現代では、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようにな・・

今日では、「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあ…

  • 近時は、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件に関する取り締まりが活溌になったり、悪質な経営をしていると社名を公表されたりと、厳罰を与える傾向にありますが、完全には程遠いと考えられます。そこで、面接で見破る必要が出てきます。とにかく、求人票などに記載された労働条件に目を通して、怪しい点について色々質問してみることからやってみましょう。ブラック企業であれば、記載内容がウソだったときに、返答が詰まります。「その場ではちょっと答えられない」といった逃げの姿勢に入ります。中でも「給与」「残業」「休日」においては、詳細について聞くと、渋い顔をするケースが多くあります。それでも食い下がっていくと、ふてくされた態度を見せるので、その瞬間に相手のウソを確信できます。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、他の面接を受けたほうが良いと思います。

  • 再就職を念頭に置いているなら労を惜しまずに多種多・・

  • 転職を近いうちにするつもりなら、労を惜しまず頻繁に会社の募集案内をチェックしておけば転職時の選択に役立ちます。現在の職場に満足していないケースでは、転職活動する際、どこの企業も魅力的に見えてしまいます。そんな状況になってしまうと、どの企業を選択していいのか判断できなくなり、判断を誤る可能性も少なくありません。結果的には一瞬で退職の道に進んでしまうので、前もって会社を見る目を養っておくべきなのです。良い方法は、転職したい会社の雇用面だけ見るのではなくその会社の「取引している会社」も気にしておきましょう。透明性を重んじる企業は取引している会社の情報を公開していますし、逆にそうでない企業は、宣伝ばかりに力を入れる傾向があるので、確認しておいて損にはなりません。また、会社によっては、個人でのグループに入っている会社があるので、グループの名前で中身を調べておくのも良いでしょう。

  • 新卒で採用された会社で意地の悪い上司に憂鬱な気分にさせられ、…

  • 新卒後最初に働いた会社で感じの悪い上司に困惑してしまい、最後にはやる気がなくなってその会社を退職し、同業である別の会社に乗り換えました。新しい会社では気分よく勤務することができてとても満足のいく日々でしたが、ゆっくりと会社の売り上げが少なくなりとうとうとある会社に経営統合されることとなりました。偶然にもその統合した先の会社が驚くなかれ以前勤務していた会社で、その上すごく嫌いだった上司がもう一度私の上司になることに。こういう悪いめぐり合わせとは、どれほどご縁があるのでしょうか。当然ながら再度の転職活動を始めています。

  • 転職活動をやっていると、面接において必ず質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動中に、面接で「志望動機」「転職理由」の2点は間違いなく質問されます。このうち志望動機に限っては、心で思っていることをそのまま話しても差し支えないですが、これと違って転職理由についてストレートに話すのは得策ではありません。たとえば給与に対する不満、人間関係の問題など、面接官に悪い印象を与えるものです。おそらく、自分の得にならないことをストレートに話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそのような部分に注目しやすいので、慎重になりつつ、あなたへ探りを入れてきます。現職の不満を伝えないようにするには、現職の仕事の内容以外のことを話さないように心がけることです。さらに、この企業に入社してこういうことをしたい、「5年先はこういったことをしているだろう」、そのために御社に応募しました、とポジティブなイメージを与えるようにしましょう。

  • もし、転職の決めたのであれば、周囲の人間にはひそか・・

  • 仮に、転職を決めたのなら、まったく一緒に働く人には内密にその気持ちを悟られないように、首尾よく転職活動を進め、転職先が決定していないのなら、あくまでも同僚に気づかれないように通常通りに業務をこなすのがとても利口です。働いている間、その点を認識していれば、たとえ希望する条件に沿う転職先が見付けることができなくても、転職予定を見送って今の仕事をそのままし続けてもできます。でも口にしてしまったら社内の人間は、それを受けた態度を取り始めます。それどころか社内の人間に「辞めるつもりです」と言ったが最後、会社内では「あの人は転職する人」という位置付けになります。そういった状況のあとで、転職の気持ちが消えて、「やっぱ退職しない」となっても、同僚たちは、「一度は退職しようとした人」とあなたを冷ややかに見るので、仕事を続けている間、肩身の狭いと感じるリスクが高いです。

