昔から”石の上にも3年”という人生において戒めのの意味を持つ言葉があります。

日本には「石の上にも三年」という教訓があります。

日本には「石の上にも三年」という教訓があります。現在、「終身雇用制度」といわれる現代では「転職」は身近なものとして捉えている人も多いはずです。でも、「仕事を変えること」身近な存在になったからといっても、やたらと仕事を探し、変えてを繰り返すのでは問題です。実際に転職したいなら、重要なのはタイミングを的確にとらえることです。まず、現在の職場・や仕事内容について、嫌だと感じいているポイントを、箇条書きにして最低でも5項目、多くて10項目は紙に書き出ししてみましょう。こうすることによって、将来の転職活動に役立ちます。そして、未来の展望が拓けたのなら、迷うことなく、より良い仕事を手に入れるべく取り組むことが大切です。

再就職する際に書かなければいけない履歴書や職務経歴書などについては、…

再就職しようとする時に準備しなくてはいけない履歴書や職務経歴書に関しては、だいたいはパソコンを用いて作成するのが基本です。我が国においては履歴書や職務経歴書についてはパソコンを使ったものではなくペンを使って作るというのが当たり前だと考えられていることもありますが、それは新卒に関する就職活動やアルバイトに関してであって、実際のところ、転職をする時においては履歴書や職務経歴書は必ず手書きでないといけないとまでは言えません。手書きの履歴書の方を評価するケースもありますけど、そうではない場合がずっと増加していていますので、パソコンを用いて作成した履歴書でもOKな会社は多くあるのです。

何年か前までの求人情報では、募集要項の中に「性別」まで・・

かつては求人誌に求める人材の「性別」まで記載されているのが一般的でした。けれど今現在では、1985年に男女雇用機会均等法が成立した影響もあり、雇用する際、男女差別があってはいけないルールとなり、求人情報の概要に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。そんな風に時代が変化したものの、働き手を募集する雇い主としては、性別に拘らず採用するとは限らないのです。そのため、実は男性希望の案件に女性が応募してきたり、逆に女性を希望している案件なのに男性が来てしまい、というようなトラブルに悩まされる場合もちらほら。もし、「女性が活躍している職場です」と紹介されている求人募集の場合は、雇い主となる企業側が「女性」を必要としてる、と考えたほうがトラブルを避けられます。

退職|派遣でのお仕事が決まりました。

派遣でのお仕事が決まりました。お仕事開始の初日に派遣会社の営業の担当の方と派遣先の会社近くのコンビニで合流する約束だったのですが、営業担当者がどうしたことかコンビニエンスストアの前にいないから店内にいるのかもしれないと思いコンビニエンストアの中に入ったところ、なんとまあ雑誌の所に座り込んで成人雑誌のグラビアページを開いて見ているところを発見しました。こんな担当者の仕事なんて勘弁してほしいだと思って、声をかけることもなく気付かれないようにお店の中から出てすぐに派遣会社に辞退をする旨の連絡をしました。

退職|20代前半に転職を2度行い、現在は複数の資格をとるために・・

私は20代で転職を2度経験して、現在は資格を手に入れたいので派遣社員で働いています。フルタイムの勤務とは違うのでやはり手取りが少なくなってしまいました。ですが、前よりも心と時間に大きな余裕が出来ています。たまに、学生時代にいくつか資格を取得し、仕事をできる人はとても少ないです。実際、そのような人を見ると自分もああなりたかったと感じます。以前までは成功している人と自分との違いに悩んでしまうこともありました。結婚を契機に随分と生活自体が大きく変わり、明確な進路ができて充実して毎日を過ごせるようになりました。

退職|転職の際の面接は、小企業だったらその社内の「人事」担当が面接官になりますが・・

再就職の際に行われる面接というのは、小規模業者だったら大体、その社内の「人事」担当が面接官になりますが、それ以外にも具体的には、今後共に仕事をする現場の担当者、という具合に課長や部長クラスが面接することも決して少なくありません。とくに事務職や営業職といったジャンルでは、資格だけでは判断がしづらいですから、自信を持ち自分自身をアピールしていくようにしたいものです。面接担当者から「この男は、堂々と自己発言してるし、それに戦力になりそうだ」と思わせ、印象付けることがとても大事になります。

退職|転職活動と今の仕事の同時進行を行う人が多いです。

転職活動と現職の同時進行を行う人は少なくありません。ただ、仕事をしつつ求人情報を見つけて応募したり、面接を受けるのは精神的にも肉体的にもハードだといえます。転職活動をしているあいだ、今の職場の同僚や上司にバレないように振る舞う必要があります。「とりあえず応募しておこう」という選択肢もありますが、仮に、そうした場合に書類選考が通り面接に呼ばれたあとに「辞退」を選択したとしたら、今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを介して応募していた場合は、エージェントに対して印象が悪くなりますし、それとは異なり自身でダイレクトに応募した場合も相手の会社から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。どちらにせよ自分の大事な時間をドブに捨てることになりかねないので、行く気のない案件は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は新卒の就活とは全く異なる、と認識しておく必要があります。

退職|転職するなら、むろん仕事におけるやりがいアップと共に…

転職ならば、仕事のやりがいアップも大切だけどさらに賃金が上がることも大きなポイントですから「年収サイト」というサイトに登録をして前もって研究をしています。全く同一の会社で一緒の職種、経歴なのに人によってずいぶんと違いがある場合も複数あって、ぶっちゃけて言えば面接の時質問をしたことがあります。面接官もそのサイトをチェックしていたみたいで「高い収入で書かれているのは、書いた人間について誰であるのか予想がついてるんですけどね、おそらく見栄をはってるんですよ。低い方の年収だと覚悟しておいてください」とのことでした。

