将来に目を向け、楽しく過ごしつつ、転職活動と向き合えば…

退職|将来に目を向け、期待をもって転職活動と向き合えば、精神的に重荷を感じることもないので、…

  • 楽しみつつ、転職活動と付き合っていけば、メンタル面での負担も少ないので、転職期間に堕落はしないですみます。またメンタルにも健全な状態のままであれば、すぐ、転職先も見つかるはずです。おすすめは、やはり、休職せずに新しい職場を見付けることが大事です。一番は働きながら転職活動することが理想といえます。おまけに、隙間をつくらなければ仕事を辞めた後も直ぐに働けます。こうしていれば、職歴に空白期間ができないので、履歴も傷がつきません。要するに、転職の時にマイナスの要因がなくなるということです。将来的な展望を踏まえつつ、転職活動を進めてみましょう。
  • 退職|転職活動をするいあたっては、始める前に、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはインターネット上の求人情報を見たりし…

  • 転職活動をするとき、予め、公式ホームページ、求人票、パンフレットなどで関心のある会社を調査するでしょう。しかし、その会社がその会社が情報を世間に出す際には、専属「コンサルタント」が手を入れている可能性が高いです。コンサルタントは、会社に都合の悪い情報を隠す特徴があります。仮に公表する場合でも遠回しな表現に徹します。そのようなそのような会社の「社長インタビュー」または「社員情報」などは、それを事実として見るのではなく、半信半疑でちょうど良いレベルと思っておきましょう。仮に美辞麗句を信じて入社してしまった場合、「こんなはずじゃなかったのに・・・」とあとでガッカリすることになりかねません。悪徳会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後、いろんな言いがかりをつけて辞めさせないように画策しています。そういった「ブラック企業」の求人には警戒しておきましょう。
  • 退職|転職したい会社で会社見学などがあるとかなり参考になります。

  • 転職先で会社見学などがあれば、たいへん勉強になります。とりわけ、「職人」がいる会社は、腕を見るのが楽しめます。そんな会社の見学では、見学者にはほぼ例外なく、普段通りの仕事風景とは違っているものです。例えると、ブルーワーカー(肉体労働)などの業種です。個人のクセが反映されやすい業種なので、入社した後までは本来の姿は伺えません。そのため、会社見学で見たものをすべてだと決めつけないことがとても重要なのです。また、見学時に仕事を体験させてくれる会社は倫理的にアウトですから正直言って、選択肢に入れるのはおすすめしません。入社すらしてない人にはもし問題が起きたとしても、それに対する保障も一切ないので、進められても角が立たないように断るようにしましょう。
  • 転職した場所では、年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 新しい仕事についてすぐはいきなり満足できるほどの「年収」を手にできると考えないほうが良いです。とりわけ一年目の段階では大体試用期間を入っている企業が多数で、私の場合、やっとのことで転職したというのに、悲しいかな前いた会社での稼ぎとあまり同じということがありました。加えて、仕事内容はきついうえに、かなり責任のあるもので、1年目を越すのも本当に厳しかったです。そのような実体験をしてみると、転職1年目は、仕事を学ぶ期間と割り切り、状況が許す限りやれるだけ転職以前にお金をためておくことに尽きると思います。
  • 転職する場合、「派遣社員」を選択しようと思っている人…

  • 転職を、正社員ではなく「派遣社員」を選択予定の方にぜひ注意して欲しいポイントが数点あります。まず派遣社員に対して、「データ入力」「お茶出し」「電話対応」のような業務をイメージされることが少なくないとは思います。はじめはかく言う私自身もそう勘違いしていました。今、勤めている企業に入社するまでは「派遣社員」の求人を見て応募したときには「電話対応がメインです」と入社前に説明を受けました。しかし、いざ入社してみると、まさか「電話対応」に加え、欠員した正社員の穴埋め業務を頼まれました。的確に動けるわけもなく、入社前の説明と大きな食い違いがあるので毎日かなりきついです。とりあえず、「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。
  • 退職|現代、インターネットの就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティング会社も増加しています。

