昔から”石の上にも3年”といわれる諺もありますが、大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた…

古来より日本には「石の上にも三年」といわれる諺もあります・・

  • 日本には「石の上にも三年」という格言があります。現在の社会では「終身雇用制度」は過去のものとなってきています。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、転職というのは当たり前の世の中になってまいりました。が、転職と言っても誰でも彼でも、何時でも、何処でも、というような簡単に仕事を変えようとする行為はとても危険なことです。転職しようと考える場合、時期を図る必要があります。その基本として、現在の職場、や自分の置かれている立場などについて、納得できていないと感じることを箇条書きにして多くて10項目、最低でも5項目は箇条書きにしてみましょう。そうしておくと、再就職に役立ちます。そして、もし将来の進路が自身で見いだせたら、躊躇することなく、今よりキャリアアップできるように、トライしていることも大切です。
  • 退職|転職をする場合書かないといけない履歴書や職務経歴書に関しては…

  • 転職をする場合必ず書く履歴書や職務経歴書についてですが、基本、手書きではなく、パソコンを活用して作るのが普通です。日本の社会では履歴書や職務経歴書についてはパソコンを使ったものではなくペンを使って作成するというのが普通だと考えられている面も多々ありますが、それは新卒に関する就職活動やアルバイトやパートの時に用意する履歴書であって、実際には、転職の場合は履歴書は100%パソコンで書いたものは駄目とまでは言えません。手書きの履歴書をベストとするところもあるようですが、違うケースがずっと増えてきているようなので、自筆でなくても大丈夫な場合は意外にも多いのです。
  • 数年前の求人情報に雇用主が求める人材の「性別」まで記載されているのが一般的でした。

  • 一昔前の求人情報では、雇用側が必要とする「性別」について、はっきりと書かれていました。しかしながら今では、1985年に制定された男女雇用機会均等法によって男女差別が雇用の際にあってはならないルールが決まり、応募資格の中身に男女の文字を見ることはなくなりました。けれども、求人する側には本当はどちらが希望と言う想いがあるはずです。現実に、実は男手が必要なのに、女性の採用希望者がやってきたり、その反対に女性が欲しいのに、男性が来てしまい、というようなトラブルに遭遇するケースもちらほら。仮に、「女性が活躍できる仕事場です」なんて書かれている求人募集の場合は、雇用主が働き手は女性を必要としている、と読み取ることが良いといえます。
  • 退職|派遣として働く会社が決定しました。

  • 派遣として働く会社が決定しました。就業1日目に派遣会社で営業を担当している人と勤務先の近くのコンビニで落ち合うことになっていたのですが、担当者がどういうわけか店の前にいないので店内にいるのではないかと考え店内に入ってみたところ、担当者は驚くことに雑誌売り場の所でしゃがみ込んで成人雑誌のグラビアページを開いて見ているのを発見!こんな担当の人のお仕事なんて勘弁してと判断し、声もかけずにこっそりと店の中から出て直ちに派遣会社へ辞退をする旨の連絡を入れました。
  • 退職|20代前半の時点で転職を2回し、今現在は資格取得のため・・

  • 私は20代のうちに転職を2回ほど経験して、現在は資格を取るべく「派遣社員」で働くことにしました。フルタイムの勤務を選択しなかったので手取りは以前よりも少ないです。しかし、以前より心と時間に余裕が生まれ、満足しています。学生時代にもっと資格を取得し、就職できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。資格を活かして働いている方と話すと羨ましく感じたりもします。以前は、今の自分と他人をどうしても比べてしまい、悩みだったのですが、結婚を契機に随分と生活環境も変化し、以前よりもその中で将来の目標も定まったので自分の人生に満足できるようになりました。
  • 退職|再就職のときに行われる面接というのは、小企業であれば…

  • 再就職時の面接では、零細企業であれば大体、その社内の「人事」担当が面接官になりますが、その他にも具体的には、共に仕事をする責任者、要は課長や部長などが面接の場に居合わせる可能性もあるのです。特に、事務職や営業職などの部署に転職するのなら、資格だけでは人の判断をするのが難しいですから、きちんと自身を売り込んでいくことで好印象を与えられます。面接担当者から「この男はしっかり自己主張するし、それにやれそうな感じだな」と思わせ、記憶に残すことがとても大事です。
  • 転職活動を現職と同時に行っている人が多いです。

  • 転職活動と現職の同時進行を行っている人は少なくありません。でも、忙しく仕事をしながら求人案件をチェックしながら応募したり、面接に行くのはスケジュール調整も含めてきついものがありますよね。転職活動をしているあいだ、今の職場の同僚や上司にその動きを悟られないようにする必要があります。とりあえず応募する、という行動をとる人もいますが、もしも、書類選考をクリアし、面接の段になって辞退すると今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントにサポートしてもらっていた場合は、そのエージェントに対しての印象が悪くなりますし、自分で直接、応募した場合でも、相手企業からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。いずれにしても自分の貴重な時間を浪費することになりかねないので、行く気がない案件は、最初から応募しないことをオススメします。転職活動は新卒の就活とは全く違うものであると理解しなければいけません。
  • 退職|転職先を決める際、言うまでもなくやりがいを考慮することも重要だけ…

  • 転職を行うなら、当然仕事のやりがいのアップと一緒に加えて賃金が上がることも大切なポイントになりますから「年収サイト」というところに登録をしてあらかじめ調査をしています。一緒の会社で加えて同じ職種、経歴なのに人によって無視できないほどの違いがあることも多くあり、正直に言えば面接の際質問したことがあります。面接官も同じサイトを見ていたようで「高い収入で書かれているのは、書いた側も誰なのかだいたいは察しがつくのですが、おそらく見栄をはってるんですよ。低い方の年収だと考えておいてください」とのことでした。
  • 退職|現在は、株や不動産投資等の不労所得で生活費を稼いだ・・

