転職の際、正社員ではなく「派遣社員」を選択予定の方に…

これから転職する場合、派遣社員という勤務形態を考えている方に…

  • 転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択しようと思っている人に覚えてほしい点が複数あります。一般的に派遣に対して、「電話対応」「データ入力」「お茶出し」「その他雑用」などの業務を考えた人が多いとは思います。私自身もそう思ってました。今、働いている企業に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募したとき、「メインの業務は電話対応になります」と採用の際に説明を受けてもいたので安心しきっていました。でも、実際に入社してみると、まさか辞めた正社員さんの穴埋め業務をやってくれと言われました。とくに知識もないので毎回てんてこまいですし、はじめの説明とは異なる内容ばかりなので全くわからないような内容でしたので、現在は、派遣の期間が過ぎるのを待つのみです・・・。

  • 退職|近頃、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに・・

  • 近頃はネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社も増加しています。あなたに特許出願の経験があるなら、連絡が来ることが期待できます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許出願を行った人のほかに、研究開発で論文を発表した実績のある人や、メディアで話題になった人など、何かしらの「功績」を残した人に狙いを定めて、電話やメールで接触を図り、ヘッドハンティングのためのネタとしています。もしもあなたが、ヘッドハンティングと思しき勧誘をされた場合は、そういったことが無かったか思い出してみましょう。極稀に「ヘッドハンティング」と称し、登録料を要求してくる業者もあるらしいですが、そのような業者は完全な詐欺なので、騙されないように注意しましょう。報酬を支払うのは登録している会社であり、転職希望者が払う必要などありません。

  • 退職|求人についての情報を見てみると、大部分の株式会社で・・

  • 求人広告には、ほとんどの場合、大部分の企業では月の給与が明記されています。この月収の項目を確認する時には、しっかり確認する事が大事です。値だけで納得してはいけません。実はひょっとすると、月収の中に月10時間残業の場合が含まれているおそれもあります。何があるかというと残業代を含めて計算することで良い案件に見せて、人材を募集しているケースも考えられます。そのほか、「歩合給」が基本給にプラスされる、というパターンにも要注意です。その歩合を過大に計算に織り込んでいる可能性も考えられたりします。その手の「不誠実」極まりない案件は、近づかないほうが良いでしょう。

  • 退職|安定した生活を欲しがり正社員を目指している人は多数だと思います。

  • 安定的な生活を手にするべく正規の雇用社員を狙っている人は多数だと思います。しかしながら、即戦力として働けるように資格を取得するなどして相当に頑張っているのに正社員としての転職活動が叶えられないケースも少ないはずです。契約社員の求人は結構あるのに正社員の求人募集以外を見ないでチャンスを放棄してしまっている人が多いといいます。仮にあなたが、中々正社員としての転職が難しいのなら、非正規雇用者に応募することも選択肢の一つとして考えたほうが得策です。正社員を募集していない企業であっても、その人の頑張りにより、2,3年で正社員へのキャリアアップができる可能性もあるからです。面接の最後に「正社員登用」の機会の有無をヒアリングしても人生設計が立ちやすいはずです。

  • 退職|転職のための面接では注意する点があります。

  • 転職する場合は面接を受けることがほとんどです。担当者から「転職理由を聞かせて頂けますか?」といった形で、ほぼ確実に訊かれるはずです。その際、どんなにあなたが正しくとも、前の職場の人づきあいや働く環境についての愚痴とも受け止められる返答は、極力しないほうが良いでしょう。なぜなら、仮にそういった不満を回答すると、相手会社の採用条件としては厳しくなるようで、チャンスをダメにしてしまいます。そのため面接時は、「前向き」な内容に徹底することがかなり大切で、実際の理由とは違っていても、「新しい職場ではこれまでのキャリアをしっかり生かして、会社のためにより一層の努力をしていくつもりです」のようなアピールの仕方が良い成果につながります。

