就職活動において、年収は非常に大切なポイントです。

就職活動において、年収は非常に大事なポイントです。

  • 転職活動で話題にあがるのが「年収」です。面接時には、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき現実の年収を上回る額をもらっていると偽り、転職先で高額の年収を得ようと試みても、無駄でしょう。なぜなら、最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、たとえ一時的に信じ込ませたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、結果的にウソがバレてしまうのです。トラブルの原因になることもあるため、現在の年収を正直に伝え、それに見合う希望年収額を設定しておくのが無難です。例をあげると、年収400万の人が転職後に500万円となる可能性は極めて小さいです。たとえば、現在の年収が430万円であれば、希望額は400~450万円と伝えておくのが良いです。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなり、せっかく入社したのに直後に退職しなくてはいけなくなるおそれもあるので、注意しましょう。
  • 退職|今ではスマホで調べればインターネットで見られる世界に…

  • 世の中は変化していてパソコンやスマホで調べればネットで見られる世界では「転職に役に立つサイト」と呼ばれるものが無数に点在しています。サイトから自分自身にピッタリの転職先というのを見つけるにはとりあえず情報収集から始めましょう。このような「転職サイト」をしっかり活用することで、効率的に転職が実現します。転職情報が満載で、転職希望者にとって役立つ情報満載の「転職サイト」もありますが、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、注意が必要です。使い慣れないうちは、実際に信用していいサイトであるかを見極めることが大事ですから他と比べつつ、チェックしてみましょう。
  • 就労中には、できれば周りの人間に気づかれないように…

  • 就労期間中なら、できるだけ社内の人間にバレないように(私のときは)前職中に「転社するかも」という意思表示だけを早いタイミングで同僚に知らせたことがあります。が、その後求人サイトを散々探してみたのですが、悲しいことに働き先のあてもタイミングさえも何も決まらないまま、時間を空費する結果に。挙句の果てにはその一方、会社の側は、業務の引き継ぎ予定や手続き、自身の退職の日程などが確定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、転職先を見付ける」という、お粗末な展開を迎えました。結局、理想とする結果が実らず、失職期間を経たのち、次の就職先を再度探しました。
  • 退職|もしも転職を視野に入れているなら、前もって「資格」を取っておくと選択肢が増えます。

  • もしも転職を予定しているのなら、資格を取得しておくことをお勧めします。また、転職活動を始める前の段階で、資格を取っておけば、転職時でそれを生かせるので、仕事を見つけやすくなります。ですから、在職期間中が資格取得においての一番良い時期なのです。あなたが再就職を考えているなら、このあと役立つ可能性の高い資格を持っておくと、退職後も悔やむことなく前に進めるはずです。それに、資格を取ることができれば、転職先での面接時に面接官に「即戦力」な人材として認められ、これまでの職場より待遇アップも期待できるでしょう。
  • 退職|仮に再就職するにも全部が首尾よく運ぶとは限りませ・・

  • 仮に再就職を考えたとしても、すべての人が満足いく成果をあげられると断言はできません。遅かれ早かれ転職をしなくてはならないならいずれにしても転職をしなくてはならないならあなたの年齢が若いうちにできるだけ早く行動したほうが良いです。平均として見た場合、30代前半までは良い結果が出やすいですが、残念なことに、30代後半~40代を迎えると転職というのはたいへん厳しいものと考えておくべきです。もしもあなたが、重要な役職を担当している場合、転職に気持ちが傾いたとしても、現在の会社に居残ることも結論として選ぶ答えの中に残しておくべきです。要するに、退社してから転職活動を開始するよりも、今の会社を辞めないままの方向で慎重に探す方が堅実です。
  • 退職|私たちの労働環境は、将来的にぐんぐんと思考を必要としない仕事…

  • 将来的に、社会ではみるみるうちに単純労働は機械によって明らかにそういう仕事をする人員は少なからず縮小していきます。なぜなら、思考を必要としない労働という観点ではヒトよりも機械で作業するほうが圧倒的に強いからです。例えば、数をカウントしたり、同じ動きを延々とリピートしたりすることは機械には何の苦もないのです。人と違って愚痴は言わないし、疲れることがありません。また、横着をすることもないし、正確にこなしてくれますし、均一化できるのも魅力です。また、給与も発生しないのです。こういったことから、生身の人間を使う意味がなさすぎます。ですから機械に移行していくのも自然の結果といえます。
  • 自分のスキルや資格を有効活用しつつ、転職をしようと考えているのな・・