  • 近頃はネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、ヘッドハンティングの専門業者をよく見かけるようになりました。「特許」を出すと、ヘッドハンティングの対象になりやすくなります。彼らは、特許権を獲得した人以外にも、研究開発で論文を発表したことのある人や、「マスコミ」によって注目を浴びた人など、「功績」を残した人物をターゲットに、電話やメールで近寄ってきて、ヘッドハンティングのネタにしようと画策しています。もしもあなたが、ヘッドハンティングと思われる連絡をもらったとしたら、そのキッカケを考えてみましょう。あまりないことですが、ヘッドハンティングと称して、登録料を請求する業者もありますが、その手の輩はむろん嘘なので、注意しておきましょう。報酬を支払わなければいけないのは登録している会社で、転職希望者がお金を出すことはまずありません。
  • 退職|求人についての広告には、ほとんどの場合、普通の企業・・

  • 求人についての広告には、多くの企業では月収が記載されているはずです。しかしこの月収の箇所を見る時には、注意して確認する事が欠かせないです。額の多い少ないだけ見て判断しないほうが良いです。実は企業によっては、月収の金額の中身に「毎月15時間の残業」が含まれているおそれもあります。つまり残業代をトータルすることで魅力ある案件に見せて、人材を確保しようとしている所があるからです。そのほか、「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せているケースもあるんです。だから、そういった応募者を増やそうとする会社には注意が必要と言えるかも知れませんね。
  • 安定した人生を手に入れるべく正社員になりたい人は多いのが現実だと思います。

  • 安定した人生を願い正社員として働こうと思っている人は多いのが現実だと思います。しかしながら、即戦力として働けるように資格を取得するなどしてかなり頑張っても、正社員のためのキャリアアップが難しいこともあるでしょう。契約社員の求人募集はかなりあるのに正規雇用の求人募集以外はそっちのけで悶々とした日々を過ごしている人は意外と多いようです。万が一あなたが、中々転職先が正社員として迎え入れてくれないのなら、派遣社員の求人募集も選択肢に入れておくほうが良いでしょう。会社の一部は、その人の実力によって、2,3年で非正規雇用から正規雇用への転換ができることもあるからです。ですから採用面接を受けているあいだに、「正社員登用」の機会の有無を聞いておくと将来設計も組みやすくなります。
  • 転職時の面接の際に人事担当から「転職理由は?」とかなりの確率で質問されます。

  • 転職時、必ず面接をすることになるでしょう。面接官から「転職の理由は何ですか?」と100%の確率で質問されます。その際、どんなにあなたが正しくとも、前の仕事場での「人間関係」「働く環境」に関しての不満を絡めた返事などは、極力しないことをお勧めします。もしも、そのような不満を口にすると、採用の可能性を棒に振ってしまいかねません。ですから面接では「前向き」な人柄をアピールするのが正解なので、実際の理由とは違っていても、「新しい職場においては、自分のキャリアを十分生かし、会社の成長をサポートできればと思っています。」といった売り込みの形が担当者の心証はよくなります。
  • 退職|以前の私は、職探しは「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」で仕事を探していました。

  • 前は「転職サイト」を活用するより、いつも「ハローワーク」で探していました。どうしてかというと、大手の転職サイトは構造上、都心部を中心にした求人しか見当たらないからです。このため、転職活動をする時は、「ハローワーク」ばかり使用していました。やはり、有名な転職サイトに掲載されている求人よりも多少企業数や給料などでは、若干の見劣りがあるものの、古くから地域密着なので、ピンポイントで見えるのはありがたいです。ですが、「ハローワークはなんか地味だなぁ」と思われている方も少なからずいるかもしれません。でも、有名な転職サイトには掲載されない求人があるので、もしも転職予定の方は、お近くのハローワークに1度は行ってみるのも良いと思います。「転職サイト」を利用した時のようなたくさんの電話・メールに悩まされる心配もありません。
  • 退職|働くのに派遣会社に登録する人が近頃増加しています。

