将来に目を向け、たのしい気持ちでいながら転職と向き合っていけ…

楽しんで再就職と付き合っていけば、精神的な負担が減るので、…

  • 楽しく過ごしつつ、再就職に向けての転職活動と向き合っていけば、メンタル面への負担も軽減されるので、結果として転職活動の間に堕落しないで済みます。またメンタル部分が元気なままでいれば、あまり時間をかけることなく新たな転職先も見つかるはずです。一番の理想は、休職によるブランクをつくらず新しい職場に飛び込むことが重要です。今の会社に勤務しながら、次の仕事を見付ける活動も並行して行うのが良いと思います。さらに、休職期間をなくすことで、仕事を辞めた後も直ぐに働けます。そのようにしておけば、仕事をしていない空白の期間がなく、履歴にもキズがつきません。要するに、転職の時にマイナスの要因がなくなるということです。先のことを考えながら、転職活動をがんばってみましょう。

  • 転職活動をするいあたっては、はじめに、ハローワークの求人票を見たり・・

  • 転職活動を始めるにあたっては、まず第一に求人票を見たり、ウェブ上の公式サイトを見たりして転職したい会社を調べるでしょう。ですが、その会社が情報を載せるにあたっては、コンサルタントに相談をしている場合が多いです。コンサルタントは、会社にとって都合の悪い情報を隠す能力に長けています。仮に公開するとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。その種の会社情報や社員のインタビューについては、そのままを信じるよりも、半信半疑で聞いていた方が間違いがありません。仮に額面通りに受け止めて会社に入ってしまった場合、「聞いていた話と違うじゃないか」とあとで後悔するかもしれません。たちの悪い会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後は、いろいろと難癖をつけて辞めさせないように考えています。ブラック企業では、この手のことが多いです。

  • 転職したい会社の見学は、すごく参考になります。

  • 転職しようと考えている会社の会社見学は、たいへん勉強になります。会社見学できる会社の中でも、「職人」さんがいる会社では、スキルを間近で見られるので楽しみです。でも、残念なことに「職人」がいる会社見学は、見学者には間違いなく、本当の姿を見せてくることは少ないのです。典型的な例を挙げると、ずばり、ブルーワーカーといわれる肉体労働などのジャンルです。この職種では、個人のプライドが強いので実際に入社してみないと、本来の姿はみえません。なので、見学内容がそのまま仕事、と考えないことがたいへん大切です。ましてや、会社見学時に仕事を体験させてくれる会社はとても危険ですから正直言って、注意しておくべきです。雇用契約を結んでいない人には何かしらのトラブルが起こっても、保障も一切ないので、スタッフから勧められても丁寧に断るほうが良いでしょう。

  • 退職|仕事を始めてすぐは「年収」の理想を高くしないようにしましょう。

  • 新しい仕事についてすぐは年収に関して高望みはしないほうが無難です。とりわけ一年目は「研修期間」を含んでいる企業も多数で、自分の例では、四苦八苦して転職したのに、なんと以前の職場での稼ぎとほとんど同じで変わりませんでした。それに、仕事はかなりキツく、たいへん責任が伴うものだったので、最初の一年を乗り切るのにたいへん苦労しました。ではどうすればいいのか、転職1年目は、勉強に充てる期間と捉えておき、なるべく転職前の段階で貯蓄しておくことに尽きると思います。

  • 転職を、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと考えている人・・

  • 転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択予定の方に注意してもらいたいことがいくつかあります。一般的に派遣という言葉を聞くと、データの入力、その他雑用等をのような仕事をなんとなく連想される方がおそらくいるはずです。はじめは私も今の職場に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募したときに「メインの業務は電話対応になります」と入社前に派遣会社からも説明も受けてました。でも、入社したとたん、なんと「電話対応」にプラスして、退職した正社員の穴埋め役を頼まれました。とくに何をしていいのかもよくわからず、面接のときの説明とは全く違うので日々非常に参っています。とにかく、ひたすら「契約期間が早く終わらないかな・・・」と願うばかりです。

  • 現代、インターネットの就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティング会社をよく見かけるようになりました。

