古来より日本には”石の上にも3年”というコトワザがあります…

退職|日本には「石の上にも三年」というコトワザがありますが、…

”石の上にも3年”という諺もありますが、現在の社会では終身雇用制は死語になりつつあります。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」は決して珍しいものでもなく、身近な出来事となっています。ただ、「仕事を変えること」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、安易に職を変えようとするのはキケンです。転職しようと考えるなら、タイミングを的確に捉える必要があります。とりあえず、現在の職場、全般的に、例えば仕事内容や待遇面について納得できていないと思うことを5~10個ほど、探してみてください。こうした作業をしておくことによって、将来の再就職に役立ちます。そして決断したら決断を遅らせることなく、良い仕事を手に入れられるように進めることも大事です。

転職をする際に絶対に必要となってくる履歴書に関して…

転職をしようとする場合、書かなければいけない履歴書においてですが、たいてい、自筆ではなく、パソコンを活用して作るのがほとんどです。現代の日本では履歴書や職務経歴書についてはペンを使って用意するのが当然と思われることもありますが、それは新卒の就職活動やアルバイトやパートについてであって、転職をする時に関しては履歴書や職務経歴書は100%パソコンを使ってはいけないと断言することはできないのです。手書きの履歴書の方を評価する企業もありますけど、そうではない企業がずっと増加してきますから、自筆の履歴書でなくてもよろしい場合は意外にもいくつもあるのです。

今までの求人誌には、募集要項の中に「性別」につい・・

昔の求人情報には、募集要項の中に「性別」まで、もれなく記載されていました。ところが最近では、「男女雇用機会均等法」が成立したことによって、雇用する際、男女差別がしてはいけないとして、募集要項内に男女の文字を見ることはなくなりました。そのような変化があったのですが、働き手を募集する雇い主としては、本当はどちらが希望と言う想いがあるはずです。そのため、実際は男性を希望の企業に女性が応募したり、逆に女手が欲しいのに、男性が応募してくる、といったようなトラブルが少なくありません。もし、「女性が活躍できる仕事場です」と紹介されていたら、雇用側が働き手は女性を必要としている、と捉えておいたほうがべきです。

退職|派遣でのお仕事が決まりました。

派遣先の会社が決まりました。勤務1日目に営業の担当の方と就業場所に近いコンビニエンスストアで落ち合うことになっていたところ、どうしたことか約束のお店の前にいないから店の中にいるのかもしれないと思い店の中に入ってみたら、彼はあろうことか雑誌売り場に座り込んで女性の裸が載ったグラビアページを開いて読んでいました。こんな担当の人の仕事なんて勘弁と判断し、声もかけずに気付かれないように店の中から出てすぐさま派遣会社へ辞退をする旨の連絡を入れました。

これまで20代前半の時点で転職を数回し、そして今、いくつか資格を取得するた…

20代前半で転職を2回した為、そして現在、いくつか資格を取得するため、派遣社員で働いています。フルタイムの勤務とは異なるため、毎月の収入が以前よりも少なくなりました。ですが、以前より心と時間に大きな余裕が生まれました。思い返すと、学生のときに資格を取得し、就職すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。実際、そういった人をみると自分もこうなりたかったと思います。以前までの私は成功している人と自分との違いに落ち込む日もありました。今は結婚をキッカケに生活自体がかなり変わり、明確にやりたいことを見つけたのでしあわせな生活を送れるようになりました。

再就職をする時に受ける面接では、小企業であれば、概ね「人事」が面接担当ですが…

再就職時の面接では、小企業であれば、「人事」が面接官となりますが、それ以外の場合もあるようです。例えば、今後共に仕事をする現場の一番偉い人、つまり役職クラスである課長や部長が面接の場に居合わせる可能性もあるのです。特に、事務系や営業系といったジャンルでは、資格を通じた人の良し悪しを判断しづらいですから、自主的に自分という人物を売り込んでいくことで好印象を与えられます。面接担当者から「この人はハッキリ主張できるし、それに良い結果を出してくれそう」と思わせ、印象付けることがとても大事になります。

今の仕事と転職活動を並行する人は多いです。

転職活動を現在の仕事と並行している人は少なくありません。でも、忙しく仕事を続けながら求人案件を調べて応募したり、面接に臨むのは精神的にも肉体的にも苦しいものがあります。転職活動をしているあいだ、現在の職場の同僚や上司にバレないように振る舞う必要があります。「とりあえず応募しておこう」という選択肢もありますが、仮に、そのまま書類選考が通り、面接が決まったあとに「辞退」したとしたら、今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントを使っていた場合は、そのエージェントからの評価が落ちますし、直接応募していたとしても、相手企業から電話・メールで繰り返ししつこく連絡が入ってしまいます。いずれにしても貴重な時間を失う結果になるおそれもあるので、行く気のない案件は、最初から応募もしないのが無難です。転職活動は、新卒時の就活とは似て非なるもの、と認識しなければいけません。

退職|転職先を選ぶのに、むろんやりがいのある仕事をすることも大切だけ・・

転職を行うなら、やりがいのある仕事をすることも大事だけどさらに手取りが増えることも大事なポイントなので「年収サイト」に登録して前もって研究しています。同一の会社でその上全く同じ職種、経歴であるにも関わらず人によって広く幅があることも複数あり、ぶっちゃけて言うと面接で質問したことがあります。面接官も同じサイトを見ていたみたいで「その高収入で書いているのは、書いた者も誰であるのかだいたいは察しがつくのですが、おそらく格好をつけてるんですよ。低い方で心の準備をしておいてください」とのことでした。

