今日では、ブラック企業がマスコミで取り上げられたりして…

退職|現在、「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあ…

今日では、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件に関する取り締まりが強くなったり、悪質な会社が公表されたりするなど、罰則もそれなりに強化されていますが、完全とは言い難いというのが現状です。そこで、面接で見破る必要が出てきます。求人票などの労働条件を事前に調べ、それらをもとに遠慮せずに質問しましょう。「ブラック企業」と対峙している場合には、求人票の記載が嘘の場合、返答に詰まったり、その場では答えられないなど逃げ腰になります。中でも給与や残業や休日に対しては、詳しく聞いていくと、困った表情を見せる可能性大です。それでも質問を続けると、ブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされるような態度になるのでブラック企業だと見破ることができます。このような会社は、嘘をつく体質であると考えられるので、少しでもおかしいと感じたら、他の会社をあたったほうが良いと思います。

退職|再就職を検討しているのなら、まめに色々な企業の情報をチェックすること…

転職を検討しているのなら、まめに多種多様な企業の募集案内を定期的に調べたり比較したりしておくと転職時の選択にとても役立ちます。あなたが現在の仕事に何か不満や納得いかないことがあるケースでは、実際に転職活動をする際に、どの会社も魅力的に見えてしまいます。そんな状況に陥ってしまうと、どこを選択していいのか困ってしまいかねず、判断を間違えてしまいかねません。よって、あっという間に退職の道に進んでしまうので、どんな会社か見極める目を養っておいたほうが良いのです。転職したい会社の雇用に関わる情報だけ見るのではなく、その会社の「取引している会社」も気にしてみましょう。透明性ある良い企業は、取引している会社の情報を公開していますし、反対にそうではない企業は、宣伝ばかりしかしない傾向があるので、覚えておきましょう。また、企業によっては、個人グループに入っているケースもあるので、グループの名前で中身をチェックしておくのも良いでしょう。

初めて働いた会社ですぐにきれる上司に悩みを持ち、我慢することができなくなってその会社は辞…

昔務めていた会社で相性の悪い上司に悩みを持ち、耐えることができなくなり退職し、同業者の他の会社へ行くことにしました。上との関係も良好で勤務することができてきわめて満足のいく毎日でしたが、ちょっとずつ会社の業績が悪くなって、最後にはある会社に経営統合されることとなったのです。そしてその経営統合先の会社が驚くことに転職前に働いていた会社で、加えて非常に嫌いだった上司がまた私の上司になることになりました。いったいこれはどれほどご縁があるのでしょうか。当たり前のことですが新たな転職活動をやり始めています。

転職活動をやっていると、面接で間違いなく尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動をしていると、面接において間違いなく聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。志望動機に限っては、隠さずに話しても差し支えないですが、これとは違い転職理由についてそのまま話すのはよくありません。転職理由でよくある報酬に関する不満、上司とそりが合わないことなど、面接担当者に好印象を持ってもらえるものではありません。もっとも、自分にとってマイナスになると予想されることをそのまま話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそういった点に注目しがちなので、慎重にあなたへ「探り」を入れてきます。これに対して現職の不満を回答しないためには、現職の仕事内容以外を話しないのが基本です。そして、この会社に入ってこんな仕事をしたい、5年以内にこんなゴールを達成したい、「こういった目標をクリアできるのは、御社がベストです」といった形で、志望動機に話題を変えてしまいましょう。

退職|転業の意思を固めたなら、徹底して会社の人間にはそれを言わないように…

もしあなたが、現職からの転身を意思を固めたなら、完全に周りにひそかにその意思がばれないように、転職活動していき、転職先が決まらないうちは、可能ならば周囲に知られないように淡々と業務をこなすのがたいへん利口です。現職中、その状態を保っておくと、もし仮に希望する条件に沿う転職先が簡単に見つけられなくても、転身時期を延長しながら現職を続けることも容易にできます。でもついつい「転職するつもりでいる」と口を滑らせると、社内は、その言葉に合わせた態度を態度をし出します。それに会社内で「辞めるつもりです」と言ってしまうと会社内では「あの人は転職する人」という位置付けになります。そのようなシチュエーションになってから、転職の気持ちが冷めて、「やっぱり辞めないことにしました」と手のひらを返しても、周囲の人たちには、「一度は退職しようとした人」ということで在籍中は、肩身の狭い思いををする可能性があります。

