転職の際、面接は避けて通れませんが、面接の際に担当者から「転職理由は?・・

退職|転職時の面接では、少々うそを交えたほうが良いこともあります。

  • 転職をするためには、大半の場合は面接をしなくてはいけません。面接担当者から「転職理由は?」という風に、かなりの確率で質問されます。このときに、いくらあなたが間違っていなくとも、「人づきあい」「働く環境」についての不満やトラブルを絡めた返答などは、できる限りするべきではないでしょう。なぜなら、そのような不満を口にすると、相手会社の採用条件としては厳しくなるようで、チャンスを棒に振ってしまいかねません。そのため面接では「前向き」な人柄をアピールするのが正解です。とにかく「新しい職場で、自分の能力をより発揮し、会社のためにより一層の努力をしていくつもりです」此の様な言い回しが大切です。
  • 退職|以前の私は、転職サイトを利用するよりも、「ハローワーク」で仕事を探していました。

  • これまで私は、求人情報は「転職サイト」ではなく、いつも「ハローワーク」を利用していました。というのは、有名どころの「転職サイト」は、いつも都心部にある会社の求人ばかりだからです。なので、新しい職場を探す時は、「ハローワーク」に頼ってばかりでした。企業の数や、給料といった点は見劣りするのですが、昔から地域密着なので、ピンポイントで見えるのはありがたいです。ですが、「ハローワークはなんか地味だなぁ」と感じている方も多少いるかもしれません。思いのほか、魅力的な求人情報もしっかり掲載されているので、数年以内に退職後の就職活動が不安な方は、ハローワークへ1度行ってみると意外な発見があるかもしれません。人気の転職サイトのように多くのニュースレターの心配もありません。
  • 直接雇用ではなく派遣という形態で仕事をする人が近…

  • 派遣会社に登録し、働く人が最近では多くなってきています。もし、自分が派遣社員になるつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、どのくらいの額(割合)、自分に入ってくるかをなるべく面接時に聞いておきましょう。派遣業は、労働力を欲する会社に人材を派遣し、その見返りに手数料を徴収するシステムといえますが、現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることがかなりあります。5割以上が労働者に支払われていればまだいい会社なのですが、中には開示すらしない派遣会社も多く、酷い派遣会社では、3割だけしか労働者に還元しないケースも多いです。面接のときにきちんと答えない会社は、隠ぺい体質であると考えることもできるので、できるなら別の派遣会社のもとで登録すべきです。
  • 退職|仕事をするにあたり、回復が難しいほど心的なダメージが増…

  • 働く中で心的な負担が大きくなり、転職を考えざるを得ない状況となったなら、そんな時は、会社(の関係者)と相談する以上に、自分の家族と相談し、退職するかどうかの判断をした方が良いです。働くということはあなた自身のためでもありますが、家族の問題ともいえます。どれだけ高給をとったからといって、メンタル面がボロボロになるまで我慢しながら延々と働くのは良い状況とはいえません。現在の社会では、金銭的なことよりも、仕事のしやすさが優先で、前提にしていく生き方も認められつつあります。あなたの身内とあなたの心と体を大切にしていきましょう。
  • 派遣社員だからといって契約期間を迎えたら自分の好きなタイミングで退職できるものではないと…

  • 時間に融通が効くはずの派遣社員であったとしても、1年経ったら好きな時にすぐ辞められるというわけではないことを実際に転職活動を経験して気付かされました。私は結婚した後、生活が落ちついたら、早く子供を持ちたかったので、子供ができる日が訪れるまでのあいだ、およそ1年半~2年くらい現在の職場で継続で仕事したいと思ったので、就職することにしました。派遣社員としてだったので、正社員より月収は少なかったですが、時間的な自由のために、この道を選択しました。ですが、入社したあと、一緒に働く人たちのほぼ全員のスタッフが派遣の仕事を10年以上も続けて勤務していらっしゃったのです。意外にも派遣社員を選択したとしても、契約が終わってもすぐに辞められるワケではないと、悩みが増えました。
  • 転職をする際に注視する求人情報というのは、目安とし・・

  • 再就職をする際に閲覧する募集要項の情報というのは、参考程度に掲載されている、という確率がありますから、そこに書いてある情報はすべて正確であるとは信じない方が好ましいと言えます。とりわけ給料の額などに関しては、平均的な値なのか?最低限保証されている給料であるのか?それとも最高値の金額であるのか?というような判断ができない人も多く、適当な判断で解釈してしまうと、後からそのことを悔いる事も少なくありません。したがって、嫌な思いをすることになる前に、募集内容の情報というのは、参考程度に考えて、そのようなとても重要なことは会社側に直に聞いてみた方が適切でしょう。
  • 退職|その昔は看護婦ですが看護師というのは女性比率がたいへん高い…

  • 以前は看護婦という名前だった看護師は務めとして歴史的にも女性比率がかなり高い職種です。さらに、気力・体力をひどく消耗が激しい傾向にあります。そのため、職場環境での対人関係にトラブルを抱えやすく、自身の結婚や出産などのイベントでそれまでとは同等の勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活との両立が取りづらい仕事です。実際に、上記のような点に行き詰まり、転職する人が多い傾向にあります。色々と過酷な環境であるために、看護師は、どのエリアでも慢性的な人材不足に変わらず継続しています。つねに医療業界は、看護師を必要とする「売り手市場」であるため、それが転職希望者が後を絶たないスパイラルになっています。
  • これまで経験したことがない分野などに転業を行う際は…

