派遣として勤務しています。派遣法とか労働契約法のからみ・・

退職|派遣として就業しています。労働契約法のからみで残念なこと…

  • 派遣社員として働いています。派遣法とか労働契約法のからみで不本意ですが長い期間働いた勤め先での仕事があと数週間で終わります。同じ派遣である人の中には、派遣で就業している会社で直接雇用のポストをゲットした方もいるのですがはっきり言って仕事がどうというのではなく派遣先の上司へのあしらいが上手でそのおかげで採用されたとしか考えられません。テクニカルスキルよりもおじさんを転がすスキルが大事なんじゃないのと別の派遣の仲間と勤務先で愚痴を言ってます。
  • 退職|転職をするための活動を行う際は、最初に常に自分の内心が…

  • 転職の活動を効率的にやっていくには、最初に何よりも心が沈着であるということを忘れないようにしたいものです。働きながら転職の活動をするのであれば、それほどは気にする必要はありませんが、退職後に行う場合だったら、人というものは内心が焦燥感が出てしまいがちです。その点を踏まえ、気持ちを抑えつつ、転職活動を続けていきましょう。将来、自分がやってみたいことや、理想と思える職場のイメージを明瞭にしてみましょう。そのイメージを希望する職場と比較してみて、それらが合致しているかどうか、改めて冷静に見極めましょう。多少面倒に感じるかもしれませんが、こうすることで転職で良い結果を出しやすくなります。
  • 退職|転職で面接で絶対に聞きだされることが前に働いていた会社を辞職した…

  • 転職の面接でかなり高確率で追求されることが辞職した原因なわけです。このような質問に回答する時には話題を退職した会社に向けない方が好ましいです。前職を退職するに至った経緯にスポットを当てるとほぼ確実に良くない面を取り込んだ話題になってしまいます。どのように話せばいいかと言えば、なぜ前の会社を退職したのかという事をぜひともこちらの会社に入りたかった理由があるといった内容に持っていくということで、今、自分が入社したい会社の方に焦点を当てるべきなのです。転職理由でも、こういった話ならば、良い印象を与えることができる以前の会社を辞めた訳にすることができます。
  • 転職期間中は、どうしても、時間がある分、だらけてしまいがちです。

  • 転職を決めるあいだは、そういう風にしたいわけではないのに時間に余裕がある分、気が緩んでしまい、ダラダラと過ごしてしまいがちです。しかしながら、そのような生活をしないことがお勧めです。なぜならば、気の緩んだ、だれた生活が普通になると、肉体的にだけでなく、心もダラケテしまうからです。ですから、いつの間にか働く気力も失い、生活が苦しくなり困る事態となりかねません。そのまま、悪いサイクルができてしまい、転職先をうまく見つけられなくなります。次の仕事を決められないのは、給料を一番に考えるようになるからです。お金を一番に考えざるを得ない状況ではキャリアアップのために転職に踏み出したとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。そのため、お金に縛られない生活をしていく上で、ダラケタ生活は、転職活動中にしないようにしましょう。
  • 退職|楽しんで再就職に向けての転職活動と向き合えば、メンタル面での重荷も少ないので・・

  • 将来に目を向け、楽しい気持ちを持ちながら再就職に向けての転職活動ができれば、精神的に重荷を感じることもないので、転職先が見つかるまでの間の堕落も避けられるはずです。そのうえメンタル面が健全な状態であれば、あまり時間をかけることなく新たな転職先も見つかるはずです。ベストな形は、ブランクを設けないで新たな勤め先を見付けることが大切です。現在の仕事を辞めずに新たな仕事を探すのが良いと思います。また、ブランクをなくせば今現在の仕事を辞めても、すぐに始動できます。そうすることで、働いていない空白の期間がなく、履歴への影響も回避できます。すなわち、再就職の際に不利になることがないということです。今後のことを考えつつ、うまく転職活動を進めてみましょう。
  • 転職活動を行うにあたっては、事前に求人雑誌やウェブ上の求人情報を見たり・・

