現在、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件に関する取り締まりが強化された・・

退職|現在、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようにな…

  • 近時は、ブラック企業がマスコミで取り上げられたりして、労働条件での取り締まりが強化されていったり、社名が公開されるなど、不利益を被る流れができてきましたが、まだ完全とはいえません。だから、面接で見破る必要が生じます。とにかく、求人票などに記載された労働条件をチェックし、それぞれの項目について遠慮せずに質問しましょう。「ブラック企業」と対峙している場合には、質問したことが嘘であった場合、不自然な返答になったり、その場での回答を避けるなどはぐらかされるはずです。「給与」「残業」「休日」の3つについては、質問責めすると、渋い顔をするケースが多いです。それでも食らいつくと、ふてくされるような態度になるのでそこで相手がウソをついていると確信できます。この手の会社は、募集要項を遵守してくれない上に、入社後もふてぶてしい態度でいることが多いため、入社を止めるのが無難でしょう。

    転職を検討しているのなら、こまめにたくさんの企業の募集案・・

  • 再就職を考えているなら、こまめに多様な会社の情報を日常的に調べておくと転身先を選択しやすくなるでしょう。あなたが現在の仕事に満足していない場合、本腰を入れて転職活動をする際にどこの会社も魅力的です。そういった状態だと、どの企業に決めればよいのか、迷いが出てしまい判断を間違えてしまいかねません。雑な行動を取ると、最終的にはあっという間に退職しなくてはならなくなるので、前もって会社を見る目を養っておくべきなのです。良い方法は、会社の雇用面だけ見るのではなくその会社の「取引先」も気にしてみましょう。透明性を重んじる企業は取引先情報を開示していますし、逆にそうでない会社は、傾向としては宣伝に力を入れてるといえますから確認しておいて損にはなりません。また、会社によって個人グループに入っている場合もあるので、グループ名を調べて、内容を確認してみてください。

    退職|就職した会社で怒りっぽい上司に嫌な目に合わされ、とう・・

  • 在職していた会社で嫌な上司の存在に憂鬱な気分にさせられ、結局耐えきれずに退職し、別の同業の企業に移りました。そこでは人間関係を良好に保つことができ満足していましたが、月日の経過とともに会社の収益が落ち込み、経営統合されました。経営統合の相手はなんと前に働いていた会社で、加えて感じの悪かった上司が再度私の上司になることに。いったいこれはどれだけご縁があるのでしょうか。当然また転職をしようと活動を始めるつもりです。

    退職|転職活動中に、面接で高い確率で尋ねられるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動をやっていると、面接のときに必ず質問されるのは志望動機と転職理由の2つです。志望動機については、正直に話しても差し支えないですが、転職理由について隠さずに伝えるのは問題です。たとえば報酬に対する不満、人間関係の問題など、面接官に悪い印象を与えるものです。とはいっても、自分が不利になることをストレートに話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそういった点を注視しやすいので、遠回しに聞き出そうとしてきます。これに対抗して現職の不満を回答しないためには、現職の仕事内容以外のことは話さないことです。それにプラスして、「入社したなら、〇〇をしたいです」、5年以内にこんなゴールを達成したい、「このような私の目標達成のためには、御社が必要なんです」、といった形で志望動機に話題を変えてしまいましょう。

    一度あなたが、現職からの転業の決定したなら、完全に周りの人に…

  • もしあなたが、転職を決心をしたのであれば、あくまで周囲の人にはひそかにそれを告げずに首尾よく転職活動していき、現職にいるあいだは、同僚に悟られないよう淡々と仕事をする方が正解です。現職中、その点を自覚しておくと、もし仮に希望する条件に沿う転職先が見付けることができなくても、転職時期を保留しながら、今の職をそのまま残ってもできます。そうではなくて、迂闊にも口にしてしまったら周りはその言葉に合わせた態度をとるようになります。おまけに会社内で「辞めるつもりです」と一言でもいえば、周囲からは「あの人はもうじき退職する」と広まります。その後で転職の気持ちがなくなり、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」と心境が変わっても、周りの人間には、「一度は仕事を辞めようとした人」ということで在籍しているあいだ、肩身の狭い思いををするしてしまうことになるかもしれません。

