就職活動において、年収は非常に大切な要素です。

転職活動で話題にあがるのが「年収」です。

就職活動において、年収は極めて大切なポイントです。面接の時、大半の会社で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。年収を実際もらっている額よりも大きく申告し、転職先の年収アップを狙うのはハッキリ言ってムダな努力です。なぜなら、「源泉徴収票」が必要なため、一時的に信じてもらえたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、必ず虚偽の申告をしたことがバレていまいます。最悪、転職先とのトラブルにもなりかねないので、現在の会社での年収をハッキリと伝え、それに見合った希望年収額を設定するのが正解です。例をあげれば、現在の年収が300万円の方が急に年収500万になるようなことはほとんど場合ありえません。たとえば、現在が430万円の年収であれば、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくのが良いです。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に採用されたとしても、そのまますぐに退職しなくてはいけなくなるかもしれません。

退職|世の中は変化していてネットで見られる世界には「転職に役に立つサイト」と呼ばれるもの・・

世の中は変わっていてパソコンやスマホを見ればインターネットのエリアには、いわゆる「転職に役に立つサイト」と呼ばれるものが無数に存在します。その相当な数のサイトから自分自身に合った転職先というのを見つけたいなら、なんといっても情報が大事ですから収集をしましょう。サイトをしっかり使うことで、満足度の高い転職先探しが可能です。最新情報が満載で、頻繁に情報更新され、客観的なデータも掲載される「転職サイト」もありますが、優良とは程遠い、粗悪な情報しか掲載していないサイトもあるので、注意が必要です。利用して間もない頃は、本当に信用していいサイトかどうかを見極めることが大事ですからよそと比較しながらチェックしてみましょう。

退職|就労中には、可能ならば、周りの人間にバレないよう(私のときは…

雇用期間中は、出来るだけ周りの人に悟られないよう、(私の場合)就労期間中に転職する意図のみをはじめのうちに社内の人間に知らせたことがありました。けど、その後求人誌を散々探してみたものの、結局は働き先のあてもタイミングすら何一つ煮詰まっていないままダラダラ時間だけが過ぎてしまいました。そしてその一方、会社の方も仕事の引き継ぎや手続き、自らの退職日などが続々と確定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で転職先を探していく」という、お粗末な状況で会社を去ることになりました。そして、予定は思うようにはいかず、失業期間を経験し、次の就職先を探す流れになりました。

退職|もしあなたが転職を予定しているのなら、あらかじめ「資格」を取得しておくと有利になります。

もしも転職を視野に入れているなら、事前に考えておいて損をしないのが資格の取得です。とくに、現在の仕事をしているあいだに資格を取ると転職活動の際にそれを有効活用できるので、転職先を探すのが楽になります。そんなわけで、資格取得は、在職中であり、かつ転職活動前の段階がベストタイミングになります。もしもあなたが未来を考え、社会的に強みになるような資格を取得しておくと、会社を辞めた後も後悔することなく前に進めるはずです。そして、資格を手に入れることで転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、転職先の面接の際、担当者に戦力として使えるとみなされ、それまでの職場より待遇が良くなる可能性が高くなります。

仮に再就職を目指そうとしても、あらゆることが都合よく運…

転職を考える場合、万事うまくいくという確証はありません。それはいずれにしても転職をしなくてはならないなら歳の若いうちに行動に移すべきでしょう。平均的に見ると、20代の若いうちはかなり有利に働きますが、残念なことに、30代後半~40代を迎えてしまうと転職というのはとても厳しいものと考えておくべきです。もしもあなたが、役職をすでに担当しているのなら、転職する意思が芽生えたとしても、今の会社に籍を置くことも結論として選ぶ答えの中に入れておくべきです。ようするに、会社を辞めてから転職活動をスタートさせるよりも、今の会社での業務をこなしつつ、時間をかけて注意深く行動したほうが良いということです。

退職|将来的に、社会ではより一層単純労働は機械で済まされるようになり…

私たちの社会的環境において、将来、ぐんぐんと簡単な仕事は機械に変換されてその変化によってそういう仕事をする稼働人口はどうしても減っていきます。なぜかというとシンプルな作業は人間より機械でやったほうが圧倒的に強いからです。例えば、数をカウントしたり、同じ手順を延々とリピートしたりすることは機械なら何の苦もありません。当たり前のことながら人間とは違って泣き言は言わないし、ペースが変わらないし、適当にすることもないし、早いし均一だし、そして、賃金も発生しないのです。というわけで、労働力として人間を使う意味が到底無いため、機械にシフトされるもの自然の流れなのです。