友人・知人からの紹介によって転職する先を探す人もいるでしょう。

知人からの紹介によって転職する先を探す人もいるでしょう。しかしながら、その場の労働環境、その他の労働条件に関する情報について、知人からの口コミ情報のみで過剰に信用するのはあまり問題になるかもしれません。口コミの中でも個人の口コミというのは客観的な要素が排除されやすく、主観が入ってしまうからです。つまり知人の立場では今よりずっとベターな職場環境だとしても、自分には、イライラするだけの環境かもしれません。でもその逆も然りです。ですので職場環境をはじめ、気になる箇所は口コミだけに頼らずに、しっかり自分の決断を信じるしかありません。

退職|転職時の面接につけていく腕時計の事についてですが、どう見ても目を惹くようなタイ…

転職する時に行われる面接でつける腕時計においては、明らかに目を惹くタイプの腕時計はつけて行かない方が最善といえます。この場合の目立つ腕時計と言うのは見るからに高価なものだったり、といった意味合いだけではなく反対に完全に安物である腕時計に見えてしまうとか、そのような目立つということで真逆の目を惹くのだと頭に入れておいてください。面接のときにつけていく腕時計についてはポジションとしてはネクタイやスーツのとらえかたと同様に、ビジネスの場にふさわしい平凡なものをしたほうが好印象を与えてくれます。とはいっても、年齢にあった腕時計というのもとても重要で、新卒の時に面接で用意した腕時計よりは多少なりとも値段が高いものにした方が間違いないということは断言できます。

退職|たいてい一流企業は「定期採用」がメインなので、転職で入りたい場合は、時期を考慮しなくてはいけません。

多くの場合大手企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めます。ですから、転職で入る事は容易ではありません。さらに、市外地でとなると転職の見込みがとても狭まります。ただ、製造業の会社の場合、都市部でない地方の工業団地近辺に工場を持っていることも少なくありません。さらに、そういった場所では、事業分野の拡大時に「中途採用」を行っているので、このチャンスを利用するのが無難です。地方の工場での転職を考えているなら、希望する会社の情報をあらかじめ収集しておきましょう。公式サイトを見て、スタッフの募集予定はないか、ちょこちょこチェックしてみましょう。

がんばっている転職する活動の際、「経験としてこうい・・

がんばっている転職する活動の際に「自分はかつて、このような価値のあるの仕事に尽力しました」「過去の仕事では、こういった経験を得られました」とそれまでの自身の実績をしっかりアピールする人は頻繁に見かけます。しかし、転職先の新しい職場で「させてもらえるのならばこういったことをしたい」「このような内容ならできれば貢献できるはず」と未来の話をして自身をアピールする方が効果的である場合は、意外と多いものなのです。この点に注意しつつ、転職活動をがんばってみましょう。

「転職エージェント」は、一度登録すると、電話・メールが頻繁に掛かってきます。

転職サイトでは、登録後、電話やメールでしつこいくらい連絡が入ってきます。そのため何も知らずに利用しはじめた人はとても驚くことがよくあります。転職エージェントは転職をサポートすることが役割だと考えられるので、かなり積極的にかまえています。とりわけ大手エージェントは、転職を完了させることで企業からお金がもらえる仕組みなため、転職する側の都合より企業の都合を優先させることが少なくありません。また、転職エージェントは、成約数を増加させたいがために、内定が出ると間髪入れずに、入社を積極的にすすめてくることが珍しくありません。対抗策として自身の気持ちを明確にしておき、無理に転職することがないように気を付けなければいけません。

クールビズの格好をして転職の面接に臨むときには、ジャケットま・・

クールビズ(軽装)の格好で転職の面接にチャレンジする際には、やっぱりジャケットは着ていかなくても安心であると間違いなく言えるのですが、ネクタイはして面接を受けた方がイメージが悪くなりません。ネクタイなしでもOKだと考えている企業も存在する場合もありますが、ことネクタイにおいてはクールビズであっても身だしなみとしてつける必要があると思っている会社がいくらか存在します。そのため、例えクールビズ(軽装)の恰好ではネクタイだけはしていく方が印象が良いというのはお知らせしておきます。

