時間に融通が効くはずの派遣社員であっても、契約期間を過ぎ・・

派遣社員だからといって契約期間を過ぎたら自身の好きなタイミングで辞められるワケではな…

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員というものは、契約期間を迎えたら自分の好きなタイミングで退職できるものではないと実際に転職したことで感じました。私は、結婚生活が落ちついたら、早く子供を持ちたかったので、妊娠するまでの間のために数年だけそのまま仕事をしたいと思い、就職しました。常勤ではなく派遣社員であったために、正社員よりも年収は少なかったのですが、時間的な自由を優先するために、あえて選択しました。しかしながら、いざ入社後、一緒に働く人たちのほぼ全員10年~20年ちかくつづけて勤務していたのです。結論として派遣社員を選択したとしても、契約が過ぎたらすぐに辞められるワケではないと、この先どうすべきか、とても困惑しています。

    職を変えようとしようとしている時に見る求人内容は基準的なものとして、アバウ・・

  • 転職をする際に目を光らせることになる募集内容の情報というのは、目安として、アバウトに載っている、ということもあります。そのため、そこに書いてある情報はすべて正しいことだとは思うのはやめておいたほうがよろしいかと思います。とりわけ生活に大きくかかわってくる給料の金額などに関しては、社員を平均して出した値なのか?最低金額であるのか?一番高い給料なのか?といった見極めができない人のほうが多く適当な判断で考えてしまうと、後からそのことを悔いる確率もあります。それゆえに、嫌な思いをすることになる前に、募集事項は、一般的なものだと思って、そういったような重要な内容は会社に直に聞いてみた方が好ましいでしょう。

    退職|昔は看護婦と言われていた看護師というのは仕事としてどうし・・

  • 昔は看護婦と呼ばれていた看護師は働く者として女性の割合がたいへん高い職種です。知られていると思いますが気力あるいは体力を大きく消耗する職場ともいえます。ピリピリした現場になりやすく、職場での対人関係が上手くいかなかったり、自身の結婚や出産といったそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活のバランスがかなり難しい職業でもあります。実際に、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、転職希望者が多いのが現状です。過酷な労働環環境であるために、看護師は、慢性的な人材不足に変わらず継続しています。というワケで、医療業界は、看護師を必要とする「売り手市場」であり、さらに転職に拍車を掛ける状況となっています。

    経験のない業界などに転業したいと考えているときに…

  • 全く経験のない業種などに転身したい場合には、前の会社で培ってきたスキルやこれまで経験したことが生かせるという自己アピールが必要になります。その業界の未経験者は経験していない分だけその業種を経験している人よりも正直、不足することはありますが、自分自身の持っている能力がその業界でも生かすことができるということを相手に話すことができれば、勝負になることもあり得ます。そんな訳で、経験のない業界にチャレンジするときには、その業界と今まで自分が経験してきた職務とのつながりをできる限り探し出してみましょう。

    退職|転職するときは、いろんな経路で情報を集める人が大半だと思いますが、…

  • 転職を始める際、いろんな手段で情報を集めるのが通常だと思いますが、転職系の口コミサイトはとても役に立ちます。以前、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたということで、サイト運営者に対して損害賠償請求をしたケースがありました。会社の都合で退社させられた元社員の復讐でそのような口コミが投稿されていたと見るのが一般的ですが、逆に言えば、ウソの書き込みだったなら、会社としては気にしなくていいようにも思えます。ですが、真実はクロで「本当のことが書かれているので、なんとか火消ししたい」と思っている可能性もあります。「口コミサイト」も炎上ネタが投下されることでアクセス数がアップするなどのメリットがあるので黙認していたりしますが、よくない口コミが多いというのは、それだけ入社してからトラブルに遭遇するリスクが高い地雷企業であると思っていいでしょう。何より、善良な会社だったら煙は立ちません。

