昔から「石の上にも三年」という教えがあります。

退職|古来より日本には「石の上にも三年」という教訓があります。

日本には昔から「石の上にも三年」という諺もありますが、現在、「終身雇用制度」もなくなりつつある現在、転職というのは決して珍しいものでもなく、身近な出来事となっています。けれども、「転職」が珍しくなくなってきたとはいえ、やたらと職を変えようとするのはキケンです。実際に転職しようと考える場合、重要なのはタイミングといえます。はじめに、今やっている職場、や自分の置かれている立場などについて、嫌だと強く感じていることを、箇条書きにして最低でも5項目、多くて10項目はリストアップしてみてください。こうすることによって、将来の再就職に役立ちます。そして決断したら素早く、よりも良い仕事ができるよう、進めることが大切です。

退職|再就職する場合絶対に準備する履歴書などに関してです・・

転職をする際に必ず準備する履歴書や職務経歴書に関してですが、基本的には自筆ではなく、パソコンを用いて作成するのが当たり前です。現在の日本では履歴書や職務経歴書については自筆で準備するのが常識だと考えられていることも多いですが、それは新卒の人たちの就職活動やアルバイトやパートの時の履歴書であって、実は、転職をする時に関しては履歴書は絶対に手書きでないといけないとまでは断言できません。自筆の方を高く評価する会社もあるようですが、そうじゃないところが増加してきますから、自筆でなくてもよろしいケースは意外にもたくさんあるのです。

以前は求人誌には、募集要項の中に「性別」が、もれなく明記されていました。

今までの求人誌に性別が明確に書かれていました。しかし最近では、1985年に男女雇用機会均等法が成立したことによって、雇用する際、男女差別があってはいけないルールができて、応募条件内に「性別」が記載されなくなりました。そんな変化があるものの、求人募集をしている企業は、実際はどちらが希望と言う想いがあるはずです。なので、実は男手を希望の会社に女性の応募が殺到したり、対称的に、女性が必要なのに、男性がエントリーしてきたり、といったトラブルは誰にも起こり得ます。もし、「女性が活躍している職場です」とアピールしている場合、雇い主再度が「女性」を必要としている、と認識しておくべきです。

派遣社員として働く会社が決まりました。

派遣で働く会社が決まりました。仕事の初日に派遣会社で営業を担当している人と派遣先の会社近くのコンビニで落ち合う約束をしていたのですが、彼がどういうわけか約束のお店の前にいないのでコンビニの中に入ってみたところ、営業担当者はあろうことか雑誌コーナーの前に座り込んで卑猥なグラビアページを開いて読んでいるのを発見しました。こんな人に担当されるなんて人間として恥ずかしいことだと思って、そこで声をかけることなくこっそりと店を出て即刻派遣会社に仕事を辞退する旨を電話で伝えました。

私はこれまでに20代で転職を2回経験し、いまは資格の勉強をしながら…

これまで20代前半の時点で転職を数回し、いまは資格の勉強をしながら、派遣社員として企業で働いています。フルタイム勤務ではないのでやはり手取りは以前よりも少ないです。しかし、心と時間に大きな余裕が生まれました。思い返すと、学生時にもっと資格を取得し、仕事できれば良かったのに、とは思います。やはり、そのような方たちを少し羨ましさを思います。昔の私は、自分に自信がなく、他人と比べてしまい、気分が落ち込むことが多かったのですが、しかし現在は、結婚を経験し、私の生活そのものが大きく変化し以前よりもその中で将来の目標も定まったので楽しい毎日を過ごしています。

退職|転職のための採用面接では、零細企業だったらおおよそは、その社内の「人事」担当が面接官です…

転職時の採用面接では、規模の小さい企業だったらおおよそは人事担当者になりますが、それ以外のケースもあるはずです。実際、今後仕事をすることになる担当者、一言でいえば課長や部長クラスが面接する可能性も考えられます。その中でも営業職や事務職に転職する際は、資格などという判断がしづらいので、自発的に自分自身をアピールしていくことが大事です。面接官から「この男はしっかり主張するし、それに頼りになりそうだ」と思わせ、自分という人間を覚えていてもらうことが大切です。

退職|転職活動を現職と並行している人は少なくありません。

転職活動と今の仕事の同時進行を行っている人が多いです。しかしながら、忙しく仕事をしながら求人情報を調べて、その応募手続きをしたり、面接に行くのは精神面も肉体面も消耗が激しいといえます。転職活動中は、現在の会社の同僚や上司にバレないように振る舞わなければいけません。先のことを考えずに応募する、という人がいますが、もしも、そうした場合に書類選考が通りいざ面接というときに辞退すれば厄介な事態となるかもしれません。エージェントを介していた場合は、エージェントに悪い印象を与えてしまいますし、それとは異なり自分で直接、応募したとしても相手の会社からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。どちらにしても自分の貴重な時間を浪費することになりかねないので、行くつもりのない会社は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は新卒の就活とは全く異なる、と理解しておきましょう。

転職先を選ぶにあたって、仕事のやりがいアップも大事だけ・・

転職先を考えるにあたって、むろんやりがいを考慮することも大切だけどそれに加えて手取りが増えることも重要なポイントになるから「年収比較サイト」というところに登録して前もって研究をしています。全く同一の会社でしかも全く同じ職種、経歴であるにも関わらず人によって大きく違いがあることも多くあり、正直に言うと面接の時質問したことがあります。面接をした方もそのサイトを見たことがあるようで「ああ、高収入で書かれているのは、書いた者も誰だろうとそこそこ予想はついているんですけどね、多分見栄ををはっているのでしょう。低い方の給料で心の準備をしておいてください」とのことでした。