  • 近年はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、ヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社も増加しています。「特許」を出した人などは、そのような会社から電話が掛かってきやすいといます。彼らは、特許を出願した人だけでなく、研究開発で論文を出した経験がある人や、メディアによって注目を浴びた人など、何かしらの「功績」を残した人をターゲットに、電話やメールで連絡を取り、ヘッドハンティング用のネタにしています。会社に在籍中に、いかにもヘッドハンティングのような話をされたときには、自身の過去を振り返って、「キッカケ」を考えてみましょう。あまりないことですが、ヘッドハンディングを装って、登録料を要求してくる会社もありますが、そういったものは100%サギであるのできっぱりと断るようにしましょう。基本的に、ヘッドハンティングの世界は、企業側が報酬を支払う形になるので転職希望者がお金を払う必要などありません。

  • 退職|求人についての広告には、大部分の場合は多くの会社で…

  • 求人情報にはほとんどの場合、大部分の株式会社では月の給料が記載されているはずです。この月収の欄を確認する時には、注意深く確認する事が必要です。その数字だけを見て判断しないようにしましょう。そのわけは企業によっては、月収の中に「毎月15時間の残業」を含んでいるかもしれません。何が問題かというと残業代を含めて計算することで魅力的な案件のように見せかけ、募集していることも珍しくありません。また、「歩合給」を付けますよ、という案件にも注意が必要です。歩合をかなり多く見積もって月収として見せている所もあります。だから、このような応募者を増やそうとする会社には「ブラック企業」な可能性も高いので、警戒しておきましょう。

  • 退職|安定性を願い正社員として働こうと思っている人は結構多いと思います。

  • 安定を手に入れるべく「正社員」として働きたいと考えている人は相当数いるのが現実です。けれど、即戦力として働けるように努力しても、正社員として雇用されることが叶えられないケースも少ないはずです。準社員の求人はたくさんあるのに正規雇用の求人募集以外には目も通さず時間を空費している人が多いといいます。仮にあなたが、転職先が正社員枠を用意してくれていないのなら、非正規雇用者の求人募集も選択肢に加えてみましょう。契約社員や派遣社員を募集している企業であっても、成果によって2,3年で契約社員から正社員にステップアップが図れることもあるからです。面接の最後にこういった可能性を聞いておくようにすれば今後の役に立ちます。

  • 転職時の面接の際に担当者から「転職理由を聞かせて頂けますか…

  • 転職のための面接では気を付けておきたい点があります。面接担当者から「転職理由を聞かせて頂けますか?」といった形で、かなりの高確率で聞かれます。この時に、どのような事情がであれ、前の職場の「人間関係」「労働環境」についての愚痴とも受け止められる返答は、意識して避けましょう。なぜなら、そのような不満を口にすると、あなたのイメージが悪くなり、チャンスを棒に振ってしまいます。ですから面接では「前向き」な人柄をアピールするのがとても重要です。たとえば「新しい職場においては、スキルを生かしながら、さらに会社の戦力になるように努力するように心がけるべきだと思います」、のような未来志向での返答が重要です。

  • 退職|前は求人情報は「転職サイト」よりも、「ハローワーク」を優先していました。

  • これまで私は、求人情報は「転職サイト」よりも、いつも「ハローワーク」に通っていました。どうしてかというと、有名な「転職サイト」は、どうしても都心部にある企業の求人しかないからです。これまでの新しい職場を探す時は、「ハローワーク」しか利用していません。やはり、求人募集をするいくらか給料などの労働条件も若干見劣りはしますが、古くから地域密着といった点では都心部以外での転職をするときには重宝します。ですが、「ハローワークはなんか地味だなぁ」とイメージしている人も多数いるはずです。以外にも、理想に近い企業が掲載されているかもしれないので、数年以内に転職したい場合は、お近くのハローワークへ1度行って、確認してみるのもアリだと思います。有名な転職サイトのようにこれでもかというくらいの電話・メールに悩まされる心配もありません。

