転職の採用面接を受けるためある会社に赴きました。

転職のための採用面接に転職したい会社へ出向いたときのことです。

転職の採用面接を受けに希望先の会社へ行ったときのことです。その日に限って会社で部屋が空いていないというわけで社外で面接をする方と待ち合わせをして面接をし、その場所で解散し、面接担当者も会社には帰らずそのまま自宅に帰るとのことでしたが、なんと自宅最寄駅が同じ。結局は電車内でも彼とずっとお話をしながらいっしょに帰宅することになり、緊張が解け面接しているよりも話が弾み、それが良かったのかなんとか採用を手に入れることができました。

ここ数年の企業の雇用事情の慌ただしい変化を、若者…

近年の労働背景の慌ただしい変化に際して、社会人の中で34歳ぐらいまでの若者たちほど注目度が高いといわれています。おそらくは、「将来的なキャリアアップ」を視野にいれているのでしょう。ですから、サラリーマンや労働者といった「流動化」が年々大きくなっているので、次第に今後、若い世代以外の層にも転職の関心度が強くなると考えられます。このようなことから、労働者の転職は自然なことになっていくでしょう。「終身雇用制度」が機能していた時代には、「転職」は、そのことでややネガティブに捉えられる傾向が強く、損をしてしまうこともあったのです。しかし社会の流れが変わり今やっている会社のみに執着する意味も必要性もあまり無くなっているように感じます。

退職|失業時の助けになる「失業保険」は、失業中でなければもらえません…

失業者に給付される失業保険は、失業中でなければ給付されませんが、ずっともらえるわけではありません。失業時までに働いていた期間によって異なり、90とか120日とか決定されるのですが、驚くことにこれを知らずに失業を続ける限り給付されると勘違いしていつまでも遊んでいる人がいますが、給付期間が終わる段になってやっと期間制限があることを知り大急ぎで就職先を見つけようとしても好条件の仕事を見つけるのは至難の業です。転職を希望している会社の面接官も無能ではないので、「いつ失業したか?」「失業してからどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたのか?」といった点はそこそこわかるはずです。ヘタをすると、失業中の求職活動について根掘り葉掘り聞かれます。返答に窮したり、すぐバレるような嘘をついてしまうと、不合格となるでしょう。

退職|3日ほど前転職の準備をしようと人材会社へ登録に向かいました。

この前転職のために人材バンクへ登録を行いに行きました。そこで登録カウンセリングを行うために出てきた担当者が見た感じ新入社員じゃないかと思う人で、こちら側が説明している話の半分もわかっていない様子。しかも「キャリアデザインを作り直した方がいいですね」とか「きちんと自分の強みを知っておくことが必要でしょう」等、知ったかぶりに横柄に言うからとてもイライラしました。カウンセリングを担当する人は多少は社会人を経験している方にしてほしいと感じます。

就職活動において、年収は非常に大事な要素です。

就職活動において、年収はとても重要な要素です。面接において、現職の年収に加え、将来的な希望年収額も尋ねられるでしょう。このとき現実の年収を多く偽って、多額の年収を確保しようと試みても、無駄な努力でしょう。なぜなら、最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、たとえ一時的に信じてもらえたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、結果的にウソがバレてしまうのです。トラブルに発展する可能性もあるので、現職での年収を正直に伝え、それに釣り合う希望年収を設定するのが一番良いです。ちなみに、今の年収が300万円の人が転職後に500万円となる可能性はほぼあり得ません。仮に、現在の年収が430万円としたら、希望額は400~450万円であると伝えておくべきです。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなり、一時的に入社できたとしても、退職しなければならないという事態になることもあるので、気をつけましょう。

近頃はPCやスマホで調べればネットの世界では、いわゆ…

世の中は便利になったものでスマホを使えばネット上では、いわゆる「転職のためのサイト」と呼ばれるものが多数存在します。サイトから自分自身にピッタリの転職先というのを見つけるにはなんといっても情報を集めることが欠かせません。このような「転職サイト」をうまく使うことで、効率的に転職先を探せます。客観的なデータもしっかり掲載される「転職サイト」もありますが、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから注意が必要です。とりあえずは、信用に足るサイトかどうかを見極めることが大事ですから類似サイトと比較しながら確かめてみてください。

