転職のための面接では注意しておくべきポイントがあります。

転職の際、面接は避けて通れませんが、面接の際に面接担当者から「転職理由は?」…

転職のための面接では押さえておきたいポイントがあります。面接担当から「転職理由をお聞かせください」といった形で、かなり高確率で質問されます。このときに、どれだけ正論だと思っても、前の職場の「人づきあい」「労働環境」についての不満に受け止められる回答などは、できるだけしないようにしましょう。なぜなら、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、採用の条件としては厳しく、転職のチャンスを台無しにしてしまいかねません。そのため面接では「ポジティブ」な人柄をアピールするのが重要で、本当の理由でなくとも、「新しい職場では自身の能力を十分に発揮し、キャリアアップを目指していくつももりです。」といった売り込みの形が大切です。

これまでは新しい職場を探すときはいつも「ハローワーク」に相談していました。

かつての私は、「転職サイト」を活用するより、「ハローワーク」を活用していました。その理由は、有名な「転職サイト」は、どうしても都心の求人情報しかないからです。そのため、求人を探す時は、「ハローワーク」のみ使っていました。やはり、有名な転職サイトに掲載されている求人よりもどうしても知名度は低くなってしまいますが、古くから地域に根ざした企業もあり、ピンポイントで見えるのはありがたいです。しかし、「ハローワークって地味な雰囲気がある」と思われている方も多いかと思います。転職サイトとは違った求人もあるので、近いうちに転職したい場合は、ハローワークへ1度行ってみるのも手です。大手転職サイトのようにこれでもかというくらいの電話やメールが繰り返し来ることもありません。

退職|派遣会社に登録した上で仕事をする人が近時増えてきていますが…

派遣会社に登録し、仕事をする人が一昔前の規制緩和以降、増加しています。派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらでそのうちの何割があなたに入るのかをできるだけ面接の際に聞いておくべきです。派遣業は、人材を必要としている企業に人を派遣してその見返りとして、手数料を徴収するシステムなのですが、現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることがほとんどです。半分以上支払われているのであればまだいい会社だが、中には開示すらしない派遣業者も少なくなく、酷い会社では、2割だけしか労働者に還元しないことも少なくありません。面接時に、真摯に返答してくれない派遣業者は、隠ぺい体質である場合が多いので、できることなら異なる派遣会社で登録されることをおすすめします。

退職|仕事によって精神的に相当につらくなってしまい、転職を考えざるを得ない状況に追い込まれたのなら、…

職場環境が原因で心的にまいってしまい職場を変えなくてはいけない状況に追い込まれたのなら、そんな時は、職場の人に相談するよりも身内などの近しい存在の人に相談したうえで、転職するかどうかを決めたほうがいいです。なぜならば、仕事をするのは当事者であるあなた自身ではあります。が、しかし同時に、家族の問題ともいえるのです。どれだけ高い給料を得たからといって、心的ダメージを負うほど、我慢して仕事を続けることは健全ではないはずです。近年は、働きやすさが優先で前提にする生き方も徐々に増加傾向にあります。ですから気に病むことなく、あなた自身の家族や、あなたの心と体をいたわりましょう。

比較的時間に融通が効くはずの派遣社員になっても自身の好きなタイミングで辞められるワケではない…

派遣社員であっても、契約期間を迎えたら好きな時にすぐ退職できるわけではないことを転職活動したことで思い知らされました。結婚し、生活が落ちついたら、すぐに子供がほしかったので、子供ができるまでの期間のために1年半~2年くらい現在のそのまま仕事したいと思ったので、就職することにしました。常勤ではなく派遣社員ということもあり、正規よりも給料は少なめでしたが、それでも派遣社員という道を選びました。しかし、入社したあとで、一緒に働く人たちは多数のスタッフが派遣社員として10年以上も続けて勤務していらっしゃったのです。たとえ派遣を選択しても、期間が過ぎたらすぐ辞められる雰囲気もなく、困ってしまいました。

