今日では、「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあ・・

退職|今日では、ブラック企業がマスコミで注目されたりして…

現在、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようになり、労働条件違反の取り締まりがきびしくなったり、悪質な経営をしていると社名を公表されたりと、厳罰化の方向に動いていますが、まだ完璧とは言い難い状況です。それゆえ、面接で見破る必要が生じます。とりあえず、求人票などで労働条件を見えておき、怪しい点について質問をぶつけてみることです。相手がブラック企業であれば、求人票の記載が嘘の場合、不自然な返答になったり、その場では答えられないなど逃げようとします。「給与」「残業」「休日」においては、質問を続けていく中で、渋い表情を見せることが多くあります。それでもしつこく聞くとふてくされたような態度を見せ始めるため、そこで「この会社は信用に値しない」と確信できます。このような会社は、嘘をつく体質であると考えられるので、変だと思ったら、入社を止めるのが無難でしょう。

退職|再就職するつもりなら、いろいろな企業の情報の詳細を日常的に調べたり比較したりしてお・・

転身を近いうちにするつもりなら、様々な企業の募集案内を定期的にチェックしておくと転業先の選択をするときに役立ちます。今の職場に何か不満や納得いかないことがある場合、いざ転職活動をする時にどんな企業でも魅力的です。そんな状態に陥ると、どこを選択したら良いのか迷ってしまい、選択を間違えてしまうおそれがあります。その後、あっという間に嫌になってしまうこともあるので、見る力を養っておくべきなのです。方法としては、転職したい会社の雇用面だけを見るのではなく、その転職したい会社の「取引先」を見るのがオススメです。透明性ある良い企業は、取引先の情報を公開していますし、逆にそうでない会社は、宣伝ばかりに力を入れる傾向があるので、チェックをする目安になります。また、企業によっては、個人グループに入っていたりもするので、グループ名を調べ、詳細に目を通してみてください。

新卒後最初に働いた会社で性格が合わない上司に悩みを抱えて・・

働いていた会社で性格が合わない上司に悩まされて、その結果耐えきれなくなりその会社は辞め、同じフィールドの他社に変えました。転職先の会社では居心地よく仕事ができ充実した毎日でしたが、緩やかに業績が落ち込み、とある会社に経営統合されることとなりました。ところがその経営統合先の会社が驚くなかれ前に勤務していた会社で、加えて大嫌いだった上司が再び私の上司になることになりました。いったいこれはどれほどご縁があるのでしょう。当たり前ですが新しい転職活動を開始しています。

転職活動を行っていて面接で絶対に質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動をしていれば、面接で必ず聞かれることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。「志望動機」については、ありのまま話して問題ありませんが、これとは異なり転職理由についてそのまま伝えるのは得策ではありません。例をあげれば給与の不満、人間関係の問題など、そのような話をしたとしても、あなたの印象は良いものにはならないでしょう。とはいっても、自分の得にならないことをそのまま話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそういった点に関心を持ちやすいので、慎重に質問してくると考えておくべきです。これに対して不満を言わずにうまく答える方法として、現職の仕事の内容から外れることには、全く触れないようにすることです。そのあと、この企業に入ってこんなことを実現したい、「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、「このような私の目標を達成できるのは御社のみです」、といった形でうまく話をすり替えましょう。

一度あなたが、転身の決めたのであれば、完全に周りには…

万一とらばーゆを決意したのであれば、完全に一緒に働く人にはそれを言わずに、首尾よく転職活動を進めていき、転職先が決まっていない間は、できる限り同僚に悟られないよう淡々と業務をこなしていくのがもっとも合理的です。転職先が決まっていない間、その状態をキープしておくと、たとえ条件に沿う転職先がすぐに見付けることができなくても、転職時期を延ばしつつ、現在の職をそれまで通りに残ってもトラブルにはなりません。そうではなくて、軽率に、「転職するつもりでいる」と口を滑らせると、社内は、その言葉に合わせた応対を取るようになります。さらに社内の人間に「辞めるつもりです」と言ったが最後、会社内では「あの人は辞める人」という位置付けになります。その後で転職したい思いが冷めて、「やっぱり辞めないことにしました」となっても、会社内の人たちは、「一度は辞めようとした人」という目であなたを見るため、仕事中ずっと、肩身の狭い思いををする可能性が高いです。