    実際に失業保険の給付を受けるためには、客観的な意味で、職探しをしている姿勢を見せる必要があります。

  • きちんと失業保険の給付を受けるためには、職を探していることが条件になります。そうはいっても、現実的には「今まで一生懸命働いてきたので、しばらくはゆっくりと過ごしたい」というのが現実でしょう。ということで、本当に次の仕事先を探しているとハローワークのスタッフに思わせる方法があるので紹介します。毎月ハローワークに行くのは当然になりますが、そこで、求人票を閲覧することが最低限やっておく必要があります。真剣に探すモチベーションがわかないときは、求人票を熱心に閲覧しているふりをして、ハローワーク職員との面談時、「続けられそうな仕事が意に反して今月はゼロ件でした」と、相手に告げて、次の機会を探すというやり方もあります。

    転職先を探している期間は、自分の好きなことに打ち込むことに加・・

  • 転職期間のあいだは、趣味に打ち込んだり、体力を低下させないようにしておくと良いでしょう。再就職先が決まり、いざ仕事を再始動したときに、趣味に夢中になっていたことで無意識のうちに集中力が養われます。さらに体力づくりも同時にできているため、その場の社員と比べるとスタミナがあるということを自ずと認識することができます。なので、退職して転社先が決まるまでは体力をアップさせる努力をしておくのがおすすめです。仕事が決まり、働き出した会社で共通の趣味の方と巡り会えれば、会話が盛り上がるので、興味のあることに積極的にトライしてみるのも転職期間の自由な時間の使い方です。

    退職|長きにわたって接客業で勤めてきましたが、加齢ととも・・

  • 長く接客業で勤め続けてきましたが、加齢とともに立ち続けなければいけない仕事は体力的に耐えられないため、事務系のお仕事へ転職することを考えて活動しました。事務の経験がなければ少々厳しくて、だから接客経験も活かせる受付兼医療事務をしたいと資格も取って個人病院に転職しました。周りはベテランのパートさんばかりで人間関係もややこしい。夜のシフトばっかりさせられ、接客業をしていた時よりも帰る時間が遅くなったのですが、初めの頃はキャリア形成をするんだと受け入れ頑張ります。

    転職をする際、インターネットでのエージェント要するに斡旋してくれる会社がありますが、…

  • 転職活動をするにあたっては、インターネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」を使うこともあるでしょうが、仮にその種の業者に登録し、運よく新しい会社で働くことになった場合でも、失業保険とは何の関係もないので注意が必要です。ハローワークを経ずに就職が決まったとしても失業保険の給付対象にはならないので気をつける必要があります。これに対し、ハローワークを経て斡旋された会社に就業したときは、就職用の準備金として、「一時金」を受け取れたりもします。ネット上でのエージェントは公的機関では無く、斡旋の報酬として企業から紹介料をもらうだけで、失業保険の給付手続きなどはしてくれません。このことについて知らないでいると、失業中に給付金を手に入られないので、気をつけておきましょう。

    転職というものをする場合、その職場の自身の給与を過剰に気にする人が…

  • 転職というものを考えるとき、その職場の年収について気にしすぎる人がけっこう多くいます。大半の人は、仕事というのは収入を得るため、自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費を稼ぐために励むと思います。とうぜん年収というのは自分がどれほど評価してもらえているか、としての側面もありますからとうぜん大切なものとして扱うのは当然ではあります。ですが、愚かにももらっている年収額ばかりを執着しすぎる生き方というのも考え気がするでしょう。それより収入に直結しない仕事であっても精神的に満たされる可能性が多々あるからです。

    退職|女性が転職する時、数年前と現在とでは多少の、違ってきている点があります。

  • 女性の再就職に際して、一昔前と今現在とは若干、違いがあるようです。かつては会社側から「結婚の予定」や「出産後の仕事」など、自然に質問されることもありましたが、今ではそういった内容は「セクハラ」にあたるとして、聞かない会社が一般化しつつあります。世間に名の知れた大企業ほど、この手の質問をNG質問として扱われています。しかしながら実際、会社側としては、〇か×で返答するのではなく、その人の姿勢、結婚した後も働きたい、出産後の具体的な対応を把握しておきたいとは思うはずです。自分の人生設計をわかってもらうためにも、自己ピーアールや志望した動機と混ぜながら伝えることで、相手方も考えがわかり、また、疑問も解消できると思います。というワケで、質問されていない箇所もあなた自身から積極的に話を進めていきましょう。

