就職活動は、年収抜きに考えることはできません。

退職|就職活動において、年収はかなり重要なポイントです。

  • 就職活動において、必ず問題になるのが年収です。面接の際、大半の会社で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。ここで実際の年収より多く言って、転職先で高額の年収を得ようとしても、無駄でしょう。というのは、「源泉徴収票」が必要となり、一度は騙せたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、必ず虚偽の申告をしたことがバレていまいます。ヘタをすると、トラブルに発展する事態にもなりかねないので、現在の年収を水増しせずに伝え、それに釣り合う希望年収額を設定しておくのが無難です。ちなみに、今の年収が300万円の方が転職後にいきなり500万円になる可能性はほとんどありえません。もし、年収が400万なのであれば、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくのが間違いがありません。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に転職先に合格をもらったとしても、その後、退職しなくてはいけなくなることを招きかねません。

  • 近頃スマートフォンを使えばインターネットのエリアに…

  • どうもスマホを使えばわかるけどネットのエリアには、今では「転職に関するサイト」に類するものが多数点在しています。その多くのサイトから自分自身が求めている転職先を探すためにも、まず、情報を収集することです。こんな転職サイトをしっかり使うことで、スムーズな転職を叶えられます。最新情報が満載で、客観的なデータもしっかり掲載される優良なサイトがある一方で、情報更新が遅く、粗悪な内容ばかり掲載しているサイトもあるので、注意が必要です。使い慣れないうちは、実際に信用していいサイトであるかを見極めることが大切ですから他と比べつつ、しっかり確かめてみてください。

  • 就労中は可能であれば、社内の人間にバレないように(自身の…

  • 在職中であるのなら、可能なかぎり周囲にバレないように(私の例ですが)就労期間中に転業したいという考えのみはじめのうちに同僚に知らせたことがありました。けど、その後に求人情報を色々とみていったのですが、思いとは裏腹に転職する仕事を変えるタイミングも何も決まらないまま、いつの間にか時間を空費する結果に。会社の方も仕事の引き継ぎや手続き、自身の退職予定日などが段々と確定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で就職先を探していく」といった、本末転倒な事態になってしまいました。そして、予定は思うようにはいかず、失業期間を経験したあとで、次の就職先を探す流れになりました。

  • 退職|転職される場合は、資格を取得することでステップアップできます。

  • もし転職を予定しているのなら、「資格」を取得しておくと有利になります。とくに、職場に籍をおいているあいだに、資格取得しておけば、転職の際でそれを生かせることができるので、新しい職場も探しやすくなります。そういうわけで、在職中であり、かつ転職活動前の段階が資格取得においてのベストなタイミングです。もしもあなたが未来を見据えて、社会的に強みになるような資格を取得しておくと、今の会社を辞めたあとも前向きな姿勢で転職に挑むことができます。しかも、資格を取ってからの転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、転職先の面接の場では即戦力になる人材だと印象付けることができ、それまでの職場より待遇が良くなる可能性が高くなります。

  • 実際に、転職活動をはじめたとしても何もかもが順調に運…

  • 仮に転職するにも理想通りの成果があがると言い切ることはできません。もしも転職するのなら、いつか、しようと思っているなら歳がいかないうちにできるだけ早く転職を試みるべきでしょう。平均としてみると、30代前半までは良い成果があがりやすいですが、残念なことに、30代後半~40代となったあとでの転職自体が相当に厳しいといえます。管理職などの重要なポジションに就いているのなら、転職に気持ちが傾いたとしても、会社に残ることも選択項目に含めておくべきです。退職してから転職活動するよりも、今の会社に残った状態で、じっくり探すほうが良いということです。

  • 退職|私たちの労働環境は、この先、段々とシンプルな作業は機械化が発展してい・・

  • 私たちの社会的環境において、今後ぐっと簡単な労働は機械に変換されて当然のことながら必要な人員はどう考えても減少していきます。というのも、考えなくてもできる仕事は機械を稼働させたほうが数段に利便性にすぐれているからです。数を数えたり同じ動きをずっと繰り返したりすることは機械なら何も不自由もありません。人間とは違って泣き言を言わず、疲れないし、誤魔化すこともないし、正確な作業ですし、均一化できるのも魅力です。また、人と違って給料を渡す必要もありません。こういったことから、労働力として人間を使う意味がまったく無いことが明白で、機械に移行していくのも自然の流れなのです。

