新しい職を探す際、インターネットでのエージェントを使う場合もありますが、…

転職活動をするとき、ネット上で就職斡旋してくれる「エージェント…

  • 転職をする際、インターネットでのエージェントに頼る場合もあるでしょうが、もしもそのエージェントに登録してその結果新しい仕事を見つけることができたとしても、失業保険は給付されない。失業保険は、「ハローワーク」にて正しく手続きしないと失業保険をもらうことはできないので覚えておきましょう。なお、ハローワーク経由で斡旋してもらい、就職できたのなら、就職に備える準備金として、一時金が支払われます。ウェブ上で展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的の機関でありません。ただ斡旋の報酬として企業から紹介料をもらうだけで、失業保険とは無関係です。こういった点を理解していないと、失業中にお金をもらえない状況になるので、就職エージェントを利用する予定の方は注意しておきましょう。

    転職というものを考えるとき、転職後の年収ばかりに気を取られる人が…

  • 転職を考えるとき、転職先での給料ばかりに気を取られる人がとても多くの方のようです。もちろんたいていの人は仕事というのは収入を得るため、行うものです。ですから生活費を給与として稼ぐために精を出しているはずです。年収の額は自身がどれほど評価してもらえているか、という面もあるから当然大切と感じるのは無理もありません。しかし、愚かにも年収に気にかけすぎるのも悲しい気がします。年収に反映されない仕事であってもやりがいを感じられることがゼロではないからです。

    退職|女性の転職に際して、セクハラが社会的に問題になる前と今日と・・

  • 女性が再就職するに当たって、一昔前と現在とでは少なからず、違いがあるようです。一昔前は面接のなかで、結婚と出産についての考え方など、一般的なこととして女性たちに質問していました。しかし、最近では、そのようなデリケートな内容は、セクハラに該当するとして質問しない企業の方が多くなっています。そして、名の知れた大きな会社ほど、この手の質問に神経質になっています。ただし実際、面接する側としては、はい・いいえ、で返答するのではなく、その女性の生き方結婚後も働きたい、出産後は時短で働きたいなどを知っておきたいとは思っている事でしょう。自身の考えを理解しておいてもらうためにも、志望した動機や自己PRとともに表現することで、企業側のモヤモヤも解消できると思うのです。というワケで、聞かれていないことでも、こちら側から会社にとっては必要な情報と捉え、答えておくとよいでしょう。

    退職|もし再就職の前に、今の職場の同僚たちが、あなたが退職すると知ってしまう…

  • もしも再就職の前に、今の職場の同僚たちが、そのことを知ってしまうと、職場の雰囲気が一変するかもしれません。働く環境次第では、問題はないこともありますが、妬みなどから意地悪されることもあります。さらには、残業時間をわざと増やされてしまうことも考えられるので、軽々しく転職のことを周囲に言うのはあまり良いとは言えません。なので、上記のトラブルを避けるためにも、現在の職場では、いたって真面目に仕事をしておきましょう。そうすれば、良い状態をギリギリまで残したまま、仕事を辞めることが出来ます。また、何の問題もなく円満退職できれば、転職後も、あなたが困ったときにアドバイスをもらえるチャンスも手に入るはずです。業界に関係なく、どこの企業も、人とのつながりは大事なので、会社を辞める際のトラブルは、できるだけ警戒しておきたいものです。

    再就職することで仕事先を一新するということは、自分自身に合…

  • 再就職で勤め先を新しく替えるということは、自分に見合った理想に近い場所を選んだほうが良いです。勤務先を変えることによって、あなたに向いている仕事に有りつけるかもしれません。けれども、実際に行動するともなると、雇用側が必要とするスキルが必須となります。他の言い方をすると、自分の価値をあげることで、「天職」にありつく可能性がある、ということです。今は、「職業選択の自由」が社会的に普通に認められているので、職場や業種を変えたとしても偏見を持たれてしまうおそれもありません。組織と人との関係が軽薄になりつつあるこんにち「使える人材が欲しい」と感じている企業もどんどん増加していますので、このチャンスに転職を考えてみるのもアリだと思います。

