就職活動において、年収はとても重要な要素です。

就職活動において、年収は大変重要な要素です。

就職活動において、年収は大変重要な要素です。面接の際、現職の年収だけでなく、将来的な希望年収額についても質問されるはずです。本当の年収を偽って、多く申告し、高額な年収を確保しようと試みても、無駄でしょう。なぜかといえば、最終的には源泉徴収を提出することになるので、たとえ一度は騙せたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、結果的にウソがバレてしまうのです。ヘタをすると、トラブルに発展しかねないので、現在の会社での年収をハッキリと伝え、それに釣り合う希望年収を設定するのが一番良いです。なお、年収400万の人が転職して500万円となる可能性はまず無理です。もし、今の年収が430万円だとすると、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくのが間違いがありません。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社できたのを退職しなければならないという事態になる恐れもあるので、気をつけましょう。

退職|最近パソコンやスマホを使えばわかるけどネットで見られる世界で・・

近頃PCやスマホで調べればネットで見られる世界ではいわゆる「転職のためのサイト」と呼ばれるものがあちこちにあります。そのいっぱいのサイトから自分自身が求めている転職先を見つけるには最初は情報を集めることが欠かせません。こんな転職サイトをしっかり使うことで、スムーズな転職が実現します。客観的なデータもしっかり掲載される「転職サイト」がある一方、それとは対称的なサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。まずは、本当に信用していいサイトかどうかを他と比べつつ、しっかり確かめてみてください。

在職期間にあるときは、出来るだけ周囲に気づかれないように…

就労期間中なら、できれば周囲にバレないよう(私の場合)前職中に転身の意図だけを活動初期の段階で会社内で仄めかして反応を見ました。とはいうものの、その後に転職情報をあれこれ見ていったものの、思いとは裏腹に働く先や転職時期さえも無計画なまま煮詰まっていないままいつの間にか時間だけが経過してしまいました。会社の方も仕事の引き継ぎや手続き、私自身の退職の日程などが確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、なんとも本末転倒な結果になってしまいました。そして、思うような展開にはならず、失職期間を経たのち、次の就業先を探す流れになりました。

退職|将来、転職したいと考えているなら、事前に「資格」取得は考えておいて損はありません。

転職するのなら、転職する前に資格を取るとステップアップします。とくに、仕事をしているあいだに資格を取得しておけば、転職に有利に働くので新しい仕事を探すのも容易になります。そんなわけで、資格取得は、在任期間中がもっともよい時期といえます。あなたが再就職を考えているなら、社会的にニーズの高い資格を取得しておけば、現在の会社を辞めたあとも悔やむことなく次に進めます。それに、資格取得後は面接の場では面接官に即戦力になる人材だと判断され、これまでの職場より待遇も良くなる可能性があります。

転職を考えたとしても、万事都合よく運ぶ確証はどこにもありません。

転職を目指そうとしても、思ったとおりの成果が得られる確証はありません。それは支障がないなら歳がいかないうちにできるだけ早く転職を試みるべきです。傾向としては、20代のうちは良い成果があがりやすいですが、残念なことに、30代後半~40代に達してしまうと転職というのは相当に厳しいものと理解しておくべきです。管理職など、重要な役職を担当している場合、転職したいと思い立っても、現在の会社に留まることも選択肢に残しておくべきです。つまり、退社してから転職活動を開始するよりも、今の会社に残った状態で、時間をかけてじっくり探すほうが失敗しなくて済みます。

退職|私たちの労働環境は、将来的にどんどん思考を必要としない仕・・

これから、私たちの労働環境において着々と簡単な仕事は機械によってその移り変わりによって人員はどう考えても減らされてしまいます。単純労働という観点では人の手を借りるよりも機械を稼働させたほうが数段に分があるからです。例えば、数量を計測したり、同じ動作を繰り返すことは機械にはへっちゃらです。人と違って文句を言わず、肉体的な疲れもないし、ズルもしないし、正確にこなしてくれますし、均一だし、さらに、人と違って給与が発生しないのも大きな違いといえます。ですので、労働力として人を使う理由が到底無さすぎるため、機械化の流れは必然ともいえますね。

