政治により変わりつつある転職を取り囲む状況について、…

退職|昨今の転職事情は、政治によって左右されつつあります。

  • 転職を取り囲む状況は、政治により状況が変わりつつあります。安倍総理が主導する現内閣によって、アベノミクスや三本の矢で新たな経済に関係する政策が打ち出されています。内閣が打ち出した新たな経済政策に連れ立って日銀主導の金融政策とも相まって、財界・企業間でも今までにない明るい動向が著しく現れてきています。その変化が加わり、民間企業では、労働人口減による「人員不足」が深刻な社会問題になっています。将来、「外国人労働者」の割合を現状よりも増やしていく、前提と現政権は宣言しています。日本国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こうした社会情勢の変化によって、日本国内の雇用や転職をとりまく状況も大きな影響が出てくるのは仕方のないことだといえます。

  • 退職|私が勤め口を探していたころいくつかの人材紹介会社に登録していのだ…

  • 自分が仕事を探していた時期にいくつかの人材紹介会社に登録していたのですが、その時に特に感じたのは転職のアドバイザーの質も本当に様々あって大体の場合、物足りなく感じる担当者ばかり。私にとってはとても重要なことなのにもっと誠意を込めて向かい合ってほしいという願いが募りました。それがきっかけでキャリアカウンセラーの道に進むことになりました。その資格を取るためにはコストもかかりました。それに加えて資格取得のための勉強の面もとても大変ではありますが、就活中の人に頼られる人間になるべく頑張っています。

  • 退職|転職活動における最後の難問として、現在勤めている企業からの退職があげられます。

  • 転職活動をする際の最後の問題として、現在勤務している会社の退職があります。転職先から採用の内定をゲットしても、現在勤務している会社があなたを引き留めようとするかもしれません。仮にそうなったとしても、障害を乗り越えて退職する、という強い意思を維持することが必要といえます。もしも引き留められて、一時は思いとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社は、最終的には辞めることになるでしょう。会社の規定をチェックし、退職までに必要な日数を超過する年月以降に退職日を定め、退職届を記入しておきましょう。そのあとに、決定権を持つ上司と面と向かって話し合い、退職を撤回する考えはありませんと、キッパリと伝えましょう。「円満退社」で現職を終えることも転職活動において大切なポイントになってきます。

  • 退職|転職先での面接では、多数の人が考え違いをしているのですが…

  • 転職の際に必須となる企業の面接に関して、多数の人が考え違いをしているのですが採用を勝ち取りたいあまりあからさまな猫をかぶることは残念ながら不採用に直結してしまいます。そうならないために猫をかぶるよりも面接の際は「残業」などの、普通はかなり質問しにくい内容を勇気を出し質問しておいた方が、最終的に確実に自身のためになります。実際には「そんな無神経なずけずけとそういった内容を無神経に尋ねたら、選考結果に落とされてしまうのでは?」と危惧するかもしれません。けれども良い印象を持ってもらえることは最終的にはいい場合が多いようです。これらのことは労働環境やお金に関連する疑問点は、多くの人が知りたいと思っています。けれども、多数の人が気を遣い大半の人が質問を躊躇しています。しかしながら、あえて踏み込んでおいたほうが、「言うことはちゃんと言える人だな」と思わせることができます。

  • 転職活動にあたって然るべき準備は必要不可欠です。

  • 再就職をスムーズに行いたい場合、それなりの準備は必須です。そんな中でも目に見えるファッションは誰もが気を遣う部分ではないでしょうか。でも、最近の企業面接については形式ばらない服装が良い会社もあるので、しっかりスーツを着て面接に赴く必要がない場合もあります。とくに会社の設立間もない企業などは、フレクシブルな考えをしていることが多く、私服で面接したほうが、相手先に良い印象をあたえます。そして、フランクに会話できるのも魅力のひとつです。また、私服だと面接中に、ファッションについて、話もしやすいです。ですから、うまくいけば担当の人から気に入られる期待もできます。ということで、転職活動をするつもりなら、企業の「創業年数」をチェックしてみて、(ベンチャー系企業相手の)面接時には正装はせずに私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。