    退職|今と違った職場がいいと転職活動をする人とは「1日もはや…

  • 今と違った企業につきたいと転職をしようとがんばっている人というのは、「できるだけはやく、内定(採用通知)がものにしたい」と思っているものです。でも、そういう気持ちで内定ほしさのばかりに、自身をより大きく見せたり、逆に自分を安売りするような言動はできるだけよしましょう。大事なのは焦ってしまう気持ちをこらえて、冷静かつ客観的にあなた自身の能力にあった職場探しに専念することが重要なのです。これまでの経歴を生かしつつ、加えて、今後のキャリアアップが見込める職場を賢く見極めていきましょう。

    退職|ほかの職業に転職する理由は人によって違うはずです。

  • 看護師という仕事の人のそれと違う仕事に「転職しよう」と思う理由は人それぞれです。ちょっとみると看護師の転職には「職場環境の人間関係にウンザリしている」「結婚で配偶者のこともあって出産、子育てそのうえに家族の介護など、いろいろな仕事環境の変化など、これまでと同じような働き方ができなくなった」「現在の収入に大きな不満を感じている」など多種多様の理由が考えられます。しかしながら、実際に転職される前に「どうして自分は転職をしたいと思っているのか?」と、落ちついてじっくりと客観視してみることもやっておきましょう。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」と再考したのち、決断すれば間違いが減らせます。

    人生で初めて転職をするにあたって、気を付けなければいけないの…

  • はじめて転職をする場合、なぜ現在の仕事を去らなければいけないのかを明確化しておくことだと考えられます。その理由が根本問題なので、必ずやっておきましょう。その後問題解消が見込める企業を選択しましょう。既卒者の転職活動は、大学等での就職活動とは大きく異なり、現在の仕事を続けながら就職活動を行っていくので、時間的な余裕と、気力体力が必要になります。だからこそ明確な理由がないまま転職活動を行った場合、途中で息切れしてしまうおそれがあります。「どうしても転職したい!」「現状を変えたい!」といった強い意志がないうちは、転職活動のスタートを切ることはやめておいたた方がいいでしょう

    今日では、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件に対する取り締まり強化が実施されたり・・

  • 近時は、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件違反などが厳しく取り締まられたり、社名の公表がなされるなど厳しく罰する傾向にありますが、完全には程遠いというのが現状です。実は、面接で見破ることが可能です。最初に、求人票などに記載されている労働条件を見ておき、それらを使っていろいろと質問してみることです。相手がブラック企業であれば、求人票の記載が嘘の場合、返答が曖昧になったり、その場では答えられないなど逃げようとすることがよくあります。中でも給与や残業や休日に対しては、詳しく聞いていくと、渋い表情を見せることが多くあります。それでもしつこく聞くとブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされたような態度になってくるので、そこで「この会社は信用に値しない」と確信できます。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、何か違和感を感じたら、その会社に入社すべきではありません。

    転業を検討しているのなら、労を惜しまずに様々な企業を定期的に調べておく…

  • 転業したいなら、こまめに多様な企業の情報の詳細をチェックしておくと転身した後の見る目にとても役立ちます。あなたが今現在の職場に満足していないケースでは、いざ転職活動をする際、どんな企業でもいいように映ってしまいます。そういった状況下では、どの会社を選択すべきか判断が難しくなり、選択を間違える可能性も高くなります。そうすると、ごく短期間で嫌になってしまうこともあるので、どんな会社か見極める目を養っておいたほうが良いのです。方法としては、転職したい会社の雇用に関わる情報だけ見るのではなく、転職したい会社の取引している会社も気にしておきましょう。良い会社は、取引している会社を公表していますし、反対にそういった企業ではない場合、宣伝ばかりに力を入れる傾向があるので、求人チェック時に見ておきましょう。また、会社によっては、個人グループに入っている場合もあるので、グループの名前で中身を調べておくのも良いでしょう。

    退職|昔働いていた会社でのことですが意地の悪い上司に困惑してしま…

  • 勤務していた会社で意地の悪い上司に嫌な目に合わされ、とうとう我慢できずに退職し、同じフィールドの他社に職を移しました。そこでは人間関係で悩むこともなく非常に充実した日々が続きましたが、ゆっくりと会社の業績が悪化して、とうとうある会社に経営統合されることとなりました。そしてその統合した先の会社がなんと以前勤務していた会社で、その上大嫌いだった上司がまた私の上司になることに。まったく困ったことになりましたが、どれだけ縁があるのでしょう。当たり前のことですがまた転職活動をスタートしています。

