就職活動において、年収は大変大事なポイントです。

退職|就職活動において、年収は極めて重要な要素です。

就職活動において、年収はとても大切な要素です。面接時には、ほとんどの場合現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。実際の年収を偽って、多く申告し、転職先で多くの収入を得ようと試みても、無駄でしょう。なぜかといえば、結局は源泉徴収を提出することになるので、一時的に騙せたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、必ずウソはバレてしまうからです。トラブルに発展する可能性もあるので、現職年収は正確に伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのが正解です。年収300万の人が急に年収500万になるようなことはほとんど無い、と見ておくべきです。年収が400万なのであれば、希望額は400~450万円と伝えておくのが無難です。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、せっかく入社した会社を退職しなければならないという事態になるおそれもあるので、注意しましょう。

最近スマートフォンで調べればインターネットの世界では…

世の中は変わっていてスマホを見ればインターネットのエリアには、要するに「転職サイト」と呼ばれるものが数多く存在します。その数限りないサイトから自分自身の目的にあった転職先を見つけるためには、何よりも情報を収集することが必要です。このようなサイトをうまく使いこなすことで、効率的かつ満足度の高い転職が叶えられるはずです。更新頻度が高く、さらには転職希望者にとって役立つ情報満載の「転職サイト」がある一方、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。利用して間もない頃は、信用に足るサイトかどうかを見極めることがポイントとなりますから他と比べつつ、しっかりチェックしてみてください。

在職中は状況が許す限り、同僚にバレないように(私の経験談で・・

就労であるのなら、可能なかぎり周囲が気づかないように、(自身の例ですが)雇用期間中に転業の意図だけを早い時期に同僚に知らせたことがありました。ですが、その後に求人誌を散々みていったのですが、思いとは裏腹に就職先も仕事を変えるタイミングも何一つ決まらないまま、知らぬ間に時間がムダになるだけでした。そしてその一方、社内では業務の引き継ぎ予定や手続き、自らの退職の日程などが確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、転職先を見付ける」という、お粗末な状況で会社を去ることになりました。ですが予定は噛み合うこともなく、失業期間を経験したのち、次の就業先を再度探しました。

もしもあなたが転職される場合は、転職する前に資格を取得しておくことをお勧めします。

もし転職を考えているなら、先に考えておいて損をしないのが資格の取得です。また、転職活動を始める前の段階で、資格を取ると転職活動の際にそれを有効活用できるので、新たな仕事を見つけやすくなります。こういった理由から、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階がもっとも好ましいタイミングといえます。あなたが未来を考え、次の仕事に必要な資格を取得しておくと、仕事を辞めた後も躊躇なく次に進められるはずです。さらには、資格を取ってからの転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、面接のときには面接担当者に戦力になると判断してもらえ、待遇も良くなる可能性が高いです。

退職|再就職を目指そうとしても、あらゆることが首尾よく・・

転職を考えたとしても、全てがスムーズに進行するというわけではありません。遅かれ早かれ転職をしなくてはならないならどう転んでも転職をしなくてはならないなら歳がいかないうちになるべく早く行動しておいたほうが良いです。平均的に見た場合、30代前半までは良い展開を期待できますが、30代後半~40代に至ってからの転職活動は、かなり難しくなります。もしも、管理職など、要職を担当している場合、転職の意思が強くなっていても思いとどまることも選択肢に残しておくべきです。ようするに、退職届を提出後に転職活動するよりも、現在の仕事は続けながらじっくり探すほうが失敗することもありません。

私たちの労働環境は、将来的に今以上に考えなくてもできる作業・・

今後ぐっと短絡的な作業は機械で済まされるようになり当然のことながら人手は減少させられてしまいます。というのも、単純労働については、人間以上に機械を稼働させたほうが比べられないほど能力が高いからです。数をカウントしたり、同じ手順をずっと反復したりすることは機械にとっては何の苦もないのです。もちろん人と違って愚痴は言わないし、疲れることもないし、不正をすることもないし、正確に作業してくれますし、それを均一化できます。おまけに「人件費」を渡さなくてもいいのがメリットといえます。このように、人間を使う意味がまったく無いことが明白で、機械化されるのは自然の結果といえます。