  • 退職|転職活動を行う際に、とにかく今の会社を辞職した後でと考える人もいるようですが、…

  • 転職活動を行う際に、まずまず勤務先の会社の退社手続きをしてからという考え方もありますが、完全に今の仕事を辞めてから転職しようとするときにはボーナスの支給時期を事前に確認しておきましょう。社員にボーナスを出す会社はたくさんありますけど、ボーナスがあるのであれば、ボーナスが出る時期が近いときには、支給日を過ぎてから退職届を提出するというのも賢明といえます。ボーナスは少々額が大きいので、手に入れなければ損ということも考えることもできるので、退職をする際にはボーナス支給日を確実に頭に入れておく方がスマートなやり方です。

  • 退職|転職時に重要となるのが「面接」である。

  • 転職時にかなり重要視されるのがまぎれもなく「面接」である。普通の面接の際は、応募者に対して転職の経緯などいろいろと聞かれることになりますが、そして必ず、面接が終盤を迎えるあたりで次は、転職希望をする人からの疑問点などを質問できるわけです。面接担当のスタッフから「弊社について何か質問はありますか?」と聞いてくれるわけです。と聞かれたときに面接者本人が対応できず、何も聞けないこともあるかもしれません。後で後悔しないためにも、面接を受ける前に面接担当者からの質問に対する、聞きたいことを準備しておくのがベストです。すべてを把握していない職場ですし、いくつも疑問点は浮かぶはずです。ぜひ、試してみてください。

  • 退職|転職することを成功させるためには、最初に情報を収集することをしておきましょう。

  • 転職することをスムーズなものにするには、事前の情報収集が必須です。ですから今では小さな会社だって公式サイトを作っている場合が多いから、ネットの機能を利用して自分が知りたい情報をチェックしておくとそれとその会社についてわからない点等を解消しておくと転職時に助かります。さらに公式ホームページの他に、転職サイトなどを上手く利用することも対策としては有効です。また、インターネット以外の手段として、何よりその職場を自身で判断してみるのも良いと思います。

  • 古来より「石の上にも三年」というコトワザがあるのですが、…

  • 日本には「石の上にも三年」という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに終身雇用制が死語になりつつ有る昨今では「転職」を経験するのが自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。しかし、「転職」する人が増えているとはいっても、軽率に転職をしようとするのは、今後のためになりません。再就職を検討する際は、大切なのは適した時期を見計らうことです。初歩として、今現在の職場、仕事について全般的に、例えば仕事内容や待遇面について嫌な点を10個、少なくても最低5個は書き出してみてください。この作業が、転職活動がスムーズになるはずです。そして、おおまかな進路が見いだせたら、尻込みせず、今より良い仕事ができるように努力することも大切です。

  • 退職|転職をする場合必ず用意する履歴書や職務経歴書において・・

  • 転職の際に書かなければいけない履歴書や職務経歴書などにおいてですが、基本、自筆ではなく、パソコンを活用して作成するのが普通です。現代の日本では履歴書や職務経歴書は自筆で書くのが常識だと考えられていることも多いですが、それは新卒の就職活動やアルバイトの際に用意する履歴書であって、実際のところ、転職については履歴書や職務経歴書は必ずしも手書きでないといけないとは言えないのです。自筆の履歴書をベストとする会社もありますけど、そうじゃないケースがずっと増えてきますから、パソコンで作った履歴書でも大丈夫な会社は意外にも、けっこうあるのです。

  • 以前は求人情報では、募集要項の中に「性別」について・・

  • 以前は求人誌に雇用側の希望する「性別」が当たり前のように書かれていました。ところが今現在では、「男女雇用機会均等法」の影響によって、雇用において、男女差別がしてはならないルールとなり、応募条件内に「性別」を明記できなくなりました。とはいうものの、募集情報を出す企業は、性別に関係なく平等に雇用の機会を与えてくれるとは限らないのです。そんなわけで、実は男性必要とする案件に女性の採用希望者がやってきたり、女性が必要なのに男性が応募してくる、といった問題も無関係ではありません。たとえば、「女性が活躍できる職場です」とアピールする案件では、求めているのは女性だと読むのができます。