  • 自身のスキルを活用しながら再就職をするつもりなら、そのスキルがプラスになる転職しやすい業種と…

  • 今の自分のスキルを活用しながら転職をしようと考えているのなら、比較的、転職しやすい業界と難しいものを理解しておけば転職先を探すのに役立ちます。再就職しやすい業界は、たえず人手不足になっている「医療・介護」の分野が代表でしょう。それぞれ看護師・介護士の「資格」が必須なため、ハードルが高く、資格保有者に有利な業種といえます。現在、看護師や介護士として勤務している人が、何かしらの事情によって異業種に転職する事を考える場合、すぐに動いてしまうのは危険です。「医療」「介護」以外の働き手の流動性は決して高くはないのです。なので、簡単に考えない事が必要です。転職をされるのであれば、医療や介護系の業界のような売り手市場ではないと理解しておきましょう。

  • いよいよ転職することを予定しているのなら、今現在の職場…

  • そろそろ転職活動しようと思うのなら、今いる職場での納得いかない部分を洗い出しておきましょう。当然できていると思うと、意外とそうでないのです。もともと気に入らない点が限界に達しているから転職しようと思っているはずです。でも「現状の職場・業務の客観的に考えた不満なことを書き出す」ことを多くの人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職選びでの失敗は大きく減らせます。そして、仕事を変えることで「今よりも不便になること」を想像してみましょう。転職できたとしても、現状の問題が全て改善するとは限りません。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職後の急激なモチベーションの低下は防ぐ事が可能なはずです。

  • 退職|転職活動は、希望している企業そのものより、どちらかと言えば面接係員・・

  • 転職活動は、企業とのやりとりよりも採用担当の面接係員とのやり取りが肝心といえます。しっかりと採用してもらうために、第一歩として面接が始まる前に焦る気持ちを抑え、平常心を意識しましょう。例を挙げると女性とお見合いをする心構えで向かうと問題はありません。また面接を介して最も初めにあなたの内面的な素質をチェックしてもらうので悪い評価になるような身なりは注意しやめましょう。なおかつ常識的な社会人らしく転職活動にピッタリな服装(T・P・O)を意識してみてください。あなたの個性を表現できるといいでしょう。企業にとって魅力的な人材と感じてもらえれば、きっと転職活動はかなり楽になります。

  • 退職|転職の面接などにおいてもし面接担当者に名刺を差し出された場・・

  • 転職の時の面接などの際に担当者が名刺を渡してきた時、あなたも同じように相手の方に名刺を差し出す方が良いのか?差し出さなくてよいのか?と対応の仕方に迷った場合は、大方は渡す必要のないもの、と理解しておいてください。面接というのは仕事ではなく、仕事を得るための就職活動の一環なわけですから、大体の場合は名刺をやりとりする時間ではありません。かつ、あなたは立場上会社の人間としてではなく、個人的な問題でこの場にいるわけです。という事で、もしも相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちらに関しては名刺をもらうだけで大丈夫で、担当者に相手に渡す責任は必ずしもないと言えるのです。

  • 退職|転社を度々しないためには、コツが要ります。

  • 退職と転職を繰り返す日々を止めるための術が一つだけあります。仕事面のスキルアップもそうですが、精神的なスキルを磨くと転職を繰り返さなくなります。今ではインターネットを用いてメンタル面を鍛えるコツはカンタンに知ることができます。さらには、転職とは無関係な「とある行動」によってもメンタル面を強くすることができます。オススメは、ズバリ「外国に行くこと」です。海外に行くと、日本とは異なった様々な文化があり、刺激が山ほどあります。ですから、人間的に成長させてくれる修行とも言えます。日本に帰ってくると、「自分の見せている世界はこんなに小さいのか」と気づき、「世間の小ささ」というものを実感することができます。この状態のまま、面接に臨めば、これまでの面接とは違って自信にあふれた態度でアピールもできるはずです。しかし、退職直後は精神的に弱っていることが多いので、その後のために休業期間も必要です。

