昨今では、株や不動産投資等の不労所得のほかに個人経営 で頑張っている人も増えています。

今の時代は株・不動産投資の不労所得を得たり、起業といった生き方も増えています。

昨今では、株や不動産投資等の不労所得で儲けたり、自営業・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。そのような社会的変化もあり、「雇用されて働くこと以外は怖い」といった常識も変わってきています。高度経済成長時代においては、不安の残る個人事業で生きるよりも会社勤めの方が将来が安定していました。人生のもっとも正しい道としてまたそれが当たり前であるかのように、一般の人々に広まっていました。そんな成長期は終わり、現在は、「成熟期」と言われています。今後は、機械化、自動化が進んで仕事でも人を不要とする時代になっていく、と言われています。

退職|新卒採用で入社しましたが、思い切って転職すると決めました。

新卒採用で入社しましたが、勇気を出して転職しました。会社を辞めて転職活動するときは、毎日不安で辛い時期もありました。でも、会社を辞めて、多くの人が中途採用で働いていることを転職活動を通して理解し、いつの間にか悩みが消え、気が楽になりました。なにより転職をすると自然と肩の荷が下りる気持ちになり、「自分の好きなこと」を探すのことが楽しいものになりました。いまだに「続けてこその仕事」といった転職に否定的な意見もありますが、それが必ず正しいのかなと感じました。私自身、転職を決断して良かったと思います。

生まれて初めて失業保険を受けるケースでは、何もしなくても給付されると思っている…

生まれて初めて失業保険の給付を受ける場合、ただ給付されるのを待っていればいいと思っている人が極めて多いですが、それは間違いです。実際には、失業保険の給付をきちんともらうためには、条件として求職活動を行っていることが必要で、月に一回以上はハローワークに行く必要があります。一か月おきに担当者に就職活動の状況をきちんと説明して真剣に就職活動をしていることをわかってもらえれば次の月の給付が行われるという仕組みです。その真逆に、きちんと就職活動に取り組んでいないと思われたり、月に一度の職員との面談を欠席した場合は、情け無用で給付が一時停止となったり、酷い場合はその後の給付資格も消失するおそれがあるのでそうならないために充分に気をつけてください。

退職|2ヶ月まえに、転職したばかりだというのに、入ってすぐ…

2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりだというのに、何ヶ月もたっていないのに辞めてしまうことを決断する人が意外と少なくないのです。何故かと考えてみると私の思うところは気持ちも新たに、転職先の仕事環境を手に入れたはずなのに「期待していた職場とおかしいと思うほど違っていた」「雰囲気が馴染めない」といった感じで退職を決意するのじゃあないかと思います。可能ならばこのような、転職に関しての失敗を未然に防ぐためには、とにかく前もっての情報収集を徹底する、に尽きます。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内のルール、通勤時間、などあれこれチェックしておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。

退職|転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでに時間があるのなら…

転職予定がある人で、次の仕事を始めるまでにある程度時間が掛かりそうなら忘れずに「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。働いている企業側がきちんと「雇用保険」を支払っているのなら、手続きをすれば必ず誰でも失業手当を受け取ることができます。手続きについては、「ハローワーク」で行います。自己都合での退職なら、失業手当までの待機期間が「3ヶ月」ありますが、現在の企業の都合の退職、残業時間の内容次第ですぐにもらえる場合もあります。このとき、支給される失業手当の金額は会社で最後に受け取った月の近々の給料を基準にして失業手当の支給する額を計算されるため、勤めている会社に繁忙期や閑散期がある方はなるべく「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

新しい職場で、自身の過去の能力を活用できれば、即戦力として周囲から評価されて…

新しい環境下でこれまでに培われてきた実力を活かせられれば、即戦力として認められ、割と早く職場にも馴染めるし、また会社側も、即戦力は常に必要なので、採用側が判断しても即戦力となる転職はそこまで難しいものではありません。それに加えて過去の職場と同じような仕事なら転職自体、難なく叶えられるでしょう。ですが、即戦力な人材であったとしても、大手企業の事務系、公務員などは、時代や景気に関係なくかなりの競争率を突破する必要があります。