自分のスキルや資格をふまえて転職する場合は、比較的、転職しやすい業種…

自身のスキルを活用しながら転職を検討する場合は、再就職しやすい業界と、比較的、再就職が難しい業界がある事を理解しておきましょう。転職がむずかしくないジャンルは、たえず人手不足である「医療・介護」が、その最たる例です。医療・介護系の仕事は看護師や介護士は「資格」を必要で、資格を持っている人たちにとってはとても転職しやすい業界です。今、医療や介護の現場で働いている人が、理由あって異業種へ再就職してみたいと思う場合は、注意が必要です。他の業界ではスタッフの流動性は決して高くはないのです。そのため、簡単に考えないことが重要です。異業種への再就職を希望するなら、ほかの分野の仕事では医療や介護系の業界の仕事探しよりも厳しいものとなることを覚悟しておきましょう。

そろそろ転職活動しようと考えるのなら、直近の職場や…

明日からでも転職活動しようと思うのなら、今の業務や仕事での不満に思う部分を明確化する事が良いです。できていて当然と思われますが、意外とそうでもないのです。気に入らないことがあるからこそ、転職しようと思っているはずです。でも「きちんと業務や業務の客観的にみた不満な点を列挙する」ことを多くの人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職選びでのミスを防げます。そのあとに、転職を叶えたあと、「今より何が不便になるか」を明確化してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、すべての問題が解決するとは限りません。こうした整理をする事で、転職後の急激なモチベーションの低下は防ぐ事ができるでしょう。

転職活動では、希望する企業そのもの、というよりもどちらかと言えば面接係員・・

転職活動で大事なことは希望している企業そのものよりも、どちらかと言えば面接係員とのやり取りが大事といえます。しっかりと採用してもらうために、初歩として面接だからといって焦る気持ちを隠し、平常心でいるように心がけましょう。たとえば女性とお見合いをする気持ちで望むと良いかもしれません。とくに面接がはじまるともっとも最初にあなたの人となりをチェックされるので悪い印象を与える行動は注意しぜったいに控えましょう。社会人らしい整った服装で向かいましょう。魅力的な人物として、面接官に認めてもらえたなら、きっと良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。

再就職の面接などにおいて名刺を差し出してきたら、あなたも名刺を相手…

転職の面接などの場面で担当者に名刺を差し出されたとしたら、あなたも同様に名刺を渡すべきであるのか?ないのか?と悩んだ場合は、おおむね渡さなくても良いと頭に入れておきましょう。面接というのは仕事の延長上のことではなくて、採用活動の一環なので、大方は名刺をやりとりする時間ではないのです。そのうえ、あなたは会社の者としてではなく、個人的なことでこの場にいるわけです。そういった訳で、もし相手の方から名刺を渡された時でも、あなたのほうは受け取るだけで大丈夫で、面接担当者に相手にあげる責任はないと思います。

退職|転職を度々しないための対策は至ってシンプルです。

転社を度々しないための対策は至ってシンプルです。スキルを向上させることもそうですが、それとは別にメンタル部分のスキルを磨くと、転職を繰り返しません。現在はインターネットもあるので、メンタル面を鍛えるための自己啓発系の情報はカンタンに知ることができます。さらには、転職とは関係のない行動をすることも精神面を強化することができます。たとえば「海外旅行」です。海外に行くと、はじめて目にする光景もたくさんあったりと、刺激が山ほどあります。なので、心の成長を成し遂げるにはぴったりの方法といえます。日本に戻ってくると、「自分の視野の狭さ」に気づき、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと実感することができます。その気持ちを携え(転職のための)面接を行えば、今までの面接とは違い自信満々に自己アピールができるはず。ただし、退職してすぐは、精神面がもろくなっている人も多いので休業期間も必要です。

