転職における採用面接に希望先の会社へ出向いたときのことです。

退職|転職の面接を受けるためとある会社に伺いました。

  • 転職のための採用面接を受けに転職希望の会社へ伺ったときのことです。偶然会社内の面接に使える部屋が空きがないというわけで会社の外で待ち合わせて面接が行われて、その場所で解散をして、面接担当者も会社に寄ることなく自宅に直帰されるとのことだったわけですが、ところが自宅の最寄駅が同じだったのです。そのため電車内でも面接を行った人と一緒に話をしながらいっしょに帰ることになり、そのため緊張がほぐれて面接より話が弾んで、それが功を奏したのか幸運にも採用を掴み取ることができました。

  • このように現代の労働背景の変移について、全世代の中で…

  • 現在の会社や企業の労働環境の激変ぶりについて、働きざかりの世代の中で若い世代が特にチェックし、気にかけているようです。大方、将来のキャリアアップのために、色々と考えているのでしょう。ですから、サラリーマンや労働者の労働力の「流動化」が年々大きくなっているので、次第に将来、若い世代以外の層にも転職の関心が増加していくと思います。この様な情勢の中、労働者の転職は一般的に広く受け入れられるようになるでしょう。終身雇用が蔓延していた時代には「会社を辞めて転職」には悪いイメージがあり、転職が思うようにいかず、困っていた人もあったのです。ですが、時代の変化もあり、現在の会社だけに執着する意味も必要性も減っているように感じます。

  • 退職|失業した人が受け取れる失業保険は、失業中でない人はもらえませんが・・

  • 失業したときにもらえる失業保険は、失業状態でなければもらえませんが、期間に制限があります。失業時までに勤務していた期間に応じて変わり、3ヶ月、あるいは1年と決められるのですが、知らないで失業を続ける限り給付されると勘違いして「失業保険をもらえるあいだは遊ぶ」という人を見かけますが、給付期限があと1ヶ月、という段階で気づいてから焦りながら仕事探しを開始しても条件のよい仕事を見つけるのは至難の業です。転職候補となる会社の面接官も無能ではないので、失業中に遊び惚けていなかったのかといった箇所はおおよその部分は相手(面接官)にバレてしまいます。相手によっては、そのような質問を食らう可能性もあります。しどろもどろになると不合格となるおそれもあるので要注意です。

  • 退職|昨日転職先を探すために人材紹介会社へ登録に足を運びました。

  • 転職先を探すために人材紹介会社へ登録に足を運びました。そのときカウンセリングのために現れた担当者の雰囲気がどうも入社して間もない新入社員で、こちらが説明している話の2分の1もわかっていない様子。そのくせ「キャリアデザインがまだまだですね」とか「自分の強みは何なのか考えることが大事です」等、一丁前の話を横柄に言い散らかすからとても不愉快でした。カウンセリングを担当する人はある程度仕事の経験がある方にするべきです。

  • 就職活動において、年収はかなり重要な要素です。

  • 就職活動において、年収はとても大切な要素です。大部分の企業で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。本当の年収を偽って、多く申告し、転職先での年収を増やそうと画策するのは辞めておきましょう。なぜなら、「源泉徴収票」が必要なため、もし一度は信じ込ませたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、必ずウソがバレてしまうためです。ヘタをするとトラブルに発展するおそれもあるので、現在の年収を正確に申告し、それに釣り合った希望年収を設定することです。現在の年収が400万円の人が、転職して500万円となる可能性はよほどのことがない限りありません。現在が430万円の年収であれば、希望額は400~450万円であると伝えておくのが良いです。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、一時的に転職先に合格をもらったとしても、そのまますぐに退職しなくてはいけなくなるおそれもあるので注意が必要です。

