仮に転職を目指そうとしても、全部が順調に運ぶとは限りません・・

退職|転職するにも万事首尾よくいくワケではありません。

転職にもあらゆることが順調に運ぶとは言い切れません。できればなにはともあれあなたの年齢が若いうちに出来るだけ早く転職を試みるべきです。平均的に見た場合、20代の若いうちは結果が出やすいですが、残念なことに、30代後半~40代を迎えてしまうと転職はかなり厳しいものと理解しておくべきです。管理職などを任されているのなら、転職したいと思い立っても、今の会社に籍を置くことも選択肢から外さないほうが良いです。つまり、会社を辞めてから転職活動を行うよりも、今の会社に籍を置いたまま慎重に行動したほうが後悔がないはずです。

この先、徐々に簡単な仕事は機械化に置き換わってそして、…

将来的に、私たちの労働環境においてぐっとシンプルな仕事は機械化が進行し、その変化によってそういう仕事をするマンパワーはどう考えてもカットされていきます。考えなくてもできる仕事は人が作業するよりも機械で進めたほうが圧倒的に分があるからです。例えば、数をカウントするとか、同一の作業を繰り返したりすることは機械にとっては何の苦もないのです。当たり前のことながら人間とは違って言い訳することもないし、疲れないし、ズルもしないし、正確だし均一にこなせます。加えて、給料が発生しないのもメリットといえます。ですので、労働力として生身の人間を使う意味が到底無さすぎるため、機械に移行していくのも注目されているのです。

退職|今の自分のスキルや資格を活かして転職活動をしていく場・・

今あるスキルや資格を活かしつつ、転職を考える際は、そのスキルがプラスになる転職しやすい業界とそうでないものとを理解しておきましょう。再就職の難易度が低めの業界では、慢性的に人材不足がいわれている医療・介護業界が代表例といえます。看護師および介護士資格を持っていることが必須条件となりますので、ハードルが高く、売り手市場となっています。こうした業界で働く人が、理由あって異業種に転職しようと思う場合は、簡単に決めてしまわないほうが無難です。「医療」「介護」以外の多数の業界は、スタッフの流動性は少ないもの、と理解しておきましょう。なので、容易に考えない事が必要です。異業種への転職を実際に行う際は、異業種では「売り手市場」な前提で軽率な行動を取らないように気をつけましょう。

退職|いよいよ転職することをするのなら、今の業務の何に対して不満を感じているの…

来週からでも転職活動しようと考えるのなら、現状の職場で感じている不満点を明確にしておいた方が良いです。当然と思われますが、意外とそうでもないのです。もともと不満な点にガマンできないから転職しようと思っているはずです。でも「現在ある会社の客観的にみた不満な点を書き出す」ことを多くの人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、現状より悪化する事をあるでしょうがどこまで許せるかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職における後悔を減らせます。その次に仮に転職した場合、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を想像してみましょう。なぜなら、転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職の失敗は抑えることは容易になるはずです。

退職|転職活動のコツは希望する企業そのもの、というよりもどちらかというと「担当面接官」と…

転職活動といえば、希望する企業とのやりとりというより、ある意味、「担当面接官」との勝負といってもいいでしょう。面接係員に良い印象を与えるために、初歩として面接だからといって焦らずに対応しましょう。例えれば「素敵な女性とお見合いする」と捉えておく向かうのも大事でしょう。とくに面接内では最初にあなたの人柄や人間性を判定してもらうので余計な誤解を招くような態度や身なりは注意し避けましょう。また常識的な社会人らしい転職活動にふさわしい服装(T・P・O)を意識しておきましょう。あなたの個性を表現できるといいでしょう。魅力的な人物と感じてもらうことができたら、転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。

退職|転職での面接などの時に担当者に名刺を差し出された場…

再就職の時の面接などの際に面接担当者が名刺を差し出してきたら、こちらも名刺を相手に渡すべきかどうかと対応の仕方に迷った場合は、たいていは差し出さなくても良いと覚えておいてください。転職のための面接とは仕事ではなく、職に就くための就職活動内のことです。ですからほとんどの場合は名刺を交換する場とは違います。加えて、あなたは会社の人間として出向いているのではなく、あなたの問題でこの場にいるわけです。ですから、もしも相手から名刺を差し出されても、こちらにおいては名刺をもらうだけで問題なくて、担当者に相手の方に渡す必要性はないと考えられます。

