もいるかもしれません。だとしても、自分のエゴをなくすことで仕事の選択肢が拡がるはずです。
  • 転職するにあたり、今勤務している会社を退社する時に「失業保険」をもらうための手続きをしておく必要があるのですが、…

  • 転職を行う際、現在勤務している会社を退社する時に「失業保険」給付手続きをしておく必要がありますが、仮に自分からすすんで退職願を出して退職する、いわゆる「依願退職」の場合には失業保険を即、受け取ることができません。手続きをした後で失業が認められてから3か月の期間が必要なのです。よって、会社を辞めた翌日から3か月経過すれば給付されると思い込んでいる人がいますが、実際に勘違いしてしまった人が、ハローワークの職員の方が間違っていると思い込んでそれが原因でハローワークの職員ともめ事を起こしているのを見たことがあります。なお、自己都合ではなくリストラなど会社の都合で退職する場合は、失業認定を受けてからすぐに失業保険が給付されます。
  • 退職|転職の面接で必要なスーツの色は、新卒の就活の際にに着用する色…

  • 職を変える際にいるビジネススーツのカラーにおいては、新卒の学生が就職活動の際にに身に付けている色味が良いです。ということは、黒や紺といった感じのようなダークな色になります。再就職のケースであっても、スーツの色はこのようなダークカラーが多数を占めていて、そうでないカラーを着ている転職者はほぼ見かけることはありません。それ以外の色と言うと、まれにグレー系のビジネススーツを着ている人がいるくらいで、大方は黒や紺のスーツ派がほとんどを占めているので、面接を行う人事の方から見てもそういった色が自然です。ですから、見た目の印象という点ではそのようにする方が好ましいわけです。
  • 退職|転職時の面接に関してですが会社側からクールビズでもO…

  • 転職の面接での身なりはクールビズで来てくださいとと書いてあるケースもあるようです。しかし、なかには、クールビズで伺うのは社会人として常識に欠けるのでは?とマイナスに考える人もいます。クールビズについての迷いを懐に抱え込んでしまっている人々に伝えたいのは、会社側からクールビズOKだと言われたのなら、言われたことをそのまま実行したほうが正しいです。色々考えすぎて、すごく汗がでる時期にきちっとしたスーツの格好をしていくと不自然な印象を持たれてしまうので、会社側からクールビズでお越しくださいと書かれていたらクールビズでいくのが望ましいです。
  • 転職のための面接を受けに転職希望の会社へ向かいました。

  • 転職したい会社の採用面接に伺いました。その日に限って社内の会議室や応接室が空きがないということで社外のとある場所で面接官と待ち合わせて面接を行って、その場所で解散し、面接を行った方もそのまま自宅直帰されるとのことだったのですが、ビックリしたのは自宅の最寄駅が同じだったのです。なので電車の中でも面接担当者とずっと世間話をしながら帰宅することになって、おかけで打ち解け面接より話が弾んで、それが良かったのか幸運にも採用をゲットすることができました。
  • 退職|最近の企業の労働背景の変移に当たって、社会人の中で34歳ぐらいまでの若者…

  • このように昨今の労働背景の慌ただしい変化に際して、全世代の中で若者の世代が特に関心を持って見ているようです。十中八九先行きのキャリアアップを見据えているのでしょう。ですから、サラリーマン・労働者などの労働市場の「流動化」が顕著となっているので、なおさら、後々より広い世代で転職についての関心が高まる気がします。「流動化」の影響により、転職することはあなたにとって身近なものとなっていくでしょう。「終身雇用制度」が存在していた頃には転職者は、それだけでややネガティブに捉えられる傾向が強く、それで損してしまうこともあったようです。しかし今ではこの事も全く当たらず今現在やっている会社のみに執着する意味も必要性も特に無いように思います。
  • 失業した際にもらえる失業保険は、失業している間もらえるが、…