  • 退職|これまでは求人情報は「転職サイト」ではなく、主に「ハローワーク」が中心でした。

  • これまでは「転職サイト」を使うより、いつも「ハローワーク」に相談していました。どうしてかというと、規模の大きな「転職サイト」は、構造上、都会を中心にした求人情報ばかり掲載してあるからです。このため、求人情報を探す時は、「ハローワーク」しか利用していません。やはり、人気の転職サイトに掲載されている求人よりいくらか給料などの条件は若干見劣りするのですが、古くから地域密着なので、とても信頼性が高いです。また、「ハローワークってなんだか古臭いイメージがある」と思われている方も多数いるかもしれません。思いのほか、有名な転職サイトには掲載されない求人があるので、数年以内に転職を検討しているのなら、ハローワークへ1度行って、確認してみるのもアリだと思います。大手転職サイトのようなたくさんの電話・メールが頻繁に送られてくる心配もありません。

  • 派遣会社を介して働く人が一昔前の規制緩和以降、増加しています。

  • 派遣会社を利用して働く人が過去の規制緩和以降、多くなってきています。派遣社員として働く場合は、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、その中で何割が自分に入るのかを面接のときに確認しておいた方がいいでしょう。派遣業は人材を希望する会社に派遣して、その対価としてお金を手数料を徴収する仕組みになっています。実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることが多いです。5割以上支払われているのであればまだいい会社なのですが、中には開示すらしないところも少なくなく、悪い派遣会社では、3割しか支払われていなかったというケースもあり得ます。面接の際にきちんと返答しない会社は、不都合な点を隠す傾向が強いので、できる限り違う派遣業者のもとで登録されることをおすすめします。

  • 職場環境のせいで精神的にとても苦しくなってしまい、転職せざるを得ない状況になったのなら、…

  • 仕事をするにあたり、精神的に苦しくなり、転職しなくてはいけない状況になったのなら、そんな時は、職場の人に相談ではなく身内などの近しい存在の人に話を聞いてもらい会社を辞めるか決めるといいでしょう。というのは、仕事をするのは自分のためでもあります。が、しかし家族の問題が第一でもあるからです。毎月、どんなに高給を得られたとしても精神がボロボロになるまで無理して仕事をするのは良いことではないはずです。現在の社会では、金銭的なことよりも、働きやすさを優先する生き方も徐々に認知されつつあります。ですから、あなたの身内、あなた自身の心身を大切にしていきましょう。

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員だからといっても、1年経ったら…

  • 派遣社員だからといっても、契約期間を過ぎたら自身の好きなタイミングで退職できるワケではないと転職活動を通じて学びました。新婚生活が落ちついたあとできればすぐに子供がほしかったので、その時が来るまでのあいだ、数年くらい今の職場で継続で仕事したいと思ったので、就職することにしました。派遣社員だったので、収入は安かったですがやはり派遣社員という道を選びました。が、入社後、一緒に働く人たちの多数のスタッフが派遣の仕事を10年~15年ほど勤務しているというのです。結論として派遣社員といえども、期間が過ぎたらすぐに辞められる雰囲気などなく、この先どうすべきか、とても困惑しています。

  • 退職|職を変えようとしようとしている時にチェックすることに・・

  • 職を変えようと考えている時にチェックする募集内容については参考程度に載っている、ということもあり得ます。ですから、そこに書かれていることは間違いのないものだと簡単に信頼するのはやめておいたほうが最善だと思います。中でもとりわけ生活に大きくかかわってくる給与面においては、平均の金額なのか?それとも最低限の金額なのか?最高額なのか?といった判断ができないケースが多く、自らの勝手な判断でわかったつもりでいると、今後、そのことを悔いることもあります。そのような訳で、悔しい思いをしなくて済むように、求人情報というのは、参考程度に考えて、そのようなとても重要な内容は会社の方に直接問い合わせるのがベストでしょう。

  • 昔は看護婦と言った看護師は務めとして歴史的にも女性比率がすごく高い…

  • その昔は看護婦ですが看護師というのは仕事としてどうしても女性比率が高い職種です。あまり知られていないかもしれませんが気力や体力へのひどく消耗が激しい傾向にあります。であるがゆえに、職場での人間関係で行き詰まったり、自身の結婚や出産の後にそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活のバランスが難しい業種ともいえます。実際に、上記のような問題に行き詰まり、転職される人が多いのが現実です。流動性が高い仕事であるため、看護師は、人材不足な状態に困っています。ずっと、どの医療機関も看護師を募集する「売り手市場」な状態で、それが転職希望が後を絶たない原因になっているのでしょう。

