派遣として働いています。労働契約法により残念ですが馴染みのあ…

派遣で働いています。労働契約法が原因で残念ながら長くお世話にな・・

  • 派遣で会社で働いています。派遣法とかのからみで長くお世話になった企業での仕事があとわずかで終了します。同じ派遣である人の中には、派遣先から正規社員のポジションをゲットした方もいるのですが抜擢された理由としてはぶっちゃけると仕事ぶりというよりは派遣先上司の扱い方が上手で引き立てがあった模様。業務上のスキルよりもおじさん転がしスキルの方が必要なのだろうと抜擢されなかった他の派遣の同僚と勤務先でいつも文句を言っています。

  • 退職|転職活動をしているときは、とにかく自身の心のうちが落ち着いている…

  • 転職の活動をしているときは、なにはともあれとにかくあなたの心のうちが落ち着いているということを強く意識しておきましょう。在職中に転職活動を行う場合はそれほどは気にしなくても良いとは思いますが、退職の後に行う場合だったら、心のうちが焦燥感が出るものです。その点を踏まえ、気持ちを抑えつつ、転職活動を続けていきましょう。将来、自分がやってみたい仕事や、理想とする職場のイメージなどを明確にしておき、実際の職場におけるそれらが合致しているか、冷静になって確かめてみましょう。時間を掛けて判断することで良い転職先が見つかりやすくなります。

  • 転職で面接でほぼ確実に質問されるのが職場を辞めたわけです。

  • 再就職時の面接で行くと必ずと言っていいほど追求されることが以前勤務していたところを退職したのかという話ですが、この質問に答える際には話の中心を辞職した会社に向けない方が安心です。辞めた理由が話の中心となって進んでいくとほぼ確実に面接において不利なことを取り込んだ内容になってしまいます。この点を上手に進めていくには前の会社を辞職したのはこちらの会社にぜひとも入りたかった理由があるといった感じの話に進めるべきであり、自己アピールもかねて今、自分が面接に来ている会社に話の方向を向けていくと良いでしょう。自分が行きたい会社の話になるのでマイナス面を消し良い印象を与えることができる前の職場を去った理由に聞こえます。

  • 転職先を探している間は、そんな風に過ごすつもりもないの…

  • 再就職先を探している間は、どうしても、だらけてしまいがちです。けれども、そんな風な生活に慣れてしまうのは危険です。人というのは、緊張感のない、ダラダラとした生活が当たり前になると、「心」にも悪影響が出やすいためです。そのうち、働く気力も失い、経済的に困る未来がやってきます。そんな状況になってしまうと、悪いサイクルにはまり転職先を見付けることが困難になってしまいます。再就職先が決められなくなるのは、給料を第一に考えるからです。もらえるお金を一番に転職先を探すことになるとやりたかった仕事を求めて転職を決意していたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。そのため、お金に縛られない生活をする意味でも、だらけきった生活は、転職活動中には必要ないのです。

  • 楽しみを見出しながら転職活動をすることができれば、メンタル的に・・

  • 将来に目を向け、楽しい気持ちを持ちながら転職と向き合っていけば、メンタル的にも転職活動の間の堕落も避けられるでしょう。またメンタルにも健やかな状態であれば、あまり時間をかけることなく転職先も見つけられるはずです。おすすめは、休職期間をつくらず新たな勤め先を見付けることです。今の仕事を継続しつつ、次の勤め先を見つけるのがベストだと思います。おまけに、隙間をなくせば退職後もすぐに働けます。そうすると、職歴に空白期間ができないので、履歴にもキズがつきません。要するに、再就職の際にマイナスの要因がなくなるということです。今後のことを鑑みながら、スムーズに転職活動を進めてみましょう。

  • 退職|転職活動を行うにあたっては、予め、ハローワークやネット上の求人情報を見たりし…

  • 転職活動を行うにあたっては、始める前に、求人票・パンフレット・ウェブサイトなどで転職したい会社を調べると思います。ところが、当該会社が情報を公開する際には、コンサルタントから指導を受けている場合が多いです。コンサルタントは、会社に不利益な情報を隠すプロでもあります。たとえ公開したとしても差しさわりのない表現をします。そういった類の会社紹介や社長の意見や社員のインタビュー情報などは、馬鹿正直に信じるのではなく、話半分で捉えておいた方が良いでしょう。もしも耳障りの良い話を鵜呑みにしてしまったら、「聞いていた話と違うじゃないか」と気が付くことになることが多いです。たちの悪い会社は、素直な人間を取り込み、そのあとは、あれこれと理由をつけて退社できないように策を練ってきます。その手の「ブラック企業」の求人には充分に注意しましょう。