  • 自分のスキルを武器に就職活動をするつもりなら、比較的、転職がしやすいジャンルと転職が難しい業界がある事を知っておくことは大切です。すんなりと転職がかなう業種としては、人手不足が問題視されている「医療・介護」系がおなじみですね。医療・介護は、看護師や介護士の「資格」が必須であるため、ハードルが高めの業種ともいえます。ですが、現在「医療・介護」の仕事をしていて仕事のきつさから、他の業界に再就職しようと思う場合は、簡単に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」以外のほとんどの業界は、人材の流動性は現業界よりも少なく、したがって、容易に考えない事が必要です。異業種への再就職される場合は、異業種では「医療」「介護」みたいな売り手市場とはいかないと、覚悟しておいたほうがよさそうです。
  • 来週からでも転職を希望しているのなら、今いる業務や業…

  • これから転職活動を予定しているのなら、直近の仕事や業務での不満に思う部分を明確化する事が必要です。当然と思われますが、意外とできてないです。もともと不満なことにガマンできないから転職したい、と考えるのは分かります。でも「職場・業務の不満点を明確化する」ことを大半の人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職選びでのミスを防げます。そのあと、転職を叶えたとしたら、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」をしっかり想像してみましょう。職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。しかし、メリット・デメリットの両方をあらかじめ理解しておけば、転職してからのモチベーションの低下は防ぐ事が可能です。
  • スムーズに転職したい時は、希望する企業そのもの、というより・・

  • 転職活動では、希望する企業相手というよりも具体的には「担当面接官」との勝負といえます。希望する企業の面接で良い印象を与えるために、先ずは面接が始まるときに焦る気持ちを隠し、平常心でいるように心がけましょう。たとえば出来ればお見合いのような気分でいる望むと問題はありません。更に大事なことは面接では第一歩としてあなた自身の人間性や人柄をくまなく見られるのでマイナスな印象につながる身なりは気をつけてぜったいに控えましょう。なおかつ良識ある社会人らしさが伝わるように、面接に適した整った服装で望みましょう。あなたらしさを表現できるといいでしょう。企業にとって採用したい人材と感じてもらえれば、かならず良い結果で転職活動を終えることができるでしょう。
  • 再就職の面接などにおいて名刺を手渡してきた場合、あなたも名刺を相手側・・

  • 再就職での面接などの時に名刺を手渡されたら、あなたも名刺を相手側に渡すべきか?渡さないべきか?と悩んだ場合は、大方は差し出さないもの、と頭に入れておきましょう。面接というのは仕事内のことではなくて、採用活動の一部なので、普通一般的には名刺を交換する時間ではありません。また、あなたは立場上会社の人としてその場にいるのではなく、個人の問題でそこにいるわけです。という訳で、相手の方から名刺を渡された時でも、こちらにおいてはもらうだけで大丈夫で、相手に渡す義務はないと言えます。
  • 退職|退職と転職を度々しないためにすることはただ一つです。

  • 転社を度々しないための対策は、とてもシンプルです。スキルアップもそうですが、精神的なスキルを磨くとそう簡単に転職を繰り返さなくなります。今ではインターネットを用いてメンタル面を鍛えるための自己啓発系の情報は誰でもカンタンに拾えます。加えて、転職とは全然違う行動によっても、精神面を鍛えることが可能です。何かと言うとズバリ「海外に行くこと」です。海外に旅行に行くと文化も言語も、日本とは大きく違うため、とにかく刺激が山ほどあるのです。ですから、帰って来てから変化があるのです。帰国すると、自分が小さな世界しか見ていないことに気づかされ、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと感じることができます。この状態で(転職のための)面接に行けば、これまでの面接とは違って自信に溢れた態度で相手にアピールできるはずです。しかし、退職後しばらくは精神的に弱くなりがちなので、これからのために休暇も必要です。
  • 好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている方は要注意です。