    退職|転職活動をしていると、面接のときに必ず質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動をしていれば、面接時に必ず質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。このうち志望動機に限っては、隠さずに話しても差し支えないですが、これとは異なり「転職理由」を正直に話すのはオススメできません。転職理由でよくある収入に関する不満、同僚や上司との人間関係の軋轢など、面接官に悪いイメージを与えやすいものです。自分が不利益を被ると予想できることを馬鹿正直に話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそういった点に関心を持ちやすいので、慎重に質問されることを覚悟しなければいけません。現職の不満を伝えないようにするには、現職の仕事内容は、その内容だけを話します。そしてさらに、この企業に入社してこんなことを実現したい、5年後、10年後はこんなことがしたい、「こういった私の希望が叶うのは御社だけだと思っています」、といったように話をすり替えてポジティブな印象を与えるようにしましょう。

    退職|現職からの転職の決心をしたのであれば、周囲の人にはその気持ちを言わないように・・

  • 現職からの転業の意思を固めたなら、あくまで周囲の人にはひそかにその意思を伝えずに、転職活動を進めていき、転身先が決まらないうちは、可能ならば周りの人間に悟られないよう平常通りに振舞うのがとても無難です。働いている間、その点を心にとめておけば、希望する条件に沿う転職先がうまくいかなくても、転職を見送りながら今の仕事を残ってもトラブルがありません。でもついつい「転職するつもりでいる」と話してしまうと、同僚はその言葉に合わせた動きを取ります。しかも「辞めるつもりです」と言ってしまうと同僚からは「あの人はもうじき辞める」と広まります。そうなると、転職する気持ちが薄れ、「やっぱり辞めないことにしました」となっても、周囲の人たちは、「一度は仕事を辞めようとした人」とあなたを見て、仕事を続けている間、立場が悪くなると感じるでしょう。

    人の紹介で転職先を探す人もいるでしょう。

  • 友人からの紹介によって転職の先を見つけている最中の人もいるでしょう。それも悪いとはいわないけど転職の先の労働環境やまた労働時間などの大切な部分を知っている人からの口コミを判断してしまうとあとでトラブルになるおそれがあります。なぜなら、個人の口コミというのは主観が入ってしまうからです。紹介した人にとって、かなり良い働く場所に思えても、、あなたには、そうではない可能性なのかもしれません。またその逆も然りです。良い・悪いの違いは人それぞれなので、口コミを過剰に信用しないように、最後は自身の目でチェックしておくようにしましょう。

    再就職する時に行われる面接のときにつける腕時計において・・

  • 再就職する時に行われる面接でつける腕時計の事についてですが、ビジネスの場らしからぬ目立つような腕時計はつけて行かない方が好ましいです。この場合の、目立つはブランドの腕時計とか、といった意味合いだけではなく逆に安っぽいものの印象を持たれてしまうとか、そのような目を惹くという意味であって正反対で目立つのだと考えておきましょう。転職の面接の際に着用するべき腕時計に関してもスーツやネクタイのようにとらえて、面接にふさわしいものをつけた方が確実です。しかしながら、自身の年齢に見合ったものであるということも肝心であって、新卒の時に着けていた腕時計よりはほんの少しでも高いものにした方が間違いないということは断言できます。

    ほとんどの場合一流企業は「定期採用」で人材を確保します。ですから・・

  • ほとんどの場合一流企業は「定期採用」がメインなので、転職で入る事はとても難しいものです。しかも地方でとなると転職の見込みがずっと低くなります。ですが製造業の会社においては、都市部でない地方の工業団地で製造の拠点としていることも可能性が高いです。さらに、そういった地方の工場に的を絞れば、事業拡大などの節目に「中途採用」をしていることがよくあるので、この機会に転職するのもいいでしょう。そのためには、地方の工場を転職に考えるなら、希望する会社の情報を事前に仕入れておきましょう。ホームページにアクセスして、人員募集の予定がないか時々確認してみましょう。