現在、ブラック企業がメディアで注目されたりして、労働条件での取り締まりが強化されていったり・・

近時は、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件関係の取り締まりが厳しくなった…

  • 現在、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようになり、労働条件関係の取り締まりが厳しくなったり、悪質な企業は公開されたりと、厳罰化の動きが活発になっていますが、まだまだ物足りないといえます。それゆえ、面接で見破る必要が生じます。ともかく、求人票等に書かれている労働条件を覚えておき、それぞれの項目についてあれこれ質問してみましょう。相手が「ブラック企業」な場合、記載内容がウソだったときに、返答が詰まります。「その場では答えられない」というような逃げるような姿勢になることが多くあります。「給与」「残業」「休日」においては、質問してみると、渋い表情を見せることが多くあります。それでもしつこく聞くとブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せ始めるため、そこで相手がウソをついていると確信できます。この手の会社は、募集要項無視し、入社後もふてぶてしい態度を見せることが多いため、この手の会社は、募集要項を守らない上に、入社してもふてぶてしい態度を頻繁に見せる可能性が高いので、「何か引っかかる」と思ったなら、その会社に入社すべきではありません。
  • 転職を考えているなら、多くの会社の情報を定期的に調べたり比較したりしてお…

  • 再就職したいなら、様々な会社の募集案内を定期的にチェックすることが、再就職先の判断が大いにしやすくなります。現在の職場を不服だと思っているケースでは、実際に転職活動をするときに、どこの企業も魅力的に思えてしまいます。そのようになると、どこを選択するべきか、迷ってしまうので会社選びに失敗してしまいます。すると、最終的にはあっという間に転職を考える羽目になるので、前もって会社を見る目を養っておくのがベストです。良い方法は、企業の雇用面だけ見るのではなくその企業の「取引先」を見るのがオススメです。良い会社は、取引先情報を公開していますし、そういった会社でない場合、宣伝ばかりなので確認しておいて損にはなりません。そのうえ、会社によっては、個人グループに入っているものもあるので、グループの名前で中身を調べておくのも良いでしょう。
  • 就業していた会社でパワハラを行う上司に悩み、結局耐えきれずに退職し・・

  • 勤務していた会社でパワハラを行う上司に悩まされて、耐えることができなくなってその会社は辞め、同業他社に職を変えました。居心地よく勤務することができてきわめて満足していましたが、徐々に会社の業績が悪化し、結局は経営統合されました。偶然にもその統合した先の会社がなんと前働いていた会社で、加えてとても嫌いだった上司がまた私の上司になることになりました。ここまで縁があるとは。もちろんまた転職活動を開始する予定です。
  • 退職|転職活動中に、面接時に「志望動機」「転職理由」の2点は間違いなく質問されます。

  • 転職活動をやっていると、面接のときに「志望動機」「転職理由」の2点は例外なく質問されます。志望動機については、隠さずに話してもOKですが、これとは違い転職理由について率直に話すのは得策ではありません。給料に関する不満、同僚・上司との人間関係など、面接担当者に悪い印象を持たれるものです。もっとも、自分が不利益を被ると予想できることを馬鹿正直に話す人は非常に少ないと思いますが、採用担当者はそのような部分に注目しがちなので、かなり慎重に質問してきます。これに対して現職の不満を回答しないためには、現職の仕事内容以外のことは話さないことです。それにプラスして、この会社に入ってこんなことを実現したい、「5年先はこういったことをしているだろう」、そのために御社を選びました、と未来志向となるように、うまくかわしていきましょう。
  • 退職|もしも、現職からの転職を決断したのであれば、完全に周りの人間・・

  • 仮にあなたが、現職からの転身の決断したのであれば、徹底的に周囲に内密にその気持ちがばれないように、うまく活動を進めていき、転身先が決まらないうちは、可能ならば周りの人に悟られないよう普通に業務をこなしていくのがとても正解です。働いている間、これを徹底することで、最悪転職先探しがうまくいかなくても、転職時期を遅らせながら、現在の職をそのまま続けることもトラブルにはなりません。でも軽率に、口にしてしまったら周りはそれに合わせた態度をとります。それに周囲に「辞めるつもりです」と一言でもいえば、同僚からは「あいつは退職する人」という位置づけになります。ですがもしも、転職したい思いが消えて、「やっぱり退職しないことにしました」と釈明しても、「一度は退職しようとした人」とあなたを見て、仕事を続けている限りは、肩身の狭いと感じるしてしまうことになるかもしれません。
  • 退職|友人からの紹介によって転職を叶えようとしている人もいるでしょう。