    友人の紹介で転職先を見つけている最中の人もいるでしょう。

  • 友人からの紹介を通じて転職する先を見つける人もいます。ただし、転職をした先の労働環境や労働条件といった点に関して知っている人からの口コミ情報のみであまり信じすぎてしまうのは、あまり問題になることが多いです。口コミの中でもある特定の人の口コミ情報というものはどうしても伝える側の主観が入ってしまうからです。それ故に紹介した人から見たらとてもよい職場環境であっても、あなたには、ストレスだらけの環境、、、という可能性だってあるのです。でもその逆も然りです。良い・悪いの違いは人それぞれなので、口コミのみで判断せずに、最後は自分自身の目でしっかりチェックしてみてください。

    退職|転職する際に行われる面接を受ける時につけていく腕時計について・・

  • 再就職する際に行われる面接のときに着用していく腕時計においては、目立つものはやめておいた方が悪い印象を与えません。この場合の、目立つは見るからに高価なものだったり、といったことだけではなく反対に、明らかに安物の印象を持たれてしまうとか、そのような目を惹くという意味であって真逆で目を惹く、ということで頭に入れておいてください。転職の面接の際にするべき腕時計に関してもネクタイやスーツと一緒で、無難なものを身に付けるほうが確実です。ただ、自分の年齢に適しているということも重要で、新卒時にしていた腕時計よりは多少なりとも高価なものにした方が間違いないということは言えます。

    一般的に大手企業は定期採用中心です。ですから、転職で入る事は容易ではありません。

  • 一流企業の採用は、「定期採用」であることがほとんどです。ですから、転職希望者には適していません。そして、都心以外だとその可能性がとても少なくなります。ですが「製造業」であれば、都市部でない地方の工業団地界隈に拠点としているはずです。さらに、そういった工場に的を絞れば、事業分野の拡大する際に人員募集をする事が結構あります。そのチャンスを捉えるのです。地方の工場での転職を考えているなら、希望する企業についての予備知識をチェックしておきましょう。その企業のHPをチェックし、求人がないかこまめにチェックすると良いでしょう。

    いい転職をしようと転職活動時、「今まで、こういった仕事をがんばりました」…

  • やっている転職する活動の際に「振り返るとこういった職場の仕事に従事しました」「過去の仕事によって、手にした経験は、、、です」とそれまでの自身の実績・セールスポイントを強くアピールする人はかなり多いです。ところが、転職先の1から始める会社で「近い将来こうありたい」「斯くの如き内容の業務をするのなら積極的に貢献できると思う」と未来の話をして売り込むほうがよっぽど効果があります。この点に注意しつつ、転職活動をがんばってみましょう。

    転職サイトで登録したあとに、電話やメールでの連絡が呆れるくらい来ます。

  • 転職サイトで登録したあとに、執拗に電話やメールをしてきます。これについて「転職エージェント」の初心者の方は、かなり驚く場合が少なくありません。「転職エージェント」は、利用者の転職をサポートすることが役割だとされるので、かなり積極的な姿勢を見せます。中でも大手エージェントは、転職を完了させる対価として企業から報酬が支払われるシステムであることから、転職活動される人の都合よりも企業の都合を優先的に考えることが多かったりします。さらに、「転職エージェント」は、契約を急ぎたいあまり、内定が出たその日に、入社するよう後押ししてくることがよくあります。防御策として自身の気持ちを明確にしておき、転職にしくじらないように気を付けなければいけません。

    退職|クールビズの格好をして転職の面接にチャレンジする場・・

  • クールビズをして再就職の面接に臨むときには、ジャケットに関しては着ていかなくても大丈夫だとはっきりと断言できますが、ネクタイは面接ではつけている方が印象的に良いイメージを与えるのでお勧めです。タイはなくても良いと認める会社もあるケースもありますが、ことネクタイだけはクールビズだろうと着用しなければならないと考えている企業が一定数存在します。そんな訳で、クールビズで来るように言われていてもネクタイにおいては絶対に着用から行った方がベストだということは知っておいてそんはありません。