転職活動を行うときには履歴書と職務経歴書が必ず必要です。

転職活動をする際は、「履歴書」「職務経歴書」が必要となります。企業の大多数は履歴書と職務経歴書に書かれている内容を元に面接するかどうかを判断するため、なによりもこの2枚の書類の作成が大事といえます。ただ穴埋めするだけでなく記載内容を充実させることも重要です。「職務経歴書」では、過去の職務の詳細や、できる限り自己アピールとなる内容を記載しましょう。また、過去だけでなく、現職で挙げた実績も良いアピールとなります。部門の残業時間を何%減らしました、などわかりやすく書くのが得策です。作成に行き詰まったら、「転職エージェント」に職務経歴書をチェックしてもらって、上手な言い回しのヒントを聞いたりしましょう。自分の価値が高まるように、活用をはかることも転職を成就するための選択肢として考えておきましょう。

大きな転職エージェントは、豊富な案件を取り扱ってい・・

転職エージェントは大規模なものに限って、多くの案件を扱っている他方、転職を希望する競合者もたくさんいる可能性が高いです。それがためにあなたが、気になる企業を見つけても、そのエージェント担当者が「転職が難しい」と判断すれば応募してもらえないことも少なくありませんし、企業から見てあなたよりも評価の高いライバルがいると、その人を優先しやすいのです。大規模なエージェントは、サイト未掲載の案件をデータ宝庫として扱っておりけっこう難しいので、規模が大きくないエージェントに対し、希望する企業や案件について相談し、応募できないものでしょうか?と相談すると自分のために仕事してくれることもあるので、そういった感じで利用してみるのも一つの手だと思います。

退職|『今すぐ転職したい!』と思っている人のなかで、自身の意志が本当に強いものであるなら・・

『なるべく早く転職したい!』と考えていて、将来の進路がハッキリしているのなら、退職したいということをすぐに上司にそのことを伝えるべきです。ですが、ここでは曖昧な表現をするともしかすると言いくるめられる可能性が高いので気をつけましょう。そして、実際に私もそういった経験があり、退職を引き伸ばされてしまい、最終的に、退職までに半年ちかく掛かりました。退職したいことを当初、直属の上司へ相談をしたのが年度末だったのですが、実際では辞められたのはその年の11月です。本音を言うと、仕事の落ち着いた年度末を契機にやめようとおもったのに、大変驚きました。やっぱり企業サイドとしても、人事の都合があるのかもしれませんが、スタッフの希望を聞かないまま、会社ぐるみで私の都合を無視する形で引き伸ばされたのでその会社に対しての会社や上司に対して困ってしまいました。

派遣会社に登録して働いています。

今、私は派遣会社に入っています。ウェブサイトを見ていてなにげなく自分に合っていそうな仕事を見つけ出して応募しようとしたところ「そのお仕事はすでに他の人に決まりました」と言われてしまい一時的にサイトからも仕事の情報が消滅するのですが、どういうわけか次の日になると再びその求人募集が掲載されています。これって結局私ではダメだと言っているのと同じですね。それなら初めから変に隠さないくらいに正直に教えてくれるといいのですが、そうするのは難しいのでしょう。あるいは偽の仕事なのでしょうか?

退職|今の自らの仕事や業務に関して、多くの人は、何かしらの不満を感じているでしょう。

現在の自らの勤め先や業務内容について少なからず何かしらの不満点があるはずです。「自分の持っている資格やスキルを誠実に評価してくれない」ゆえに、「給与は平行線だし、昇進の見込みもない」といった点を挙げる人がほとんどだと思います。ですが、気持ちは理解できます。しかし、そういった不満を持っている人の中には自身の器量を過剰評価し過ぎていないか、改めて確認することが大切です。過剰評価していることに気が付いていない人が転職しようとすると、「自分が活躍するための求人がない」と中々転職先が決まらないので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。という事態を招きかねません。そういうわけで転職で成果を上げるためには、自分のキャパシティを多少厳しい目で自己分析してみてください。