転職を繰り返す日々を止めるための術が一つだけあります。

転職を繰り返さないためにすることはただ一つです。仕事面のスキルアップもそうですが、メンタル面で成長できれば、転職を繰り返すことがなくなります。ネット社会の今では精神面を強くする自己啓発系の情報は満載になっています。そして、転職とは全く異なる行動によっても、精神面を強化することができます。それは、ズバリ海外への旅行です。海外に行くと、言葉も文化も大きく異なるので、逐一、勉強になります。ですから、帰って来てから変化があるのです。帰国してみると、自分が小さな世界しか見ていないことに気づかされ、世間はこんなにも狭かったのだということを思い知らされることになります。その気持ちを携え転職先を探し直ぐに面接に行くと、自信満々に自己アピールができるはずです。しかしながら、退職後しばらくは精神面が弱くなっているので、心の回復のために休業期間も必要です。

退職|自分の大好きなジャンルの仕事に就きたいと思っている人は要注意です。

得意なことや好きなジャンルの仕事に就きたいという風に考えている人は要注意です。私が実際に体験したことなのですが、私の場合、もともと食べることが趣味でそれが理由で、前に、レストランで勤務していたことがあります。そのレストランでの仕事内容は、そのお店で担当していた仕事内容は、簡単な盛り付け作業やホール業務です。この業務内容に関しては、不満もありませんでしたし楽しんで仕事ができていました。けれども、人間関係のいざこざにとても悩まされました。ということが引き金になって、職場を去ったのですが、その影響で、あんなに好きだった食べることやその店で提供されていた食べ物も苦手になり、似たような飲食店には今も行けていません。当時の匂いを思い出すだけで辛くなります。仕事を始めた当初、大好きだったことをキライになるなんて自分でもビックリです。自分の大好きな分野の仕事に就きたいと夢見て、実現できるのは素敵だとは思います。しかし、あなたの「好き」はどのレベルのものなのか、冷静に自分と向き合う必要があります。

最近の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。

最近の転職事情では、政治による影響が出始めています。現在の安倍内閣ではアベノミクスや「三本の矢」などの経済に関係する政策が次々と打ち出されています。内閣が打ち出した経済政策が金融政策との相乗効果によって、財界・企業間でも新たな社会的な変化が顕在化しつつあります。それもあって民間企業サイドでも労働人口減による「人員不足」が社会では大きな問題となっています。ちなみに、「外国人労働者」の数を増加させ人材確保に務めていく前提と安倍政権は宣言しています。日本国内の雇用や転職問題も大きく幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化によって日本国内の雇用や転職事情にも、大きな影響を及ぼすことは間違いありません。

自分が求職中のころいくつかの人材紹介会社に登録していたことがあります。

私が求職中のころかなり複数の人材紹介会社に登録していました。その時に特に感じたのは転職のアドバイザーの質も様々あってほとんどの場合、物足りないと感じる人ばっかり。こっちは人生の大事な事なのにもっと思い入れを込めて向かい合ってほしいという願いが募って、それが引き金となって自分自身がキャリアカウンセラーの道に進むことになりました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格を取得するのにお金もいりましたし勉強に関してもかなりヘビーでしたが、仕事を探している方からアドバイザーがあなたで良かったと言ってもらえるように頑張っています。

転職活動をする上での最後の難関として、「現在勤めている企業をいかにして辞めるか」という問題があります。

転職活動をする際の最後にクリアしなければいけない難問として、「現在勤めている企業をいかにして辞めるか」という問題があります。転職先の会社がOKしたとしても、現在、所属している会社があなたを慰留しに掛かるかもしれません。仮にそうなったとしても、「何を言われようとも絶対に退職する」という強い信念を維持することが大切です。仮に会社に残るように説得されて、一時的にとどまったとしても、一時辞めたいと思った会社には、そんなに長居はできないはずです。退職をスムーズに行うためには、まず会社の規定をチェックしておき、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届を手元に用意しましょう。そして、決定権のある上司と談判し、退職を撤回する考えはありませんと、正直に伝えましょう。「円満退社」で今の職場とお別れすることも転職活動の重要なポイントです。

