就職活動において、年収は極めて大切なポイントです。

転職活動では、「年収」が話題に上がります。

就職活動において、年収は大変大切な要素です。面接の際、現職の年収に加え、将来的な希望年収額も尋ねられるでしょう。ここで年収を現実にもらっている額よりも大きく申告し、多額の年収を確保しようと試みても、無駄な努力でしょう。「源泉徴収票」が必要なため、たとえ一時的に信じてもらえたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、最終的にはウソはバレてしまうからです。トラブルに発展する可能性もあるので、現在の会社での年収を水増しせずに申告し、それに釣り合った希望年収を設定するのが一番良いです。例をあげると、現在の年収が300万円の人が転職して500万円となる可能性は通常あり得ません。現在の年収が430万円としたら、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくのが正しいです。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に採用されたとしても、直後に退職しなくてはいけなくなる恐れもあるので、気をつけましょう。

退職|最近はパソコンは便利でネットのエリアには、要するに「転職に役に立つサイト」と呼ばれるものが…

世の中は変わっていてPCを使えばインターネットで見られる世界には今では「転職のためのサイト」と呼ばれるものが多数あったりします。サイトを見て自分が欲している転職先というのを見付けるためには、何よりも情報を収集することから始めましょう。こんな転職サイトを上手く使いこなすことで、効率的に転職が叶えられるはずです。最新情報が満載で、転職希望者にとって役立つ情報満載の「転職サイト」がある一方、それとは対称的なサイトもあるので、充分に注意しておきましょう。はじめは、本当に信用していいサイトかどうかを見極めることがポイントとなりますから類似サイトと比較しながら厳しくチェックしてみましょう。

在職期間中なら、状況が許す限り、周りの人に気づかれないように・・

就労中はできたら、周りの人にバレないように(自身の例ですが)在職中に転社する意思表示だけを早いうちに周りの人間に話してみました。しかしながら、その顎、転職情報を散々探してみたものの、悲しいことに就職のあても転職するタイミングも計画も立てずに煮詰まっていないままダラダラ時間が過ぎてしまいました。挙句の果てには当時所属していた会社の方は、退職に関わる諸々の手続き、自らの退職予定日などが確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、お粗末な状況下で会社を辞める形になりました。ですが結局、理想とする結果が実らず、失業期間を経験し、次の就職先を探すことになりました。

退職|もし転職したいと考えているなら、「資格」取得は考えておいて損はありません。

転職を予定しているのなら、資格を取るとステップアップします。また、現在の仕事をしているあいだに資格取得しておくのがお勧めです。転職時でそれを生かせることができるので、選べる企業が増えることで選択肢が増えます。ですから、在職期間中に資格取得をするのが一番良い時期なのです。あなたがキャリアアップを考えているなら、社会的に強みになるような資格を取得しておくと、今の会社を退職後も躊躇なく次に進められるはずです。そのうえ、資格を保有することで面接の際担当者に「即戦力」と見なされ、以前より待遇が良くなる可能性が高くなります。

退職|転職活動をしたとしても、万事首尾よく運ぶと断言はできません。

実際に、転職活動をはじめたとしても万事うまくいくという保証はどこにもありません。どうせするなら、どっちにしても転職をしなくてはならないなら若いうちに考えておくほうが良いです。平均的に見ると、20代の若いうちは成果があがりやすいですが、残念なことに、30代後半~40代に至ってからの転職自体がたいへん難しくなります。もしもあなたが、管理職などの重要なポジションにいる場合、転職に気持ちが傾いたとしても、思いとどまることも選択肢に残しておくべきです。要するに、会社を辞めてから転職活動をスタートさせるよりも、現在の会社をやめないまま、じっくり探すほうが良いでしょう。

将来、社会的にはぐっと単純な仕事は機械化が進歩してい…

これからの社会ではより一層思考を必要としない労働は機械によってその切り替えによって人手はどうしても縮小していきます。なぜなら、思考を必要としない労働は人より機械を稼働させたほうが圧倒的に強いからです。数をカウントするとか、同一の動きを延々と反復したりすることは機械にとっては何の苦もないのです。もちろん人と違って不満を言わないし、ペースが変わらないし、インチキをすることもないし、正確な作業ですし、均一だし、付け加えて、給与が発生しないのも違いですね。このような理由から、労働力として生身の人間を使う意味がなさすぎます。ですから機械化が自然の結果といえます。