  • 退職|働くのに派遣会社に登録する人が過去の規制緩和以降、増えています。

  • 仕事をするために派遣会社に登録する人が最近では増えています。派遣先の企業が派遣会社にいくら支払い、その中で何割が自分に入るのかを可能であれば面接の際に確認しておきましょう。派遣業は、人材を必要としている企業に人を派遣してその見返りにお金を会社に支払う仕組みになっています。現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしている場合がかなりあります。半分以上を派遣労働者に還元しているのなら、まだ良いですが、中には開示すらされない派遣会社も少なくなく、酷い業者では、労働者に3割しか還元しなかった、ということも決して少ないとはいえません。なお、面接のときにきちんと答えてもらえないような会社は、隠ぺい体質であると考えることもできるので、なるたけ違う派遣業者を利用されることを推奨します。

  • 退職|仕事をするにあたって心的なダメージが増え、職場を変えなくてはいけない状況になったのなら・・

  • 職場環境が原因で心的なダメージが蓄積され、職場を変えなくてはいけない状況に至ったなら、職場の人と相談していくより家族などの近しい存在の人に相談したうえで、会社を辞めるか判断しておいた方が良いでしょう。なぜかというと、働くことは自身のことでもあります。が、しかし同時に家族の問題でもあるのです。どれだけ給料が良くてもメンタル面がボロボロになるほど我慢しながら無理しながら仕事をするのは良い状況とはいえません。今の時代は物質的なことよりも、働きやすさが優先で前提にしても良いはずです。あなたの家族とともに、あなた自らの心身の健康を考えていきましょう。

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員だからといって契約期間を迎え…

  • 派遣社員だからといって契約期間を過ぎたら自分の好きなタイミングで退職できるものではないと実際に転職したことで感じました。新婚した後、生活が落ちついたあとすぐに子供が欲しかったので、子供ができるまでの期間のために約1年半~2年ほど今の仕事したかったので就職しました。フルタイムでなく派遣社員としてだったので、正社員より月収は少なめでしたが、ですが時間的な融通を得たかったので、あえて選択しました。しかし、いざ入社したあとに、一緒に働く人たちのほとんどのスタッフが派遣社員として10年~20年ちかくつづけて勤務していたのです。なので派遣社員を選択したとしても、契約が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気もなく、この先どうしたらいいのか、少し困惑しています。

  • 退職|職を変えようとしようとしている時に閲覧することに・・

  • 仕事を変えようと考えている時にマークする募集事項については、おおまかなものとして書かれている可能性があります。なので、書いてある情報はすべて正しいことだとは思い込むのはやめておいたほうがよろしいかと思います。中でも特に報酬に関しては全社員を平均した給料なのか?最低限なのか?それとも最高値の金額であるのか?というような評価ができない時が多く、自分で勝手にわかったつもりでいると、後悔する事も少なからずあるでしょう。なので、そうならないためにも、求人内容は目安だと思って、そのような大事な事は直接確認を取るのが妥当でしょう。

  • 退職|その昔は看護婦と呼んでいた看護師は職業として歴史的背景から…

  • その昔は看護婦と言った看護師は職業としてどうしても女性の割合がすごく高い職種です。しかも、気力それに体力ともに消耗が激しい特徴もあります。そのため、職場での人間関係にトラブルを抱えやすく、結婚・出産などによってそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活との両立がかなり難しい仕事ともいえます。実際、そういった問題によって職場を変える人が多いというのも事実です。過酷な環境ということもあり、看護師は、国内のどのエリアでも人材不足になっているのです。なので、医療業界は、看護師を求めている「売り手市場」となっていて、それが転職増加の原因の一つなのかもしれません。

  • 退職|未経験の業界などに職を移そうとするときには、以前の職場・・

  • 経験のない業種などに転業したいと考えているときには、前の会社で身についたスキルやこれまでの経験を発揮することができるといった内容の自己アピールが必要です。その分野で働いたことがない人は経験していない分その業種で勤務したことがある方よりも実際のところ、損にはなりますが、自分が保持しているスキルがそのジャンルでも十分に生きるということをしっかりと相手に話すことができれば、勝負になるケースはあります。以上のことを踏まえ経験が全然ない分野にチャレンジする場合は、その業界と前の職場でやっていた職務との関係をできる限り発見しましょう。