今の自分のスキルや資格を武器に転職活動したいと思っているなら…

今の自分のスキルや資格を有効活用しつつ、就職活動を考える場合に、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい業界とそのスキルが不必要な、転職が難しいジャンルがある事を理解しておけば転職先を探すのに役立ちます。再就職しやすい業界は、人材不足が社会問題にまでなっている「医療・介護」がおなじみですね。医療や介護の業種では看護師および介護士の「資格」が必要で、ハードルが高く、資格保有者に有利な業種といえます。今、看護師や介護士として活躍している人が、様々な事情により、異業種に再就職する事を考える場合、すこし踏みとどまった方が良いです。「医療」「介護」以外の流動性は決して高くないということを理解しておきましょう。そのため、簡単に考えないことが重要です。異業種への転職される場合は、異業種では「医療」「介護」ほど売り手市場とはいかないので理解しておきましょう。

退職|来週からでも転職を予定しているのなら、現状の職場での納得いかない部分、不満に思う部…

転職をするに当たっては、今の業務での納得いかない部分、不満に思う部分を洗い出しておきましょう。不平にガマンできないから転職したい、と考えるのは分かります。が、「しっかりと今の業務や仕事の満足できないことを挙げる」ことを大半の人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が悪化する事を許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びでのミスを防げます。そのあと、転職を叶えたあと、「今よりも不便になること」を明確化してみましょう。転職したとしても、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。しかし、メリット・デメリットの両方をあらかじめ理解しておけば、転職の失敗は防ぎやすく、成功することが容易になるはずです。

退職|転職活動は、企業そのものというより、どちらかというと「担当面接官」と・・

転職活動で重要なことは希望する企業相手というよりもどちらかというと「担当面接官」とのやり取りが大事といえます。しっかり採用してもらうために、第一歩として肩の力を抜いて冷静に対応することを心がけましょう。例えれば素敵な女性とのお見合いのようなつもりでいる望むのも大事でしょう。面接係員はまず最初にあなたの中身を観てもらうわけですから、マイナス評価となるような見た目や言動は注意し控えましょう。良識ある社会人らしさが伝わるように、身だしなみや服装を整えながら、オーラを感じさせることができればいいです。魅力ある人として面接官に認めてもらえれば、転職活動はかなり楽になります。

退職|再就職の面接などにおいて担当者が名刺を差し出してきた・・

再就職の面接などの場面で面接担当者が名刺を渡してきた時、あなたも同じように相手の方に名刺を渡す必要があるのか?ないのか?と対応の仕方に迷ったら、一般的には差し出さなくても良いと頭に入れておきましょう。転職のための面接というのは仕事ではなく、職に就くための採用活動の一部です。ですから大体は名刺を交換する場とは異なります。そのうえ、あなたは立場上会社の人として出向いているのではなく、あなたの問題でそこにいるわけです。したがって、もし相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちら側は名刺を受け取るだけでよくて、相手側に渡すことは少しもないと言えます。

退職|退職と転職を繰り返す日々を止めるための対策は至ってシンプルです。

転職を繰り返す日々を止めるために、ひとつだけ対策が必要です。スキルアップもそうですが、精神的なスキルを磨くと転職を繰り返しません。インターネットでなんでも見られる現在では精神面を鍛えるための自己啓発系の情報はとてもたくさんあります。さらには、転職とは無関係な「とある行動」によってもメンタル面を強くすることが可能です。それは、外国に行くことです。海外に旅行に行くと文化も言語も、日本とは大きく違うため、大きな刺激を得られます。なので、人間的に成長させてくれる修行とも言えます。帰国すると、「自分の視野の狭さ」に気づき、「世間の小ささ」というものをしみじみと感じることができます。この状態のまま、面接に臨めば、これまでの面接とは比べ物にならないほどに自信に溢れた態度で相手にアピールできるはずです。ですが、退職間もないあいだは、精神面がもろくなっている人も多いのでしっかり休みましょう。