就労期間中なら、なるべく気づかれないように、(私の場・・

就労期間中なら、できるだけ社内の人間に気づかれないように、(私の例ですが)前職中に「転社するかも」という考えのみはじめのうちに周りの人間にほのめかしたことがありました。にもかかわらず、その顎、求人情報を探してみたものの、結局は転職する時期など、計画も立てずに決まらないまま、時間が過ぎてしまいました。そしてその一方で、当時所属していた会社の方は、業務の引き継ぎや手続き、退職日などが続々と確定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず就職(できる)先を決める」という、お粗末な展開を迎えました。そして、思うような展開にはならず、失業期間を経験し、次の就職先を見付けなくてはなりませんでした。

もしもあなたが転職をするなら前もって資格を取得することでステップアップできます。

転職を視野に入れているなら、転職する前に資格を取得することで有利になります。また、仕事を続けながら資格を取得するのがベストです。転職時にそれを有効活用できるので、次の仕事も見つけやすくなります。ですから、在任中の時間が最適といえます。もしあなたが将来を考え、このあと役立つ資格を持っておくと、現在の会社を辞めたあとも後悔なく次に進めます。さらには、資格を取ってからの転職先の面接時に戦力になると判断してもらえ、以前より待遇が良くなる可能性が高くなります。

退職|実際に、転職活動をはじめたとしても万事うまくいく保証はありません。

仮に転職しようとしても何もかもが順調に運ぶ保証はありません。どうせするなら、どう転んでも転職をしなくてはならないならあなた自身が若いうちに行動しておいたほうが良いです。普通一般的には、20代の若いうちは有利に働きますが、30代後半~40代に入ってしまうと転職というのはかなり難しくなります。もしもあなたが、管理職などの重要なポジションにいる場合、転職したいと思い立っても、今の仕事を続けるということを選択項目に入れておくべきです。退職後に転職活動を行うよりも、今の会社を辞めないままの方向で時間をかけてじっくり探すほうが後悔がないはずです。

退職|この先、私たちの労働環境において、今以上に簡単な作業・・

私たちの労働環境は、これからどんどんシンプルな労働は機械に変換されて明らかに人手は少なからず減少していきます。その理由は、短絡的な作業という観点では機械でやったほうが数段に作業量をこなせるからです。例えば、数をカウントしたり、同じ動きをずっとリピートしたりすることは機械にはへっちゃらです。人間とは違って泣き言も言わず、疲れることもないし、インチキをすることもないし、正確だし均一にこなせます。また、給料が発生しないのも大きな違いといえます。こういったことから、人間を使う意味がなさすぎます。ですから機械化の流れは自然といえます。

退職|自分のスキルを活かしつつ、再就職を検討しているなら、…

自分のスキルを活用しながら転職活動する場合、比較的、再就職しやすい業界と比較的そのスキルが不必要な、転職が難しい業種がある事を理解しておきましょう。再就職がしやすい業界としては、たえず人手不足に陥ってる「医療・介護」が、代表でしょう。医療・介護の職種では看護師および介護士は看護師や介護士といった国家資格が必要で、ハードルが高く、資格保有者に有利な業種といえます。今現在、医療従事者として勤務している人が、とある事情によって他のジャンルへ再就職してみたいと思う場合は、すこし踏みとどまった方が良いです。「医療」「介護」以外のほとんどの業界は、働き手の流動性がそれほどありません。そのため、安易に考えないことが重要です。再就職を希望するなら、ほかの分野の仕事では医療や介護系の業界みたいな売り手市場とはいかないと、覚悟しておきましょう。

