求人情報をチェックする折、「オフィス系の仕事をしたい」と考えている人ほ・・

求人関連の情報を見る場合、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」という人ほど…

  • 求人情報をチェックする際、「デスクワークがしたい」と考えている人ほどはなから製造業を見ようとしないものです。そんな人は「製造業は現場で製造する求人募集しかやっていないだろう」と間違って理解しているケースもあります。実際に、製造業での求人であったとしても、現場に出る仕事だけでなく経理、人事、総務などの人材募集から、資材、購買、営業管理のような「オフィス系」に分類されるお仕事もかなりの数あります。けれども、製造業の大半はオフィス街と同じ環境ではないのでそういった部分がイヤと感じる人もいるでしょう。そうだとしても、自らのエゴをなくすことで人との出会いや、将来の可能性を高められるチャンスになるはずです。
  • 転職する際、「失業保険」給付手続きをしておく必要がありますが・・

  • 転職を目前にしているなら、今働いている会社を退社する時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが、あなたの意志で退職願を提出して会社を辞める、いわゆる「依願退職」のときは失業保険を即、受け取ることができません。手続きが終わった後で失業したことが確認されてから3か月経つこことが必要なのです。よって、会社を辞めた翌日から3か月経てばもらえると思っている人が居るが、この規則に無理解な人が、本当はもらえるはずだと言い張ってそれが原因でハローワークの担当者と揉めているのを見たことがある。念のために付け加えておくと、労働者側の都合ではなくリストラなど会社都合で解雇された場合は、失業認定を受けてすぐ失業保険が給付となります。
  • 退職|職を変える際にいるビジネススーツのカラーについては、…

  • 転職の面接で着用するビジネススーツの色合いについては、新卒の就職活動の際に着用するカラーが基本的です。言い換えるならば、黒や紺色などのような暗いカラー、ということになります。それは転職でも、着用するビジネススーツのカラーは黒系や紺系のダークカラーが多数を占めていて、そうでない色を着用している方は少数です。あえて言えば、たまにグレーのビジネススーツを着用している方が若干いるくらいです。ほぼ黒や紺のスーツを着用する方が大多数を占めています。ですから、人事部から見ても黒や紺色であるほうが自然に見えますから、見た目の印象という点ではおすすめです。
  • 転職の時にする面接での身なりは企業側からクールビズ可・・

  • 再就職の際の面接についてですが会社側からクールビズでもOKとと記載されている場合もあるようですが、なかには、クールビズで赴くのは実際は印象が悪いのではないか?と思ってしまいます。そういうことで悩みを背負いこんでいる人々に伝えたいのは、会社側からクールビズで良いとされた面接時は言われた内容をそのまま行動に移したほうが無難です。悩みすぎて、真夏なのにスーツを着込んでいくと自然ではありません。ですから、企業側からクールビズで来てくださいと書かれていたらクールビズで構わないのです。
  • 退職|転職の採用面接を受けにとある会社に伺いました。

  • 転職の面接を受けに転職希望の会社へ出向いたときのことです。たまたま会社の会議室や応接室が空きがないということで外部のある場所で面接をする方と待ち合わせをして面接を行い、その場で解散をし、面接をした方もそのまま自宅直帰されるとのことだったわけですが、ところが自宅からの最寄駅が一緒。そのため電車の中でも一緒に会話をしながら帰宅することとなり、すっかりリラックスして面接より話が弾み、それがプラスになったのかなんとか採用を獲得することができました。
  • 退職|昨今の労働背景の変化に際して、全世代の中で若い世代が特にチェックし、気にかけているようです。