退職|あなたが持つ現在のスキルや資格を有効活用しつつ、就職…

自分のスキルを有効活用しつつ、転職する場合、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすいジャンルと比較的そのスキルが不必要な、転職が難しい職種がある事を知っておくと仕事選びに役立ちます。再就職が容易な業界としては、慢性的な人手不足に陥ってる「医療・介護」が、とても有名ですね。医療・介護の分野では看護師、介護士資格を持っていることが必須条件となりますので、ハードルが高めなのも転職しやすさに起因しています。今、医療や介護の現場で働いている人が、とある事情によって異業種に転職したいと思っているなら、注意が必要です。他の業界では働き手の流動性は決して高くはないのです。なので、容易に考えないことが重要です。異業種への再就職される場合は、すんなり受け入れてくれる先が見つからないと、気をつけておきましょう。

退職|そろそろ転職することを希望しているのなら、現状の業…

来週からでも転職しようと思うのなら、直近の業務や業務での納得いかない部分をハッキリとさせておきましょう。できていて当然と思われますが、意外とできてないです。気に入らない点が大きいから転職しようと思われているはずです。でも「きちんと存在する業務や仕事の客観的にみた問題を挙げる」ことが出来ている人は少ないものです。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職選びでのミスを防げます。そして、仕事を変えることで「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を想像してみましょう。転職したとしても、現状の問題が全て改善するとは限りません。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職したあとのモチベーションの急激な低下は未然に防ぐことが容易になるはずです。

退職|最短で転職したい場合は希望する企業そのもの、というよ…

転職活動は、企業そのものよりも、人事や採用担当の面接官とのやり取りが肝心といってもいいでしょう。其のためには、ゼッタイに面接の時間になる前に冷静に、焦る気持ちににならないように、たとえば出来れば素敵な女性とお見合いのような気分でいる望むと面接への余計な緊張が解けるかもしれません。また面接を通じてまず第一にあなたの人柄や人間性を観てもらうわけですから、悪い印象を与える行動は注意しゼッタイにやめましょう。品性の有る雰囲気やT・P・Oなどに応じて転職活動にピッタリな服装(T・P・O)を意識してみてください。オーラを感じさせることができればいいです。魅力的な人物と感じてもらうことができたら、かならず良い結果で転職活動を終えることができるでしょう。

退職|再就職での面接などの時に面接担当者に名刺を渡された場…

転職の面接などにおいてもし面接担当者に名刺を差し出されたとしたら、同じように自分も名刺を渡すべきであるのかどうかと迷ったときは、たいていは渡さないもの、と考えておいてください。転職のための面接においては仕事の内ではなくて、就職活動の一部です。ですから大体は名刺を交換する時ではないのです。合わせて、会社の人としてではなく、個人的なことでこの場にいるわけです。という事で、相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちらにおいてはもらうだけで問題なくて、面接担当者に相手側に渡す必要はないと思います。

転社を繰り返さないための対策は、シンプルです。

転社を繰り返す日々を止めるための対策は、とてもシンプルです。仕事面のスキルアップもそうですが、精神面を鍛えると、そう簡単に転職を繰り返さなくなります。今では、ネットがあるのでメンタル面を鍛えるのには良い情報は直ぐに拾うことができます。また不思議に思われるかもしれませんが、転職とは無関係な「とある行動」によってもメンタル面は強化できます。その典型例が「外国に行くこと」です。外国は、生活習慣も文化も、そして言語も、違うことばかりなので、すべてのことが良い刺激となります。ですから、帰国後変化があるのです。日本に戻ってくると、自分が小さな世界しか見えていないことに気づかされ、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちを携え面接を行えば、今までとは格段に違い自信に満ち溢れた態度を示すことができます。ですが、退職後しばらくの間は精神的に弱っていることが多いので、よく休むようにしましょう。