  • 退職|派遣の仕事が決まりました。勤務初日に営業担当の人と勤務先の会社の近…

  • 派遣の仕事が決定しました。仕事開始の初日に営業担当者と派遣先に近いコンビニで待ち合わせたら、営業担当者がどういうわけか約束の店の前にいないから店の中にいるのかもしれないと思いコンビニエンスストアの中に入ってみたら驚くことに雑誌売り場の前に座り込んでいやらしいグラビアのところを開いて見ていました。こんな担当の人のお仕事なんて人間としてプライドが許さないことと考えて、そこで声をかけずコンビニから出てすぐさま派遣会社に辞退すると連絡をしました。

  • 退職|20代のうちに転職を2回経験し、そして今、資格取得のため…

  • 20代の時点で転職を2回し、いまは資格取得のために派遣社員として企業で働いています。常勤の勤務とは異なるため、手取りが少なくなってしまいました。前よりも心と時間に大きな余裕が生まれ、満足しています。学生の頃に資格を取り、仕事に活かしたかったという思いもあります。きちんと資格を活かしている人を見ると私もこうなりたかったと思ってしまいます。以前まではうまくいってる人と自分と比べて、気分が落ち込むことが多かったのですが、しかし今では、結婚して随分と生活そのものが大きく変化し、以前よりもその中で仕事や将来の夢も定まったので、私も新たな目標に向かっています。

  • 退職|転職の際の面接では、規模の小さい企業クラスの場合概ね「人事」が面接担当になりますが、…

  • 転職のための採用面接では、小企業だったら概ねそこの会社の「人事」担当者が面接官ですが、別の場合もあります。実際、これから仕事をすることになる作業部署の一番偉い人、わかりやすく言うと役職クラスである部長や課長が面接をすることもあります。特に、営業系や事務系といったカテゴリでは、資格を通じた人を判断するのがむずかしいので、きちっと自身を売り込んでいくことが必要であり大事なことです。面接官から「この男は、きちんと自己主張できるし、良い戦力になりそうだ」と思わせ、印象付けることが大事になります。

  • 転職活動を今の仕事と同時に行う人が多いです。

  • 転職活動を現職と同時に行っている人は少なくありません。でも、忙しく仕事を続けつつ求人情報をチェックして応募したり、面接に臨むのは精神面だけでなく肉体面も消耗が激しいです。それを同僚や上司に隠す必要があります。とりあえず応募するという方針の人もいますが、書類選考が通ってしまい、面接が決まったあとに「辞退」したとしたら、厄介な事態となるかもしれません。エージェントをあいだに入れていた場合は、そのエージェントに対しての印象が悪くなりますし、他方直接応募していた場合も相手企業からの電話やメールでの勧誘がしつこくやってくることもあります。いずれにせよ自分の大事な時間をドブに捨てることになりかねないので、行くつもりのない企業は、最初から応募もしないのが無難です。転職活動は新卒の就活とは全く異なる、と認識しておくべきです。

  • 退職|転職先を考えるにあたって、むろんやりがいのある仕事をすることも大切だけ・・

  • 転職するならば、もちろん仕事におけるやりがいアップも重要だけどさらに収入が上がることも大事なポイントになりますから「年収サイト」というところに登録していろいろと研究をしています。全く同一の会社で加えて全く一緒の職種、経歴であるのにずいぶん人によって違いがあることも多くて、正直に言うと面接の際質問したことがあります。面接をした方も同じサイトを見たことがあるようで「ああ、高い年収で書かれているのは、書いた方も誰だろうとだいたい予測できるのですが、多分格好をつけているのでしょう。低い方だと考えておいてください」とのことでした。