就職活動において、年収は極めて大事なポイントです。

退職|就職活動において、年収はかなり大事なポイントです。

就職活動において、カギになるのは年収です。面接の際、大半の会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき現実の年収を多く偽って、高額な年収を獲得しようと試みても、無駄な努力でしょう。というのは、結局は源泉徴収を提出することになるので、一度は信じてもらえたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、最終的にはウソがバレてしまうのです。ヘタをすると、トラブルに発展する事態にもなりかねないので、現在の年収を正確に伝え、それに見合った希望年収を設定することです。なお、今の年収が400万円の人が、転職して500万円となる可能性は通常あり得ません。もし、現在の年収が430万円としたら、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくのが良いでしょう。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に入社できたとしても、直後に退職しなくてはいけなくなる恐れもあるので、気をつけましょう。

退職|近頃はスマートフォンを使えばネット上には、今では転職系のサイトが…

とみにPCで調べればネット上には、「転職に役に立つサイト」と呼ばれるものが多数あったりします。その無数のサイトから自分の目的にあった転職先というのを見つけるためには、まずは情報が大事ですから収集をしましょう。こんなサイトを上手く利用することで効率的な転職先探しが可能です。転職情報が満載で、客観性と正確性を持ち合わせた有益な「転職サイト」がある一方、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、注意が必要です。とりあえずは、本当に信用していいサイトかどうかを見極めることが大切ですから他と比べつつ、チェックしてみましょう。

在職中は極力社内の人間にバレないよう(自身の場合)前職中・・

雇用期間にあるときは、できれば周囲が気づかないように、(ちなみに私自身のときは)雇用期間中に転身の考えのみ活動初期の段階で周りの人に話して、反応を見たことがあります。とはいうものの、その後転職情報を必死に探していたのですが、結局は転職先のあても、仕事を変えるタイミングさえも何も進めていたので、いつの間にか時間を空費する結果に。その一方で、当時所属していた会社の方は、仕事の引き継ぎや手続き、私の退職日などが決定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、本末転倒な状況になってしまいました。予定は噛み合うこともなく、失職期間を経たあと、次の就職先を探すハメになりました。

もしあなたが転職を視野に入れているなら、前もって資格を取るとステップアップします。

もしも転職するのなら、転職前に資格を取得することでステップアップできます。とくに、仕事をしているあいだに資格取得をしておくと、転職活動の際にあたって幅が広がるので、新たな分野に挑戦することも可能になります。こういった理由から、在任期間中に資格取得をするのが一番最適です。もしあなたが転職を目指しているなら、このあと役立つ資格を持っておくと、現在の会社を退職後も後悔なく次に進めます。それに、資格取得によって転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、面接で面接官に即戦力になる人材だと判断され、これまでより待遇が良くなる可能性が高くなります。

再就職を考える場合、すべての人が満足いく成果をあげられ…

再就職を目指そうとしても、全てがスムーズに進行する保証はありません。遅かれ早かれ転職をしなくてはならないならいつかするつもりならあなた自身が若いうちに変えたほうが良いでしょう。普通一般的には、20代のうちは結果が出やすいですが、残念なことに、30代後半~40代に入ると転職そのものがたいへん厳しいものと理解しておくべきです。もしも、管理職などの重要なポジションにいる場合、転職の意識が強くなっていても会社に残ることも選択項目に残しておくべきです。要するに、退職後に転職活動を開始するよりも、現在の会社をやめないまま、慎重に探す方が良いでしょう。

退職|私たちの労働環境は、近い将来一段と考えなくてもできる仕事は…

近い将来、労働力という観点においてどんどん考えなくてもできる作業は機械化が発展していきその移り変わりによって必要な人手はどうしても減少していきます。考えなくてもできる作業という観点では人間よりも機械で進めたほうが数段に利便性にすぐれているからです。数をカウントするとか、同一の動作を延々と繰り返すことは機械にとっては何の苦もないのです。当たり前のことながら人間とは違って泣き言も言わず、肉体的な疲れもないし、ズルもしないし、正確な作業ですし、均一にこなせます。加えて、人と違って「人件費」が発生しないのも違いですね。このような理由から、労働力として生身の人間を使う意味が到底無いため、機械にシフトされるもの無理もありません。