    退職|再就職の前に、今の会社にいる人たちがあなたの転職を知ってしまうと、…

  • 転職することを、今勤めている会社の人たちがあなたの転職を知ってしまうと、雰囲気がガラリと変わるかもしれません。働く環境次第では、これまで通りに行くこともありますが、妬みなどから意地悪されることもあります。それだけでなく、残業時間を増やされてしまう事があるので、むやみに転職のことを周囲に伝えるのは注意が必要です。そのような状態を避けるために、現在の仕事場では、真面目に仕事に取り組んでいましょう。注意をしておくことで、良い関係をギリギリまで残したまま、最高の形で仕事を辞めることができます。さらには、円満退職で終えられたなら、転職後、あなたが困ったときに相談できるチャンスにも恵まれるはずです。業種などに関係なく、どのような会社も人との縁は重要なので、会社を辞める時のトラブルだけは起こさないようにしたいものです。

    退職|転職することで職場を一新するということは、自分自身に適す・・

  • 再就職することで職場を新しく換えるということは、自分自身に見合う自分の希望に近い転職先に就職したいものです。勤務先を変えることによって、驚くほどの適職にありつくことができるかもしれません。とはいえ、メリットだけがあるわけでななく、雇用側が必要とするスキルを持っていないと、良い職は得にくいはずです。別の表現をすると、あなたの力量次第で、「天職」に巡り会える、というだけの話です。ここ最近は、職業選択の自由が普通に常識として認められていて、転職してもトラブルも生じないでしょう。今のような事態のもとでは、今現在、「スキルのある人材が欲しい」と感じている企業も多くなっているので、今の良い時期を有効に使ってみてください。

    もっと良い職場につきたいと転職をする活動をするときの場合・・

  • いい企業につきたいと転職を希望する人というのは、「1日もはやく、採用通知が手にしたい」と思ってしまうものです。ただ、そのために内定通知を得たいばかりに、自分自身の能力を高く偽ったり、またその反対に安売りしてしまう売り込みをするのはなるべく止めておきましょう。大事なのは焦燥感をブレーキを掛けて、冷静に客観視しつつ、あなたに適した職場を探すことに専念することが重要なのです。これまでのキャリアを活かせるように、加えて、今後のキャリアアップが見込める場所を賢く選択してみましょう。

    看護師でありながらそれと違う職に転職を決断するキッカケ…

  • 看護師という職業の人のそれ以外の職業に転職を決断する原因は、人それぞれではないでしょうか。それを見てみると転職には「職場環境に関わりたくない人がいる」「結婚することでライフスタイルの変化によって出産、子育ておまけに親の介護など、種々の仕事環境の変化など、これまでのようには今の仕事を続けられなくなっている」「収入面で不満を感じている」といったような悩みがあるのでしょう。しかしながら、実際に転職される前に転職したいと、今一度じっくりと再度、現状認識をしてみることもやっておきましょう。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」と再考してみる必要は大いにあるものです。そのうえで決断してみましょう。

    退職|最初に転職をするとき、頭に入れておくべきなのはなぜ現在の仕事を辞めたい・・

  • 生まれてはじめて転職をする際、頭に入れておくべきなのはなぜ今の仕事を去るのかをクリアにしておくことだと考えられます。その理由が問題なのですから、問題解決が可能な会社を選択しましょう。社会に出てからの転職活動は、在学中の就職活動とは異なり、働きながら就職活動をするので、時間と体力が必要になります。だから理由を明確にせず転職活動をすれば、途中で行き詰まってしまう危険があります。どんな手段を使っても転職したい、現状に変化を加えたいという感じの強い気持ちがないあいだは、転職活動を開始するのはやめておくことをおすすめします。