求人に関係する情報をチェックする際、「デスクワークがしたい」と思う人ほ…

退職|求人に係る情報を見る場合、例えば、事務系の仕事が希望だからと…

求人に係る情報をチェックする場合、「デスクワークがしたい」という人ほど製造業の項目を読み飛ばしていたりするものです。そのような人というのは、「製造業は現場で製造する求人募集しかやっていないだろう」と誤解しているケースもあります。現に、製造業での求人でも、現場に出る製造の仕事だけでなく、人事、経理、総務といった人材募集をはじめ、資材、購買、営業管理といった「事務系」に準ずるお仕事もかなり存在します。しかし、製造業の職場自体、ビジネス街から離れているので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、その点がマイナスに映る人もいるかもしれません。そうした事には自分のこだわりを捨ててみることで素敵な出会いがあったり、良い仕事が得られる可能性もあるので、ぜひ選択肢に加えてみてください。

退職|転職を目前にしているなら、今務めている会社を辞める時に…

転職をするために今働いている会社を退社する時に失業保険に関する手続きを行う必要がありますが、自発的に退職願を提出して会社を辞める、いわゆる自己都合退職においては即座に失業保険が給付されるわけではなく手続きが終わった後で失業したことが認定されてから3か月待たなければ受け取ることができないのです。よく間違って退社した日の翌日から3か月経てば給付されると思い込んでいる人がいますが、この規則を知らない人が、手続きにミスがあるはずだと言い張ってハローワークの職員と口論になっているのを見たことがあります。ですが、労働者側の都合ではなくリストラなど会社側の都合による退職のときには、失業認定が下ったのち直ちに失業保険が給付されます。

転職の面接で着るビジネススーツの色においては、新卒の人たちが就職活動の時…

転職の時の面接で着るビジネススーツの色においては、新卒の人たちが就職活動の時に着る色合いが無難です。ですので、紺系や黒系のような落ち着いた色合いになります。それが、転職の場面においても、着用するスーツの色はこういったダーク色がほとんどで、それ以外の色の転職者はほぼ見ることはありません。他のカラーで言えば、たまにグレー系を着ている人がいるくらいです。たいていの場合は黒系や紺系が多いので、面接を行う採用担当の人もそのような色が普通のように感じます。ですから、見た目の印象という面ではおすすめです。

再就職の際の面接についてですが企業側からクールビズで来てください…

転職時の面接での身なりは企業側からクールビズで良いとと事前に言われる場合もありますが、なかには、クールビズで面接に行くのは本当は駄目なのでは?と思ってしまう人もいます。クールビズに関する迷いを懐に背負いこんでいる方々に進言したいのは、企業側からクールビズで良いとされた面接のときは書かれている内容を実行したほうが堅いです。色々悩みすぎて、真夏であるのも関わらずスーツをびしっと着る格好をすると自然ではありませんから、企業側からクールビズでもOKと事前に聞かされたのならクールビズのスタイルで行く方がいいですよ。

転職の面接を受けるためとある会社に伺ったときのことです。

転職における採用面接に希望先の会社へ伺いました。会社の会議室や応接室が空きがないとのことで社外で面接担当者と待ち合わせて採用面接を行って、その場で解散、面接をした方も会社に帰らずそのまま自宅に帰るとのことでしたが、なんと自宅最寄駅が私と一緒。結局は電車内においても面接官と一緒にお話をしながら帰宅することとなって、結果として緊張がなくなって面接よりお話が弾み、それが奏功したからなのか運良く採用を勝ち取りました。

退職|昨今の企業の労働環境の慌ただしい変化に際して、社会人の・・

このように昨今の雇用事情の変移に関して、若い人たちが特に注目しているようです。おそらくは、自らの将来を見据えた動きなのでしょう。このため、労働者・サラリーマンといった層の「流動化」が年々増えてきているので、ますますこの先、若い世代の転職への関心が強くなるでしょう。「流動化」が背景にあることで、勤め先を変えることは他人事でなくなりつつあります。「終身雇用制度」が実在した頃は、「会社を辞めて転職」には悪いイメージがあり、転職が思ったようにいかないケースもありました。時流が変わったせいもあり、現在の会社に固執する意味があまりなくなったように思います。

失業時に受け取ることができる「失業保険」は、失業中でなければもらえませんが、…

失業したときに給付される失業保険は、失業しているあいだは給付条件になりますが、永久に給付されるわけではありません。失業時までに働いていた期間によって異なり、90日とか120日とかが決まるのですが、中にはこういった現実を知らない人が一定数います。失業中である限りもらえると思い込んで失業保険があるから働かなくてもいいと考えて仕事を探さない人もいますが、保険はあと1ヶ月だけ、という段階で気づいてから慌てて職を探し始めてもろくなところが見つからない確率が高いです。転職先の面接官もアホウではないので、失業中に何をしていたかといった箇所はほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。状況によっては、面接官から失業中何をしていたのかことごとく聞かれます。返答に詰まったり、自身を良く見せようとバレバレの嘘をついてしまうと、まず受かりません。

退職|先日新しい仕事先を探すために人材バンクに登録に出向きました。

3日ほど前転職先を見つけるために人材紹介会社へ登録に足を運びました。そこでカウンセリングの時に現れた担当者が見たところ20歳そこそこの社員のようで、私が伝えたいことの半分もその社員は理解できてない感じでした。しかも「キャリアデザインがまだまだですね」とか「きちんと自分の強みと弱みを知っておくことが重要でしょう」とか、上から目線で横柄にしゃべるのでとっても不愉快でした。カウンセリングをする人はある程度カウンセリングの経験がある人にするべきだと思います。

