古来より日本には”石の上にも3年”という諺もありますが…

退職|古来より日本には「石の上にも三年」という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。

  • 古来より「石の上にも三年」というコトワザがありますが、現在の社会では「終身雇用制度」は衰退してきています。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験する人が増え、自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。とはいうものの、「仕事を変えること」身近な存在になったからといっても、やたらと仕事を変えようとするのは後々のためにはなりません。実際に転職を検討する際は、タイミングを的確に捉える必要があります。必ずや現在の職場・仕事の内容について、不満に思っている点をおよそ10個、箇条書きにしてみましょう。こうすることによって、将来の再就職に役立ちます。そして、あなたの進みたい道が見えてきたら、躊躇することなく、より良い仕事ができるように努力していきましょう。

  • 退職|再就職しようとする際に絶対に書く履歴書においては、基本的…

  • 再就職の時に書かなければいけない履歴書などに関しては、基本的には自筆ではなく、パソコンで作るというのが主流となっています。日本では履歴書や職務経歴書についてはパソコンで書かれたものではなく手書きで書くというのが一般的だと思われていることも多いですが、それは新卒の人たちに関する就活やアルバイトの際に用意する履歴書であって、実際には、転職においては履歴書は100%パソコンで書いたものは駄目とまで言い切ることはできません。手書きの履歴書をベストとする企業もあるようですが、そうではない場合が多くなってきていますから、パソコンで書かれた履歴書でもよろしいケースは意外にもいくつもあるのです。

  • 退職|昔の求人情報には、雇用主が求める人材の「性別」まで記載されているのが普通でした。

  • 数年前は求人誌では、募集条件の中に「性別」について、明確に書かれていました。しかし今現在では、男女雇用機会均等法の施行等により、男女の求人や、採用での差別をしてはいけないルールができて、募集要項の中身に「性別」が無記載となりました。しかし働き手を募集する雇い主としては、本来はどちらが希望と言う想いがあってもおかしくはありません。従って実際は男手が希望の会社に女性が応募してきたり、女手が必要なのに男性がエントリーしてきたり、といった問題は誰にでも起こる可能性があります。たとえば、「女性が活躍する職場です」とアピールする案件では、雇用主が「女性」を必要としている、と考えると良いでしょう。

  • 退職|派遣で働く会社が決定しました。

  • 派遣会社でのお仕事が決まりました。仕事の初日に派遣会社の営業担当の人と派遣先の会社に近いコンビニエンスストアで合流する予定だったのですが、担当者が約束をした店の前にいないので店内にいるのだろうと考えコンビニの中に入ってみたところ、営業担当者はなんとまあ雑誌売り場に座り込んでいかがわしいグラビアのページを開けて読んでいるところを発見!こんな担当の方の仕事なんてやってられないと判断し、声をかけることもなくこっそりとコンビニを出て即座に派遣会社に辞退する旨の連絡をしました。

  • 私は20代で転職を2度経験して、そして現在、資格の勉強をしながら…

  • 私は20代で転職を2度経験して、現在、資格を取る目的で派遣社員として企業で働いています。フルタイムの勤務とは異なるため、どうしても給料は安いのですが、以前より心と時間的な余裕ができました。たまに、学生の頃にいくつか資格を取り、仕事できたらムダがなかったのにな、とは思います。また、きちんと資格を活かしている人を見ると自分もああなりたかったと感じたりもします。これまで、成功している人と自分との違いに悩んでしまうこともありました。しかし、結婚をキッカケに過去と比べ生活環境もかなり変わり、前よりもそのなかで将来の進路も定まったので自ずと生活が充実するようになりました。

  • 退職|転職の際に行われる面接というのは、小企業であれば、大体が人事担当者です・・

  • 転職のための採用面接では、中小企業クラスの場合、概ねは人事担当者になりますが、例外もあるはずです。実際、共に仕事をする管理職、言い換えれば部長・課長などの役職の人が面接を担当する可能性もあります。また事務・営業などのジャンルでは、資格による人の良し悪しを判断しづらいですから、やはり自分自身をアピールしていくことがとても大事です。面接官の誰からも「この人は、堂々と自己アピールしてるし、それに良い結果を出してくれそう」と思わせ、印象付けることがとても大事になります。

  • 転職活動を今の仕事と同時に行う人が多いです。

  • 転職活動を現在の仕事と並行している人が多いです。しかしながら、忙しく働きつつ求人情報をチェックして、その応募手続きをしたり、面接に臨むのは心身ともに負担がかかるといえます。加えて、転職活動中は、現職の同僚・上司たちにも気づかれないように気を遣う必要もあります。応募するだけしてみよう、という人がいますが、仮に、そのまま書類選考が通り、面接前にキャンセルすれば今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを通して応募している場合は、そのエージェントからの心象が悪くなりますし、他方自分で直接、応募した場合でも、相手企業からの電話やメールでの勧誘がしつこくやってくることもあります。いずれにせよ自分の大切な時間をドブに捨てることとなるため、行く気のないとりあえずの応募は避けましょう。転職活動は、新卒の就活と同じように考えないことを意識を持つことが大切です。

  • 退職|転職先を選ぶのに、もちろんやりがいのある仕事か考えることも大切だ…

  • 転職先を探す際、むろん仕事のやりがいアップも重要だけど加えて年収が増えることも大きなポイントですから「年収サイト」というサイトに登録をして事前に調べています。同じ会社でしかも一緒の職種、経歴であるのに人によって非常に幅があることも数多くあり、ぶっちゃけて言えば面接時に質問したことがあります。面接をした人も同じサイトをよく見ていたようで「その高収入で書いているのは、書いた人物について誰であるのかだいたい見通しがついているんですけどね、多分見栄をはってるんですよ。低い方の年収だと思ってください」とのことでした。