  • 退職|転職したい会社で会社見学などがあれば、かなり参考になります。

  • 転職候補先の見学ができれば、すごく参考になります。その中でも、「職人」のいる会社なら、職人技を間近で見られるので楽しみです。ですが、「職人」がいる会社見学では見学者にはほとんどの場合、いつも通りの仕事風景を見せてくれることはまずありません。典型的な例を挙げると、ブルーワーカーといわれる肉体労働などの業種です。個人のクセが強い業種であるため、実際に入社してみないと、本当の姿はわからないものです。そのため、会社見学で見たものをすべてだと決めつけないことがとても良いです。それに加えて、会社見学時に仕事を体験させてくれる会社は、倫理的にアウトですし、正直言って、「論外」です。入社していない人間には、もし何かしらのトラブルが起こっても、保証もないので、仕事体験ができる、と言われても角が立たないように断るのが無難です。

  • 退職|転職しようと思うなら、いきなり満足できるほどの「年収」を手にできると考えないほうが良いです。

  • 職場を変えたいと思っているのなら、「年収」の高望みはしないほうが良いでしょう。特に、はじめの年度は大概「試用期間」が含まれているというのがケースが少なくありません。自分の新たな仕事に就いたときは、なんとか手にした職なのに、予想とは裏腹に年収が前職での稼ぎとほぼ同額だったことがあります。加えて、仕事はキツく、とても責任が伴うものだったので、最初の1年は、たいへん状態でした。そういった経験を踏まえると、初年度は、勉強に充てる期間と捉えておき、できれば転職する前に貯金をして気持ちに余裕をもたせた方が良いと思います。

  • 退職|転職する場合、「派遣社員」を選択しようと考えている…

  • 転職する場合、「派遣社員」を選択予定の方にチェックしてほしいことが複数あります。派遣社員というと、電話対応、データの入力などの雑務、雑用等をなどの仕事をぼんやりと想像した人がおそらく多いとは思います。私もかつてはそう思っていました。現在の企業に入社するまでは「主な業務は電話対応になります」と直接説明を受けてもいたので安心しきっていました。しかし、実際に仕事に就くと、まさか「電話対応」とともに、足りない正社員の業務の穴埋め役となるよう、頼まれました。何をしていいのかもよくわからず、入社前の説明と大きな食い違いがあるので日々非常に困っています。とにかく、ひたすら「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。

  • 退職|近年、ネット上では、「就職斡旋エージェント」のほか・・

  • 現代、ネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、ヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社をよく見かけるようになりました。特許を出した経歴がある人は、電話が来る可能性が高くなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を出願した人のほかに、研究開発で論文を世に出した経験がある人や、雑誌で紹介されている人など、何かしらの「功績」を残したと思しき人を対象に、電話・メールで接触してきて、ヘッドハンティング用のネタにしています。仮にあなたが、ヘッドハンティングっぽい連絡をもらったのなら、過去を振り返って、きっかけを考えるべきです。ここ最近は、ヘッドハンディングを装って、登録料を請求する業者もありますが、そのような会社は例外なく詐欺なので、相手しないのが正解です。ヘッドハンティングは、企業が仲介業者に報酬を支払うので転職希望者がお金を支払う必要はありません。

  • 求人関連の広告には、とうぜんまともな企業では月の収入の記載に目が行きますよね。

  • 求人についての広告には、大部分の場合はたいていの株式会社では月にもらえるお金が記載されているはずです。だけれどもこの箇所を調べれる際は、注意して確認する事が欠かせないです。額の多い少ないだけを見てわかってしまわないようにしましょう。何故かというと案件によっては、月収の額の中身が「毎月10時間の残業」が含まれているかもしれません。それは残業代をトータルすることで金額が高く見えるようにしている所があるからです。また、「歩合給」を付けますよ、という案件にも注意が必要です。歩合の割合をかなり多めにした上で、月収を高く見せている所もあったります。そういうわけで、こうして可能性の少ないケースを誇張しながら、人を集めるような会社は注意が必要と言えるかも知れませんね。