転職を成功させるための面接に関して、多数のひとが思い違いをしているので・・

転職時の採用面接での多数のひとが思い違いをしているのですが度を超えた猫をかぶることは残念なことに不採用となる可能性が高いです。そうならないために思い切って面接の際は「産休」などの、多数の人がかなり質問しづらいことを思い切って率直に尋ねておいた方が、最終的に間違いなくあなたのためになります。意外に思うかもしれませんが、「採用前の段階で、ずけずけとそういった質問をすると最終選考に不採用になるのではないか」と気にする人もいるかもしれませんが、けれど、意外と面接官に良い印象を持ってもらえることは結果的には可能性が高いのです。これらのことは労働環境やお金に関する内容は、実のところ、多くの人が気になっています。その反面、多くの人が気を遣ってモジモジして質問できません。けれども、あえてそんな状況で踏み込んでおくと、「ほかの人とは違うな」ということで面接官の記憶に残る可能性が高くなります。

退職|転職活動には、相応の準備が必要となります。

転職活動にあたって相応の準備は不可欠です。準備といってもたくさんあるのですが、なかでも、目に映る「ファッション」は、気になっても仕方がないと思います。けれども、今の採用面接に関しては形式ばらない服装が良い企業もあるので、「面接はスーツでなくては」と考えて面接に向かわなくてもいい場合がケースもあります。創業したての企業などは、お堅いマニュアルもないことが多く、私服で行ったほうが、相手先に印象をあたえます。正装でないので、フランクに会話できるメリットも。そうして、私服だと面接の際に、洋服について、話が広がることもあります。ですから、担当者へのアピールにもなります。今から転職する際は、企業の「創業年数」を確認し、(ベンチャー系企業の)面接時には私服で勝負してみるのもアリかもしれません。

退職|転職活動を始めるときに、まずは今勤務している会社を辞めた後で…

転職活動をスタートするときに、まずは現在働いている会社を完全に辞めてからと考える方もいますが、今の職場を辞めてから新しい会社を探そうとするときにはボーナスの支給時期を気にしておきましょう。ボーナスの支給がある会社は山ほど存在しますが、社員にボーナスが支給される場合には、ボーナスが手に入るのがあとわずかだったら、その日の後で会社を去るというやり方もおすすめしたい手口です。ボーナスはそれなりに大きな額なので、頂いておいた方が良いと言えるでしょうから、転職を思いついたらいつ頃ボーナスが手に入るのかを確実に把握しておくともったいない思いをしません。

再就職をする場合、重要視されるのが「面接」になります。

転職する際、かなり要となるのが「面接」である。ふつうの面接では、面接官が応募者に転職を決めた経緯などいろんな質問が飛んできますが、そして、面接官の質問攻めが終わったら面接係員が転職者である面接者にたいして疑問に感じていることを質問できるチャンスがあります。面接官側が、「なにか弊社で働くことについて、質問しておきたいことはありませんか?」と。こんなときは、答えを用意しておらず、慌ててしまうこともあるかもしれません。後々後悔しないように前もって面接官からの質問を想定し、質問の内容を整理しておくことをお勧めします。冷静に考えてみればいくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、やってみてください。

後悔しない転職を目指すのなら、行動する前に情報収集を徹底してみましょう。

良い転職する先を見つけるためには、最初から行動をするようにしましょう。そうしようと思うのなら近年は名前を聞いたことのない小さな会社の意地でかホームページに会社のことを書いているところがほとんどですので、ネットの機能を活用して色々と必要事項を手に入れるとそれとなんだろうと思う点を整理しておくと良いでしょう。それと公式ホームページの他に、「転職サイト」の情報に目を通しておくと良いかもしれません。さらに、インターネット以外の方法として、何よりも転職を考えている希望の職場を自分自身で見て判断してみるのも良いと思います。