転職のための採用面接を受けに転職希望の会社へ伺ったときのことです。

退職|転職の面接を受けに転職したい会社へ訪ねました。

  • 転職のための採用面接にある会社に行きました。その日に限ってその会社の部屋が空きがないというわけで社外のある場所で面接官と待ち合わせて面接が行われて、その場で解散し、面接を行った方もそのまま自宅に直帰されるとのことでしたが、偶然にも自宅最寄駅が私と一緒。ですから電車の中においても彼と一緒に会話をしながらいっしょに帰宅することになり、おかけで緊張がなくなって面接よりお話が弾んで、それが奏功したからなのか何事もなく採用を掴むことができました。
  • 退職|このように現在の労働環境が大きく変わったことに関して、社会人の…

  • このようにここ数年の企業の労働背景の慌ただしい変移をについて、全世代の中で若年層が特にチェックし、気にかけているようです。十中八九転職と自身のキャリアアップを同時に考えているのでしょう。そんなわけで、就業者の「流動化」が顕著になっているため、加えて、今後、これらの傾向が高まるのでは、と思います。このような事情から、転身することは当たり前になり、「終身雇用制度」が存在していた頃には「会社を辞めて転職」というとそれだけで評価が下がるとも言われて転職しようにもうまくいかない人もあったようです。ですが、時流の変化とともに今の会社に執着する意味も必要性もあまり無くなっているように感じます。
  • 退職|失業した際に受け取れる失業保険は、もらうためには失業中であることが必要です・・

  • 失業者が受け取れる失業保険は、失業しているあいだ、給付条件になりますが、永久に給付されるわけではありません。離職時までに働いていた期間に応じて異なり、3ヶ月とか、1年と設定されるのですが、中にはこの事実を知らない人がいたりします。永久にもらえるものと勘違いして失業保険が給付されるからと遊び続けている人もいますが、給付残りが1ヶ月、という段階で気づいてから慌てて職探しを開始しても好条件のところを探すのは至難の業です。転職を希望している会社の面接官も無能ではないので、いつ失業してどの程度の時間経過しているか、その間まじめに仕事を探していたかについてだいたいバレると思っておくべきです。ときには、そのような質問を食らう可能性もあります。返答に詰まったり、自身を良く見せようとバレバレの嘘をついてしまうと、採用は極めて難しくなります。
  • 退職|この前転職先の会社を探すために人材紹介会社へと登録に向かいました。

  • 先日転職先を探すために人材紹介会社へと登録に向かいました。そのとき私のカウンセリングのために出てきた担当の方がどうも新入社員らしくて、、私が説明したことの半分ほどもその社員は理解ができていない様子です。そのくせ「キャリアデザインが緩いですね」とか「もっと強みと弱みをはっきりさせておくことが重要です」等、ベテラン社員のように横柄に話すのですごく不愉快でした。カウンセリング担当者は多少は能力のある方に、してほしいと思います。
  • 就職活動において、年収は非常に大事な要素です。

  • 就職活動において、年収はとても大事なポイントです。面接の時、ほとんどすべての会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。ここで実際の年収より多く言って、転職先で多くの収入を得ようとしても、無駄でしょう。というのは、源泉徴収票が必要となるため、一時的に騙せたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、結局はウソはバレてしまうからです。ヘタをするとトラブルに発展するおそれもあるので、現在の年収を正直に申告し、それに釣り合う希望年収を設定することです。年収400万の人が転職して500万円となる可能性はほとんど場合ありえません。たとえば、年収が400万なのであれば、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくのが得策です。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、入社後のトラブルとなり、一時的に転職先に合格をもらったとしても、直後に退職しなくてはいけなくなるおそれもあるので注意が必要です。
  • 退職|スマートフォンを見ればインターネット上では、要する・・