    もしもあなたが転職しようと考えた場合、「Uターン」「Iターン」な…

  • あなたが再就職をするとき、「Uターン」「Jターン」において都市部から地方に移り住んで再就職したいと考える人が増加傾向にあります。ネット社会の今では転職サイトを用いれば、地方の求人でも閲覧できるようになっています。ですが、地方での求人はどうしても大都市よりも少ないので、その点がマイナスといえます。なので、転職サイトのみに固執するとガッカリしてしまうかもしれません。転職サイトにプラスして、その地方の自治体や商工会議所の情報サイトも見逃さずに確認しておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」といった機関が開催する転職サポートの情報もアンテナを張っておきましょう。

    将来転職活動をされるなら、気になる求人(もしくは業種・・

  • 将来転職活動をするという時は、気になった求人(OR 業種)があれば、忘れず「〇〇業、ブラック」とインターネットで検索したほうがいいです。求人票・転職エージェントからはまずその業界のデメリットなどは、教えてもらうことは不可能です。仮にブラック案件が蔓延している業界であれば、インターネット検索を通じて一発で多くの事例に触れられるはずです。そういう手間を惜しんで入社すると、あとから痛い目にあいます。そもそもその求人が出ている理由が「仕事がキツイから人が定着してくれない」といったケースがかなり多いため、気に入った案件や業種については、納得するまできちんと調べた上で応募するようにしましょう。

    退職|これはシフト制がある仕事についての話です。

  • シフトの仕事についての話なのですが、毎週、決まった曜日に入れる人を募集している求人をよく見ますが、シフトの出し方や休み方について、あらかじめチェックしておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、私は以前産休で休む人の代役として、正社員として勤めることになったのですが、「土日」固定のシフトで、他に誰も来ず、新入社員の私一人だけで現場を任されるだけでした。産休に入った前任の女性が「土曜、日曜」に必ず出れる人だったので、私もそのように思われていたみたいです・・・。実際「土日」に冠婚葬祭が入った場合、シフト変更を前もって伝える必要があり、上の人に「代わりに出勤していただけませんか?」と自分で連絡を入れなくてはいけませんでした。一緒に働いて給料は同じなのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。思い出すと「よく耐えた」と自分でも驚きです。

    とある古物商のお店で、書類選考をクリアしました。その…

  • とある古物商の会社で、書類選考をパスしました。2、3日して相手方から、面接予定日を連絡してもらいました。だが、当日、時間通りに指定場所へ行ってみると、行き違いがあったのか相手が面接の用意を全くしていませんでした。所長らしき人物が面接に応じてくれたものの、たいへんにけだるい表情を見せ、ひとまず面接が終わりました。ところが、予定日になっても結果連絡がまったく来ず、しびれを切らし、自ら問い合わせると、「郵送で本日送付してあります」と告げられました。心待ちにしていたのですが、私の手に届くことはありませんでした。ふたたび、電話した結果、意味が分からなかったのですが、「残念ですが不採用とします」、と勝手に電話を切ってしまいました。私は呆れて言葉も見つかりませんでしたが、正直、不採用で良かったと痛感しています。

    転職サイトあるいは転職エージェントを使って、転職活動を行うことは現在では当然のことでしょう。

  • 転職エージェントと転職サイトを使用して、転職活動を行う人は大勢います。転職の幅を広げたいのであれば、並行して転職フェアを活用することをおすすめします。多くの企業が一堂に会し、参加すれば一度に複数の企業の情報を得ることができ、同時に、その場で説明しているスタッフさんから、それぞれの企業の「雰囲気」を感じられるはずです。これから、転職フェアに参加する機会があった場合、面接に行くつもりでしっかりと自分を売り込みましょう。フェアのあいだに自分の魅力が企業に伝われば、それからあとの採用面接でかなり有利になります。