  • 昨今の会社や企業の労働背景が変化したことにおいて、社会人の中で若い人たちほど敏感に感じ取っているようです。おそらく、今後の転職とキャリアアップを視野に入れているのでしょう。労働者やサラリーマンといった人たちの労働力の流動化が進んでいるようで、輪をかけてこの先、若い世代以外の層にも転職の関心が強まっていくでしょう。「流動化」が進んでいく結果、勤め先を変えることは当たり前となりつつあります。「終身雇用制度」が普通に機能していた頃には、「会社を辞めて転職」にはそれだけで悪いイメージがあり、転職が思うようにいかず、困っていた人もありました。社会の流れが変わり今現在の会社のみに執着する意味も必要性も薄れてきています。
  • 失業時にもらえる「失業保険」は、失業している間もらえるが、…

  • 失業した人に給付される失業保険は、失業しているあいだ、給付条件になりますが、延々と受け取れるワケではなく、「期間」があります。失業時までに勤務していた期間に応じて変わり、3ヶ月だったり、1年だったりするのですが、なんとこういった現実を知らない人が一定数います。永久にもらえると思い込んでいつまでも遊んでいる人を見かけるが、失業保険はあと1ヶ月のみ、という段階で気づいてから慌てて職探しを開始しても条件のよいところを探すのは難しいです。転職を希望する会社の面接担当もバカではないので、「いつ失業したか?」「失業してからどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたのか?」といった内容はほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。状況次第では、面接時にそのような質問を食らう可能性もあります。答えに困ってバレバレの嘘をついたりしていると、受かるのは難しいでしょう。
  • 数日前転職先の会社を探すために人材紹介会社へと登録に行きました。

  • 先週新しい仕事先を探すために人材会社に登録に向かいました。そこで登録するときのカウンセリングの時に出てきた担当者がどうも新入社員じゃないかと思う人で、私が説明していることの50%ほども理解できてない感じでした。それに加えて「そのキャリアデザインでは厳しいですね」とか「もっと強みをはっきりとさせることが大切でしょう」とか、わかったふうに偉そうに話すのですっごく不快でした。カウンセリングを担当させるのはそれなりに社会人の経験がある方にしてほしいと感じます。
  • 就職活動において、年収はかなり重要なポイントです。

  • 就職活動において、年収は非常に大切なポイントです。面接の際、大部分の企業で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき実際もらっている年収よりも多めに申告し、転職先での年収を増やそうと画策するのは辞めておきましょう。なぜなら、最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、仮に一時的に騙せたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、最終的にはウソがバレてしまうためです。ヘタをするとトラブルに発展するおそれもあるので、現在の会社での年収を正確に申告し、それに釣り合う希望年収額を設定するのが賢い選択となります。例をあげると、年収300万の人が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばまずあり得ません。もし、年収が400万なのであれば、希望額は400~450万円と伝えておくべきです。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、せっかく入社した会社を退職を余儀なくされることもあるので、気をつけましょう。
  • 退職|どうもパソコンを使えばわかるけどインターネット上では、…

  • 近頃PCで調べればインターネットで見られる世界には要するに「転職に役に立つサイト」と呼ばれるものがかなりの数存在します。その多くのサイトから自身に見合った転職先というのを見つけたいなら、なんといっても情報を集めることをする必要があります。こういう転職サイトをしっかり使うことで、満足度の高い転職先探しが可能です。転職情報が満載で、客観性と正確性を持ち合わせた「転職サイト」もありますが、優良とは程遠い、粗悪な情報しか掲載していないサイトもあるので、注意が必要です。とりあえずは、信用に足るサイトかどうかを見極めることが大事ですからよそと比較しながら厳しくチェックしてみてください。
  • 在職中には、可能ならば、気づかれないように、(自身の転職活動・・

  • 就労期間にあるときは、できれば同僚に気づかれないように、(私の転職活動では)就労期間中に転身の意図だけ、早いうちに社内の人間に言ってみたことがありました。だが、その顎、転職情報を必死にあれこれ見ていったものの、予想に反して転職するタイミングすら無計画なまま決まらないまま、あっという間に時間だけが過ぎてしまいました。その一方で、当時所属していた会社の方は、業務の引き継ぎや手続き、自らの退職日などが確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、お粗末な状況になってしまいました。ですが予定は噛み合うこともなく、失職期間を経たあと、次の就職先を再度探しました。
  • 転職するのなら、資格を取得することで有利になります。

