求人をチェックする折、例えば、「デスクワークがしたい」と思う人ほど、…

求人に関係する情報をチェックする場合、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」という人ほど…

  • 求人誌を見るとき、例えば、「事務系の仕事をしたい」と考えている人ほどはなから製造業をあまりチェックしていませんが、そうした人の多くは「製造業での求人募集は、現場の製造マンだけ募集している」と誤解しているのです。現に、製造業であっても、総務・経理と言った 人材 や購買、営業管理などの「事務系」に分類されるお仕事も結構多くあります。ですが、製造業の職場はオフィス街から離れているのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人には嫌だと感じる人もいるかもしれませんが、そうであったとしても、自らの執着をなくすことで素晴らしい人との出会いによって、将来をより良いものにしてくれる可能性もあるのです。
  • 転職する際、現在勤めている会社を退社する時に失業保険の給付を受けるための手続きが必要です…

  • 転職を行うにあたり、現在勤めている会社を退社する時に失業保険の給付を受けるための手続きが必要ですが、もし自分から退職願を提出して会社を辞める、いわゆる「依願退職」の際にはすぐさま失業保険を受け取れるわけではなく手続きをしてから、失業したことを認められてから3ヶ月経たないと受け取れないのです。よく間違って会社を辞めた次の日から3ヶ月でもらえる、と誤解しないようにしましょう。実際にこの間違いを犯した人が、ハローワーク側に落ち度があると言い張ってその結果としてハローワークのスタッフと言い争っていたのを過去に見たことがあります。ちなみに、労働者側の都合ではなくリストラのような、「会社都合」での解雇のケースでは、失業認定を受けて直ちに失業保険を受け取ることができます。
  • 退職|転職の面接でいるビジネススーツのカラーについては、新卒の学生が就職活動の・・

  • 転職時の面接で着るビジネススーツの色に関しては、新卒の人たちが就職活動の時に身に付けている色味が基本です。具体的に言うと、黒や紺色といった暗めのカラーになるわけです。それは再就職の面接でも、スーツの色合いはこのようなダークカラーが大多数で、そうでない色のスーツの人はあまり見かけることはありません。それ以外だと、まれにグレー系を着用している方が若干いるくらいで、大方は紺や黒が大多数です。ですから、面接を行う人事部から見ても黒や紺のスーツが当たり前のように感じます。ですから、身だしなみ、という面においては推奨したいわけです。
  • 転職時の面接での身なりは会社側からクールビズで良・・

  • 転職をする際の面接で会社側からクールビズでもOKとと伝えられる場合もあるようですが、なかには、クールビズで伺うのは本当は失礼なのでは?と思いがちです。クールビズについての迷いを懐に抱いている方々に伝えたいのは、クールビズOKだと言われたのであれば、伝達事項を素直に聞き入れるほうが良いです。疑心暗鬼になり、すごく汗がでる時期にしっかりとスーツを着ると不自然なイメージを持たれてしまいます。ですから、企業側からクールビズでも大丈夫ですよと言われたらクールビズのスタイルで行く方がいいですよ。
  • 退職|転職の面接を受けにある会社に行きました。

  • 転職の面接を受けるためある会社に赴いたときのことですたまたまその会社で部屋が空いていないというわけで会社外で待ち合わせて採用面接を行い、そのまま解散して、面接をした方もそのまま自宅直帰されるとのことだったのですが、偶然にも下車する駅が私と同じだったのです。結局は電車内においてもずっとお話しながら帰ることになって、結果として緊張がほぐれ面接より話が弾み、それが功を奏したのか何事もないまま採用を勝ちとることができました。
  • 退職|今現在の会社や企業の労働背景の変化において、働きざかりの世代の中で…