  • 初挑戦の業界などに転身する際には、前の仕事で、自・・

  • 全くの初挑戦の業種などに転職したいと考えているときには、自分が前の職で育んできた腕前や今までの経験を発揮することができるというアピールが必要です。初めての業種の場合、それだけその業界で経験してきた人たちよりも実際のところ、不公平な状態になりますが、自らが保持している力がその分野でも発揮できるということをうまく伝えれば、戦うことができるケースも出てきます。ですので、経験が全くない分野に挑戦する場合は、その業界と自分が今までやってきた仕事とのつながりを可能な限り考えましょう。

  • 転職活動を開始するとき、様々な方法で情報を得ることが多いと思いますが、…

  • 転職するときは、様々な経路で情報を集めることが多いと思いますが、転職に関する口コミサイトは本当に役に立ちます。一時期、会社に不利益となる悪い口コミが掲載されたということで、運営サイト側に損害賠償請求を起こしたケースもありました。会社の都合で退社させられた元社員の腹いせによってその手の口コミが投稿されていると見るのが一般的ですが、別の視点から見れば、ウソばかりの投稿であれば、会社側が気にする必要すら無いともいえますよね。あるいは、本当のことが書いてあるので会社側としては、「本当のことを書かれてしまったので、急いで炎上をしずめよう」と思っているかもしれません。「口コミサイト」も炎上ネタが増えることでアクセス数がアップするなどのメリットがあるので黙認していたりしますが、悪い口コミが目立つということは、それだけトラブルに遭遇する心配のあると考えてもいいと思います。そもそも、本当に善良な会社であれば煙すら立ちませんから。

  • 退職|失業保険の給付は、客観的な意味で、職を見つけようとしている姿勢を見せる必要があります。

  • 失業保険の給付においては、仕事を見つけようとしていることを証明しなくてはいけません。としても、現実は「会社に行かなくて良いし、しばらくはゆっくりと過ごしたい」というのが本音でしょう。ですので、心から求職活動をしているように見せる方法があるので紹介しましょう。月に一回ハローワークに行って担当職員と面談するのはパスできませんが、その場で求人票を見ることは少なくともしておきましょう。実際には探す気持ちがないときは、求人票を真剣に見ている芝居をして、ハローワークスタッフとの面談にて、「労働条件のいい仕事や自分の能力を生かせる仕事や、希望する求人が残念ながら今月はゼロ件でした」と告げて次に期待しましょう。

  • 退職|転職期間のあいだは、「趣味」に没頭することに加え、体力を損なわない様にする・・

  • 転職期間のあいだは、自分の好きなことに時間を費やすことに加え、体力を損なわない様にするとベストです。勤め口が見つかり、仕事を再開した際に、趣味に打ち込んでいたことで、知らないうちに集中する力が高められます。さらに体力アップしているために、一緒に働く人たちと比較するとスタミナがあるということを自覚します。というワケで、退職してからの生活は、運動なども取り入れて体力をアップさせる努力をしておいて損はありません。再就職先が決まり、職場のなかで共通の趣味の方がいれば、すぐに仲良くなれます。ですから、時間がなくてできなかったことに挑戦してみるのも転職期間中の時間の有効活用となります。

  • 長い間接客業で勤めてきましたが、年齢を重ねるにつれ立ったままで行なわなければいけない仕・・

  • 長い間接客業で仕事をしていたのですが、年齢を重ねるにつれて立ち続けなければいけない仕事は体力的にしんどくて、座って仕事ができる事務系のお仕事へ転職することを頭に入れて動き始めました。事務の経験がなければけっこう厳しく、それなら接客業での経験を役立てることができる受付兼医療事務を目指そうと思い資格も獲得して個人のクリニックに転職しました。周囲は超ベテランである先輩パートさんだらけで人間関係が苦痛。夜間のシフトばかり押し付けられ、接客業時代より帰宅も遅いわけですが、まずはキャリアを形成する時だと諦めて頑張ります。