  • 退職|友人・知人からの紹介によって転職の先を見つける人もいます。

  • 友人による紹介で転職の先を見つける人もいます。ただし、転職の先の労働環境やそれから労働条件といった部分について友人からの口コミを判断するのはあとで面倒なことになるおそれがあります。口コミである以上、ある特定の人の口コミというのは、客観性に乏しいからです。つまり紹介者にとっては、かなり良い働く場所に思えても、、あなた自身にとっては、ストレスフルな場合なのかもしれません。その逆も然りです。なので、職場環境をはじめ、気になる点は口コミだけに頼らずに、最後は自分の目で確かめておくことも大切です。

  • 転職する時に行われる面接でする腕時計の事についてですが、…

  • 転職する時に行われる面接でする腕時計の事ですが、明らかに目立つような腕時計の着用は避けたほうが安全です。目立つ腕時計と言うのは高そうに見えるデザインだったり、といったことだけではないのです。真逆で安物の印象を与えるとか、そのような真逆の意味で目を惹く、ということで理解しておきましょう。面接時の腕時計に関してもネクタイやスーツと同様の考えで、面接するにふさわしい無難なものを選んだ方がベストだと言えます。けれども、年齢にあった腕時計であるということもとても大切なことで、新卒の頃にしていたものよりはほんのちょっとでも高い腕時計にした方が転職の面接においてははっきりと断言できます。

  • たいてい大企業は定期採用中心です。ですから、転職で入る事は容易ではありません。

  • ほとんどの場合大手企業は「定期採用」がメインです。ですから、転職で入る事は簡単ではありません。それに、郊外~地方となるとその機会はとても少なくなりそうです。例外として、「製造業」関連であれば、地方の工業団地の近所に製造工場を置いている少なくありません。また、そのような工場の場合、事業分野の拡大時に人員募集をすることも珍しくありません。そういった機会に転職を考えるのが良いでしょう。地方の工場に転職しようと考えているなら、転職を希望する企業についての予備知識を事前に知っておきましょう。その企業のホームページをチェックし、人員募集の有無など、ちょくちょくチェックしてみてください。

  • 今やっている転職する活動時、「今まで、こういった仕事を長く続けまし・・

  • 今がんばっている転職する活動の際に「私は経験としてこういう内容の仕事をしてきました」「今までにこういったスキルを身につけることができました」と自身の経歴をしっかりアピールする人は頻繁に目にします。ところが、転職先となるその会社で「させてもらえるのならばこういうような仕事をしたい」「斯くの如き内容の事ならぜひ貢献できると思う」と未来の姿を通して自己をアピールしていくほうがよっぽど効果があります。この点に注意しつつ、転職活動をがんばってみましょう。

  • 転職サイトでは、登録後、何度も電話やメールをしてきます。

  • 転職エージェントに登録した場合、電話やメール連絡がしつこく入ります。「転職エージェント」の初心者の方は、結構びっくりするケースが多々あります。転職エージェントは転職を後押しすることが役割だと考えられるので、非常に積極的に行動します。特に大手のエージェントは、転職を成就させると企業からお金が入る仕組みなため、転職活動を行っている人の都合よりも企業側を優先的に考えることが多いものです。また、転職エージェントは、契約数を増加させたいがために、内定が取れたすぐ後に、入社するよう後押ししてくることがよくあります。防御策として自身の気持ちを明確にしておき、無理に転職することがないように気を付けなければいけません。

  • クールビズで転職の面接にチャレンジするときには、ジャケッ…

  • クールビズをして再就職の面接会場に行こうとするときには、さすがにジャケットは着込まなくても良いとはっきりと言い切れますが、ネクタイに関しては着用していったほうが印象的に良いイメージを与えるのでお勧めです。ネクタイもジャケット同様になしで良いとする企業も存在する場合もなくはないです。ですが、ネクタイだけは例えクールビズであっても身だしなみとしてするべきだと決めているところが存在します。それゆえ、クールビズで大丈夫だと言われていてもネクタイにおいては着用から行った方が安全だということは知っておいてください。