  • パソコンを見ればネットの世界では、今では「転職のためのサイト」と呼ばれるものがかなりの数存在します。その数限りないサイトから自分の目的にあった転職先を見つけるにはまず、情報が大事ですから収集をする必要があります。「転職サイト」をうまく使いこなすことで、効率的かつ満足度の高い転職先探しができます。最新情報が満載で、客観的なデータもしっかり掲載される有益な「転職サイト」がある一方、優良とは程遠い、粗悪な情報しか掲載していないサイトもあるので、充分に注意しておきましょう。使い慣れないうちは、信用できるサイトかどうかを見極めることが大事ですから他と比べつつ、厳しくチェックしてみましょう。
  • 退職|在職中には、出来るだけ同僚にバレないように(自身のと・・

  • 在職期間中は、極力周りの人にバレないよう(自身の場合)在職期間中に転身したいという考えを早い時期に会社内で知らせたことがありました。ところが、その後求人情報を必死に色々とチェックしてみたのですが、転職先のあても、タイミングも計画も立てずに進めていたので、ズルズル時間を空費する結果に。そして会社の側は、退職に関わる引継ぎや手続き、自らの退職予定日などが段々と確定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、転職先を見付ける」という、本末転倒な状況下で会社を辞める形になりました。そして、予定は思うようにはいかず、失業期間を経験したのち、次の就業先を探すハメになりました。
  • もし転職をするならあらかじめ資格を取得することで有利になります。

  • もし近い将来、転職するのなら、事前に資格を取るのがおすすめです。また、在職中に資格を取得するのがお勧めです。転職活動時でそれを生かせるので、転職先の候補が増えるのです。ですので、資格取得するなら、在職中であり、かつ転職活動前の段階がもっとも最適といえます。もしもあなたが転職を目指しているなら、このあとに役立つ資格をとっておくと、今の会社を辞めたあとも心残りもなく、前に進んでいけます。さらに、資格によって転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、転職先の面接で面接担当者に即戦力になる人材だと印象付けることができ、以前より待遇も良くなる可能性があります。
  • 仮に転職をしようと考えていても全てが首尾よくいくとは言い切れません。

  • 再就職しようとしても万事うまく進行するとは言い切れません。可能であれば、どっちにしても転職をしなくてはならないならあなたの年齢が若いうちにできるだけ早く行動しておいたほうが良いです。普通は、20代の若いうちはとても有利ですが、残念なことに、30代後半~40代に入ってからの転職は難しくなるのが普通です。役職に就いているのなら、転職の意思が強くなっていても思いとどまることも選択肢に残しておくべきです。要するに、退職届を出したあとに転職活動するよりも、現在の会社に籍を置いたままじっくり探すほうが後悔することもありません。
  • 退職|これからますます考えなくてもできる作業は機械で処理されるようになっていき、…

  • 将来的に、私たちの社会的環境においてどんどん考えなくてもできる作業は機械で済まされるようになり必要な労働力はどうしても減っていきます。というのも、考えなくてもできる作業という観点では人間以上に機械で作業するほうが数段に作業量をこなせるからです。数量を計測したり、同じ作業をずっと繰り返すことは機械では当然何の苦もありません。もちろん人と違って泣き言を言わず、肉体的な疲れもないし、不正をすることもないし、正確だし均一化できる強みもあります。付け加えて、報酬が発生しないのも違いですね。というわけで、労働力として生身の人間を使う意味がなさすぎます。機械化されるのは自然の結果といえます。
  • 退職|自身のスキルを有効活用しながら、転職する場合、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい業界・・

  • 自分のスキルや資格が有利にはたらくように転職をしようと考えているのなら、そのスキルがプラスになる転職しやすい業界とそのスキルが不必要な、転職が難しい業界がある事を事前に知っておきましょう。再就職がカンタンといわれる業種は、たえず人材が不足している「医療・介護」が、最たる例です。医療・介護の職種ではそれぞれ看護師・介護士の「資格」が必須なため、誰もが簡単に応募できない事も大きく影響しています。でも現在、「医療・介護」の仕事をしていて、ワケあって、異業種へ転職してみたいと思う場合は、すぐに決断してしまわないほうが良いです。他の業界では人材の流動性は決して高くはないのです。というわけで、簡単に考えないことが大切です。転職を実際に行う際は、ほかの分野の仕事では「医療」「介護」みたいな売り手市場とはいかないと、気をつけておきましょう。
  • 今から転職活動をするのなら、今現在の業務や仕事の何に不満があるのか…