  • この頃では、株式・不動産投資などといった不労所得で儲けたり…

  • ここ最近は、株・不動産投資などの不労所得、または起業で頑張っている人も増えています。そういった世の中の背景もあり、「会社員以外は不安定であぶない」というわけではなくなってきているようです。高度経済成長の頃には、先行きがみえない株式投資や、自営業で生きるよりも雇用されて働くほうが安定性にすぐれていました。そのため人生の「花形」としてまたそれが自然のことのように一般の人々に認知されてはいました。そのような時代は終わり、今は、「成熟期」といった名称で言われています。将来的にはコンピューターの進化につれて、機械化や自動化が加速し、仕事で、人の力を不要とする時代が到来する、とも言われています。

  • 新卒採用で入った会社に別れを告げて、心を改めて転職を決意しました。

  • 新卒で入社した会社を離れ、決意を新たに転職しました。実際に退職する前後は、しばらくの間悩みました。新卒採用で入社した会社を退職し、中途採用の形式で働いている人が大半であると私自身が転職したことで学び、いつの間にか将来の不安がなくなりました。1度、転職をすると徐々に精神的にも余裕がでてきて、自分に適した仕事を探すことが出来て毎日が見違えるように変化しました。いまだに「一通り経験してから」というような意見もありますが、必ずしも正しいとは限らないと感じました。私は転職を決断して後悔はありません。

  • 退職|生まれて初めて失業保険をもらうケースでは、何もしなくても受け取れると思っている人・・

  • 生まれて初めて失業保険を受ける場合、「期間内は自動的に受け取れる」と考える人が極めて多いですが、それは誤りです。本当は、失業保険をきちんと受け取るためには、「就職活動」をしている必要があり、その上、月に一度はハローワークに行く必要があります。1ヶ月周期でスタッフに求職活動の状況を報告して本気で就職活動をしていることをわかってもらえれば翌月、保険が給付されるという仕組みになっています。仮に、本気で就職活動をしていないと思われたり、月に一度のスタッフとの面談に参加しないときは、問答無用で給付が見送られたり、ケースによっては以降の給与資格をなくしかねないので、それを防ぐために気をつけておきましょう。

  • 退職|ちょっと前に転職をやっとしたばかりなのに、数ヶ月しかたっていないの・・

  • この前、転職をやっとしたばかりというのに、あっという間に退職を決断する人がとても多いといいます。私見ですが心機一転、仕事を手に入れたはずなのに「思っていた仕事と大きくかけ離れていた」「納得行かない慣習があってウンザリしている」といった感じで去っていくみたいです。このような、転職先選びでの失敗を後悔しないためには、とにかく前もっての情報集めはまじめにやっておかなくてはなりません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場環境、通勤にかかる時間、など調べておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

  • 今年中に転職予定がある人で、次の仕事をする前に期間があるのなら…

  • これから転職活動をしていく人で、次の仕事をする前にまだ期間があるのなら、忘れずに「失業手当」を受け取っておきましょう。失業手当は所属する会社がもし雇用保険を払っているところであれば、必ず誰しも失業手当を受け取れます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行います。しかし自己都合で会社を辞める形になったなら、失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、会社都合の退職だったり、残業時間次第でただちに受け取ることが出来たりもします。もらえる「失業手当」の金額は、最後に働いた月の直近の給料がもとになって失業手当の支給する額を計算されるため、企業に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、理想なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

  • 新しい環境下でこれまでに培ってきたキャリアが生かせれば…

  • 新しく就いた職場で今までの資格やキャリアを活かすことができれば、即戦力として周囲から高く評価されて、早々に仕事場での信頼を勝ち得ることができるはずです。また会社サイドも、スキルを持つ人材は常に必要なので、タイミングがうまく合えば簡単に採用されるでしょう。加えてこれまでの働いていた職場と似た仕事内容なら見込みはおおいにあります。ですが、それなりに能力があるといっても大手の事務職、公務員の募集などは、時代や景気に関係なく中々の競争率になる可能性が高いと見ておきましょう。

  • 退職|転職活動をする際は、履歴書と職務経歴書が必須だと考えられています。

  • 転職活動をするのなら、履歴書と職務経歴書を用意することが必須になってきます。会社のほぼすべては履歴書だけでなく職務経歴書に書かれている内容によって面接するかどうかを決めるため、まずはこの2枚の書類の作成が大切になってきます。ただ文字を書くだけにとどまらず、内容が魅力的であることも必要です。「職務経歴書」では、過去に経験してきた職務の詳細や、可能な限り自己アピールとなる内容を書いておきましょう。また、現在の職場で挙げた実績を、売上を前年比○パーセントアップさせた、など分かるように書いておきましょう。難しいと思う場合は、「転職エージェント」に職務経歴書の添削をしてもらい、上手な文章を引き出したりして自己ブランディングのために転職エージェントを利用するのも転職を成就するための選択肢として考えておきましょう。

  • 退職|大きな転職エージェントに限って、多くの案件があるという強みがありますが…

  • 大きな転職エージェントほど、潤沢な案件を取り扱っているというメリットがあるといえますが、反面、競合する転職希望者もたくさんいます。そのためあなたが、気になる案件を見つけたとしても、そのエージェント担当者が難しいと判断すれば応募してもらえないこともよくありますし、会社から見て自分よりも有能だと評価される人がいると、そのライバルを優先することもあります。大規模な転職エージェントの運営元は、サイトに掲載していない案件をデータ宝庫として扱い応募することが難しいので、方針を変えて規模が大きくないエージェントに対し、応募したい会社や案件を伝え、応募できないか、と相談しておくと転職希望者の利益を考えて働きかけてくれることもあるので、そのような風に活用してみるのも良いかもしれません。