  • 直接雇用ではなく派遣という形態で働く人が規制緩和以来、増加しています。仮に自分が派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、そのうちの何割があなたに入るのかをできる限り面接のときに聞いておいた方がいいでしょう。派遣業は、人手が必要な企業に人材を派遣し、その見返りにお金を会社に支払うシステムになっていますが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしているケースが少なくありません。50%以上の額を労働者に還元しているのであれば、まだいいのですが、開示をしない派遣業者が多く、悪質な業者の場合、8割も自身の懐に入れ、2割しか労働者に還元しない場合も多いといえます。面接の際にきちんと返答しない会社は、いろいろ不都合なことは隠す体質であることが多いので、なるたけその派遣会社で働くのは断念した方が良いです。
  • 働くにあたって回復が難しいほど精神的に厳しくなっ・・

  • 仕事によって回復が難しいほど精神的なダメージが増え、職場を変えなくてはいけなくなってしまった時には、そのときは、会社を相手に相談するよりも、自分の家族に話を聞いてもらい転職するかどうかを決めたほうがいいです。というのは、仕事をするのは自分のためでもありますが、身内の問題ともいえます。毎月、どんなに高い報酬を得られたからといって、メンタル面がボロボロになるまで延々と働くのは好ましい状態とは言えません。現在では、物質的なことよりも、働く本人が働きやすいことを優先していく生き方も認められつつあります。身内や、あなたの心も大切にしましょう。
  • 退職|時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、1年ご・・

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、契約期間を迎えたら自分自身の好きなタイミングで辞められるワケでなはないと実際に転職したことで理解しました。結婚し、落ち着いたらすぐに子供を授かりたかったので、妊娠する時がくるまでのあいだ、だいたい1年半~2年くらい今の会社でそのまま仕事をしておきたいと思い、就職しました。常勤ではなく派遣社員であったために、収入は少なかったですが、ですが「時間に自由が効く」というメリットがあるので、そこはガマンしました。ですが、いざ入社してみると一緒に働く方たちはほとんどのスタッフが10年~15年ほど勤務しているというのです。たとえ派遣社員を選択したとしても、契約が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気などなく、ちょっと困っています。
  • 転職を考えている際に目を光らせる求人内容はだいたいのも…

  • 再就職を考えている際にチェックすることになる求人内容に関しては、一般的なものとして書かれている、という可能性がありますから、そこに記載されている情報は間違いのないものだと簡単に信頼しないほうが最善だと思います。その中でもとりわけ報酬面に関しては、社員を平均して出した値なのか?最低保証の金額であるのか?それとも最高値の金額であるのか?というような見解ができない場合が多く、自分で勝手に解釈してしまうと、後になって嫌な思いをする確率もあり得ます。それゆえ、悔しい思いをしなくて済むように、募集内容については一般的なものだと思って、そういった肝心な内容は会社に直に連絡を取ってみた方が適切でしょう。
  • 退職|以前は看護婦ですが看護師は仕事として女性の割合が大き…

  • その昔は看護婦と言った看護師は、歴史的背景から女性比率がかなり高い職です。また気力だけでなく体力へのひどく消耗が激しい特徴もあります。とうぜん職場環境での人間関係のいざこざや、自分の結婚や出産などのイベントでそれまでとは同等の勤務が継続できなかったりして、仕事と家族との折り合いをつけるのが難しい職業ともいえます。実際に、人付き合いや公私のバランスに悩み、転職希望者が多い現実があります。流動性が高い仕事であるため、看護師は、国内のあらゆる場所で人材不足に変わらず継続しています。つねに各医療機関は、看護師が足りない「売り手市場」となっていて、それが転職希望が後を絶たない原因になっているのでしょう。
  • 退職|全くの未経験である業界などに転業を考えるときには、以前の会社で…

  • 全く経験したことがない業界などに転身をしようとするときには、以前の会社で、自分が養われた力や今までの経験を発揮することができるという自己アピールが必要です。経験がない人は経験のない分その分野を経験している人よりも実際のところ、不公平な状態になりますが、自分が保持している能力がその場でも十分に生きるということを相手に言えば、戦えるケースも十分に考えられるのです。それゆえに、経験のない業種に挑む場合は、その業界と今まで自分が経験してきた職務との関係を可能な限り発見しましょう。