退職|この頃では、株や不動産投資等の不労所得で生計を立てたり…

今の時代は株・不動産投資などといった不労所得のほか、個人事業や起業を目指す人も増えています。そのような社会的変化もあり、「自営業は不安定であぶない」といった今までの常識も変わりつつあります。1960年代ごろの高度経済成長時代には、どう転ぶかわからない株式投資や自営業者よりも会社勤めの方が大いに安定していて、人生の正しい道として、またそれが至極当然のことのように、一般の人々に認識されてはいました。そんな時代は過ぎ去り、現代は「成熟期」といった名称で言い表されています。将来は、コンピューターの進化とともに、機械化・自動化がより進み、仕事においても人が不要な社会になる、といいます。

退職|新卒採用で入社しましたが、転職を決意しました。

新卒で入社した会社を辞めて、一歩踏み出して転職をしました。会社を辞めたときは、しばらくの間不安で悩みこんだりもしました。ですが、社会に出て数年経てば転職をして多数の人が転職をしていることを自身が転職活動をしたことで分かり、いつの間にか漠然とした不安が無くなりました。また1回転職をすれば、徐々に気持ちが楽になり、「本当に自分のしたいこと」を優先できることに毎日が見違えるように変化しました。いまだに「仕事を途中でやめるなんてダメだ」といった転職に否定的な考えがあるのは理解していますが、それが正しいのかなと思いました。私自身、転職を決断して後悔はありません。

退職|過去に失業保険を受けた経験のない人は、じっとしていれば給付されると思っている・・

生まれて初めて失業保険の給付を受ける際に、「自動的にもらえる社会保障」と考えている人がとても多いですが、それは正しくありません。実のところ、失業保険の給付を希望通りに受け続けるためには、仕事探しを行っていなければならず、さらには、毎月1回、ハローワークに通う必要もあるんです。1ヶ月スパンでハローワーク職員との面談を行い、真剣に就職活動をしていることを信じてもらえれば翌月の給付が振り込まれるというシステムです。因みに真面目に就職活動に取り組んでいないと思われたり、毎月の職員との面談を避けている場合は、ルールとして給付の一時停止の措置を取られたり、酷い場合は以降の給付資格を失うことになるのでそうならないために十分注意しましょう。

退職|このあいだ転職したばかりというのに、早期に辞めてしまう決意してしまう人…

2,3ヶ月まえに、転職したばかりというのに、少ししか仕事もしてないのに退職を選択してしまう人が結構少なくないのです。何故そうなるのかと思うと私見ですが新たな気持で自分に合った職場を見つけたものの、「期待していた仕事とけっこうかけ離れていた」「会社のルールに慣れなかった」と考えて退職を決意することが多いようです。可能ならばこういった転職における失敗を未然に防ぐためには、はやり事前の情報収集を徹底する、に尽きます。具体的な業務内容、給与システム、などいろいろ事前にチェックしておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。

今年中に転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでにある程度時間が掛かりそう…

転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにある程度期間がある場合は、ぜひ「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。この手当ては現在の会社側できちんと「雇用保険」を払っているのなら、手続きをすれば必ずだれでももらえます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行います。もしも自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当を受け取るまでの待機期間(3ヶ月)がありますが、今の会社都合での退職や、残業時間によっては、即、受け取ることが出来たりもします。このときの、もらえる「失業手当」の金額については、会社の辞めた月の近々の給料を基準に失業手当の支給する額を割り出されるので会社に「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、なるべく「繁忙期」後に辞めるのが無難です。

退職|新しい環境下で自身の過去の実力をフル活用できれば、即戦力として高く評価されて・・

新たな職場にて今までに培われてきたキャリア・スキルを生かせたら、即戦力として周囲から認められ、割と早く職場で存在感を得られるでしょう。人を雇おうとしている雇い主も大いに助かると言うものです。雇用側が判断しても即戦力となる転職はうまく事が運びやすいといえます。それに加えてかつての仕事内容と同じような仕事なら転職はかなり楽になるでしょう。そういっても、それなりに能力があるといっても大手企業の事務系、公務員(国家・地方ともに)は時代・景気に関係なく中々の難関を突破する必要があります。

退職|転職活動を行うにあたっては、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠だと考えられています。

転職活動をするのなら、履歴書と職務経歴書がポイントです。企業の多くは履歴書及び職務経歴書に記載されている内容を見た上で面接するかどうかを決めるため、これらの書類の作成が大切になってきます。ただ穴埋めすることにとどまらず、内容が充実していることも大事です。職務経歴書は、過去の職務の詳細と、自己アピールとなる内容をできる限り書きましょう。また、現職の社内で挙げた実績を、売上〇%UPした等、具体的に記します。作成の方仕方がイマイチわからあい場合は、「転職エージェント」に職務経歴書の推敲を手伝ってもらい、文章をチェックしてもらったりして自己ブランディングのために転職エージェントを利用してみるのも転職を成功させるための有効な手段だといえます。

転職エージェントは大手に限って、たくさんの案件を抱えてい・・

転職エージェントは大規模であるほど、たくさんの案件を扱っているというメリットがあるといえますが、しかし、同時に転職希望登録者もたくさんいます。そのためあなたが、応募したい会社を探し出しても、担当スタッフの側が「転職するのが難しい」と判断すれば応募してもらえないこともよくありますし、企業から見てあなたよりも有能だと評価されるライバルがいれば、その人を優先して送り込む傾向があります。要するに大規模なエージェントの場合、サイトへ未掲載の案件をデータ庫として扱っており大変難しいので、方針を変えて中小規模のエージェントたちに対し、希望する会社や案件に関して相談し、応募できませんか?と話しをすると転職希望者の利益を考えて働きかけてくれることもあるので、そういった活用の仕方も良いでしょう。