退職|友達から聞いた話です。新卒で入社を強く望んでいた最終目標であるA社で行われ・・

これは兄の知り合いの話です。始めに新卒の就職活動でなにがなんでも入社したかった最終目標であるA社で行われた最終の面接で不採用になり、その後泣く泣く別の会社に就業しました。そのあと3年経過したぐらいに派遣の求人サイトにおいて奇遇にもA社の紹介予定派遣の仕事を発見し、気持ちを抑えることができずその時働いていた会社を即座に辞めて、A社での派遣の就業を開始、思い切った行動ですね。死ぬ気で頑張ってそれから計画通りにA社で正社員として仕事をすることができ、今となっては仕事のやりがいを持ちつついきいきと働いています。

退職|転職サイトはよく知られたサイトの方が掲載される案件がたくさんあるた…

転職サイトはよく知られたサイトの方が掲載される案件も多いため、興味を引く2つか3つの会社を、とりあえずメンバー登録しておき、勤務地・年収などの条件を事前に設定しておき、さらに自動で案件の連絡が入るようにしておくと簡単に情報を集めることが可能です。とはいっても、初めだけは登録するのがけっこう大変なので、サイト登録するよりも前に、「履歴書」「職務経歴書」を予め作成しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると便利です。登録をする第一回目は多少時間がかかりますし、案件の検索・応募をするだけでも苦労しますが、次回以降は、新規案件を確認するだけでOKなので、次回以降応募するときのことを考えれば、最初の段階できちんと準備することを、心がけるのが無難です。

退職|転職後は、だいたいの場合は前の会社の仕事の美化されます。

転職したケースでは、高い確率でそれまでの仕事は記憶は大方、美化されます。本当のところ現在の職に合っていないと思ったから、次の仕事を探してせっかく転職することになったのに、気がつくと、不思議と転職した会社よりも「前職のほうが良かった」と思うことは多いです。無理はなく、前職では仕事に慣れ切っていて事もなく与えられた仕事ができていたからというのが根底にあると思います。とはいえ「退職するんじゃなかった」と後悔するほど、以前の職場の方が報酬も人間関係が良い場合もあります。

就職活動に気を付けたほうがよい求人の募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのにも関わらず給料がよく・・

就職のため職探しをする際に特に注意したほうがよい求人内容は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのに給料がよく、拘束時間が長めであるというものです。このような求人内容は、記載されている給料に『みなし残業代』を含んでいるケースが多いです。みなし残業代というのは『みなし』とも呼ばれ30時間や45時間といった形で求人の内容に時間が併記してあります。これは、毎月これくらいの残業が発生するため、はじめから給料に残業代を組み込んで計算しておく、といったものです。(注・合法です)例えば求人に『みなし残業代30時間込』と記載があれば、「記載時間分の残業代を入れると、この給料がもらえます」という話になるわけです。しかし、悪質なブラック系の求人では告知しておくべき『みなし』という言葉がないこともザラですのでよく気を付けてください。

あなたが今、「転職サイト」を利用してあなたの働き方に近い条・・

もしあなたが転職サイトを活用して自らの希望条件に合った働いてみたいと思えるような企業情報を見ているのなら、ぜったいに「転職エージェント」を利用しておきましょう。なぜなら登録は簡単です。エージェントサービスに登録したあと、その場で紹介してもらえる求人情報は、誰でも見ることのできる公開求人とは異なります。なぜなら、どう比べても、比較にならないほどとても高品質といえます。それから、あなたの希望にピッタリなものを調べたうえで、紹介してくれます。だから、あなたの希望の理想に近い業種の求人を教えてもらえる可能性があります。もし、同一の求人を発見したとしても、あなたが一人の力で最初から調べる労力を考えれば、相当に効率的です。ですから使ってみる価値はあります。