退職|ここ最近は、株・不動産投資などの不労所得を得たり、独立といった形で生きる方法も人気です。

近頃、株式・不動産投資をはじめとした不労所得で稼いだり、起業で頑張っている人も増えています。そういった移り変わりもあり、「雇用されて働くこと以外は不安定だしキケン」といった従来の考えも変わってきています。1960年代ごろの高度経済成長の時代には、将来的に不安定な自営業者よりも会社勤めの方が安定していてました。人生の正しい道として、またそれが決まり切ったことであるかのように世の中に認識されていました。そのような時代は終わり、現在のような時代は「成熟期」という風にも言い表されています。コンピューターの進化とともに、近い将来では、自動化・機械化がさらに進み仕事でも人を不要とする時代になっていく、と言われています。

退職|新卒として入った会社を辞めて、思い切って転職を決意しました。

新卒採用で入った会社を辞めて、勇気を出して転職しました。会社を退職したときは、1人で将来が不安でした。でも、新卒採用で入社した会社を退職し、多くの人が転職を経験していることを自身が転職活動をしたことで分かり、自然と以前よりも安心することが出来ました。なにより転職をするとなにか気持ちが楽になり、自分の好きな仕事を再確認できて喜びになっていきました。なかには「仕事を途中で投げ出すようなことではダメだ」といった転職に対してマイナスな意見もありますが、それが必ず正しいとは限らないと思いました。私は転職してみるも大事だと思っています。

退職|はじめて「失業保険」をもらう際に、何もしなくてももらえると思っている人が…

生まれて初めて失業保険をもらうケースでは、「期間内は自動的に受け取れる」と考える人が大多数だが実は、仕事探しを行っている必要があり、それに加えて、毎月1回、ハローワークに通う必要もあります。1ヶ月周期でハローワーク職員との面談を行い、本気で就職活動をしていることを信じてもらえれば次の月の給付を受けとることができるという仕組みです。また、真面目に就職活動をしていないと判断されたり、毎月のスタッフとの面談に顔を出さないときは、ルールとして給付の一時停止の措置を取られたり、ケースによっては以降の給付資格を失うことになるのでそうならないよう十分気を付けましょう。

数ヶ月ほどまえに、転職をやっとしたばかりなのに、慣れもしないあいだ…

ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたというのに、数ヶ月しかたっていないのに退職を決意してしまう人がわりとよく見受けられます。何故そうなるのかと考えてみると私の考えをいうと心機一転、良い仕事環境で勤務を始めてみたものの、「自分の期待していた職場と堪えられほどかけ離れていた」「こんなはずではなかった」ということで別の仕事を探すことが珍しくないといいます。可能ならこのような、転職に関しての失敗を後悔しないためには、やはり、前もっての情報収集を徹底する、に尽きます。徹底して行うべきなのです。業務におけるルール、具体的な業務内容、など多角的に前もって調べておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

今から転職活動を始める際に次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのなら・・

年内中に転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでにまだ時間があるのなら、必ず「失業手当」をもらっておきましょう。この手当ては今働いている企業側が雇用保険を払っているところであれば、必ず誰でも失業手当を手にできます。また、手続きは「ハローワーク」で行います。自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当までの待機期間が「3ヶ月」ありますが、企業の都合での退職や、残業時間によっては、日数をおかずすぐにもらえる場合もあります。ちなみに、受け取れる「失業手当」の金額は、最後に受け取った月の直近の給料がもとになって失業手当の支給する額を算出されるので、もし、「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。

退職|新しく就いた職場でこれまでに身に付けた資格やキャリアを活かすことができれば…

あたらしい職場でそれまでに培われてきた能力を最大限に活用できれば、即戦力として高く評価されて、早々に仕事場にも馴染めるし、また雇用先も即戦力となる人材は常に必要なので、タイミングさえ良ければ、難なく採用されるでしょう。更にかつての働いていた仕事と似た業界であれば、確率は十分にあります。とは言っても、ある程度の実力があるといっても大手の事務系の仕事や、公務員(国家・地方ともに)などは、いつの世になっても、相当な難関になることを覚悟しておいたほうが良いです。

転職活動をするにあたっては、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠といえるでしょう。

転職活動時には、履歴書と職務経歴書を準備することが必須になってきます。会社のほとんどは履歴書と職務経歴書に記載されている内容によって面接するかどうかを決めるため、この2枚の書類が重要なポイントです。ただ必要事項を埋めるだけにとどまらず、記載内容が魅力的であることも大切です。職務経歴書には、自分の職務の詳細な内容、できる限り自分のできること書き出しましょう。また、過去だけでなく現職で挙げた実績なども有効です。たとえば残業時間を何時間減らしました、など明瞭に記してみましょう。作成に行き詰まったら、「転職エージェント」に職務経歴書の推敲を手伝ってもらい、より良い内容に改善していきましょう。自己ブランディングのために利用することも転職を成功させるための有効な手段です。

退職|「就職エージェント」大手の場合、潤沢な案件があるという強みがあるといえます…

就職エージェントの大手に限って、多数の案件を抱えているという魅力がありますが、他方、転職を希望する競合者もたくさんいます。そのためあなたが、応募したい会社を探し出しても、転職エージェントの担当スタッフが不可能だと判断すれば応募してもらえないこともかなりありますし、企業から見てあなたよりも有能なライバルがいると、そのライバルを優先して送り込む傾向があります。つまり大手転職エージェントの運営元は、サイトに掲載していない案件をデータ宝庫として扱っておりなかなか難しいので、発想を変えて中小規模のエージェントに対し、応募したい会社や案件について相談し、応募できませんか?と相談してみると、転職希望者のために行動してくれることもあるので、そういった感じで利用してみるのも一つの手だと思います。