知人による紹介で転職を叶えようとしている人もいるでしょう。

友人からの紹介を通じて転職先を探すこともあるでしょう。…が、転職をした先の労働環境や労働時間などの大切な部分を知人からの口コミ情報のみであんまり信じすぎてしまうのは、問題になるかもしれません。当然ながら、一人の個人による口コミ情報は客観的な要素が排除されやすく、客観性に乏しくなります。要するに紹介した人にとっては、心地よい職場だったとしても、自身にとってはイライラするだけの場合があります。その逆も然りです。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミのみで判断せずに、最終的には自身の目でしっかりチェックしてみてください。

退職|転職の面接のときにつける腕時計についてですが、どう見ても目立つようなタイプの…

転職時の面接を受けるときにする腕時計は、どう見ても目立つものはしていかないほうが好ましいです。この場合の、目立つを詳しく言うと明らかに高価なものだったり、といったことだけではないのです。反対に、明らかに完全に安物である腕時計に見えてしまうとか、そのような目を惹くという意味であって真逆の意味で目を惹くのだと理解しておきましょう。再就職の面接の際にするべき腕時計についてはポジションとしてはスーツやネクタイと同様にとらえ面接するにふさわしい平凡なものをしたほうが好印象を与えてくれます。そうはいっても、自分の歳にあったものというのも不可欠なことで、新卒の面接で着用していた腕時計よりは多少なりとも高級感のあるものにした方が年齢に見合っているとはっきりといえます。

ほとんどの場合大きな会社は定期採用中心です。ですから、…

多くの場合一流企業は「定期採用」で人材を確保します。ですから、転職希望で入りたい場合は、時期を考慮しておく必要があります。加えて、都会以外だとより状況が高くはありません。でも、「製造業」の企業の場合あれば、地方の工業団地の近所に製造の拠点としていることも多々あります。さらに、そういう地方工場では事業分野の拡大などの際に「人員募集」をしていることが多々あるので、そのチャンスを利用するのがベストです。そのためには、地方の工場を転職に考える場合、希望する会社についての情報をあらかじめチェックしておきましょう。公式サイトをチェックし、求人がないか定期的にチェックされることをお勧めします。

退職|がんばっている転職活動をしているときに、「自分はこれまでずっ…

がんばっている転職活動の際、「私は経験としてこういう内容の仕事を長く続けました」「これまでにこのような経験を身につけました」とそれまでの成功体験などをよく伝わるようにアピールする人はとても多いです。ところが、転職希望する再スタートを狙う組織で「こういったことをしたい」「私が申したような内容の業務をするのならぜひ貢献できるはず」と未来の姿を通して自己をアピールしていくほうが効果的である場合は、意外と多いものなのです。この点をしっかり意識しておくと、転職活動が効率的なものとなります。

転職エージェントに一旦登録すると、電話やメールでの連絡が何度も来ます。

転職サイトでは、登録後、電話やメールでの連絡が執拗に来ます。初めて利用した人は結構びっくりするケースが少なくありません。転職エージェントは転職をサポートすることが業務だといえるので、とても積極的な姿勢でいます。特に大手エージェントは、転職を成就へと導くことで企業から報酬が支払われる仕組みであることから、転職者の都合よりも企業の都合を優先させることが珍しくありません。加えて、転職エージェントは、成約数を増加させたいがために、内定がでるとすぐに、入社を強引にすすめてくることが珍しくありません。対抗策として自身の気持ちや意思をハッキリしておき、妥協した形の転職とならないように要注意です。

退職|クールビズ(軽装)で再就職の面接にチャレンジする場合…

クールビズ(軽装)の格好で転職の面接を受けに行く際には、ジャケットは着なくても大丈夫だと言い切れますが、ネクタイはした方が印象的には良いです。ネクタイもしないで良いとしている企業も存在する場合もあります。ですが、ネクタイに関してはクールビズでも身だしなみとしてつけなければならないとするところがそこそこ存在するわけです。という事で、クールビズ(軽装)が指定されていてもネクタイにおいてはしてから行った方が安心だということはわかっておいてください。

