派遣で勤務しています。派遣法や労働契約法のおかげで残念です・・

派遣として勤務しています。派遣法や労働契約法の関係・・

ある会社に派遣されて働いています。労働契約法が原因で長期間務めていた派遣先での勤務が終わります。同じ派遣である方の中には、派遣先から正社員のポジションをゲットした方もいるのですが選ばれた理由としては正直なところ仕事がどうというのではなく派遣先上司へのあしらい方が得意な方でお引き立てがあった様子。テクニカルスキルよりも上司に媚びるスキルの方がいるんだねーと選考に漏れた派遣仲間達と文句を言ってます。

転職のための活動中はとにかく、まず常にあなたの内心…

転職活動をしている最中は、まず必ず心が静かであることを大切にしましょう。会社で働きながら転職のための活動をするのであれば、それほど気にする必要はありませんが、退職をした後にする場合だったら、どうしても内心が焦りがちになってしまいます。であるので、気持ちを抑えつつ、活動を続けましょう。自分がやってみたい業務や、理想とする職場のイメージなどを明瞭にしてみましょう。実際の職場とのそれらが合致しているかどうか、改めて冷静に見極めましょう。時間を掛けて判断することで良い転職先が容易に見つかるはずです。

転職の面接で高確率で聞かれるのは前に働いていた会社を退職し・・

転職をする時に面接でほぼ聞かれるのが前に働いていた会社を辞職したのかという話ですが、このような質問になった際には退職した会社を話の中心にしないほうがベストです。会社を退職した理由を的にしてしまうとどうしても悪い面を含んだ話の内容になってしまいます。どういう風に進めればいいかというとなぜ前職を辞めたかという点をこの会社になにがなんでも入社したかった理由があるという感じに持っていくということで、自己アピールもかねて面接に来た方の会社へ話の内容をもっていくべきなのです。そのような話ならば、良い印象を与えることができる退職理由に聞こえます。

退職|再就職先を探している間は、そういう風にしたいわけではないの・・

転職活動中は、知らず知らずのうちに時間が有り余っているため、気が緩んでしまい、だれた生活を送ってしまいがちです。が、そんな風な生活をするのはお勧めできません。人間というのは、緊張感のない、ダラダラとした生活が当たり前になると、肉体的にだけでなく、「心」にも問題が出てくるからです。徐々に、仕事をしようとする意欲が湧かず、経済的に困ってしまいます。そうなると、すべてにおいて悪循環になり、次の勤め先をうまく見つけられなくなります。次の仕事を決められなくなるのは、給料を第一に考えてしまうためです。もらえるお金を最優先事項に考えざるを得なくなるとキャリアアップのために転職を決意していたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ですので、お金に縛られない生活を続けるためにも、ダラけるような生活は止めておきましょう。

将来に目を向け、期待をもって再就職に向けての転職活…

将来に目を向け、楽しみながら再就職ができれば、精神的な重荷も少ないので、結果として転職期間中に堕落しないで済みます。精神的な部分が健全であれば、あまり時間をかけることなく転職が出来るでしょう。一番ベストな形は、スムーズな隙間のない時間で新しい勤め先を見付けることが大事です。一番は働きながら次を見付ける形が理想的です。さらに、隙間のない探し方をすることで、仕事を辞めたあとすぐに、働けます。そういった形にしておくと、職歴の空白期間をなくせるため、今後に響きません。要するに、転職の際に不利になることがないということです。先のことを考えながら、スムーズに転職活動を進めていきましょう。

退職|転職を行うとき、事前にウェブサイト、求人票、企業パンフレットな…

転職活動を始める場合、始める前に、ハローワークや求人雑誌の求人情報を見たりして気になる会社を調べるでしょう。しかしながら、当該会社が実際にそのようなところに情報を出す場合には、コンサルタントが主導していることが多いです。彼ら(コンサル)は、会社にマイナスとなる情報を隠す達人でもあります。仮に公表するとしても差しさわりのない表現をします。そういった類のそのような会社の「社長インタビュー」または「社員情報」などは、それを事実として見るのではなく、疑いながら読んだ方がいいでしょう。額面通りに受け止めて入社してしまった場合、「話が全く違う」と後々、後悔するおそれがあります。悪意ある会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後、様々なイチャモンをつけて辞めさせないようにするかを考えている。この種のブラック企業には気を付けましょう。