転職することを希望しているのなら、現在の仕事・業務の何に対して不満を感じているの…

明日からでも転職を考えているのなら、直近の業務での納得いかない部分、不満に思う部分を明確化する事が必要です。できていて当然と思われますが、意外とできてないです。元々気に入らないことにガマンできないから転職したい、と考えるのは分かります。が、「ちゃんと現状である仕事・業務の客観的にみた不満点を明確化する」ことを大半の人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の不満を客観的に見える状態にしておくと転職における後悔を減らせます。そして、転職を叶えたあと、「どういった事がマイナスになるだろうか」を明確にイメージしてみましょう。転職できたとしても、現状の問題が全て改善するとは限りません。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職後のモチベーションの低下を高確率で防げますから、失敗しないのはできるでしょう。

転職活動といえば、企業そのものよりも、具体的には「担当面接官」と・・

転職は、最初の第一歩は希望する企業とのやりとりというより、ある意味、「担当面接官」との勝負ともいえるでしょう。面接係員に良い印象を与えるために、まずは面接が始まるときに冷静に対応することを心がけましょう。例を挙げると「素敵な女性とお見合いする」と捉えておく望むと良いと思います。また面接官は第一にあなたの「人間性」をくまなく見られるのでマイナスな印象につながる行動は気をつけてゼッタイに避けましょう。また社会人らしくきちんと整った服装を意識してください。ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。企業にとって採用したい人材と思ってもらえれば、きっと転職活動はかなり楽になります。

退職|転職における面接などに関してもし面接担当者に名刺を渡された場合、…

転職の時の面接などの際に面接担当者に名刺を渡された場合、こちらも名刺を相手に差し出す方が良いのか?と悩んだときは、ほとんどは差し出す必要のないもの、と思っておいてください。転職のための面接においては仕事の一環ではなく、職に就くための就職活動の一環です。ですから一般的に考えて名刺をやりとりする時とは違います。さらに、あなたは立場上会社の人としてその場にいるのではなく、個人のことでそこにいるわけです。そういった訳で、もしも相手から名刺を差し出されても、あなた自身はもらうだけでよくて、面接担当者に相手側にあげる必要は少しもないと考えられます。

退職と転職を度々しないための方法が一つだけあります。

退職と転職を繰り返す日々を止めるための対策は、シンプルです。スキルを向上させることもそうですが、それとは別にメンタル部分のスキルを磨くと、転職を繰り返さなくなります。今ではインターネットを用いて精神面を鍛えるのには良い情報は容易に知ることができます。また、転職とは全然違う行動によっても、メンタル面は強化できます。たとえばズバリ「海外に行くこと」です。海外は、日本では考えられないような習慣があったりと、刺激が山ほどあります。ですから、帰国してからも心境の変化が生じるはずです。日本に帰ってくると、「自分の視野の狭さ」に気づき、世間はこんなにも狭かったのだということを実感することができます。その気持ちのまま面接に行けば、今までとは格段に違い自信満々に自己アピールができるはずです。ただし、退職間もないあいだは、精神的に弱くなりがちなので、心の回復のために休みも必要です。

得意なことや好きなジャンルの仕事に就きたいという風に考えている方は気をつけた方が良いです。

大好き、を仕事にしたいと考えている人は注意です。私が実際に経験したことなのですが、私は、もともと食べることが大好きだったのですが、以前は、料理店(レストラン)で働いてもいました。そのお店での業務は、そのお店で担当していた仕事内容は、簡単な盛り付けやホール業務でした。この仕事内容については、不満もなく楽しみながら仕事ができていました。しかし、職場の人間関係ですごく嫌になってしまいました。そのことが原因で、退職する羽目になったのですが、その結果、あんなに大好きだった食べること、またそのレストランでメニューとして提供されていた食べ物も嫌になってしまい、同ジャンルの飲食店はしばらく経った今も行けません。当時の店の匂いを思い出すだけで自己嫌悪になります。この仕事に就いたばかりの頃は、大好きだったことがキライになるとは思いませんでした。自分の趣味に通じることや大好きなことを仕事にしたいと願うのは悪いことではありません。ですが、「好き」は、どのくらいすごいのか、じっくり冷静に問いただした上で行動するべきです。