就職活動において、年収は極めて大事な要素です。

就職活動において、年収は大変大事なポイントです。面接時には、ほとんどすべての企業で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。現実の年収を多く偽って、多額の年収を獲得しようとしても、無駄でしょう。なぜかといえば、源泉徴収票が必要となるため、一度は信じ込ませたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、結果的にウソがバレてしまうのです。トラブルの原因になることもあるため、現在の会社での年収を正確に伝え、それに釣り合った希望年収額を設定するのが正解です。ちなみに、現在の年収が400万円の人が、転職後すぐに500万円となる見込みはほとんど場合ありえません。仮に、今、430万円の年収であるのなら、希望額は400~450万円であると伝えておくのが無難です。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、一時的に転職先に合格をもらったとしても、すぐに退職せざるを得なくなるおそれもあるので、注意しましょう。

最近はPCやスマホで調べればインターネット上では、転職に関連するサイトが…

最近はPCを使えばネットの世界では、今では「転職サイト」に類するものが無数に存在しています。サイトから自身に合った転職先を探すためにも、とりあえず情報収集が必要です。このようなサイトをうまく使いこなすことで、スムーズな転職が実現します。更新頻度が高く、さらには転職希望者にとって役立つ情報が満載で、客観性ある内容に富む有益な「転職サイト」がある一方、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、注意が必要です。利用して間もない頃は、信用に足るサイトかどうかを見極めることがポイントとなりますからよそと比較しながらしっかりチェックしてみましょう。

退職|就労であるのなら、可能なかぎり社内の人間に悟られないよ…

雇用期間中なら、できれば周りの人間にバレないように(私の転職活動では)雇用期間中に転社の考えのみ早いうちに社内で知らせたことがありました。とはいえ、その後に求人サイトをあれこれ見ていったものの、結局働く先も転職時期も無計画なまま煮詰まっていないまま知らぬ間に時間がムダになるだけでした。挙句の果てには当時所属していた会社の方は、退職に関わる手続き、私自身の退職予定日などが確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて就職先を決める」といった、本末転倒な事態になってしまいました。結局、理想とする結果が実らず、失職期間を経たのち、次の就業先を見付ける活動をはじめました。

退職|もし転職を考えているのなら、先に「資格」取得は考えておいて損はありません。

もし転職を考えているのなら、転職前に「資格」を取得しておくと有利になります。とくに、仕事を続けているうちに、資格取得しておくと、転職時にそれを生かせるので、新しい職場も探しやすくなります。であるため、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階が資格取得においての一番良い時期といえます。もしあなたが将来のために、社会的にニーズの高い資格を取得しておけば、今の会社を辞めたあとも悔やむことなく前に進めるはずです。加えて、資格によって転職活動では資格が味方をしてくれるので転職先の面接時に面接担当者に即戦力になる人材だと判断され、それまでより待遇も良くなる可能性があります。

仮に再就職しようとしても全部がスムーズに進行するという確証はどこにもありません。

仮に転職するにもすべての人が思ったとおりの成果をあげられると言い切ることはできません。できればいつか、転職しようと考えているなら若い間に出来るだけ早く変えてしまった方が良いです。一般的には、30代前半までは成果があがりやすいですが、残念なことに、30代後半~40代に突入すると転職そのものがたいへん厳しいものと理解しておくべきです。もしも、重要なポジションにいる場合、転職の気持ちが強くなっていても現在の会社にとどまることも選択項目から外さないほうが良いです。つまり、会社を辞めてから転職活動を開始するよりも、今の会社に籍を置いたまま転職活動されるのが後悔することもありません。

退職|今後の社会では段々と考えなくてもできる労働は機械化が進み・・

この先、労働力という観点において短絡的な労働は機械に変換されてその結果、そういう仕事をする労働人口はどうしても削減させられてしまいます。というのも、考えなくてもできる仕事は人間が作業するよりも機械のほうが圧倒的に利便性にすぐれているからです。例えば、数量をカウントしたり、同じ手順を繰り返すのは機械にとっては何の苦もありません。人と違って泣き言も言わない、疲れないし、不正をすることもないし、正確な作業ですし、均一化できるのも魅力です。そして、人と違って給与も発生しません。こういったことから、生身の人間を使う意味がまったく無いことが明白で、機械に置き代わるのも当然の流れなのです。

自身のスキルや資格を活かしつつ、再就職したいと思っているなら・・

今ある自分のスキルが有利にはたらくように就職活動を考える場合に、そのスキルがプラスになる転職しやすい業界とそのスキルが不必要な、転職が難しい業種がある事を知っておくことは大切です。転職が容易な業界としては、たえず人手不足になっている「医療・介護」系がその最たる例です。医療・介護の職種では看護師や介護士資格を持っていることが必須条件となりますので、ハードルの高いジャンルといえます。今現在、医療従事者として勤務している人が、様々な理由により、異業種に再就職したいと考えているのなら、すぐに決断してしまわないほうが良いです。「医療」「介護」以外の大半の業界は、スタッフの流動性がそれほどありません。というわけで、安易に考えないことが重要です。転職を実際に行う際は、ほかの分野の仕事では「医療」「介護」ほど売り手市場とはいかないので理解しておきましょう。

退職|そろそろ転職を考えているのなら、現状の業務や仕事での納得いかない部分、不満に思う部…

今から転職を予定しているのなら、現在の仕事で感じている不満点をハッキリとさせておく必要があります。できていて当然と思われますが、意外とそうでもないのです。不満な点があるからこそ、転職しようと思っているはずです。が、「しっかりと現在の業務の客観的にみた満足できない点を明確化する」ことをほとんどの人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職選びでのミスを防げます。そのあとに、仕事を変えることで「今より何が不便になるか」を明確化してみましょう。現状の問題が全て改善するとは限りません。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職後のモチベーションの低下を高確率で防げますから、失敗しないのはできるでしょう。