退職|好き、を仕事にしたいと思っている人は要注意です。

自分自身の大好き、を仕事にしたいと考えている人は要注意です。私が実際に経験したことなのですが、私自身、もともと食べることが本当に好きだったのですが、それが理由で、前に、飲食業界(レストラン)で勤務していた時期がありました。そのお店での仕事内容は、そのお店で私が任されていた仕事内容は、簡単な盛り付け作業やホール業務でした。この仕事内容については、嫌なこともなく楽しんで働いていました。しかし、人間関係のいざこざですごく嫌になりました。ということが引き金になり、職場を離れることになったのですが、同時に、好きだった食べること、またそのレストランでメニューとして提供されていた食べ物さえも苦手になってしまい、似たような飲食店はしばらく経った現在も行くことができません。当時の店のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。仕事に就いた当初、好きだったことがキライになるとは思いませんでした。自分の好きなジャンルの仕事に就きたいと願うのは素敵だとは思います。しかし、あなたの「好き」のレベルはどの程度のものなのか、まじめに自分に問いただした上で行動するべきです。

最近の転職については、政治によって状況が変わりつつあるようです。

政治により変わりつつある転職を取り囲む状況について、安倍総理による現政権によって、アベノミクス「三本の矢」など、経済政策が複数、展開されています。内閣が打ち出した新たな経済政策ともに日銀主導の金融政策との相乗効果によって、財界や民間企業間でも今までとは異なった変化が顕在化しつつあります。その変化の中で、企業のあいだでも今度は労働人口の減少による「働き手が足りないこと」が社会では大きな問題となっています。最近では外国人労働者を現状よりも増やしていく、と安倍政権は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、国内の転職問題も幅が広がりそうです。こういった変化のなかで日本国内の雇用や転職といった状況にも、大きな影響を及ぼす事になるでしょう。

退職|以前はたいへん多くの人材紹介会社に登録していました。

転職を考えていた時期にかなりいくつかの人材紹介会社に登録していたことがあります。その時に特に感じたのは転職のアドバイザーのレベルも本当に様々あってほとんどは物足りない人ばかりでした。私とっては大切なことことだからもっと真剣に臨んでほしいという落胆した気持ちがこみあげていてそれが発端となり私はキャリアカウンセラーを目指すことになりました。資格を取得するのに支出が増えました。また勉強もヘビーだったわけですが、仕事を探している方から頼みにされるキャリアカウンセラーになるべく努力しています。

退職|転職活動をする際の最後に残る厄介な問題として、現職の退職があります。

転職活動をする上での最後に残る厄介な難問として、「今勤務している会社をいかにして辞めるか」という問題があります。転職先の会社が決定しても、現在勤務している企業が、あなたを離したくないと慰留しようと説得してくる可能性もあります。そのような場合は、絶対に退職する、という強固な意志を貫くことが大事といえます。たとえ引き留められて、残ったとしても一度辞めたい、と思った会社は長続きしないでしょう。退職を効率的に行うには、会社の規定に目を通しておき、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届をつくっておきましょう。そして、決定権を持つ上司と面と向かって話し合い、退職を撤回する考えはありませんと、毅然とした態度で相手に伝えましょう。「円満退社」をすることも転職活動において大事な要素となってきます。

転職活動中の企業の面接に関して、やめておいたほうがよいの・・

転職を成功させるための面接に関して、勘違いしている人が多いのですが良い印象を与えたいと露骨なまでの猫をかぶることです。すると残念ながら採用を逃してしまいます。そうなる前に例に挙げるならば面接の際は「有給取得率」などの、多くの人がかなり質問しづらい内容を勇気を出し訊いておくと、最終的に間違いなく自身のためにもなります。意外に思うかもしれませんが、「入社前の段階でそのような質問をすることで面接結果に採用されないのではないか」と不安がるかもしれませんが、しかし、意外と良い結果になることは最終的にはいい場合が多いようです。こういった労働環境やお金に関連する疑問点は、実のところ、多くの人が知りたい内容なはずです。それなのに、多数の人が気を遣いはっきりと聞けないものです。けれども、あえてそんな状況で踏み込んでおくと、「ほかの人とは違うな」ということで面接官に印象づけられるのです。