  • 退職|もしもあなたが転職しようと考えた場合に、「Uターン」「Jターン」「Iターン」な・・

  • 再就職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」において都市部から郊外・地方に移住したうえで転職したい、と考える人が増加傾向にあります。一昔前とは違い転職サイトを用いれば、国内全エリアの求人も手軽に知ることができますが、ですが、地方や郊外での求人の場合、募集してる企業や会社の数自体が少ないのが正直なところといえます。ですので、求人情報サイトだけに集中するとなかなか難しいかもしれません。求人サイトだけでなく、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトもチェックしておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった役所が開催する転職サポートの関連情報も見逃しがないようにしましょう。

  • 退職|転職活動のさなか、良いと思う求人(もしくは業種)を見た・・

  • 今から転職活動をするのなら、気になった求人(または業種)を見つけたときに絶対「〇〇業、ブラック」でネットで調べておきましょう。求人票・転職エージェントからはまずその業界のマイナス面などは知らせてもらえません。もしも、ブラック案件が蔓延している業界なら、簡易的なネット検索によって一発で多くの事例に触れられるはずです。そうした手間を惜しんで入社してしまうと、後々に後悔してしまうおそれがあります。そもそもその求人が出ている理由が「業務内容が厳しく、人が定着してくれない」という場合も多いので、目に留まった業種について、しっかりチェックし疑問点を払拭した上で、応募しましょう。

  • これはシフトの仕事に関する話なのですが、毎週、一定の…

  • これはシフト制のある仕事についての話なのですが、毎週、同じ曜日に仕事できる人を募集している求人をけっこう見るのですが、シフトの出し方や休み方について、事前に確認しておいた方が良いです。私は以前出産のため抜けた人の代わりに正社員として就職したのですが、「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新入社員の私以外は、誰一人現場にいませんでした。前任の女性が土日に必ず出勤できる人だったので、私自身もそういった形で扱われたしまいました。実際「土日」に休まざるを得なくなると、シフト変更を出す必要があり、上の人たちに「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」と自ら頭を下げなくてはいけませんでした。給料も立場もほとんど同じなのに土日は私だけなんて・・・。思い返してみると「おかしな職場だった」としか言いようがありません。

  • ある古物商の社員募集に応募したところ、書類審査に合格したの・・

  • ある古物商の会社で書類選考をクリアしました。その後相手方から、面接予定日を連絡してもらいました。面接日当日、指定場所へ行ってみると、なぜか相手が、面接の用意を一切していないことがわかりました。しばらく待って、所長と思しき人が面接担当をしてくれたのですが、始めから終わりまで、呆れるほどだらしのない態度で迎えられ、やっとのことで面接は終わりました。だが、予定日を過ぎているのに、まったく採用結果すらなく、気になったので、私のほうから問い合わせると、「郵送で今日、送付しました」と返答されました。心待ちにしていたのですが、結局、届きませんでした。そこでもう一度連絡をしたところ、なんと、「今回はご縁がなかったということで」と勝手に電話が切られてしまいました。私は呆れて言葉も見つかりませんでしたが、とりあえず採用されなくて良かったと感じています。

  • 転職サイトや転職エージェントなどを利用して、転職活動する人は年々増えています。

  • 転職サイトや転職エージェントなどを活用し、転職活動を行うことは現在では常識といえるかもしれません。とはいえ、転職活動の成果をもっと高めたいなら、転職フェアの積極的活動をおすすめします。転職フェアは、多くの企業は一堂に会しており、参加することによって複数の企業について知ることができ、それにとどまらず、スタッフの言葉遣いやマナーから、企業の雰囲気を感じられるはずです。仮に、転職フェアに参加する機会があれば、面接に行くつもりでしっかりとした準備をしておくことがおすすめです。それが奏功してフェアでの交流を通じて、企業に好感を持ってもらえたら、正式に応募して面接に進む際に非常に有利となります。