  • 失業した人に給付される失業保険は、もらうためには失業中であることが必要ですが、ずっと給付されるわけではありません。離職時までに勤務していた期間に応じて異なり、3ヶ月とか、1年と決定するのですが、世の中にはこれを知らずに失業を続ける限り給付されると思い込んで失業保険があるから働かなくてもいいと考えて仕事を探さない人もいますが、給付残りが1ヶ月、という段階で気づいてから急いで転職活動を開始しても条件のよい仕事を見つけるのは至難の業です。会社の面接官もアホウでは無いので、「いつに失業したか」「どのくらい失業期間があるか」「その間、何をしてたか?」についてだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。場合によっては、面接の時にそういった質問をされるキケンもあります。返答に詰まったり、自身を良く見せようとバレバレの嘘をついてしまうと、不合格となるおそれもあるので要注意です。
  • 退職|昨日人材会社に登録に行きました。

  • 先日転職のために人材紹介会社に登録に足を運びました。そのとき登録カウンセリングの時に出てきた担当者が見たところ経験の少ない社員のようで、こちら側が説明している話の半分ほども理解ができていない感じ。それに加えて「キャリアデザインを作り直した方がいいですね」とか「きちんと自分の強みを知っておくことが重要でしょう」とか、一人前の話を偉そうにのたまうので非常に嫌な気分になりました。カウンセリング担当者は多少はカウンセリングの経験がある社員にしてほしいです。
  • 就職活動において、年収は大変大事な要素です。

  • 就職活動において、年収は大変大切なポイントです。面接時には、ほとんどすべての会社で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。ここで本当の年収を上回る額をもらっていると偽り、転職先の年収条件を引き上げてもらおうと考えるのはやめておきましょう。なぜなら、結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、一度は信じさせたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、最終的には後からバレてしまいます。ときにはトラブルを引き起こすこともあるので、現職年収は正確に伝え、それに見合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。現在の年収が300万円の方が転職後にいきなり500万円になる可能性は通常あり得ません。今、430万円の年収であるのなら、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくことをおすすめします。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなり、入社できたのをその後、退職しなくてはいけなくなる恐れもあるので、気をつけましょう。
  • 退職|近頃はPCは便利でネットで見られる世界には「転職サイト」と呼ばれるもの…

  • 今ではPCやスマホは便利でネットで見られる世界では要するに「転職に関するサイト」に類するものが数多くあります。そのいっぱいのサイトから自分に見合った転職先というのを見付けるために、何よりも情報を収集することが欠かせません。このような「転職サイト」をしっかり利用することでスムーズな転職が実現します。転職情報が満載で、客観的なデータもしっかり掲載される「転職サイト」がある一方、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。まずは、本当に信用していいサイトかどうかを他と比べつつ、しっかり確かめてみてください。
  • 雇用期間中なら、出来るだけ周囲に気づかれないように・・

  • 雇用中はできたら、同僚に悟られないよう、(自身の転職活動では)在職期間中に転業の意図だけを活動初期の段階で周りの人に仄めかしたことがあります。ですが、それから、求人情報を散々探してみたのですが、予想に反して就職する転職時期さえも何一つ決まらず時間を空費する結果に。そして一方、社内では退職に関わる諸々の手続き、私自身の退職予定日などが段々と確定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、就職先を見付ける」という、本末転倒な展開を迎えました。実際には内定をもらったその会社を蹴り、失業期間を経たあと、次の就業先を見付けなくてはなりませんでした。
  • 退職|転職するのなら、転職前に「資格」の取得をしておいた方が良いかもしれません。

  • もしもあなたが転職を視野に入れているなら、転職前に「資格」を取っておくと選択肢が増えます。とくに、現在の仕事をしているあいだに資格を取るのがおすすめです。転職活動時にそれを生かせるので、転職の幅がグッと拡がります。といったわけで、資格取得するなら、在職中であり、かつ転職活動前の段階が一番最適といえます。あなたが再就職を考えているなら、このあと役立つ可能性の高い資格を持っておくと、現在の仕事を辞めたとしても躊躇なく次に進められるはずです。さらには、資格を保有することで面接で面接官に戦力になると判断してもらえ、待遇も良くなる可能性が高いです。