  • これから転職を考えているのなら、今の職場・業務の何に不満があるのかを明確化する事が良いです。できていて当然と思われますが、意外とできてないです。元々気に入らないことが限界に達しているから転職したい、と考えるのは分かります。でも「存在する業務や業務の客観的にみた問題な点を明確化する」ことが出来ている人は少ないものです。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職選びでの失敗は大きく減らせます。そのあと、仕事を変えることで「今の仕事よりも不便になりそうなこと」を想像してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。しかし、メリット・デメリットの両方をあらかじめ理解しておけば、転職後の急激なモチベーションのダウンを防ぐ事ができます。
  • スムーズに転職したい時は、企業そのものよりも、どっちかというと「担当面接官」との…

  • 最短で転職したい場合は希望する企業そのもの、というよりも人事や採用担当の面接官とのやり取りが重要です。採用担当の面接係員に良い印象を与えるために、第一歩として面接が始まる前に平常心で対応することを心がけましょう。女性とお見合いをする気持ちで向かうと良いかもしれません。更に大事なことは面接によって最も初めにあなたの人となりをくまなく見られるのでマイナスな印象につながる態度は注意しゼッタイにやめましょう。なおかつ良識ある社会人らしさが伝わるように、綺麗に整った服装で向かいましょう。魅力ある人物と面接官に思ってもらえれば、かならず転職活動はかなり楽になります。
  • 再就職の面接などの場面で名刺を手渡してきた場合、自分も同様に名刺…

  • 再就職の面接などの場面で担当者が名刺を渡してきた場合、こちら側も名刺を相手に渡す必要があるのかどうかと迷った場合は、大体の場合は差し出さないもの、と理解しておいてください。転職のための面接は仕事内のことではなくて、就職活動の一環です。ですから普通に考えれば名刺をやりとりする時ではありません。合わせて、あなたは会社の者としてではなく、あなたのことでこの場にいるわけです。ですから、もしも相手の方から名刺を渡された時でも、あなたのほうは名刺を受け取るだけで問題なくて、相手の方に渡す必要はないと考えられます。
  • 退職|転職を繰り返す日々を止めるための術が一つだけあります。

  • 転職を繰り返す日々を止めるためにすることは一つだけです。仕事面のスキルアップもそうですが、メンタル面で成長できれば、そう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。現在はネットもあるので、メンタル面を鍛えるための自己啓発系の情報はカンタンに知ることができます。そして、転職とは全然違う行動でも、メンタル面を強化することが可能です。たとえばズバリ「外国に行くこと」です。海外に行くと、生活様式・文化・言語など、違うことばかりなので、どんな瞬間も勉強になります。なので、人間的に成長させてくれる修行とも言えます。帰国すると、自分が小さな世界しか見ていないことに気づかされ、世間はこんなにも狭かったのだということを思い知らされることになります。その気持ちを携え、面接に向かうと、今までの面接とは違って自信満々に自己アピールができるはずです。しかしながら、退職後しばらくの間は精神面がもろくなっている人も多いのでその後のために休みも必要です。
  • 自分の趣味に通じることや好きな分野の仕事に就きたいという風に思っている人は注意です。

  • 自分の趣味に通じることや大好きな分野の仕事に就きたいという風に考えている人は気をつけた方が良いです。これは、私が実際に経験したことなるのですが、私は、食べることが大好きだったのですが、それが理由で、かつては、飲食の世界で勤務していた期間があります。そのレストランでの仕事内容は、そのお店で担当していた業務は、盛り付け作業やホール業務です。この仕事内容については、不満もなく楽しかったのですが、人間関係にすごく疲れてしまったのです。そのことが理由で、退職しましたが、そのせいで、あんなに好きだった食べること、そしてその飲食店で提供されていた食べ物さえも嫌になってしまい、よく似た店には現在も行くことができません。当時のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。この仕事に就いたばかりの頃は、大好きだったものをキライになるなんて今でも信じられません。自分の大好きなことを仕事にしたいと願い、実現させることは本当に素敵なことです。ですが、「好き」の度合いはどの程度のものか、真面目に尋ねる必要がありそうです。