  • 知っている人の紹介をキッカケにして転職する先を見つけている最中の人もいるでしょう。それはいいけれど労働環境やその他の労働条件などを友人知人の口コミを過剰に信じるとあまり良くはありません。口コミの中でも主観が強調されてしまい、客観的な要素が排除されやすく、客観性に乏しくなります。つまり紹介者から見たら良い職場環境だったとしても、自分にとってはストレスだらけの環境、、、という場合かもしれません。でもその逆も然りです。ということで、職場環境については口コミだけに頼らずに、最終的には自身の目でチェックしておくようにしましょう。
  • 転職時の面接で着用する腕時計についてですが、ビジネスの場らしからぬ目・・

  • 再就職する時に行われる面接のときにする腕時計の事についてですが、明らかに目を惹くようなタイプの時計は着用をやめた方が最善です。この場合の、目立つ意味はブランド物の腕時計であるとか、といった意味合いだけではなくその反対でチープなものに見えてしまうとか、そういう目を惹くということで真反対の目を惹く、ということで捉えておいてください。転職の面接のときに着用する腕時計においてもスーツやネクタイと一緒の考え方で、ビジネスの場にふさわしい平凡なものを身にするほうが良いです。ただし、年相応であるということも大切なことで、新卒の面接で準備した腕時計よりはわずかであっても値が張る腕時計にした方が年齢に見合っていると言えるでしょう。
  • 大半は大きな会社は定期採用中心で、転職希望者には適していません。

  • たいてい大きな会社は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めます。ですから、転職で入りたい人にはたいへん厳しい条件といえます。そのうえ、田舎のほうでとなるとその機会はたいへんきびしくなります。しかしながら製造業に関連する企業においては、都市部でない地方の工業団地で製造工場を置いていることもはずです。また、そういった地方の工場に的を絞れば、事業拡大に伴って人員募集をすることも珍しいことではありません。この好機に転職も悪くないと思います。地方の工場に転職したいと考えているなら、希望する企業についての情報を事前に知っておきましょう。ホームページに訪問し、求人予定の予定はあるか、こまめにチェックしてみてください。
  • 退職|いい転職をしようと転職活動中に、「私はこれまでこういった職場…

  • 転職活動時、「自分はこれまでこのような職場の仕事を長く続けました」「過去の会社の仕事によって、こういった技術を得られました」と過去の成功体験などを強調してアピールしようと考える人はかなり多いです。が、志願し1から始める場所で「将来、このようなことをしてみたい」「こういうような内容の事ならぜひ貢献できるに違いない」と将来的なビジョンを話して売り込むほうが効果的である場合は、意外と多いものなのです。この点をしっかり意識しておくと、転職活動が効率的なものとなります。
  • 「転職エージェント」では、登録後、電話やメールで何度も連絡が入ってきます。

  • 転職エージェントに登録すれば必ず、電話・メールで執拗に連絡が入ります。転職初心者は結構びっくりする場合が多いです。「転職エージェント」は、利用者に転職してもらうことが業務ですので、とても積極的にかまえています。とりわけ大手のエージェントは転職させると企業からお金を受け取る仕組みであるといえるので、転職希望者の都合うんぬんよりも企業側を優先させることが珍しくありません。さらに、彼らは、成約数を増やしたいがために内定が取れるとすかさず、「入社されてはどうでしょうか?」と半ば強引に説得してきます。自身の気持ちや意思をハッキリしておき、無理に転職することがないように気を付けることが重要です。
  • クールビズスタイルで再就職の面接に行く場合、やっぱりジャケット…

  • クールビズをして再就職の面接会場に行こうとするときには、さすがにジャケットまでは着込んでいく必要はないと間違いなく断言できますが、ネクタイだけはしておいた方が良い印象を与えます。タイもジャケット同様になしで良いとしている会社もある場合もなくはないです。ですが、ネクタイは例えクールビズであっても着用すべきだとする会社がまあまああります。そのため、クールビズ(軽装)で大丈夫だと言われていてもネクタイに関しては必ず着用いく方が良いということを知っておいてほしいです。
  • もしもあなたが転職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」にお…