  • このように昨今の企業の雇用に対する考え方が大きく変化したことに関して、社会人の中で34歳ぐらいまでの若年層は鋭く感じ取って、おそらくは、転職と自身のキャリアアップを同時に考えているのでしょう。そのため、労働者・サラリーマンの労働市場の「流動化」が著しくなっているため、次第に将来、世代に関わらず転職についての関心が増えると予想されます。労働力の「流動化」が背景にあることで、一つの会社に縛られない生き方は当たり前になり、「終身雇用制度」があった頃は、「会社を辞めて転職」は印象が悪く、実際に転職するのが難しい時代でもあったのです。しかしながら、今ではこの事も全く当たらず今現在の会社だけに執着する意味も必要性もますます無くなってきています。
  • 失業によって得られる失業保険は、もらうためには失業中であることが必要ですが…

  • 失業によって得られる失業保険は、失業しているあいだが給付条件となりますが、延々と給付されるわけではありません。それまで働いていた期間によって変動し、90日とか120日とか設定されるのですが、この事実を知らない人がいたりします。失業中である限りもらえると勘違いして働けば失業保険がもらえなくなると考えて仕事を探さずにブラブラしている人もいますが、給付期間が終わろうというところでようやく自分の間違いを知り慌てて職探しをしたとしてもあまりいいところは見つかりません。転職を希望している会社の面接官もアホウではないので、失業中にきちんと求職活動をしていたかについて大よその想像が付く。相手によっては、面接の際に何をしていたか質問されることになり、返答に詰まったり、自身を良く見せようとバレバレの嘘をついてしまうと、採用は極めて困難になります。
  • 退職|転職活動の一環として人材紹介会社へ登録に行きました。

  • 昨日転職のために人材会社に登録に向かいました。カウンセリングを行うために現れた担当の人が見た感じ会社に入って間もない社員のようで、こちら側が説明をしていることの5割ほども彼はわかってはいない模様だったのです。しかも「そのキャリアデザインでは厳しいですね」とか「もっと自分の強みと弱みを知っておくことが重要です」等、知ったかぶりに偉そうに言い散らかすからすっごく不快でした。カウンセリング担当者はそこそこ能力のある人にしてほしいと思います。
  • 就職活動において、年収を無視することは不可能です。

  • 就職活動において、年収は大変重要な要素です。大半の会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。年収を実際もらっている額よりも大きく申告し、多額の年収を確保しようと試みても、無駄な努力でしょう。なぜなら、「源泉徴収票」が必要なため、たとえ一度は信じてもらえたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、結局は虚偽の申告をしたことがバレていまいます。最悪、転職先とのトラブルにもなりかねないので、現職の年収を水増しせずに申告し、それに釣り合う希望年収を設定することです。なお、今の年収が400万円の方が、転職して500万円となる可能性はまず無理です。もし、年収が400万なのであれば、希望額は400~450万円と伝えておくとよいでしょう。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、せっかく入社したのに退職しなければならないという事態になることもあるので、気をつけましょう。
  • 近頃はPCやスマホを使えばインターネットで見られる世界に…

  • 世の中は便利になったものでパソコンを見ればネット上では、転職に関連するサイトが数多く存在しているのをご存知でしょうか?その多くて困るくらいのサイトから自身の目的に合致した転職先というのを見いだすにはまず、情報を集めることをする必要があります。こういう転職サイトを上手く活用することで、満足度の高い転職を叶えられます。更新頻度が高く、さらには正しいレビューなども載っている役に立つ「転職サイト」がある一方、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。使い慣れないうちは、本当に信用していいサイトかどうかを見極めることが大事ですから他と比べつつ、確かめてみましょう。
  • 雇用中には、出来るだけ会社内の人に悟られないよう、(…