今ある自分のスキルを活用しながら転職する際は、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすいジャンルと…

自分のスキルや資格を活用しながら転職活動する場合、再就職がしやすい業界と、比較的そのスキルが不必要な、転職が難しい職種がある事を理解しておけば転職先を探すのに役立ちます。転職がむずかしくないジャンルは、慢性的に人手不足である医療や介護系の仕事が代表例といえます。医療・介護の職種ではそれぞれ看護師・介護士は「資格」が必須で、ハードルが高めなのも転職しやすさに起因しています。ただし、現在「医療・介護」の仕事をしていて、ワケあって、異業種に転職したいと思っているなら、要注意です。他の業界ではスタッフの流動性は決して高くないということを理解しておきましょう。ですので、簡単に考えない事が必要です。異業種への再就職される場合は、「医療」「介護」みたいな売り手市場とはいかないと、理解しておきましょう。

いよいよ転職を予定しているのなら、現状の業務や仕事の何が気に入らないのか…

明日からでも転職しようと考えるのなら、今の仕事や業務での不満に思う部分を洗い出しておきましょう。これは当然できていると思われますが、意外とそうでもないのです。そもそも不満な点があるから転職しようと思っているはずです。しかし「しっかりと現状の不満点を挙げる」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職選びに失敗するリスクは減らせます。そして、仕事を変えることで「どういった事がマイナスになるだろうか」を想像してみましょう。転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職したあとのモチベーションの急激な低下は高確率で防げますから、失敗しないのはできると思います。

退職|最短で転職したい場合は企業そのものというより、採用担当の面接係員との…

最短で転職したい場合は企業とのやりとりというより具体的には「担当面接官」とのやり取りが肝心です。採用担当の面接係員に良い印象を与えるために、まずは面接が始まるときに平常心で対応しましょう。例えればお見合いするかのような姿勢でいる向かうと良いと思います。とくに面接では第一にあなたの内面的な素質を評価されるので悪い評価になるような態度は注意し控えましょう。なおかつ社会人らしい整った服装で向かいましょう。ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。企業にとって採用したい人材と感じてもらえれば、良い結果で転職活動を終えることができるでしょう。

再就職での面接などの時に担当者が名刺を渡してきた場合・・

再就職の面接などにおいて名刺を渡された場合、あなたも名刺を相手側に渡すべきであるのか?ないのか?と対応の仕方に悩んだ際は、一般的には渡すことはないと思っておきましょう。面接においては仕事内ではなくて、仕事を得るための就職活動の一部です。ですからほとんどの場合は名刺を交換する時間ではないのです。それに、会社の人間として出向いているのではなく、個人の問題でこの場にいるわけです。という訳で、相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちらの方は、ただもらうだけで大丈夫で、担当者に相手の方にあげることは必ずしもないと考えられます。

転社を繰り返さないために、ひとつだけ対策が必要です。

転社を繰り返す日々を止めるためにすることは一つだけです。仕事面のスキルアップもそうですが、メンタル面を鍛えると、転職を繰り返しません。現在はインターネットもあるので、精神面を強くするための自己啓発系の情報は直ぐに拾うことができます。また、意外とも思えるでしょうが、転職とは全然違う行動でも、メンタル面を鍛えられます。その最たる例はズバリ「海外に行くこと」ですね。海外は、はじめて目にする光景もたくさんあったりと、どんな瞬間も勉強になります。なので、人間的に成長させてくれる修行とも言えます。帰国してみると、自分のこれまでの視野の狭さに驚き、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちのまま(転職のための)面接に向かえば、これまでとは比べようがないほどに自信にあふれた態度でアピールもできるはずです。でも、退職直後は精神的に弱っていることが多いので、回復したあとで行動するようにしましょう。