  • 転職をするとき、まず、公式ホームページ、求人票、パンフレットなどで関心のある会社を調査するはずです。ですが、当該会社が実際にそのようなところに情報を出す場合には、コンサルタントが付くことが多いです。彼ら(コンサル)は、会社に不利益となる情報を隠す傾向があります。仮に公表したとしても遠回しな表現に徹します。その類の「社長インタビュー」などに関しては、すべてを事実だと考えるのではなく、疑いながら読んだ方がいいでしょう。仮に言葉を額面通りに受け止めてしまうと、こんなはずではなかったと後悔することになりかねません。たちの悪い会社は、素直な人間を効率よく取り込み、その後、様々な文句をつけて退社させないように仕向けています。ブラック企業では、この手のことがかなりあります。
  • 退職|転職候補に挙がっている会社で見学などがあれば、すごく勉強になります。

  • 転職候補に挙がっている会社で見学などがあれば、たいへん勉強になります。その中でも、職人さんのいる会社では職人技を近くで見られるので楽しくなります。ですが、残念ながら「職人」がいる会社見学では見学者にはほぼ、通常通りの仕事風景を見せてくれることは少ないです。例えると、ブルーワーカーといわれる肉体労働です。このジャンルでは、独自の感覚を持つ人が多いので入社した後でないと、実際の姿はわかりません。そのため、仕事=見学内容と思わないことが重要なのです。さらに、会社見学の時に仕事体験させてくれる会社は倫理的にアウトですから正直言って、選択肢に入れるのはおすすめしません。入社していない段階ではもしトラブルが発生してもそれに対する保障がないため、進められても丁寧に断っておくようにしましょう。
  • 退職|転職した場所では、いきなり年収に関して高望みはしないほうが無難です。

  • 転職を考えているのならいきなり年収に関して高望みはしないほうが無難です。中でも、はじめの年度は大体試用期間が含まれることもあるのです。私の例では、労力を費やして新しい職を見つけることができたのに、悲しいことに前の職場での稼ぎとほとんどイコールで変わりませんでした。それに加えて、業務はとてもキツく、たいへん責任のある立場で1年目を乗り越えるのにたいへん厳しかったです。そのような経験から1年目は、仕事を覚える年と割り切り、可能ならば転職前に貯蓄をしておくべき、と思います。
  • これから転職する場合、「派遣社員」を選択しようと思っている…

  • 転職の際、「派遣社員」を選択しようと思っている人に覚えていてほしいポイントが何点かあります。まずはじめに派遣という言葉を聞くと、お茶出し、電話対応などの雑務、雑用等をといった業務内容をぼんやりと想像してしまう人が少なくないでしょう。本音を言うと私もまさにそう思っていました。現在勤めている職場に入るまでは「派遣社員」の求人に応募した際に、「担当業務は電話対応になります」と直接説明を受けました。でも、実際に入社したとたん、まさか抜けた正社員さんの穴埋め業務を指示されました。とくに特別な知識もなく、面接のときの説明と大きな食い違いがあるので日々全くわからないような内容でしたので、現在は、「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。
  • 最近はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」のほか…

  • 現代はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社もたくさんあります。もしもあなたが特許権を取得したことがあるなら、ヘッドハンティングの対象になりやすくなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許申請を行った人以外にも、研究開発で論文を書いた実績のある人や、マスコミによって注目を浴びた人など、何らかの業績を残したと思われる人を対象に、電話やメールで連絡を取り、ヘッドハンティングするネタにしています。仮に、あなたがヘッドハンティングと疑われる話をされたときには、そうなったきっかけを考えてみてください。近年はヘッドハンディングと言いながら、登録料を請求する業者もありますが、そのような業者は完全な詐欺なので、騙されてはいけません。ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払う形になるので転職希望者が負担するものではありません。
  • 退職|求人関連の広告には、とうぜん普通の会社では月の給与が記載されているはずです。

  • 求人広告には、ほとんどの場合、まともな株式会社では月収の記載に目が行きますよね。しかしこの箇所を調べれる際は、しっかり確認する事が大切です。値だけで納得してはいけません。というのは場合によっては、月収の額の中身に「毎月15時間分の残業」が含まれているかもしれません。そういうことは残業代の金額を入れて良い案件に見せて、人材を募集している所があるからです。また、基本給プラス歩合給で、歩合の割合をかなり多めにした上で、月収を高く見せている可能性も考えられたりします。そういうわけで、このような表記された数字どおりとなる見込みがない会社には近づかないほうが良いでしょう。
  • 安定的な暮らしを希望して正社員として働くことを念頭に置いている…