退職|もしあなたが再就職をするとき、「Uターン」「Jターン」に…

仮にあなたが再就職を考える場合に「Uターン」「Jターン」「Iターン」において都市部から地方に移住しつつ、転職したいと希望する人、実践する人が増えています。ここ最近は転職サイトを駆使すれば、地方の求人も手軽にアクセスできます。しかし、地方や郊外での求人情報では、大都会のそれよりも内容が薄く、数も少ないのが一般的です。ですから、転職サイトだけに集中するとなかなか難しいかもしれません。転職サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」の情報サイトなどもよくチェックし、そうした機関の転職サポートの有無も注意してみておきましょう。

退職|転職活動をするのなら、良いと思う求人(もしくは業界)…

今後転職活動をするという時は、良いと思える求人(業種)を見つけたときにきちんと「〇〇業(気になる職業)、ブラック」とインターネットで検索しておきましょう。求人票や転職エージェントから入ってくる言葉からは、その業界に関するマイナス要素について、知らせてもらえません。もしも、ブラック企業体質な業種であれば、簡易的なインターネット検索によって瞬時に多くの事例に触れられるはずです。そういう手間を惜しんで仕事を始めてしまうと、後々に痛い目にあいます。だいたいその求人が出ていた理由が「内容がキツイから人がすぐに辞めてしまう」といったケースも多いので、興味をもった案件や業種については、きちんと調べたうえで応募することを心がけましょう。

退職|これはシフト制の仕事についての話です。

これはシフト制のある仕事についてです。毎週、同じ曜日に入れる人を募集している求人を頻繁に見るのですが、もし、応募しようと考えているなら休む方法やシフトの提出方法については面接の際に確認しておくべきです。それはどうしてかというと、私は過去、出産のため抜ける人の代わりにと正社員の仕事をはじめたのですが、「土曜、日曜」固定となるシフトで、他に誰も来ず、私一人だけで現場を任されるだけでした。産休に入った女性が「土曜、日曜」に必ず出勤することができたので、私もそのような人と思われていたようです。ですから「土日」に外せない用事が入ったりした場合、シフト変更を前もって伝える必要があり、職場の先輩方に「代わりに出ていただけませんか?」と私自身が連絡を入れなくてはいけませんでした。立場も給料も同じなのに土日を私だけに任せるのは納得できませんでした。思い返してみるとよく我慢したな、と自分でも驚きです。

退職|とある古物商の求人に応募し、書類審査を通過しました。すぐ…

ある古物商の人員募集にて、書類選考をクリアして担当者から面接日時を告げられました。にもかかわらず、面接日当日、行ってみると、どうしたものか相手が面接の用意を全くしていないとわかりました。待っていると、所長と思しき人が面接に応じてくれましたが、始終非常に面倒くさそうな態度を見せて面接が終わりました。ですが、約束の日を過ぎても、採用結果は告げられず、待っていられず、私のほうから問い合わせてみると、「郵送で今日送った」と言われましたが心待ちにしていたのですが、結局、届きませんでした。そんなわけで再度電話した結果、驚くことに、「残念ですが不採用とします」、とこちらが話す隙もないまま電話を切ってしまいました。あまりのことにしばらく言葉を失いましたが、不採用で良かったと感謝しています。

転職エージェント、そして転職サイトを用いて、転職活動を行う人はたくさんいます。

転職エージェント、そして転職サイトを活用して、転職活動する人は少なくありません。より確実に良い仕事を探したいのであれば、それに並行して転職フェアを活用するのがいいでしょう。転職フェアでは、複数の企業が同時に集まることから、参加したのなら企業の情報に直接触れることができますし、それに加え、フェアに参加している企業スタッフから、その企業の社風についてある程度は知ることができます。仮に、転職フェアに行くときには、面接に挑戦するつもりでしっかりとした準備をしておくことがおすすめです。それによってフェアの期間中に企業側の担当者に気に入られれば、後に応募して本格的な面接時に非常に有利となるからです。