仕事を探しているときに注視する募集要項に関しては、基準的なものとし・・

職を変えようとしようとしている時に目を光らせる求人情報については、目安として、アバウトに書いてある可能性もあり得ます。ですから、そこに書いてある内容はすべて正しいとは考えるのはやめておいたほうが良いでしょう。そのなかでも生活に大きくかかわってくる給与の金額などに関しては、社員を平均した額なのか?最低限なのか?最高額の給料なのか?といった判断ができる人は少なく、自分で適当にわかったつもりでいると、悔いが残ることもあります。ですので、そうならないためにも、求人に書かれている情報は基準だと思って、そういったようなとても大事な事は会社の方に直に確かめるのが妥当でしょう。

退職|以前は看護婦ですが看護師というのは仕事として歴史的背景か・・

その昔は看護婦ですが看護師というのは資格としてやはり女性の割合が大きい職種です。知られていると思いますが気力や体力を消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。であるがゆえに、職場での人間関係の問題や、自身の結婚や出産の後に仕事とプライベートとの両立がかなり取りづらい職業ともいえます。実際に、人付き合いや公私のバランスに悩み、転職希望者が多いといいます。色々と過酷な環境であるために、人手不足の状況に困っています。最近は特に、どの医療機関も看護師を求めている「売り手市場」な状態で、さらに転職に拍車を掛ける原因になっているのでしょう。

退職|全く経験したことのない業種とかに転職する際には、自分が以前の職・・

経験のない分野などに転身したいときには、前の業界で、自分が培ってきた力や今まで経験したことを発揮できるといった内容のアピールが必要です。経験をしたことのないジャンルの場合、その分その業界で今まで働いてきた人たちよりも正直、不足することはありますが、自分の持っている力がその業界でも十分に生きるということをうまく相手に話すことができれば、戦えることも十分に考えられるのです。それゆえ、経験が全然ない業界に挑む際には、その分野とこれまでに自分がしてきた仕事との関連を発見しましょう。

退職|転職活動を行う場合、いろんな経路で情報を集めることが多いと思いますが…

転職をするにあたっては、様々な方法で情報を得るのが通常だと思いますが、転職に関する口コミサイトは利用しなければもったいないです。以前、会社の損失となりかねない口コミが掲載されたからという理由で、損害賠償を、その掲載会社に請求したケースがありましたが、会社の都合で退社した元社員の腹いせとしてその種の口コミが投稿されたと見るのが一般的ですが、別の角度から見ると、ウソの書き込みだったなら、やられた会社側が何も気にしなくても良いはずですよね。しかしながら、本当は『クロ』で「このままではいけないと考え、火消ししなくては!」と思っている可能性もあります。「口コミサイト」も炎上することでアクセス数が増えるメリットもあるので黙認している側面もあるのですが、悪い口コミが多いのは、それだけ入社してからトラブルに遭遇するリスクが高くなると思っていいでしょう。というか、いい会社には煙なんて立ちません。

退職|失業保険の給付は、職を探していることの証明が必要になりますが、…

現実に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、職を見つけようとしているという証明が必要となります。が、現実は「ハードワークから解放されたし、しばらくはのんびりしたい」と考えるのが本音でしょう。心から職を探しているように思わせる方法があるので紹介します。毎月、「ハローワーク」に行くのはパスできませんが、求人票を閲覧することが必ず行ってください。真剣に探す気持ちが出ないときは、「求人票」を軽く見て、ハローワーク職員との面談のときに、「納得できる条件の仕事や自分の属性にあう仕事や、希望していた求人が確認できませんでした」と相手に言い、次の機会に賭けましょう。