  • 退職|近頃はPCやスマホを使えばわかるけどインターネットで見られる世界では…

  • 近頃はパソコンを使えばインターネットのエリアには、今では「転職に関するサイト」と呼ばれるものが多くて困るくらいいっぱい存在しています。そのいっぱいのサイトから自分自身の目的にあった転職先というのを見付けるためには、まず、情報が大事ですから収集をしましょう。転職サイトを上手く使うことで、効率的な転職先探しができます。更新頻度が高く、さらには転職希望者にとって役立つ情報満載の優良な「転職サイト」がある一方、情報更新が遅く、粗悪な内容ばかり掲載しているサイトもあるので、充分に注意しておきましょう。使い慣れないうちは、信用に値するサイトかどうかを見極めることが大事ですから同ジャンルのサイトと比較しながら厳しく確かめてみてください。

  • 就労中はできたら、社内の人間にバレないよう(私の場・・

  • 雇用中には、できれば周囲が気づかないように、(自身の場合)在職中に転業の意図だけを活動初期に同僚に仄めかしたことがあります。けど、その後転職情報を散々探してみたものの、悲しいことに働く先も仕事を変えるタイミングも無計画なまま煮詰まっていないままダラダラと時間がムダになるだけでした。挙句の果てにはその一方、会社の側は、業務の引き継ぎ予定や手続き、私の退職の日程などが確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、転職先を見付ける」という、なんとも本末転倒な結果になってしまいました。そして、予定は思うようにはいかず、失職期間を経たのち、次の就職先を探すことになりました。

  • 退職|もしあなたが転職したいと考えているなら、資格を取得することで有利になります。

  • 転職したいと考えているなら、あらかじめ資格を取るのがおすすめです。とくに、在職中に資格取得しておくと、転職活動に有効に使えるので、新たな分野に挑戦することも可能になります。ですので、資格取得は、在任期間中が一番良い時期といえます。あなたが将来を見据え、このあとに役立つであろう資格を取得しておけば、現在の会社を辞めたあとも前向きに次に進めるはずです。そのうえ、資格を取ってからの転職活動では資格が味方をしてくれるので面接で「即戦力」と見なされ、今までの職場より待遇アップも期待できます。

  • 退職|仮に転職しようとしてもあらゆることが首尾よくいく確証はありません。

  • 転職を目指そうとしても、あらゆることが首尾よく運ぶという確証はどこにもありません。もしも転職するのなら、いずれにしても転職をしなくてはならないなら若いうちに出来るだけ早く変えるべきです。普通一般的には、30代前半まではとても有利ですが、残念なことに、30代後半~40代となったあとでの転職はたいへん難しくなります。もしも、要職に就いているのなら、転職の意思が強くなっていても現在の仕事を続けるということを選択肢から除外しないでおきましょう。つまり、退職後に転職活動を行うよりも、現在の会社に残りつつ、慎重に未来を構築していったほうが良いということです。

  • この先、私たちの社会的環境においてみるみるうちにシンプルな作業…

  • 私たちの労働環境は、今後確実に思考を必要としない仕事は機械で済まされるようになり結果として、稼働人口は縮小させられてしまいます。なぜなら単純作業は機械で作業するほうが圧倒的に能力が高いからです。例えば、数を数えたり同一の動作を延々と繰り返すことは機械では当然問題ありません。人間とは違って言い訳することもないし、疲れ知らず、ずるもしない、正確に作業してくれますし、それを均一化できます。さらには、給料が発生しません。こういったことから、人間を使う意味が到底無さすぎるため、機械にシフトされるもの必然といえるでしょう。

  • 今ある自分のスキルを有効活用しながら、就職活動をしようと考えているのなら…

  • 自分のスキルを活かして転職活動をするつもりなら、そのスキルがプラスになる転職しやすい業界と比較的そのスキルが不必要な、転職が難しい業界がある事を知っておくことは大切です。再就職がしやすい業界としては、たえず人手不足である医療や介護系のジャンルが代表的といえます。医療・介護は、看護師や介護士の「資格」が必要で、ハードルが高めなのも転職しやすさに起因しています。ただし、現在「医療・介護」の仕事をしていて、何かしらの事情によって異業種へ再就職してみたいと思う場合は、すぐに行動するのはキケンです。他の業界ではスタッフの流動性はかなり低くなります。簡単に考えない事が必要です。転職を実際に行う際は、ほかの分野の仕事では医療や介護系の業界のような売り手市場ではないと理解しておきましょう。