  • 再就職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」といった具合に、都市部から地方へと移り住んだうえで再就職してみたいと考えている方が、ここ最近増加しています。一昔前とは違い転職サイトを使えば、地方の求人でもいつでもアクセスできます。しかしながら、地方や郊外での求人情報は、大都会の場合よりも、数が少なく良い条件も少ないのが正直なところです。といった性質上の問題があるので、求人情報サイトだけに頼りすぎると機会損失が大きくなるので注意が必要です。求人サイトと併せて、その地方の自治体や商工会議所の情報サイトも見逃さずにチェックしておくことをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に主催している就業サポートの関連情報もアンテナを張っておきましょう。
  • 今後転職活動をするという時は、気になった求人(もしくは業・・

  • これから先、転職活動をするという時は、気になった求人(あるいは職種)があったら、しっかり「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネットで検索を掛けてみましょう。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントの言葉からはまずその業界のマイナス点は教えてはもらえません。ネットで調べればネット検索で一発で本来の姿を理解できるでしょう。そうした検索をしないまま、入社してしまうと、直後に入ったことを後悔してしまうおそれがあります。そもそも求人が出されていた理由が「仕事内容がキツイからすぐに人が辞めてしまう」という場合も多いので、気に入った案件や業種については、納得できるまでチェックして応募するようにしましょう。
  • 退職|これはシフト制のある仕事についてです。

  • これはシフトの勤務形態がある仕事についての話です。毎週、決まった曜日に仕事できる人を募集している求人を頻繁に目にしますが、シフトの出し方、休み方については面接の際に聞いておいたほうが良いでしょう。それはどうしてかというと、前に私は出産のため休む人の代わりにと正社員として入ったのですが、私のシフトが「土曜、日曜」固定となるシフトで、他の社員は来ず、私一人だけで現場を任されるだけでした。前任の女性が「土曜、日曜」に必ず出られたので、私も同じタイプと思われていたようです。実際土日に冠婚葬祭が入ることもあり、シフト変更を前もって伝える必要があり、上司に「代わりに出勤していただけませんか?」と自ら交渉しないといけませんでした。立場も給料もほとんど同じなのに土日を私だけに任せるなんて…。今思うと本当によく我慢してやってこれたと思います。
  • 退職|とある古物商の求人に応募し、書類審査に合格しました。2、3日…

  • ある古物商の人員募集に応募したところ、書類選考に受かりました。すぐに相手方から面接日時を告げられました。しかし、当日、時間通りに行ってみると、行き違いがあったのか相手が面接の用意を一切していないことがわかりました。しばらく待っていると、所長らしき人が面接担当をしてくれたのですが、始めから終わりまで、面倒くさそうな態度を見せてかろうじて面接を終えました。しかし、予定日を過ぎても結果連絡が一切なく、もう待ちきれなくなり、自ら問い合わせてみたところ、「郵送で本日送付してあります」と返答されました。しばらく待ちましたが、結局届かず、再度質問したところ、驚くことに、「残念ですが不採用とさせてもらいました」、とその直後、電話を切られてしまいました。呆れ返ってしまい、しばらく絶句してしまったのですが、正直、採用されなくて良かったと感じています。
  • 転職エージェントや転職サイトなどを利用して、転職活動を行う人はたくさんいます。

  • 転職エージェントと転職サイトを用いて、転職活動を行うことは現在では常識といえるかもしれません。ですが、転職のチャンスを高めたいのなら、それに並行して転職フェアに参加してみるのはいかがでしょうか?転職フェアは、複数の企業が一度に集まるイベントなので、そこに足を運ぶことにより気になっている企業に関する情報を直接得られますし、それに加え、その場で説明しているスタッフさんから、企業の個性を伺えるはずです。今後、近い将来転職フェアに参加するつもりなら、面接だと思ってしっかりとした準備をしておくことがおすすめです。フェアの中で、自分の能力や人柄が評価されれば、その後応募して本格的な面接時にかなり有利なはずです。