退職|自分自身の大好きなジャンルの仕事に就きたいという風に考えている方は注意です。

好き、を仕事にしたいという風に考えている方は気をつけた方が良いです。これは、私の実体験なのですが、私は、もともと食べることが趣味でそれが高じて、かつては、飲食の世界(レストラン)で働いていた時期があります。そのレストランでの業務は、その飲食店で担当していた業務内容は、シンプルな盛り付けやホール業務です。この仕事内容については、嫌とかいったこともなく楽しんで働いていたのですが、人間関係のいざこざにとても疲れてしまいました。そのことが原因で、職場を離れることにしたのですが、そのせいで、好きだった食べること、そしてその店でメニューとして扱っていた食べ物も苦手になってしまい、似たような飲食店は現在も行けません。当時の匂いを思い出すだけで辛くなります。この仕事を始めた当初、大好きだったものをキライになるなんて今でも信じられません。大好きなことを仕事にしたいと夢見て、実現させることは本当に素敵なことですが、ですが、「好き」の度合いはどの程度のものか、じっくり冷静に自分に問いただした上で行動するべきです。

政治により変化の出始めている転職を取り囲む状況について・・

政治によって変化の兆しが出始めている転職事情ですが、今の安倍政権によって、アベノミクスや三本の矢で多くの経済政策が盛り込まれています。内閣が打ち出した経済政策ともに日銀による「金融政策」との相乗効果によって、財界・民間企業ともに新たな変化が増加しつつあります。それもあって企業の側でも今度は若い世代の減少と現役世代の大量退職による「人材不足」が深刻化しています。ちなみに外国人の労働者も現状以上に高めていくつもりでいると現内閣は語っています。外国人労働者が増えることによって、国内の雇用や転職問題も大きく幅が広がりそうです。こうした社会的変化のなかで日本国内の雇用や転職をとりまく事情も変化していくのは間違いありません。

自分が勤め口を探していたころ何個かの人材紹介会社に登録していたのですが…

自分が求職中のころかなり多くの人材紹介会社に登録していたのですが、その時に感じたこと、それは転職アドバイザーのレベルに関しても本当に色々で大体の場合、いまいちだと感じる人ばかりでした。こちらは人生がの大事な事なのにもっと真摯に臨んでほしいという感情がこみあげていてそれがきっかけとなり自分自身がキャリアカウンセラーの道に進むことになりました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格を取得するのにお金もかかったし勉強面もかなり大変ではありますが、仕事を探している人から信用されるキャリアカウンセラーになるために努力しています。

退職|転職活動を行う際の最後に残る難関として、「今勤めている会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。

転職活動をする上での最後に残る難関として、今勤めている企業からの退職があります。転職先の企業から採用の内定をゲットしたとしても、現在勤務中の会社が退職を引き留めることは多々あります。そういったケースでは、絶対に退職する、という強固な気持ちをもつことが大切でしょう。引き留められ、一時的に残ったとしても、一度辞めたいと考えた会社は結局、辞めることとなります。会社の規定を良く調べ、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届を作成しておきましょう。そして、決定権のある上司と直接、話す機会を設け、「退職にあたって、いかなる交渉も受け付けません」と遠慮せずに伝えます。「円満退社」で今の職場とお別れすることも転職活動において必要不可欠です。

転職を成功させるための面接でやめておいたほうがよいのは…

転職の際に外せない面接でよく思い違いがあるのですが採用をされたいあまり度を超えた猫をかぶることは残念ながら良い結果にはならないことがあります。そうならないために猫をかぶるよりも面接時は、「産休」などの、通常は触れにくい内容を勇気を持って質問しておいた方が、最終的に確実に自身のためになります。意外に思うかもしれませんが、「入社前の段階でそのような質問をすることで面接で落とされてしまうのでは?」と懸念する人もいるかもしれませんが、けれど、意外なことに、好印象を持ってもらえることは結果的には可能性が高いのです。これらの「お金」や「労働環境」に関連する疑問は、多くの人が気になっています。それなのに、面接の場ではなかなか聞けないものです。しかしながら、一歩踏み出しておくと、「言うことはちゃんと言える人だな」ということで面接担当者へのアピールとなるのです。