今では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得のほか、…

近年では、株・不動産投資といった、不労所得、あるいは個人経営 や起業を目指す人も増えています。そういった社会的変化に伴い、「会社員は安定がない」といった従来の見解も変わってきています。1960年代ごろの高度経済成長時代においては、将来的に不安定な自営業という生き方よりも組織の一員であるほうが安定していて、人が生きていくうえでもっとも正しい道としてまたそれが自然のことのように一般常識化していました。そんな社会全体が等しく成長する時代は過ぎ去り、現代では「成熟期」などと言い表されています。今後は、コンピューターの発達とともに、機械化や自動化が進み、多くの仕事で人の手を必要としなくなる時代がやってくる、とも言われています。

新卒採用で入社した会社を退職し決意を新たに転職しました。

新卒採用で入社しましたが、悩んだ結果、転職すると決意しました。実際に転職する前後は、1人で将来のことを考え不安になりました。でも、新卒で入った会社を数年で辞めて、中途採用の形式で働いている人が大半であると転職活動中に理解し、いつの間にか将来への不安が消えました。また転職をしたことでふしぎなことに肩の荷が下りる気持ちになり、「自分のやりたいこと」が再確認できて前向きに過ごせるようになりました。やはり「仕事を途中で投げ出すようなことではダメだ」といった転職に否定的な意見もありますが、それが正しいのかなと思いました。私の転職活動は転職してみるも大事だと思っています。

生涯初の失業保険を受けるときに、「何もしなくても自動的にもらえる」と考えている…

生まれて初めて失業保険をもらうときに、何もしなくても給付されると考えている人が極めて多いですが、それは誤りです。実際は、失業保険の給付をきちんと受け取り続けるためには、職探しを行っていなければならず、その上に、毎月1回、ハローワークに通わなくてはいけません。1ヶ月間隔でスタッフに就職活動の状況を報告して「この人は、きちんと就職活動をしているな」と判断されれば、翌月、保険が給付されるシステムです。残念ながら、真剣に就職活動をしていないと思われたり、月に一度のスタッフとの面談に参加しない場合は、ルールとして給付の一時停止の措置を取られたり、ケースによってはそれ以降の給付資格も消失するおそれがあるので、そうならないよう充分に注意しましょう。

退職|3ヶ月まえに、転職をやっとしたというのに、早期に退職を選択してしまう…

ついこの間、転職をやっとしたばかりなのに、数ヶ月しかたっていないのに辞めてしまうことを決断する人がわりと多いといいます。何故そうかと考えてみると私の考えではリフレッシュな気持ちで新しい仕事で勤務を始めてみたものの、「自分自身の考えていたものとかなりギャップがあって幻滅した」「独自のルールに慣れなかった」という理由で去っていくのだとか。でもこのような、転職先選びでの失敗を繰り返さないためには、第一に、前もっての情報集めはまじめにやっておかなくてはなりません。職場内の環境、職場内のルール、給与システム、などあれこれ調べておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

これから転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでにある程度期間がある場合は・・

今から転職される人で次の仕事を始めるまでに時間が掛かりそうならできれば失業手当をもらうことをおススメします。働いている所属する会社がきちんと「雇用保険」を払っているのなら、申請をすれば必ず失業手当を誰でも受け取ることができます。そして受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当までの待機期間が「3ヶ月」ありますが、今の企業の都合の退職、残業時間の内容次第で日数をおかずすぐに貰える可能性もあります。さらに「失業手当」の額は、最後に働いた月の直近の給料を基準にして割り出されるので勤めている会社に繁忙期や閑散期がある方はなるべく「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。

退職|新たな勤め先で過去の資格やキャリアを活用できれば、即戦力として認知さ…

再就職先で今までに培ってきたスキル・キャリア活かせられれば、即戦力として見なされ、早々に職場での信頼を勝ち得ることができるはずです。同時に雇い主としてもスキルを持つ人材は常に欲しがるので、時期さえ合致すれば、難なく事が運びやすいといえます。それに加えて過去の職場と似た業務内容なら転職自体は簡単にいくはずです。そういっても、ある程度の能力があるといっても大手の事務仕事や、公務員系の募集は、今も昔も中々の難関だと覚悟しておきましょう。

退職|転職活動の際には履歴書と職務経歴書を準備することが必須といえるでしょう。

転職活動では、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠だと考えられています。会社の大部分は履歴書や職務経歴書に記載されている内容を判断材料にして面接するかどうかを決めるため、これらの書類の作成が重要です。ただ文字を書くだけにとどまらず、記載内容を充実させることも必要です。職務経歴書は、過去に行ってきた職務の詳細と、自己アピールとなる内容をできる限り書いておきましょう。また、過去だけでなく、現職で挙げた実績も良いアピールとなります。売上〇%UPした等、分かるように書いておきましょう。作成に行き詰まったら、「転職エージェント」に、職務経歴書のチェックをしてもらい、より良い内容に改善していきましょう。ブランディングのために利用することもよい転職をするための有効な方法です。

転職エージェントは大規模なものに限って、多くの案件を取り扱って・・

「就職エージェント」大手には、豊富な案件を扱っているという魅力がありますが、反面、あなたのように転職を希望しているライバルも多くいる可能性が高いです。それゆえにあなたが、気になる企業を探し出しても、転職エージェントのスタッフ側が不可能だと判断すると応募してもらえないことも少なくありませんし、会社から見て自分よりも評価の高い人がいれば、その人を優先することも考えられます。要するに大手エージェントでは、サイト未掲載の案件データを宝庫として扱っており意外と駄目で、発想を変えて中小規模のエージェントに会社や案件を伝えてみて、応募できないか、と相談しておくと自分のためにアプローチしてくれることもあるので、そういった感じで利用してみるのも良いと思います。