得意なことや大好きなことを仕事にしたいという風に考えている人は注意です。

得意なことや大好きな分野の仕事に就きたいと考えている人は注意した方が良いです。これは、私の体験に基づいたことなるのですが、私の場合、食べることが好きで以前は、料理店(レストラン)で勤務していた時期がありました。そのレストランでの業務内容は、その飲食店で任されていた業務内容は、簡単な盛り付け作業やホール業務です。この業務内容については、嫌とかいったこともなく楽しんで働いていました。けれども、人間関係でとても嫌になってしまいました。ということが原因で、職場を離れたのですが、そのせいで、大好きだった食べることやその飲食店で扱っていた食べ物も苦手になり、同ジャンルの飲食店はしばらく経った今も行けていません。当時のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。仕事に就いた当初、大好きだったことがキライになるとは思いませんでした。自分の大好きなことを仕事にしたいと思うのは素敵ですよね。しかし、あなたの「好き」はどのレベルのものなのか、真剣に自分と向き合う必要があります。

政治により状況が変化しつつある転職を取り囲む状況につい…

最近の転職における状況ですが、政治による変化が出始めています。現在の安倍政権によって、アベノミクス「三本の矢」など、新たな経済政策が続々打ち出されています。内閣が打ち出した新たな経済政策ともに日銀主導の金融政策とも相まって、財界・民間企業ともに次世代の社会的な変化が巻き起こりつつあります。そういった変化が加わったことで、民間企業の側でも今度は若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる人手不足が根深い問題となっています。ここ最近では、外国人の労働者も現状以上に高めていくつもりでいると現政権は語っています。外国人労働者の増加に伴い、日本国内の転職問題についても幅が広がりそうです。こうした社会情勢の変化のなかで、国内の雇用や転職事情にも、変化していくのは間違いありません。

退職|私は昔かなりいくつかの人材紹介会社に登録していたのです…

自らが求職中のころかなり複数の人材紹介会社に登録していたことがあります。その際に思ったこと、それは転職のアドバイザーの質に関しても多種多様でほぼいまいちなアドバイザーばかりでした。私にとっては人生の大事な事なことだからもっと情熱をもってに向かい合ってほしいという欲が積もって、そんなことがあったこともあり自分がキャリアカウンセラーの資格を取ることにしました。キャリアカウンセラーの資格を取得できるまでには費用も掛かりました。それに加えて資格取得のための勉強の面もかなりきつかったのですが、仕事を探している方から頼みとされる人になるべく頑張っています。

退職|転職活動をする際の最後の問題として、「今勤めている会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。

転職活動を行う際の最後にクリアしなければいけない難問として、「今勤務している会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先の会社から採用の内定をゲットしたとしても、現在勤務している会社が、あなたを離したくないと慰留するというのもよくある話です。そのようなケースでは、絶対に退職する、という強固な意志を貫くことが重要といえます。もしも引き留められて、一時的に収まったとしても、一度辞めたいと思った会社には、結局は愛着もなくなってきます。退職をスムーズに進めるためには、最初に会社の規定に目を通し、退職までに必要な日数を超過する年月以降に退職日を定め、退職届をつくります。そうして、決定権のある上司と相談し、退職を考え直すことは絶対にありませんと、毅然とした態度でのぞみましょう。円満退社を目指すのも転職活動のひとつです。

転職時の企業の面接に関して、多数のひとが思い違いをしているのです・・

転職先での企業での採用面接での勘違いしている人が多いのですが採用を勝ち取りたいあまり露骨なまでの猫かぶりしていると、はっきり言って不採用に直結してしまいます。そうならないために例に挙げるならば面接の際は「休暇」などの、通常はかなり質問しづらい内容を勇気を出し聞いておくと結果的に確実に自身のためになります。信じられないかもしれませんが、「そのような無神経なそういった質問をすると面接結果に悪い結果になるのではないか」と気にする人もいるかもしれません。だけども、意外とプラスの結果になることは最終的にはいい場合が多いようです。このようなお金や労働環境に対する内容は、多くの人が知りたい内容なはずです。とはいえ、面接で緊張していると、大半の人が質問を躊躇しています。なので、勇気を出して質問をすることで、「言うことはちゃんと言える人だな」と面接担当者へのアピールとなるのです。