  • 得意なことや好きな分野の仕事に就きたいという風に思っている人は注意が必要です。

  • 自分の好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている人は注意した方が良いです。これは、私の経験に基づいたことなのですが、私自身、食べることが大好きで過去には、飲食業界(レストラン)に勤めていたことがあります。そのレストランでの業務は、そのレストランで私が担当していた業務内容は、簡単な盛り付け作業やホール業務でした。この業務内容に関しては、嫌なこともありませんでしたし楽しんで仕事ができていました。ですが、人間関係のいざこざですごく嫌になりました。そのことが引き金になり、職場を去ることになったのですが、そのせいで、食べることやそのレストランで提供していた食べ物も苦手になり、似たような店には現在も行けません。当時の店の匂いを思い出すだけで自己嫌悪になります。この仕事に就いたばかりの頃は、大好きだったものをキライになるなんて今でも信じられません。好きなことを仕事にしたいと思い、実現させることは本当に素敵だとは思います。しかし、「好き」のレベルはどの程度のものなのか、真剣に向き合ってから行動するべきです。

  • 退職|政治によって状況が変化しつつある転職事情ですが、安倍総理が舵取りを行う現内閣で…

  • 昨今の転職事情は、政治によって左右されつつあります。内閣総理大臣である安倍総理が舵取りを行う現政権下では、「アベノミクス」「三本の矢」といった形で経済政策が複数、展開されています。経済政策ともに日銀による「金融政策」と、たがいに作用しあって、財界や企業間においても今までとは違う変化が顕在化しつつあります。その余波を受け、一般の企業では今度は若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる「働き手が足りないこと」がかなり深刻な社会問題となっています。将来的に外国人の労働者も増やして人材確保に務めていくであると現政権は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、日本国内の転職問題も幅が広がりそうです。こうした変化によって日本国内の雇用や転職状況にも、大きく変わっていくはずです。

  • 自らが転職を考えていた時期にかなりいくつかの人材紹介会社に登録していたのです…

  • 私が勤め口を探していたころ何社かの人材紹介会社に登録していました。その際に特に思ったのは転職のアドバイザーのレベルも驚くほど多様でほぼ適当な対応をする人ばっかり。私にとっては、とても大切なことことだからもっと情熱をもってに向き合ってほしいという落胆した気持ちが積もりました。それが引き金となって自らキャリアカウンセラーを目指すことになりました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格を取得するためにはお金もかかったし資格取得のための勉強面もかなりヘビーでしたが、求職中の人にあなたがアドバイザーでよかったと言ってもらえる人になるために頑張っています。

  • 転職活動を行う際の最後の難関として、今勤めている企業からの退職があります。

  • 転職活動を行う際の最後の問題として、現在の仕事を辞めることがあげられます。転職先の会社を決めたとしても、現在、所属している会社があなたを手放したくないとして引き留めるというのもよくある話です。そのようなケースでは、何があっても退職する、という強い気持ちでいることを必要でしょう。仮に引き留められて、一時は思いとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社は、近い内に辞めることになるでしょう。会社の規定を確認し、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を用意します。そうして、決定権を持つ上司と直接、話し合い、退職を撤回する考えはありませんと、キッパリと伝えましょう。「円満退社」でこれまでのキャリアに別れを告げるのも一つの転職活動です。

  • 退職|転職時の企業での採用面接での勘違いしている人が多いのですが…

  • 転職を成功させるための面接での多数のひとが思い違いをしているのですが良い印象を与えたいと度を超えた猫かぶりは、正直に言って悪い結果につながります。そんな事態を避けるためにはその場を繕うのではなく面接時は、「残業」などの、通常であればかなり聞きづらいことも勇気を出し率直に訊いておいた方が、結果的に間違いなく自身のためにもなります。実のところ意外に思うかもしれませんが、「面接の段階でずけずけとそういった質問をすると最終選考に採用されないのではないか」と危惧する人もいるかもしれません。ところが、意外とプラスに作用することは最終的には可能性が高いといいます。こうした「お金」や「労働環境」に関連する内容は、実のところ、多くの人が知りたい内容なはずです。しかし、面接に応募した人たちの多くは、なかなか聞きづらいのも事実です。なので、逆手に取って、「こいつは他と違う」と面接担当者へのアピールとなるのです。