  • 安定的な生活を願って正社員として働きたいと考えている…

  • 安定を手に入れるべく正規社員として働くことを念頭に置いている人がかなりいらっしゃるはずです。ですが、即戦力として働けるように資格を取得するなどしていくら頑張っても中々正社員として雇い入れてもらうことが実現しないこともあります。契約社員や派遣社員の求人情報があるのに正規雇用の求人以外には目も通さずエントリーしない人も少なくないでしょう。仮に、正社員として希望する仕事に転職できない場合は、準社員の募集にも目を通してみましょう。契約社員募集の会社のなかには、会社に貢献する度合いが高ければ、数年で非正規雇用から正規雇用にステップアップできることもあるからです。面接時に「正社員登用」のチャンスの有無をヒアリングしておくと将来設計が立ちやすいはずです。

  • 転職をするためには、大半の場合は面接をしなくてはいけません。

  • 転職のための面接では注意しておくべきポイントがあります。人事から「転職理由は?」という風に、ほぼ質問されます。このときに、どんなに正しい意見だと思っても、前の仕事場での「人づきあい」「働く環境」についての不満やトラブルを絡めた答えは、極力しないようにしましょう。こういった話をしてしまうと、採用されるチャンスを逃してしまうことになりかねません。そのため面接時は、「前向き」な内容に徹底することが正解です。たとえば「新しい職場では自身の能力を十分に発揮し、さらに会社の戦力になるように努力するように心がけるべきだと思います」、のような未来に目を向ける形が重要です。

  • 退職|前は「転職サイト」で職を探すより、いつも「ハローワーク」に通っていました。

  • 今までは、転職サイトを利用するよりも、「ハローワーク」を優先していました。というのも有名どころの「転職サイト」は、やはり都心部を中心にした求人しか見当たらないからです。このため、転職をする際は、「ハローワーク」のみ使っていました。やっぱり、人気の転職サイトに掲載されている求人より多少企業の知名度や給料は劣りますが、古くから地域密着なので、ピンポイントで見えるのはありがたいです。「ハローワークってなんだか古臭いイメージがある」と感じている人も多少いるかもしれません。理想に近い企業が掲載されているかもしれないので、もし今の会社を辞めて転職したいのならば、ハローワークに1度は行ってみるのも良いと思います。「転職サイト」を利用した時みたいな大量の電話やメールもありません。

  • 派遣会社を通して仕事をする人が近頃多くなっています・・

  • 直接雇用ではなく派遣という形態で仕事をする人が近頃増加する傾向にあります。派遣先が派遣会社に支払う時間当たりの報酬がいくらで、どのくらいの金額(または比率)、自分に入ってくるかをなるたけ面接のときに質問しておくべきです。派遣業は、人手が必要な企業に人材を派遣し、その対価としてお金を手数料を徴収するシステムです。実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっているケースがかなりあります。50%以上の額を労働者に還元しているのであれば、まだいいのですが、中には開示すらしないところも少なくなく、ひどいケースでは、2割しか労働者に還元しないということも珍しくありません。面接時、誠実に返答してくれない派遣業者は、なにかと不都合な点を隠そうとする特徴があるので、できるなら異なる派遣業者を利用されることをおすすめします。

  • 働くにあたって回復が難しいほど精神的な負担が増え、転職せざるを得ない状況に追い込まれたのなら、…

  • 職場環境のせいで回復が難しいほど心的につらくなり、転職せざるを得ない状況になったのなら、そのときは、職場の人に相談するよりも家族と相談し、その後の進退を判断した方が良いです。というのは、働くことは当事者であるあなたですが、家族の問題でもあります。毎月、どんなに高い給料を得られたとしても、心的ダメージを負ってしまうほど、我慢しながら無理して仕事をするのは好ましい状態とは言えません。今の時代は、物質的な豊かさよりも、働きやすいことを重視する生き方が尊重される時代です。ですから気に病むことなく、あなたの身内とともに、あなた自身の心と体をいたわりましょう。