  • 退職|そのうちでも転職活動を希望しているのなら、今いる職場や仕事…

  • 転職活動をするのなら、現在の職場での不満に思う部分を洗い出しておきましょう。当然できていると思うと、意外とできてないです。気に入らないことが限界に達しているから転職しようと思っているはずです。が、「きちんといまある仕事や業務の満足できないことを列挙する」ことを多くの人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びでの失敗は大きく減らせます。それを終えたあと、転職を叶えたとしたら、「今より何が不便になるか」を明確にイメージしてみましょう。転職できたとしても、すべての問題が解決するとは限りません。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職後の急激なモチベーションのダウンを高確率で防げますから、失敗しないのは容易になるはずです。

  • 転職活動を成功させたい場合、希望先転職先の会社企業というよ・・

  • 転職活動で重要なことは企業そのものよりも、どちらかと言えば面接係員とのやり取りが肝心といえます。しっかりと採用してもらうために、先ずは普段通りを意識して焦らずに対応することを心がけましょう。たとえば女性とお見合いをする姿勢で向かうのも大事でしょう。また面接官は最も初めにあなたの内面的な部分を判定してもらうので悪い評価になるような行動は注意しゼッタイに避けましょう。また良識ある社会人らしく整った服装を意識してください。あなたの個性を表現できるといいでしょう。面接官に企業に適した人材と認識されれば、かならず良い転職先に巡り会える可能性も高くなります。

  • 退職|転職の面接などの場面で担当者が名刺を渡してきた場合、…

  • 再就職での面接などの時に担当者に名刺を渡された時、こちらとしても名刺を相手側に渡すべきかどうかと迷った場合は、大体の場合は渡す必要のないもの、と覚えておきましょう。転職のための面接においては仕事の延長上のことではなくて、職に就くための採用活動の一環です。ですからほとんどの場合は名刺を交換する時間とは異なります。合わせて、会社の人間として出向いているのではなく、あなた個人のことでそこにいるわけです。そういった訳で、もし相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちらにおいては名刺をもらうだけで問題なくて、面接担当者に相手側にあげる必要性はないと考えられます。

  • 転社を度々しないために、ひとつだけ対策が必要です。

  • 転社を繰り返す日々を止めるために、ひとつだけ対策が必要です。仕事面のスキルアップもそうですが、精神的なスキルを磨くと転職を繰り返さなくなります。現在は、ネットを使ってメンタル面を強くするヒントは誰でも知ることができます。また不思議に思われるかもしれませんが、転職以外の行動によっても、精神面を鍛えることが可能です。それは、ズバリ海外への旅行です。海外に行くと、生活様式・文化・言語など、違うことばかりなので、どの瞬間も勉強になります。なので、帰国してからも心境の変化を実感できるはずです。帰国してみると、「自分の視野の狭さ」に気づき、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちを携え、面接に向かうと、今までとは違って自然と自信に溢れた態度を示せるはずです。でも、退職間もないあいだは、精神的に弱くなりがちなので、その後のために休暇も必要です。

  • 趣味に通じることや大好きなことを仕事にしたいという風に思っている方は要注意です。

  • 趣味に通じることや大好きなことを仕事にしたいという風に考えている人は注意が必要です。これは、私が実際に体験したことなるのですが、私自身、もともと食べることが大好きだったのですが、それが高じて、以前は、飲食業界(レストラン)で勤務していた時期があります。そのレストランでの仕事内容は、そのレストランで私が任されていた業務は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務です。この仕事内容に関しては、嫌なこともありませんでしたし楽しみながら仕事ができていました。ですが、人間関係で嫌になりました。そのことが引き金となり、退職する羽目になったのですが、同時に、好きだった食べること、そしてその店でメニューとして提供されていた食べ物さえも嫌になり、よく似た店には今も行けていません。当時の店の匂いを思い出すのも苦手です。この仕事に就いた頃は、大好きだったことをキライになるなんて自分でもビックリです。自分自身の好きなことを仕事にしたいと願い、実現させることは素敵ですよね。ですが、あなたの「好き」は、どのくらいすごいのか、じっくり自分自身に問いただした上で行動するべきです。