求人誌をチェックする時、「事務系の仕事をしたい」と思う人ほ…

退職|求人に関する情報をチェックする時、「デスクワークがしたい」という人は・・

求人関連の情報をチェックする場合、例えば、「デスクワークがしたい」と思う人ほど、製造業を見逃してしまっています。そのような人のほとんどは「製造業は現場で製造する仕事しかない」と勘違いしているケースもあります。製造業での求人でも、現場に出る仕事だけでなく経理、総務、人事といった従業員募集に加え、資材、購買、営業管理といった「オフィス系」に準ずる役職もかなり存在します。ですが、製造業がある場所はビジネス街でないのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはそういった点が受け入れられないと感じる人もいるでしょう。でも、自分のエゴをなくすことで仕事の選択肢を広げ、将来をより良いものにしていく助けになるはずです。

退職|転職に先立って今働いている会社を辞める時に「失業保険」を受けるための手続きをしなくてはなりませんが…

転職に先立ち現在勤務している会社を辞める時に失業保険についての手続きを行う必要がありますが、もしも自分の意思で退職願を提出して会社を辞める、いわゆる自己都合退職の際には失業保険をすぐさま受け取れません。手続きをした後で失業が確認されてから3か月経たないともらえない。よく勘違いして辞めた次の日から3か月経過すれば給付されると信じている人がいますが実際に勘違いしてしまった人が、ハローワークの職員の方が間違っていると言い張ってその結果としてハローワークの職員さんと言い争っていたのを過去に見たことがあります。加えて、労働者側の都合ではなくリストラなど会社の都合で退職するときは、失業認定を受けたのちすぐに失業保険を受け取ることができます。

転職時の面接で着るスーツのカラーにおいては、新卒の・・

転職の面接で着るビジネススーツの色については、新卒の学生が就職活動の際にに身に付けるカラーが良いとされています。要するに、紺や黒のような落ち着いた色合い、ということになります。転職の場面でも、ビジネススーツの色味というのはこのような暗めの落ち着いたカラーが大方を占めそれ以外の色の転職者は少数です。それ以外だと、まれにグレー系を着用している方が若干いるくらいで、たいていの場合は黒や紺が多いのです。ですから、会社側から見ても黒や紺色であるほうが自然に見えますから、身だしなみ、という観点においてはおすすめです。

再就職の時に行われる面接時に企業側からクールビズで来てください・・

再就職の時にする面接では会社側からクールビズ可とと記載されている場合もあるようですが、クールビズの格好は本当は悪いのでは?と懸念する人もいます。クールビズに関する迷いを抱えている方々にアドバイスしておきたいのは、会社側からクールビズで来ても良いとされた面接の際は書かれている内容を素直に聞き入れるほうが堅いです。色々考えて、明らかに暑い時期にクールビズでないと逆に暑苦しい印象を与えてしまいますから、企業側からクールビズでも大丈夫ですよと記載されていたらクールビズで行く方が好ましいのです。

退職|転職の採用面接に転職したい会社へ出向きました。

転職の採用面接を受けにある会社に出向いたときのことです。たまたまその会社で部屋がすべて他の客でつまっているということで外部のある場所で面接官との待ち合わせをして採用面接をし、その場所で解散をし、面接をした方もそのまま自宅直帰されるとのことだったのですが、なんと下りる駅が私と一緒だったのです。そのため電車の中においても面接官とずっとおしゃべりしながらいっしょに帰ることになり、すっかりお互いリラックスして面接より話が弾み、それがプラスに働いたのかなんと採用を手に入れることができました。

このように近年の会社や企業の労働背景の慌ただしい…

このように近年の雇用事情が激しく変わってきたことに当たって、働きざかりの世代の中で34歳ぐらいまでの若い世代は鋭敏に感じ取って、それはたぶん、先行きを見据えようとしているのでしょう。ですから、労働者・サラリーマンといった人たちの労働力の「流動化」が年々大きくなっているので、より今後、益々世代に関わらず転職の関心度が高まると考えられます。労働力の「流動化」の影響で転身することは当たり前となりつつあります。終身雇用が蔓延していた時代には「会社を辞めて転職」にはれだけで良くないイメージがつき転職が思うようにいかず、困っていた人も多くありました。しかし時流が変わったせいもあり、現在の会社に固執する意味があまり無くなっているように感じます。

退職|失業した人が受け取れる失業保険は、失業状態でなければもらえませんが・・

失業時にもらえる「失業保険」は、失業中であることが給付のため必要ですが、給付される期間について規定があります。失業時までに勤務していた期間によって異なり、3ヶ月とか、1年と設定されるのですが、驚くことに知らないで失業中である限りもらえると勘違いして「失業保険を給付される間は遊ぶ」という人を見かけますが、給付期間の最後1か月になった段階でようやく自分の勘違いに気づき焦りつつ就業先を探してもロクなところが見つからない可能性が高い。会社の面接官もバカでは無いので、失業中にきちんと求職活動をしていたかといった内容はおおよその部分は相手(面接官)にバレてしまいます。運が悪ければ、面接の際にその手の質問をされることもあります。答えに困ってとんでもないことを言ってしまったりすると、まず受かりません。

数日前転職の準備をしようと人材紹介会社に登録に足を運びました。

一昨日転職先を探すために人材会社へ登録に向かいました。そこで登録するときのカウンセリングをしに出てきた担当の人が見たところ経験不足の社員のようで、こちら側が説明している話の5割もその社員は理解できていない模様。しかも「キャリアデザインを作り直した方がいいですね」とか「きちんと自分の強みを明確化しておく必要があります」とか、一人前の話を偉そうに話すのでとてもイラつきました。カウンセリングを担当する人はそれなりにカウンセリングの経験がある社員にするべきです。