転職候補先の会社見学ができれば、非常に勉強になります。

転職しようと考えている会社での会社見学に参加するとかなり参考になります。会社見学できる会社の中でも、「職人」のいる会社なら、職人技を間近で見られるのでワクワクします。が、残念なことに「職人」がいる会社見学は、見学者にはほぼ、いつもの働き方を見せてくれないのが特徴です。特にその傾向が強いのは「ブルーワーカー」(肉体労働)などの職種です。このジャンルでは、癖の強い人が多いので実際に入社するまで、実際の姿は伺えません。そのため、会社見学で見たものをすべてだと解釈しないことが重要なのです。それに加えて、会社見学時に実際に仕事体験ができる会社はとてもキケンですし、ハッキリ言うと「論外」です。雇用契約を結んでいない人には問題が起きたとしても、それに対する保証が無いので、進められても角が立たないように断りましょう。

転職した場所では、いきなり満足できるほどの「年間報酬」を手にできると考えないほうが良いです。

新しい転職先で、「年間報酬」の理想を高くしないようにしましょう。中でも、はじめの年度はほとんどの場合「研修期間」を含んでいる企業も多数で、私自身のケースでは、やっとのことで新しい職を見つけることができたのに、予想に反して以前の会社での年収とほぼ同じでした。そして、仕事は多様で忙しく、とても責任が伴うもので、初年度を越すのも本当に骨が折れました。そうした体験から1年目はいわば勉強の年と割り切って、状況が許す限りやれるだけ転職するよりも前から貯蓄をして備えておくべき、と痛感します。

転職を、正社員ではなく「派遣社員」を選択予定の方に覚えていてほ…

転職で、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人に覚えてほしいポイントがあります。派遣社員に関しては、「電話対応」「お茶出し」「データ入力」「その他雑用」などの業務を連想される方がおそらく少なくないでしょう。私も現在の企業に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募した際にも、「メインの業務は電話対応になります」と面接で説明を受けてもいたので安心しきっていました。しかし、入社したとたん、なんと退職した正社員さんの穴埋め業務をやってくれと言われました。毎回振り回されますし、入社前の説明とは異なる内容ばかりなので日々全くわからないような内容でしたので、今はただ契約期間が終わるのを待つだけです。

今日はネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく・・

現代はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、ヘッドハンティングの専門会社も増加しています。あなたに特許出願の経歴があるなら、ヘッドハンティングされる可能性が高くなります。彼らは、特許出願を行った人以外にも、研究開発で論文を出した経歴のある人や、メディアで話題になった人など、何らかの実績も持つ人を対象に、電話やメールで勧誘をして、ヘッドハンティングのネタにしています。会社に在籍中に、ヘッドハンティングっぽい連絡をもらった際には、そうなったきっかけを考えてみてください。稀にヘッドハンディングを装って、登録料を要求しようとする業者もあるらしいですが、その手の業者はむろんイカサマであるので注意しましょう。ヘッドハンティングは、企業が仲介業者に報酬を支払うので転職希望者が払う必要などありません。

求人についての情報を見てみると、大部分の場合はたいていの職場では…

求人広告には、ほとんどの場合、大部分の会社では月の収入が記載されているはずです。この月収の項目を見る時には、深く確認する事が大事です。額の多い少ないだけを見て判断しないほうが良いです。実は場合によっては、月収の金額の中に月30時間残業の場合が含まれているかもしれません。要するに残業代の金額を含めて計算することで金額が高く見えるようにしているケースも考えられるのです。さらに「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。その歩合を過大に計算に織り込んでいる企業もあったります。ですから、そうやって「不誠実」極まりない案件は、近づかないほうが良いでしょう。