  • より安定した暮らしを手に入れるべく正規の雇用社員を目指している人はかなり多いと思います。けれど、かなり頑張っているのに正社員として採用されることがうまくいかないこともあるでしょう。準社員の求人募集は結構あるのに正規雇用の求人に拘り、エントリーしない人も少なくないでしょう。万一正社員として雇ってもらうのが厳しい場面に遭遇したのなら、契約社員の求人募集にも目を通してみましょう。会社のなかには、その人の手腕によって、2,3年で契約社員から正社員にステップアップができることもあるからです。ですので採用面接時に、こうした可能性を聞いておくのも将来のプランも組みやすくなります。
  • 退職|転職時の面接では面接官から「転職理由は?」といった形で、…

  • 転職時には、面接をすることになりますよね。担当者から「転職理由は?」といった形で、かなりの高確率で聞かれます。この時、いかなる理由があったにせよ、前の仕事場での働く環境や人間関係についての愚痴やトラブルを絡めた返事などは、できるだけ口にするのは避けましょう。なぜかというと、こういった話をしてしまうと、あなたのイメージが悪くなり、チャンスを無駄にしてしまうことになります。面接時は、「前向き」な内容に徹底することが大切で、あくまで「新しい職場では自分のキャリアを十分生かし、さらに会社の戦力になるように努力するように心がけるべきだと思います」、といったような未来志向での返答が必要とされます。
  • 退職|かつての私は、職探しは「転職サイト」よりも私はハローワーク派でした。

  • 前は求人情報は「転職サイト」を使うより、「ハローワーク」を活用していました。というのも有名どころの「転職サイト」は、システム上、都会や大手の求人がほとんどだからです。そのため、転職は「ハローワーク」しか利用していません。やっぱり、掲載されている企業の数や、給料といった点は見劣りするのですが、古くから地域密着なので、ピンポイントで見えるのはありがたいです。ですが、「ハローワークって地味な雰囲気がある」と先入観を持っている方も多数いるかもしれません。思いもよらず、思いがけず理想の企業もあるかもしれないのでこの先転職予定の方は、ハローワークに1度行って様子を見ておくのも良いと思います。転職サイトのようにこれでもかというくらいのお知らせやメールが送られてくることもありません。
  • 派遣会社に登録し、仕事をする人が現在増える傾向にあります。

  • 派遣会社に登録し、仕事をする人が近時増加する傾向にあります。派遣社員として働くつもりなら、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、どのくらいの額(割合)、自分に入ってくるかをできるだけ面接の際に質問しておくべきでしょう。派遣業は、人手が必要な会社に人材を派遣し、その見返りとして、手数料を徴収するシステムと考えることができますが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることが多いです。50%以上支払われているのであればまだいい会社なのですが、中には開示すらしない派遣会社も多く、酷い業者では、8割も自身の懐に入れ、3割しか労働者に還元しないということも決して少ないとはいえません。面接時に、真摯に返答してくれない派遣業者は、いろいろ不都合なことは隠す体質であることが多いので、できる限り違う派遣業者のもとで登録されることを推奨します。
  • 仕事をするにあたり、回復が難しいほど心的に苦しくなり、…

  • 会社で何かあって精神的なダメージがあり、転職しなくてはいけない状況にまで悪化したなら、そんな時は、職場の人と相談する以上に家族などの近しい存在の人に相談したうえで、退職するかどうかの判断をした方が良いです。それは、働くことは当事者である自分ではあります。が、しかし同時に身内の問題でもあります。毎月、納得のいく高給をもらっていたとしても、精神がダメージを負うほど仕事をすることは好ましいわけがありません。今の時代は、経済的なことよりも、働きやすいことを優先で前提にしていく生き方も認められつつあります。ですから、あなたの家族とあなた自らの心身の健康を考えていきましょう。