就職活動において、年収は大変重要な要素です。

就職活動において、年収は極めて大事なポイントです。面接において、ほとんどのケースで現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。本当の年収を上回る額をもらっていると偽り、転職先で多くの収入を得ようと試みても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、最終的には源泉徴収を提出することになるので、たとえ一時的に信じ込ませたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、結局はウソがバレてしまいます。トラブルの原因になることもあるため、現在の年収を正直に伝え、それに釣り合った希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。なお、今の年収が300万円の方が転職後に500万円となる可能性はほぼあり得ません。たとえば、現在の年収が430万円としたら、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくことをおすすめします。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、一時的に採用されたとしても、そのまますぐに退職しなくてはいけなくなることもあるので、注意しましょう

退職|PCを使えばわかるけどネットで見られる世界では「転職サイト」に類するも・・

最近パソコンを使えばネット上では、今では「転職に関するサイト」と呼ばれるものが無数に存在しています。その無数のサイトから自身の目的に合った転職先を見付けるために、とりあえず情報が大事ですから収集が必要です。このようなサイトをうまく使いこなすことで、満足度の高い転職先探しが可能です。転職情報が満載で、正しいレビューなども載っている優良なサイトがある一方で、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。まずは、本当に信用していいのかどうかを見極めることが大事ですからよそと比較しながら確かめてみてください。

退職|在職中であるのなら、できるだけ同僚に気づかれないように…

在職期間にあるときは、なるべく会社内の人にバレないよう(自身のときは)在職期間中に転社の意思表示のみを早い段階で周りの人に知らせたことがあります。しかしながら、その後転職情報を必死に色々とみていったのですが、思いとは裏腹に働く先や時期などさえも何も進めていたので、ダラダラ時間だけが経過してしまいました。一方の会社の側は、仕事の引き継ぎや手続き、私自身の退職日などが決定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、就職先を見付ける」という、お粗末な状況になってしまいました。予定は噛み合うこともなく、失職期間を経験したあとで、次の就業先を再度探しました。

もしあなたが転職するのなら、事前に資格を取得することでステップアップできます。

もし転職を考えているのなら、転職する前に資格を取得することでステップアップできます。とくに、転職活動を始める前の段階で、資格取得をしておくのがお勧めです。転職活動にそれを生かせるので、転職できる企業がグッと増えます。こういった理由から、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階がもっとも好ましいタイミングといえます。もしあなたが未来を考え、このあと役立つ可能性の高い資格を持っておくと、今の仕事に別れを告げても心残りもなく、前に進んでいけます。それにプラスして、資格を取ってからの面接のときには面接担当者に戦力になると判断してもらえ、以前より待遇アップも期待できます。

転職を考えたとしても、思ったとおりの成果が得られるとは限りません・・

転職を考えたとしても、誰でも思ったとおりの結果が出るかどうかはわかりません。もしも転職するのなら、いつか、しようと考えているならあなた自身が若いうちに変えてしまった方が良いです。一般的には、20代のうちは良い希望を見出しやすいですが、残念なことに、30代後半~40代に達してしまうと転職活動全般は、たいへん厳しくなります。管理職などの重要なポジションに就いているのなら、転職を意識していても会社に残ることも選択肢から除外しないでおきましょう。ようするに、退社してから転職活動を開始するよりも、現在の会社には残ったまま転職のチャンスをしっかり掴んでおく方が良い、ということです。

将来的に、私たちの労働環境において一段と単純な仕・・

今後着々と単純労働は機械で済まされるようになり最終的にはマンパワーはどうしても縮小させられてしまいます。なぜなら、単純労働の場合では、人間よりも機械でやったほうが比べられないほど強いからです。数をカウントしたり、同一の手順を延々と繰り返すことは機械にとっては何の苦もありません。当たり前のことながら人と違って泣き言を言わないし、肉体的な疲れもないし、ズルもしないし、正確にこなしてくれますし、均一だし、付け加えて、賃金も発生しません。こういった点から、生身の人間を使う意味が到底なさすぎます。機械に移行していくのも自然の流れなのです。

あなたが持つ現在のスキルや資格を有効活用しながら、転職…

自分のスキルを有効活用しながら、転職活動をするつもりなら、そのスキルがプラスになる転職しやすいジャンルと比較的そのスキルが不必要な、転職が難しいジャンルがある事を大まかに知っておきましょう。再就職の難易度が低めの業界では、たえず人材不足がいわれている医療や介護系の業種が代表的といえます。医療・介護の職種では看護師、介護士は看護師や介護士といった国家資格が必要で、資格を持っている人たちにとってはとても転職しやすい業界です。現在、看護師や介護士として勤務している人が、仕事がきついからと異業種に転職したいと思っているなら、すこし踏みとどまった方が良いです。「医療」「介護」以外の多数の業界は、スタッフの流動性は少なくなります。なので、簡単に考えないことが大切です。異業種への転職を希望するなら、「医療」「介護」ほど売り手市場とはいかないので気をつけましょう。

いよいよ転職活動しようと考えるのなら、今の仕事・・・

そのうちでも転職活動を希望しているのなら、直近の業務や仕事での納得いかない部分、不満に思う部分を明確化する事が必要です。当然できていると思うと、意外とできてないです。もともと不平があるから転職しようと思われているはずです。でも「今の人間関係などの客観的に考えた問題なことを列挙する」ことが出来ている人は少ないものです。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職選びでの失敗を防げます。そのあと、転職を叶えたとしたら、「今より何が不便になるか」を想像してみましょう。すべての問題が解決するとは限りません。こうした整理をする事で、転職してからのモチベーションの低下は未然に防ぐことができると思います。