古来より日本には「石の上にも三年」という諺もありますが、…

日本には「石の上にも三年」という諺もありますが、現在の社会…

  • 昔から日本には「石の上にも三年」というコトワザがありますが、現在の社会では「終身雇用制度」は崩壊に向かっています。転職というのはとても身近なものになってきました。そうではあるものの、「転職」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、安易に職を変えようとするのはキケンです。実際に再就職しようと考えるなら、適したを図る必要があります。必ずや現在の職場、仕事内容について全般的に、嫌な点を約10項目箇条書きしてみてください。こうした作業をしておくことによって、再就職に良いヒントを与えてくれます。そして、あなたの進みたい道が見えてきたら、できるだけ手早く、今より良い仕事ができるようにトライしてみましょう。
  • 転職をしようとする際に絶対に準備する履歴書や職務経歴書は…

  • 再就職の時に書かないといけない履歴書においてですが、大体、自筆ではなく、パソコンを使って作るのが大多数です。日本では履歴書や職務経歴書についてはペンを使って作成するというのが当然だと考えられていることも多いですが、それは新卒の人の就職活動やアルバイトの時の履歴書であって、実際のところ、転職の時は履歴書や職務経歴書は100%手書きでないといけないとはっきりとは言えません。自筆の履歴書や職務経歴書の方を評価するところもありますけど、違う会社が増加してきますから、自筆の履歴書や職務経歴書でなくてもOKな会社は意外にもかなりあるのです。
  • 退職|何年か前までは求人誌には、雇用側が求める人材の「性別」・・

  • 数年前の求人情報では、雇用側が必要とする「性別」について、当たり前のように記載されていました。ところが現在では、1986年に施行された男女雇用機会均等法の影響によって、男女の求人・採用差別をしてはならないルールが決まり、応募資格の詳細に「性別」の表記ができなくなりました。ですが、求人情報を出す側は、男性・女性のどちらでも良い、とは心のうちでは考えていません。実際問題、本当は男性が必要とする案件に女性が応募してきたり、女性希望の会社に男性が応募してくる、といったトラブルも無関係ではありません。たとえば、「女性が活躍する職場です」といった内容なら、雇用主が働き手は女性を必要としている、と捉えておいたほうがべきです。
  • 退職|派遣のお仕事が決定しました。就業1日目に営業を担当している方と…

  • 派遣会社での仕事が決定しました。勤務の初日に営業を担当している人と派遣先の会社に近いコンビニで落ち合うことになっていたところ、約束した店の前にいないので店の中にいるのかもしれないと考え店内に入ってみると、あろうことか雑誌コーナーに座り込んで成人向けのグラビアページを開いて閲覧しているではないですか。自分の担当者がここまで酷いのは願い下げと考えて、その場で声をかけず気付かれないように店内から出て速攻派遣会社に辞退の連絡を入れました。
  • 20代前半に転職を2度経験して、今現在は資格を取る目的・・

  • 20代に転職を2回経験し、現在、資格をゲットするべく派遣社員で働いています。フルタイム勤務ではないので毎月の収入は安くなりました。心と時間的な余裕ができました。思い返すと、もっと学生の頃に資格を取り、就職できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。また、実際、そういった成功例を間近に見てしまうと自分もああなりたかったと感じてしまいます。以前までの私は自分よりも上手くいっている人と比べ、何度か劣等感を感じることもありました。今は結婚してから、私の生活環境が大きく変わり、前よりもそのなかで将来の進路も定まったので充実して毎日を過ごせるようになりました。
  • 再就職のための採用面接では、中小企業であれば概ね「人事」が面接担当ですが…

  • 再就職をする時に受ける面接では、規模の小さい企業だったらほとんど、そこの会社の「人事」担当者が面接官となりますが、場合によっては違うこともあります。例を挙げるとしたら、一緒に仕事をする作業部署の一番偉い人、つまり部長や課長などが面接を担当する可能性もあります。とくに事務系や営業系などの部署に転職する場合は、資格による人の良し悪しを判断しづらいのでしっかり自身を売り込んでいくようにしたいものです。面接官から「この男は、きちんと主張できるし、それにやれそうな感じだな」と思わせ、記憶に残すことが大切です。
  • 退職|転職活動を現在の仕事と並行している人が多いです。

  • 転職活動と現職の同時進行を行っている人が多いです。しかし、忙しく仕事をしつつ求人案件を見たり、応募の手続きをしたり、面接に行くのは精神的だけでなく肉体的にも負担が大きいといえるでしょう。また、転職活動時は、現在の会社の同僚や上司にもバレないようにやり過ごさなければいけません。とりあえず応募する、という人がいますが、もしも、書類選考をクリアし、いざ面接というときに辞退すると今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントを介していた場合は、そのエージェントからの信用を失いますし、それとは異なり自分でダイレクトに応募したとしても、相手企業から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。いずれにしても自分の大切な時間を浪費することになりかねないので、行く気がない案件は、最初から応募しないことをオススメします。転職活動は、新卒の就活とは全く違う、と理解しなければいけません。
  • 退職|転職なら、当然仕事におけるやりがいアップも大事だけ…

  • 転職をするなら、言うまでもなく仕事におけるやりがいのアップと一緒にさらに給料アップも大切なので「年収サイト」に登録して事前に調べています。全く一緒の会社でしかも同じ職種、社歴であるのに人によって広い幅がある場合も多く、ぶっちゃけて言うと面接時に質問したことがあります。面接をした方もそのサイトをよく見ていたみたいで「高い収入で書いているのは、書いた者も予想がついているのですが、おそらく良いように見せようとしてるんですよ。低い方だと考えておいてください」とのことでした。
  • 退職|昨今では、株や不動産投資等の不労所得、もしくは独立・起業といった生き方も増えています。