転職先を探している期間中は、自分の好きなことに没頭した…

転職先を探している期間中は、趣味に打ち込んだり、体力を損なわない生活がベストです。会社が決まり、新たなスタートを切ったとき趣味に集中していたことによっていつの間にか集中力が高まります。さらに体力を補っている事で、他の社員と比較すると疲れにくい身体になっているということを認識することができます。なので、運動なども取り入れて体力をアップさせる努力をするのが何より良い事なのです。もしも、その会社で共通の趣味を持つ人と知り合えたなら、直ぐに親しくなることができるので、趣味を極めることが転職期間中の時間の有効活用となります。

退職|長いこと接客業で働いてきましたが、年齢を重ねるにつ…

長年接客関係で務めていたのですが、年のせいか立ったままのお仕事は体力的にしんどいため、座って仕事を続けられるオフィスワークへお仕事を変えることを視野に入れて動き始めました。事務の経験がないとなるとけっこう難しく、それなら接客の要素もある受付兼医療事務を目指そうと思い資格も獲得して個人のクリニックに転職しました。周囲はベテランである先輩パートさんだらけで人間関係に関しても難しい。夜のシフトばかり押し付けられ、接客の仕事をしていた頃よりも帰宅も遅いわけですが、最初の頃はキャリア形成の時期だと考えて我慢します。

転職時、ネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)…

求職活動をするとき、ウェブ上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」を利用する場合もあるかと思いますが、そういった業者に登録したことの結果として就職できた場合でも、失業保険とは何の関係もないので要注意です。ハローワークを通さずに就業しても給付対象にならないので注意が必要。なお、「ハローワーク」主導で斡旋された会社に就業したときは、就職のための準備費用として、一時金を得ることができます。インターネットでのエージェントは、私的機関です。単に斡旋を行ったことに対して企業から紹介料をもらうだけであり、失業保険とは無関係です。これを知らなければ、失業中にお金が手に入らなくなるので、就職エージェントの利用を考えている人は、充分に注意しましょう。

退職|転職しようと考えたとき、転職先での自身の給与を過剰に気にする人が…

転職を考える際、転職したあとの給与を気にしすぎる人が意外と多くいます。もちろん大半の人は、だから生活費を給料として得るべく働いているはずです。年収は自身の評価という見方もできますから、大切なのは至極当然です。しかしながら、年収の額ばかりを固執しすぎる人生というのも考えものです。年収が期待できない業種でったも人間的な成長が遂げられる可能性が少なくないからです。

女性が転職する際、一昔前と近年とでは若干の違いがあるようです。

女性の転職に関しては、現在とセクハラが問題視される前では少なからず、状況に違いがあったりします。一昔前は会社側から結婚の予定や出産予定についてごく一般的なこととして女性に質問していました。ですが、今ではその手の内容は、「セクハラ」に該当しかねないために、聞くのを避ける企業が増えています。そして、世間に名の知れた大企業の場合は、この手の質問を全面的に避ける傾向にあります。でも実際、会社側としては、〇か×かの2択ではなく、その女性の人生観、結婚した後も働きたい、出産後の具体的な対応を当然、知っておきたいと思っている事でしょう。自身の価値観を伝えるためにも、自己ピーアールや志望動機と並行して表現することで、面接担当官にも考えが伝わり、また、疑問も解消できると思うわけです。そういうわけで、質問されていない内容でも、あなたの側から気を遣って話をしておくのが良いでしょう。

転職することが、今の会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、…

もし転職することが、現在の職場の同僚たちがあなたの転職を知ってしまうと、雰囲気が一変することがあります。人間関係によって、問題はないこともありますが、意地悪、やっかみの対象になるおそれがあります。加えて、残業時間を意図的に増やされてしまう事があるので、軽率に転職のことを周囲に伝えるのはあまり良いとは言えません。そのようなトラブルを避けるために、今現在の職場では、いたって真面目に仕事に取り組んでいましょう。注意をしておくことで、良い雰囲気をギリギリまで残したまま、晴れやかに会社を辞めることができます。また、円満退職で終えられたなら、退職後も、相談ができるはずです。規模や業界に関係なく、どのような会社であっても、人とのつながりがとても重視されるので、辞める時のトラブルは、可能な限り回避してください。