退職|あなたが転職を視野に入れたとき、「Uターン」「Jターン」・・

再就職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において都市部から地方に移り住んで再就職したいと思っている人が、近年増えています。一昔前とは違い求人情報サイトの地域指定をするだけで、地方・郊外での求人情報にも手軽に知ることができますが、けれども、地方や郊外での求人の場合、大都会の場合よりも、数が少なく良い条件も少ないのが痛いところでもあります。ですから、転職サイトを利用するのは当たり前ですが、求人情報サイトにプラスして、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトもまめにチェックしておくことをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」など、行政が開催する就業サポートの関連情報も見ておくと、良い出会いが期待できます。

退職|今後転職活動をするという時は、良いと思う求人(OR 業…

転職活動をされているのなら、気になった求人(職種)を見るたびに100%「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネットで調べておきましょう。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントの言葉からはまずその業界に関するマイナス点は知ることはできません。インターネットで調べればインターネット検索を通じてすぐに本来の姿を理解できるでしょう。そのような手間を惜しんで会社に入ると、後々にガッカリしてしまうおそれがあります。そもそも求人が出されていた理由が「業務内容が厳しく、入っても続かない」といった場合も多いので、目に留まった案件について、注意してください。

これはシフトの仕事についての話です。

シフトがある仕事についての話です。決まった曜日に働ける人を募集している求人をよく見るのですが、もしも応募しようと思っているならシフトの提出方法、休む方法については、面接時にチェックしておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、過去に私は出産のため産休で休む人の助っ人として、正社員として働き始めたのですが、土曜、日曜が固定シフトだったのですが、新人の私以外は、他の社員は誰一人現場にいませんでした。前にいた女性が土曜、日曜に必ず出勤できる人だったので、私自身も出勤できると思われていたようです。実際「土日」に冠婚葬祭が入ると、シフトを変わってもらうときは、同じ部署の先輩たちに「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と自ら依頼しなくてはいけませんでした。立場も給料も同じなのに土日を私だけに任せるなんて…。思い返すと「本当におかしな職場だった」としか言いようがありません。

とある古物商にて、書類選考をクリアしました。すぐに面接の日時について相手方から連絡をもら・・

ある古物商の人員募集にて、書類選考をクリアしたため、担当者から面接の日時を指定してもらいました。当日、時間通りに行ってみると、手違いがあったのか相手の面接の用意が全くできていない状況だとがわかりました。待たされたのち、所長らしい男性が面接担当をしてくれたのですが、始めから終わりまで、たいへんに面倒くさそうな態度を見せてかろうじて面接を終えました。が、2週間後と言われた合否の連絡が一切もらえず、ガマンできなくなり、私から問い合わせてみたところ、「結果は郵送で本日送付しました」と告げられました。心待ちにしていたのですが、しかし、これも未着でそこで改めて問い合わせると、意味が分からなかったのですが、「結果は不採用でした」、と一方的に電話を切ってしまいました。呆れ果てて言葉も出ませんでしたが、正直、不採用で良かったと感じています。

転職エージェントや転職サイトなどを活用して、転職活動する人は少なくありません。

転職サイトおよび転職エージェントを活用して、転職活動する人は少なくありません。とはいっても、ベストの転職先を探すにあたっては、それに並行して転職フェアに参加してみるのはいかがでしょうか?転職フェアでは、多くの企業が同時に参加するので、そこに足を運ぶことによってあなたの気になる企業の情報を効率的に得られますし、その上、説明を担当するスタッフから、その企業の社風がある程度わかります。もしも、転職フェアに行く際には、面接と同じ緊張感を持ってしっかりと自分をアピールしましょう。その結果としてフェアを通じて、企業に自分の魅力が伝われば、それからあとの採用面接時に大きなアドバンテージになるでしょう。