  • 今では、株・不動産投資などといった不労所得、または独立といった形で生きる方法も人気です。そういったような社会的変化に伴い、「会社の下で働く以外は怖い」といった常識も過去のものとなりつつあります。1960年代ごろの高度経済成長を遂げている最中には、どう転ぶかわからない個人事業よりも組織の一員のほうがずっと将来が安定していて、人生の正しい道として、またそれが至極当然のことのように、一般の人々に認知されていました。しかし、そのような社会全体が等しく成長する時代は終わり、現在のような時代は「成熟期」などと表現します。将来的には、機械化、自動化が進んで社会においては人の労力を必要としなくなると言われています。
  • 退職|新卒採用で入社した会社に別れを告げ、転職した経験があります。

  • 新卒で入社した会社を退職し、思い切って転職すると決めました。実際に転職する前は、かなり不安で辛い時期もありました。でも、会社をわずか数年で辞めて、沢山の人が転職を経験していることを転職活動を通して知り、自然と将来の不安がなくなりました。転職を経験するとふしぎなことに肩の荷が下りる気持ちになり、「本当に自分のしたいこと」を見付けるのが日々が明るくなりました。いまだ「一通り経験してから」といった転職に対してマイナスな意見もありますが、私の場合、転職を決断して良かったと思います。
  • 退職|生涯初の失業保険の給付を受ける場合、じっとしていれば受け取れると思っている人が…

  • 生まれて初めて失業保険をもらうときに、ただ給付されるのを待っていればいいと考えている人がとても多いですが、それは誤りです。本当は、失業保険の給付を希望通りにもらい続けるためには、職探しを行っている必要があり、それに加えて、毎月一回はハローワークに通う必要がある。1ヶ月間隔でハローワーク職員との面談を行い、きちんと仕事を探していると判断されれば翌月の保険給付が行われるシステムです。もしも、本気で就職活動に取り組んでいないと思われたり、月に一度のスタッフとの面談に不参加な場合は、当然問答無用で給付を一時的に止められたり、以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、注意しておきましょう。
  • この前、転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず…

  • ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたというのに、慣れもしないあいだに退職を決断する人がなんとなく少なくないのです。心機一転、会社を手に入れたはずなのに「考えていた職場とだいぶ違っていた」「独自のルールに慣れなかった」ということが理由で退職を決意することが多いといいます。できればこのような、転職に関しての失敗を未然に防ぐためには、とにかく情報収集を徹底しなくてはなりません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内の環境、通勤にかかる時間、給与システム、などあれこれ事前にチェックしておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。
  • 退職|転職活動を考えている人で、次の仕事をはじめるまでにまだ期間がある場合は・・

  • これから転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのなら、可能ならば「失業手当」をもらっておいた方がお得です。これは勤めている会社でもし「雇用保険」を払ってくれている場合は、失業手当を誰でも受け取ることができます。また、ハローワークで手続きをしてくれます。自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、失業手当を受け取るまでの待機期間(3ヶ月)がありますが、企業の都合の退職、または残業時間次第で日数をおかずすぐにもらえる場合もあります。このときの、支給される「失業手当」の金額については、会社で最後の勤務月の近々の給料を基準に支給する額を計算されるので、企業に「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、理想なのは「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。
  • 再就職した会社で今までに培ってきた資格やキャリアを活用できれば、…

  • 新しく就いた勤め先で自身の過去の実力を存分に発揮できれば、即戦力として活躍でき、早々に職場での信頼を勝ち得ることができるはずです。人を募集している会社としても、そういった人材は常に欲しがるものですから、タイミングさえ問題なければ、そこまで難しいものではありません。更にこれまでの仕事と近い仕事なら転職は非常に楽になるでしょう。とはいえ、即戦力な基準を満たしていても、一流企業の事務系の業務や、公職については、時代や景気に関係なくかなりの競争率になる可能性が高いと見ておきましょう。
  • 転職活動の際には履歴書と職務経歴書が必ず必要です。

  • 転職活動する場合、履歴書と職務経歴書を準備することが必須だと考えられています。企業の大部分は履歴書や職務経歴書に記載されている内容によって面接するかどうかを判断するため、とにかくこれらの書類が重要なポイントです。単に文字を書くだけにとどまらず、内容を魅力的なものにすることが重要です。「職務経歴書」は、過去に経験してきた職務の詳細に加え、できる限り、アピールできる内容を記載しましょう。さらに、現在の会社で挙げた実績を、例をあげれば売上をこれまでの○パーセントアップ達成した、などかなり具体的に書いていきます。作成の方仕方がイマイチわからあい場合は、「転職エージェント」に職務経歴書を見てもらい、よりよい内容にしてみましょう。ブランディングのために活用をはかることも転職を成就するための一つの手です。
  • 大手転職エージェントに限って、多くの案件を持っている…

  • 大規模な転職エージェントは、たくさんの案件を扱っているというメリットがあるといえますが、その反面、転職を希望するライバルも多い可能性が高いです。それゆえにあなたが、応募したい会社を見つけても、そのエージェント担当者が難しいと判断すると応募してもらえないこともかなりありますし、会社から見て自分よりも評価の高いライバルがいれば、その人を優先しやすいのです。つまり大手のエージェントは、サイト未掲載の案件データを宝庫として扱っており意外と駄目で、発想を変えて中小クラスのエージェントに対し、応募したい会社や案件を伝え、応募できないか相談すると転職希望者の利益を考えて動いてくれることもあるので、そのような活用の仕方も良いでしょう。