安定した暮らしを送ろうと「正社員」になりたいと思っている…

安定した人生を送りたいと正規の雇用社員を狙っている人は少なくない、というのが現状です。にもかかわらず、即戦力として働けるように資格を取得するなどしていくら努力しても、正社員としての転職がうまくいかないこともあります。非正規雇用者の求人募集はたくさんあるのに正規雇用の求人情報に執着し、落ち着かない日々を過ごしている人は少なくないようです。もしもあなたが、中々転職先が正社員枠を用意してくれていないのなら、契約社員や派遣社員の募集もチェックしてみましょう。会社によっては、働き手の実力により、数年で正社員にステップアップを狙える可能性もあるからです。ですので面接を受ける際に、「正社員登用」の可能性を質問しておくと将来設計が立ちやすいはずです。

転職時の面接では、少々うそを交えたほうが良いこともあります。

転職をするためには、大半の場合は面接をしなくてはいけません。担当者から「転職理由は?」と100%の確率で質問されます。このとき、いかなる理由があったにせよ、前の職場の「働く環境」「人づきあい」に関しての愚痴を絡めた返事は、できる限り話さないほうがいいでしょう。なぜかというと、仮にそういった不満を回答すると、あなたにマイナスのイメージが付き、チャンスを逃してしまうことになりかねません。そのため面接時は、「前向き」な姿勢を見せつづけることが正解なため、とりあえず「新しい職場においては、自身の能力を十分に発揮し、さらにアップして自分および会社の戦力になるように努力します」、といったような未来志向での返答が理想です。

今までは、「転職サイト」に頼るより「ハローワーク」に通っていました。

これまで私は、「転職サイト」を利用するより、いつも「ハローワーク」を利用していました。というのも規模の大きな「転職サイト」は、特性上、都心の求人情報だけだからです。そのため、転職時はいつも「ハローワーク」を使っていました。やはり、掲載されている企業の知名度や給料は劣りますが、昔から地域に寄り添った企業が多く、都会以外での転職には役立ちます。「ハローワークはなんとなく地味なイメージがある」という先入観がある人が少なくはないでしょう。以外にも、良い求人もそこそこ掲載されているのでこの先転職予定の方は、お近くのハローワークに1度は行ってみるのも良いと思います。大手転職サイトみたいに執拗なニュースレターの心配もありません。

派遣会社を利用して働く人が近時は増える傾向にあります。

派遣会社を通して仕事をする人が規制緩和の後、増加する傾向にあります。労働の対価として派遣会社にいくら支払われ、どのくらいの金額(または比率)、自分に入ってくるかを極力面接時に質問しておくことをオススメします。派遣業は人材を希望する企業に派遣して、その見返りに、手数料をもらう仕組みになっています。実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっている場合が大半です。5割以上を労働者に還元しているのであるなら、まだよい会社ということも可能ですが、中には開示すらしない派遣会社も多く、悪質な業者の場合、3割だけしか労働者に還元しないケースも多くあります。面接時に、まじめに回答に答えてくれない派遣業者は、色々と不都合なことは隠そうとする可能性が高いのでなるたけ異なる派遣会社を利用されることをおすすめします。

仕事をするにあたって精神的にとてもつらくなってしまい・・

職場環境のせいで回復が難しいほど精神的に苦しくなり、転職を考えざるを得ない状況にまで悪化したなら、そのときは、職場の人と相談する以上に身内などの近しい存在の人と話して、退職するか決めるといいでしょう。なぜかというと、働くことは当事者である自分ではありますが、同時に、身内の問題ともいえるのです。毎月、どれだけ報酬がいいとしても精神的に追い込まれるまで我慢して働くことは、良いはずがありません。今の時代は、金銭的なことよりも、働きやすさが優先で前提にする生き方も認知されつつあります。あなたの身内とともに、あなた自らの心身をいたわりましょう。