  • 趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいという風に考えている方は注意が必要です。これは、私の体験に基づいたことなのですが、私自身、もともと食べることが好きで前に、料理店で勤務していました。そのレストランでの仕事内容は、その飲食店で私が任されていた業務は、シンプルな盛り付け作業やホール業務です。この仕事内容に関しては、不満もなく楽しんで働いていました。しかし、人間関係にすごく悩まされました。そのことが原因で、仕事をやめましたが、それと同時に、好きだった食べることやその飲食店で扱っていた食べ物も嫌になり、その系列の飲食店はしばらく経った現在も行くことができません。店のにおいを思い出すのも嫌です・・・。この仕事に就いた当初、大好きだったことをキライになるなんて自分でもビックリです。得意なことや大好きな分野の仕事に就きたいと夢見て、実現できるのは素敵なことだとは思います。ですが、「好き」は、どのくらいすごいのか、冷静に自分自身に尋ねる必要がありそうです。
  • 退職|社会的な転職事情ですが、安倍総理が舵取りを行う現内閣で・・

  • 最近の転職事情では、政治による影響が出始めています。現在の安倍内閣によって、「アベノミクス」「三本の矢」など、新たに多くの経済政策が盛り込まれています。経済政策に連れ立って金融政策とも、たがいに作用しあって財界・企業ともに今までとは異なった変化が増加傾向にあります。その変化を受け、企業のあいだでも今度は若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人員不足」が深刻化しています。将来的に「外国人の労働者」の数を高めていくと現政権は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、日本国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こうした政治の流れによって、日本国内の雇用や転職といった状況にも、大きな影響が出てくるのは間違いないでしょう。
  • かつてはいくつかの人材紹介会社に登録していのだが、その時に特に感じたのは…

  • 勤め口を探していたころかなり複数の人材紹介会社に登録していました。その時に特に感じたのは転職のアドバイザーのレベルも驚くほど様々あってそのほとんどはいまいちだと感じる人でした。私にとっては人生かかっているのにもっと心して向き合ってほしいという落胆した気持ちが積もり積もってしまいました。それがきっかけとなってキャリアカウンセラーの道に進むことになりました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格の取得はコストも必要でしたし勉強においてもハードなわけですが、就職活動の際にアドバイザーがあなたで良かったと言ってもらえるように努力しています。
  • 転職活動の最後の難関として、「現在勤めている企業をいかにして辞めるか」ということがあげられます。

  • 転職活動を行う際の最後の問題として、今の会社の退職があります。転職先の会社が採用の内定を出したとしても、現在勤務している会社があなたを手放したくないとして慰留するというのも起こりがちなことです。もしそうなってしまったら、何としても退職する、という強い気持ちをもつことが求められます。もしも会社に残るように説得されて、残ったとしても一度辞めたいと考えた会社は結局、辞めることとなります。退職を成功させるには、まずは会社の規定に目を通し、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届を作成しておきましょう。そして、決定権を持つ上司と直接話し、退職を撤回する考えはありませんと、はっきり伝えます。円満退社になるよう心掛けるのも転職活動の重要なポイントです。
  • 転職のための企業での採用面接での多数のひとが思い違いをしているので…

  • 転職の際に欠かせない会社の面接に関して、多数の人が考え違いをしているのですが露骨なまでの猫かぶりしていると、はっきり言って不採用となる可能性が高いです。そんな事態を避けるためには猫をかぶるよりも面接の際は「休暇」といったような、通常ならかなり質問しにくい内容を勇気を持って率直に聞いておくと結果的に自身のためになります。意外に思うかもしれませんが、「そんな無遠慮な質問をすることで最終選考に悪い結果になるのではないか」と気になるかもしれません。ところが、かえって良い結果になることは結果的には少なくないようです。このような労働環境やお金に関する内容は、実のところ、多くの人が知りたい内容なはずです。それなのに、多数の人が気を遣い大半の人が質問を躊躇しています。しかし、一歩踏み込む勇気があれば「正直な人だな」と面接官に印象づけられるのです。