自分自身の大好き、を仕事にしたいと思っている人は要注意です。

趣味に通じることや好きなジャンルの仕事に就きたいという風に考えている方は注意が必要です。これは、私の体験に基づいたことなのですが、私自身、食べることが好きだったのですが、かつては、飲食店(レストラン)で勤務していたことがあります。そのお店での業務内容は、そのお店で任されていた仕事内容は、簡単な盛り付け作業やホール業務です。この業務内容については、不満もありませんでしたし楽しんで働いていました。ですが、人間関係ですごく嫌になってしまいました。そのことが引き金となって職場を離れたのですが、そのせいで、大好きだった食べることやそのレストランでメニューとして提供していた食べ物も嫌になってしまい、同ジャンルの店には今も行けていません。当時の匂いを思い出すだけで気分が悪くなります。この仕事を始めた頃は、好きだったことをキライになるなんて自分でもビックリです。得意なことや好きなことを仕事にしたいと夢をみるのはステキだと思います。ですが、あなたの「好き」はどのくらい本気なものなのか、冷静に尋ねる必要がありそうです。

退職|政治によって状況が変化しつつある転職事情ですが、内閣総理大臣である安倍総理が主導する現政権によって…

転職を取り囲む状況は、政治により状況が変わりつつあります。安倍総理が主導する現内閣によって、アベノミクスや三本の矢で新たに多くの経済政策が盛り込まれています。内閣が打ち出した経済政策が金融政策との相乗効果によって、財界・企業ともに新しい社会的な変化が顕在化しつつあります。その作用もあって企業のあいだでも今度は若い世代の減少と現役世代の大量退職による「人員不足」が社会問題化しつつあります。ここ何年かの間で外国人の労働者を今以上に高めていく前提と現内閣は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、雇用や転職問題もかなり幅が広がりそうです。こうした政治の流れによって、国内の雇用や転職をとりまく事情も大きな影響が出てくるのは間違いありません。

退職|以前はかなりいくつかの人材紹介会社に登録していたことがあります。

かつていくつかの人材紹介会社に登録していたことがあります。その時に感じたこと、それは転職のアドバイザーのレベルも本当に多様でその多くはいまいちな人ばかり。私にとってはとても重要なことことだからもっと心して向かい合ってほしいという気持ちがこみあげてきてしまいました。その事がきっかけとなって自分がキャリアカウンセラーになろうと思ったのです。資格取得のためには費用も掛かりました。また、勉強の面においても大変でしたが、求職中の方からあなたがアドバイザーでよかったと言ってもらえる人間になるべく努力しています。

退職|転職活動を行う上での最後の難関として、現在勤めている会社の退職があげられます。

転職活動をする際の最後の問題として、今勤めている会社の退職があげられます。転職がうまくいったとしても、今いる会社があなたを手放したくないとして慰留するというのもよくあることです。そのようなケースでは、困難に負けずに退職する、という強い意思を保つことが重要です。もしも会社に残るように説得されて、一時的にとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社は、結局は辞めることになるでしょう。会社の規定を良く調べ、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届を作成しておきます。それから、決定権を持つ上司と談判し、退職を考え直す可能性はありませんと、毅然とした態度で相手に伝えましょう。「円満退社」でこれまでのキャリアに別れを告げるのも転職活動で大切なポイントとなります。

退職|転職のための企業の面接に関して、してはいけないのは良い印象を与えたいと必要以・・

転職の際に欠かせない会社の面接に関して、やめておいたほうがよいのはあからさまな猫かぶりをすることです。すると正直なところ逆効果になる可能性があります。ですから、猫をかぶるよりも面接時は、「給与」などの、通常であればかなり質問しづらい内容を勇気を持って率直に聞いておくと絶対に自身のためになります。信じがたいかもしれませんが、「入社前の段階で質問をすると、最終的に採用されないのではないか」と不安がるかもしれません。ですが、意外と良い結果をもたらす可能性が高いといいます。このようなお金や労働環境に対する内容は、多くの人が知りたい内容なはずです。それなのに、面接で緊張していると、モジモジして質問できません。しかし、逆手に取って、「言うことはちゃんと言える人だな」ということで面接担当者へのアピールとなるのです。