  • 今のご時世では、株式・不動産投資などの不労所得で生計を立てたり、独立・起業といった生き方も増えています。そのような変化もあるせいか、「会社員以外は不安定だしキケン」といった常識も変わりつつあります。1960年代ごろの高度経済成長時代には、株式投資・自営業よりも組織の一員として働くほうが安定性にすぐれていました。人生の花形として、またそれが当たり前であるかのように、世の中に認識されていました。しかし、そのような社会全体が等しく成長する時代は終わり、今は、「成熟期」といった名称で呼ばれます。将来的には、機械化、自動化が進んで仕事でも人を不要とする時代になっていく、と言われています。
  • 新卒で入社した会社を離れ、転職を決意しました。

  • 新卒採用で入社しましたが、一歩踏み出して転職すると決めました。当初は長い間悩みました。新卒採用で入社した会社を辞めて、大半の人が転職を経験していることを転職活動中に学び、自然と漠然とした不安が消え、ほっとしました。また1度、転職をするとふしぎなことに前向きに物事を考えるようになって、「自分のやりたいこと」を見つけることが毎日が楽しくなりました。なかには「自分の仕事をコロコロと変えるのは問題だ」といったような転職に対するマイナスイメージもありますが、それが必ず正しいのかなと思いました。私の転職活動は転職してみるも大事だと思いました。
  • 生涯初の失業保険を受けるときに、「期間内は自動的に受け取れる」と考える…

  • 生涯初の失業保険をもらうケースでは、じっとしていれば給付されると思っている人がとても多いですが、それは正しくありません。現実には、きちんと仕事探しを行っている必要があり、加えて、月に一度はハローワークに行く必要があります。1ヶ月ごとにスタッフに就職活動の状況をきちんと説明して職探しに真剣に取り組んでいると判断されれば翌月も保険を受けられる仕組みとなっています。もしも、真剣に就職活動をしていないと判断されたり、毎月の職員との面談に不参加な場合は、アッサリと給付の一時停止に至ったり、ときにはそれ以降の給付資格も失効するおそれがあるのでそうならないよう気をつけておきましょう。
  • この前、転職をやっとしたというのに、すぐに辞めてしまうケー・・

  • 数ヶ月ほどまえに、転職したばかりだというのに、すぐに辞めてしまうという届を提出する人がとてもよく見受けられます。何故かと思うと私の思うところはリフレッシュな気持ちで自分に合った仕事環境を手に入れたものの、「自分自身の考えていたものとだいぶかけ離れていた」「職場の雰囲気に馴染めない」ということで去っていくのだとか。可能ならばこういった、転職先選びで避けるためには初歩として、情報収集を欠かせません。手を抜くことなく行うべきなのです。通勤時間、給与体系、など多角的に事前に調べておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。
  • 退職|今年中に転職される人で次の仕事を始めるまでにまだ時間があるのな・・

  • 近いうちに転職活動を始める際に次の仕事を始めるまでにまだ時間があるのなら、「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。これは今働いている会社できちんと「雇用保険」を払ってくれている場合は、申請をすれば必ず失業手当を誰でも受け取ることができます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、企業の都合での退職、あるいは残業時間次第ではただちにもらえる場合もあります。このとき、もらえる「失業手当」の金額については、最後に働いた月の近々の給料を軸に手当の額を算出されるので、もし、「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、理想的なのは「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。
  • 新しい職場で、これまでに培ってきたスキル・キャリア生かすことができ…

  • 新しい環境下で自身の過去のスキルを活かせられれば、即戦力として扱われ、早々に職場での信頼を勝ち得ることができるはずです。同時に会社側としても、即戦力となる人材は常に欲しがるので、時期さえ合致すれば、簡単に採用されるでしょう。加えて過去の仕事と似た業界であれば、転職自体、苦もなく叶えられるでしょう。とはいえ、なかなかのスキルがあるといっても大手企業の事務系の業務や、公務員系はいつの世でも相当な競争率となることを覚悟しておきましょう。
  • 退職|転職活動を行う場合、履歴書と職務経歴書が必ず必要です。

  • 転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書を用意することが必須だと考えられています。会社の大半は履歴書だけでなく職務経歴書の記載内容で面接するかどうかを判断するため、まず第一にこの2枚の書類の作成が大切なポイントといえるでしょう。単に必要事項を埋めるだけでなく、記載内容を充実させることも必要です。「職務経歴書」は、今まで行ってきた職務の詳細と、自己アピールをしっかり記入しましょう。また、現在の仕事で挙げた実績を、売上をこれまでの○パーセントアップ達成した、などわかりやすく書くのが得策です。作成の方仕方がイマイチわからあい場合は、「転職エージェント」に職務経歴書の推敲を手伝ってもらい、上手な言い回しのヒントを聞いたりしましょう。自己ブランディングのために転職エージェントを利用することも満足のいく転職をするための一つの手です。
  • 就職エージェントの大手に限って、たくさんの案件を抱えてい・・

  • 転職エージェントは大手に限って、多数の案件を持っているという強みがありますが、それに比例するように、転職希望登録者も多い可能性が高いです。それがためにあなたが、気になる案件を見つけたとしても、あなたの担当者が見込みが少ないと判断すると応募してもらえないこともよくありますし、会社から見て自分よりも評価の高い人がいると、その人を優先して送り込む傾向があります。つまり大手エージェントの場合は、サイトに掲載されない案件をデータ宝庫として扱い非常に難しいので、発想を変えて中小レベルのエージェントに対し、候補とする会社や案件を伝え、応募できないか相談してみると、転職希望者の利益を考えてアプローチしてくれることもあるので、そのような活用の仕方も良いでしょう。