今あるスキルや資格を有効活用しつつ、再就職をしていく場・・

自分のスキルや資格を有効活用しながら、転職を検討しているなら、比較的、再就職がしやすいジャンルと比較的、転職が難しいジャンルがある事を理解しておいてください。転職しやすい業界は、常に人手不足になっている「医療・介護」が、おなじみですね。医療・介護の分野では看護師、介護士は「資格」を必要で、ハードルが高く、資格保有者に有利な業種といえます。今、医療や介護の現場で働いている人が、仕事がきついからと異業種に転職しようと思う場合は、簡単に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」以外の大半の業界は、働き手の流動性は現業界よりも少なく、ですので、簡単に考えないことが大切です。異業種への再就職される場合は、「医療」「介護」みたいな売り手市場とはいかないと、覚悟しておいたほうがよさそうです。

退職|いよいよ転職活動をするに当たっては、現状の職場や仕…

今からでも転職しようと思うのなら、今いる仕事の何に対して不満を感じているのかを明確化する事が必要です。できていて当然と思われますが、意外とできてないです。不平が限界に達しているから転職したいと考えているのは分かります。でも「存在する会社の客観的にみた不満な点を明確化する」ことを大半の人はやっていません。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びでの失敗を防げます。それを終えたあと、転職を叶えたとしたら、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」をしっかり想像してみましょう。転職したとしても、職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職後の急激なモチベーションのダウンを未然に防ぐことができます。

退職|転職とは、企業とのやりとりよりも正確には「担当面接官」と・・

転職のための活動は希望先転職先の会社企業というより、人事や採用担当の面接係員とのやり取りが重要です。面接係員に良い印象を与えるために、先ずは面接が始まる前に焦る気持ちを隠し、平常心でいるように心がけましょう。たとえば「お見合いする」と捉えておく望むと問題はありません。また面接内ではまず最初にあなたの雰囲気や人間性を評価してもらうので悪い評価になるような態度は注意し控えましょう。品性の有る雰囲気やT・P・Oなどに応じて面接に適した整った服装で望みましょう。オーラを感じさせることができればいいです。企業にとって魅力的な人材と感じてもらえれば、きっと良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。

再就職の時の面接などの際にもし名刺を手渡されとした…

再就職の面接などにおいて担当者が名刺を手渡してきた場合、こちら側も名刺を相手に渡した方が良いのかどうかと対応の仕方に悩んだら、たいていは渡す必要はないと覚えておいてください。転職のための面接に関して言えば仕事内のことではなくて、職に就くための就職活動内のことです。ですからほとんどは名刺を交換する時ではないのです。加えて、会社の人間としてその場にいるのではなく、個人的な問題でこの場にいるわけです。そのため、もし相手から名刺を差し出されても、あなた自身はもらうだけで問題なくて、担当者に相手に渡す義務は少しもないと推測できます。

退職|転職を繰り返さないための打開策が一つだけあります。

退職と転職を繰り返す日々を止めるためには、少しコツがいります。スキルを向上させることもそうですが、メンタル部分のスキルを磨くと、そう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。今では、ネットがあるのでメンタル面を鍛えるための自己啓発系の情報は直ぐに拾うことができます。加えて、転職とは違う行動をすることも精神面を強くすることが可能です。何かと言うとズバリ「外国に行くこと」です。外国は、日本では考えられないような文化があったりと、大きな刺激を常に得られます。ですから、人間的に成長させてくれる修行とも言えます。日本に帰ってくると、自分のこれまでの視野の狭さに気づき、こんなにも世間は狭かったのだということを実感することができます。その気持ちを携え、面接に向かうと、これまでの面接とは違って自信にあふれた態度でアピールもできるはずです。ただ、退職後は精神面がダメージを受けやすいので今後のために休みも必要です。