  • 就労期間中は、出来るだけ周りの人間にバレないように(私の例ですが)就労期間中に転身の気持ちだけを早い段階で社内で話してみました。しかしながら、それから、求人情報を見て回ったのですが、結局転職先のあても、仕事を変えるタイミングすら無鉄砲に決まらずズルズルと時間がムダになるだけでした。挙句の果てにはその傍ら、当時所属していた会社の方は、業務の引き継ぎ予定や手続き、自身の退職予定日などが段々と確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、なんともお粗末な結果になってしまいました。結局、理想とする結果が実らず、失職期間を経験したあとで、次の就業先を探す流れになりました。
  • もしもあなたが転職するのなら、資格を取得することでステップアップできます。

  • もし転職を予定しているのなら、事前に資格を取得することで選択肢が増えます。とくに、仕事を続けているうちに、資格を取得するのがお勧めです。転職でそれを生かせるので、新しい仕事を見つけやすくなります。なので、在職期間中が資格取得においての一番最適です。あなたが再就職を考えているなら、是非とも在職中に目指したい仕事の資格を取ると今の会社を退職後も躊躇なく次に進められるはずです。それに、資格を取ることができれば、面接のときには面接官に「即戦力」と判断され、それまでより待遇アップも期待できるでしょう。
  • 仮に再就職しようとしても全てが都合よく運ぶという確証はありません。

  • 再就職を目指そうとしても、理想通りの成果があがるという確証はどこにもありません。可能であれば、いつか、しようと考えているなら年齢が若いうちにできるだけ早く変えたほうが良いでしょう。普通は、20代のうちはかなり有利ですが、残念なことに、30代後半~40代を迎えてからの転職というのはとても厳しいものと理解しておくべきです。もしもあなたが、重要な役職を担当している場合、転職の気持ちが強くなっていても会社に残ることも結論として選ぶ答えの中に入れておくべきです。退社してから転職活動をスタートさせるよりも、今の会社での仕事を続けながら、注意深く行動したほうが良いということです。
  • 将来、私たちの労働環境において着々とシンプルな仕事・・

  • この先、労働力という観点においてぐんぐんと単純労働は機械で処理されるようになっていき、結果、そういう仕事をする稼働人口は減っていきます。そのワケは、短絡的な労働という観点では人より機械を稼働させたほうが比べられないほど利便性にすぐれているからです。数をカウントしたり、同一の動作をずっと繰り返したりすることは機械には何も不自由もありません。人と違って愚痴を言わず、疲れることもないし、ずるもしない、正確な作業ですし、均一にこなせます。加えて、賃金を渡さなくてもいいのがメリットといえます。こういった点から、人間を使う意味がまったく無いことが明白で、機械にシフトされるもの自然といえます。
  • 自分のスキルをふまえて転職活動を検討する場合は、再就職しやすい業界と、…

  • 今ある自分のスキルや資格が有利にはたらくように転職活動する際は、比較的、転職がしやすいジャンルと難しいものとを知っておいてください。転職がしやすい業界としては、たえず人材不足がいわれている「医療・介護」が、代表例といえます。看護師や介護士の「資格」が必要で、資格を持っている人たちにとってはとても転職しやすい業界です。ただし、現在「医療・介護」の仕事をしていて、仕事のきつさから、異業種に転職したいと考えているのなら、すぐに行動するのはキケンです。他の業界では流動性は少ないもの、と理解しておきましょう。というわけで、簡単に考えない事が必要です。異業種への転職を希望するなら、ほかの分野の仕事では「医療」「介護」ほど売り手市場とはいかないので理解しておきましょう。
  • 来週からでも転職をするに当たっては、現状の職場・業務…

  • 転職することを希望しているのなら、直近の仕事や業務の何に対して不満を感じているのかをハッキリとさせておきましょう。当然と思われますが、意外とできてないです。そもそも不満があるから転職しようと思っているはずです。が、「しっかりと業務の不満を明確化する」ことを大半の人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が悪化する事を許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びに失敗するリスクは減らせます。そして、もしも転職した場合、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を明確にイメージしてみましょう。転職できたとしても、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。ですが、メリット・デメリットの両方を前もって理解しておけば、転職後のモチベーションの低下を防ぐ事が容易になるはずです。