  • もしもあなたが転職したいと考えているなら、先に「資格」の取得をしておいた方が良いかもしれません。また、仕事を続けているうちに、資格を取得すると、転職の際でそれを生かせるので、新しい職場も探しやすくなります。そのため、在職中であり、かつ転職活動前の段階で資格取得をするのがお勧めです。もしあなたが転職を目指しているなら、このあと役立つ資格を持っておくと、今の仕事に別れを告げても前向きな姿勢で転職に挑むことができます。加えて、資格を保有することで面接の場では「即戦力」と好意的に捉えられ、今までの職場より待遇が良くなる可能性が高くなります。
  • 転職を考えたとしても、あらゆることが順調に運ぶとは限りません、…

  • 再就職を考えたとしても、すべての人が満足いく成果をあげられるという確証はどこにもありません。もしも転職するのなら、いつかするつもりなら若い間になるべく早く行動しておいたほうが良いです。ほとんどの場合、20代の若いうちは成果があがりやすいですが、残念なことに、30代後半~40代に達すると転職自体がとても厳しいものと理解しておくべきです。管理職などを任されているのなら、転職する意思が芽生えたとしても、今の会社に籍を置くことも選択項目に含めておくべきです。退職後に転職活動をスタートさせるよりも今の仕事は続けながら時間をかけてじっくり探すほうが良い、ということです。
  • 近い将来、私たちの労働環境において徐々に考えなくてもできる作業は…

  • 将来的に、私たちの社会的環境において確実に考えなくてもできる労働は機械によって最終的には必要な人手は少なからず削減させられてしまいます。なぜかというと、考えなくてもできる仕事という観点では人の手を借りるよりも機械で作業するほうが比べられないほど分があるからです。例えば、数量を計測したり、同一の作業をリピートしたりすることは機械なら問題ありません。もちろん人と違って愚痴は言わないし、疲れもしない、ズルもしないし、正確にこなしてくれますし、均一だし、おまけに「人件費」を渡さなくてもいいのがメリットといえます。このような観点から労働力として人を使う理由がまったく無いため、機械化の流れは無理もありません。
  • 退職|今ある自分のスキルを有効活用しつつ、就職活動を考える場合に…

  • 自身のスキルを活かしつつ、再就職を検討しているなら、そのスキルがプラスになる転職しやすい職種と比較的、再就職が難しいジャンルがある事を事前に知っておきましょう。転職しやすい業界は、たえず人材不足がいわれている「医療・介護」が、とても有名ですね。医療・介護の分野では看護師、介護士資格が必要であるため、ハードルが高く、資格保有者に有利な業種といえます。こうした業界で働く人が、とある事情によって他のジャンルへ転職してみたいと思う場合は、要注意です。他の業界では人材の流動性がそれほどありません。なので、簡単に考えないことが大切です。転職を実際に行う際は、ほかの分野の仕事では「売り手市場」な前提で軽率な行動を取らないように気をつけておきましょう。
  • そのうち転職活動をするに当たっては、直近の職場や仕…

  • 転職することを希望しているのなら、今現在の業務や業務での納得いかない部分、不満に思う部分を洗い出しておく必要があります。できていて当然と思われますが、意外とできてないです。もともと気に入らないことが大きいから転職しようと思っているはずです。でも「ちゃんと仕事・業務の不満なことを挙げる」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の問題をしっかり見える化しておくと、転職選びに失敗するリスクは減らせます。そのあと、転職を叶えたあと、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を明確にイメージしてみましょう。現状の問題が全て解消されるとは限りません。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職したあとのモチベーションの急激な低下は高確率で防げますから、失敗しないのは容易になるはずです。