退職|自分自身の好きな分野の仕事に就きたいと思っている方は気をつけた方が良いです。

自分の趣味に通じることや大好きなジャンルの仕事に就きたいと考えている方は注意です。これは、私が経験したことなのですが、私の場合、もともと食べることが好きでそれが高じて、過去には、飲食店(レストラン)で勤務していた時期があります。そのお店での仕事内容は、その飲食店で私が担当していた仕事内容は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務です。この業務内容に関しては、嫌なこともなく楽しんで働いていました。ですが、職場の人間関係ですごく嫌になりました。ということが引き金となって職場を離れることになったのですが、そのせいで、好きだった食べること、そしてそのレストランで扱われていた食べ物も苦手になり、似たような店にはしばらく経った現在も行く勇気がありません。当時の店の匂いを思い出すだけで辛くなります。この仕事を始めた当初、大好きだったものをキライになるなんて今でも信じられません。自分自身の大好き、を仕事にしたいと夢見るのは素敵なことですが、しかし、あなたの「好き」はどのレベルのものなのか、まじめに向き合う必要があります。

退職|転職を取り囲む状況は、政治による変化の兆しが出始めています。

最近の転職における状況ですが、政治による変化が出始めています。今の安倍内閣ではアベノミクス「三本の矢」など、経済政策が矢継ぎ早に展開されています。経済政策ともに日銀主導の金融政策とも、たがいに作用しあって、財界・民間企業側からも今までにない変化が生じ始めています。そのこともあって一般の企業では今度は労働人口減による「働き手が足りないこと」がかなり深刻化しています。将来、外国人の労働者を今よりも増やしていく、であると現政権は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、国内の転職問題についても幅が広がりそうです。こういった政治の流れによって、国内の雇用や転職といった事情にも、大きな影響を及ぼすことは間違いありません。

自らが転職を考えていた時期にいくつかの人材紹介会社に登録していました。

求職中のころかなり何個かの人材紹介会社に登録していたことがあります。その際に思ったこと、それはサポートしてくれる担当者の質がまちまちで大方は納得のいく対応をしてくれない方でした。私にとっては、とても大切なことなのにもっと思い入れを込めて向き合ってほしいという願いがいっぱいになって、それが引き金となり自分がキャリアカウンセラーの資格を取得することにしました。キャリアカウンセラーの資格を取るのはコストもかかりましたし資格取得のための勉強の面においてもとてもヘビーでしたが、仕事を探している人たちから頼られる人になるために頑張っています。

転職活動をする上での最後にクリアしなければいけない難問とし・・

転職活動を行う際の最後に残る厄介な問題として、現在の仕事を辞めることがあげられます。転職先の企業から採用の内定をもらえても、現在働いている企業があなたを放出したくないとして引き留めるというのもありがちな話です。もしそうなってしまったら、「何が何でも退職する」という強い意志を貫くことが重要です。たとえ引き留められて、一時は思いとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社には、結局は愛着もなくなってきます。会社の規定を良く調べ、退職までに必要となる日数を超過する年月以降の退職日設定と退職届を手元に用意しましょう。そうして、決定権を持つ上司と面と向かって話し合い、退職を撤回する考えはありませんと、(毅然とした態度で)伝えましょう。「円満退社」で現職を終えることも転職活動において重要なポイントになってきます。

退職|転職の際に欠かせない採用面接では、やめておいたほうがよいのは…

転職活動中の会社での採用面接でのよく思い違いがあるのですが採用をされたいあまり必要以上に猫かぶりをすることです。すると正直なところ逆効果になります。そうなる前に猫をかぶるよりも面接時は、「給与制度」など、普通はかなり質問しにくい内容を思い切って率直に訊いておいた方が、間違いなくあなたのためになります。意外に思うかもしれませんが、「採用前の段階で、ずけずけと質問をすると、選考結果に不採用になるのではないか」と気にする人もいるかもしれませんが、だけども、意外と良い結果になることは少なくないようです。これらのことは労働環境やお金に関する内容は、多くの人が知りたい内容なはずです。ですが、面接に応募した人たちの多くは、大半の人が質問を躊躇しています。そこで、一歩踏み出しておくと、「こいつは他と違う」と面接担当者へのアピールとなるのです。