  • 経験したことがない業界などに転業する際には、以前の職で、自分が身についた能力や経験が生きるというアピールが必要になります。未経験の人はそれだけその分野で今まで働いてきた人たちよりも不利な状態になりますけど、自分が保持している力がそのジャンルでも生きるということをしっかりと相手に伝えれば、戦える場合も考えられます。それゆえに、未経験である業種に挑むときには、その分野と前の職場でやっていた仕事内容とのつながりを必ず見つけ出してみましょう。
  • 転職活動をするとき、様々な手段で情報を収集することが多いと思いますが、…

  • 転職する際は、いろんな方法で情報を得るのが通常だと思いますが、転職系の口コミサイトは利用しなければもったいないです。一時期、会社に不都合な内容の口コミが掲載されたということで、運営サイトを相手に、損害賠償請求を起こした事例もありました。辞めた社員の報復としてそのような口コミが投稿されているという見方が一般的ですが、逆に言えば、ウソの書き込みだったのなら、会社としては気にしなくてもいいはずです。あるいは、本当のことが書いてあるので会社側としては、「このままではマズイと考え、火消ししなくては!」と考えている可能性もあります。口コミサイトも囃し立てることでアクセス数が増えるメリットもあるので黙認している側面もあるのですが、悪い口コミが多いのは、それだけ入社してからトラブルに遭遇する可能性も高いと判断して良いでしょう。というか、善良な会社には煙など立たないものです。
  • 退職|失業保険の給付に関して、職を見つけようとしていることが必要なのです。

  • 失業保険を毎月、給付してもらうには、職探しをしているという証明が必要となります。けれども、「会社を辞め少しの間でものんびりしたい」と思うのが本音でしょう。なので、しっかり次の仕事先を探しているとハローワークの職員に思わせる方法があるので紹介します。月に一回ハローワークに行って担当職員と面談するのは当然になりますが、その場で「求人票」を確認することを最低限やってください。真剣に探す意思がないときには、「求人票」にだけ目を通し、ハローワークスタッフとの面談にて、「納得できる条件の仕事や自分の能力を生かせる仕事や、希望する求人が無かった」と相手に伝え、次の機会まで待つという方法もあります。
  • 転職先を探している期間は、「趣味」に没頭することに加え…

  • 転職先を探している期間は、自分の好きなことに時間を費やすことに加え、体力を損なわない様にすると良いでしょう。再就職先が決まり、いざ仕事復帰した際に、趣味に興じていたことによっていつの間にか集中する力が高まります。そしてまた、体力アップが図れていることで、一緒に働く人と比べるとスタミナがあるということを認識することができます。というワケで、退職してからの生活は、体力を維持させるように努力をしておいて損はありません。勤め先が決まり、職場であなたと同様の趣味の人とめぐりあうことができれば、話が盛り上がります。ですから時間がなくてできなかったことに挑戦してみるのも転職期間の自由な時間の使い方です。
  • 長く接客関係で仕事を続けてきましたが、加齢のせいか立ったままのお仕…

  • 長年にわたって接客業で仕事を続けてきたのですが、年齢を重ねると共に立ったまま行う仕事は体力的に耐えられず、事務系のお仕事へ転職することを考えて活動をしました。事務の経験がないとけっこう厳しく、そこで接客業の経験も活かすことができる受付兼医療事務をやろうと考え資格も合格して個人の医院に転職しました。周りはベテランの先輩パートさんばかりで人間関係もややこしい。夜間のシフトばかり押し付けられ、接客業をしていた頃より帰宅も遅いわけですが、最初はキャリアを作る時期だと観念し頑張ります。
  • 職を探すのに、インターネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェン・・

  • 転職を行うに際しては、インターネットを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント)つまり斡旋を行う会社が存在しますが、もしあなたがその種の業者に登録したことの結果として転職に成功した場合でも、失業保険は給付されない。ハローワークを通さずに就業しても失業保険は給付されないので気をつけなければいけません。なお、ハローワークを経て斡旋された会社に就職したときは、就職のための必要なものを揃えるための一時金が受け取れることになります。インターネットで集客している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。彼らは、企業から「紹介料」を受け取るのみで、失業保険の給付手続きは扱っていません。頭に入れておかなければ、失業中に給付金を手に入られないので、気をつけておきましょう。
  • 転職を考えるとき、転職先での自分の給与について気にする人…

  • 転職というものをしようと考えたとき、転職先での給料ばかりに気を取られる人が意外と多くいるようです。大部分の方は仕事というのは収入を得るため、行うものです。ですから生活費を給料としてもらうために精を出すとは思います。ですから年収がどれだけかは自分の評価という面もあるから大切なのは至極当然です。それにしてももらっている年収の額ばかりを執着しすぎる生き方というのも寂しい気がします。よく見れば収入に直結しない仕事であっても人間的な成長が遂げられる可能性が多々あるからです。
  • 退職|女性が転職する場合、セクハラが社会的に問題になる前と現在とで・・

  • 女性が再就職するに当たり、一昔前と現在と少し変化があるといいます。以前は面接の場で、「結婚観」や「出産後の予定」などについて、普通に女性たちへ質問していました。しかし、現在はそういった内容はセクハラに該当するかもしれないので質問をしない企業が一般化しつつあります。そして、名の知れた大企業の場合は、神経を尖らせているようです。しかしながら、面接する側としては、YES・NO、といった形ではなく、その女性の人生観、結婚した後は退職するのか、出産後の具体的な対応を把握しておきたいとは思うはずです。自らの人生設計を理解してもらうためにも、志望動機や自己ピーアールとともに伝えることで、面接担当官にもしっかり伝わると思うわけです。そういうわけで、たとえ、聞かれていない箇所も先にあなたから気遣いながら話をしておくのが良いでしょう。
  • 退職|転職する前には、今働いている会社の同僚たちがあなたの転職を知る・・

  • もしも再就職の前に、現在の職場の同僚たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、雰囲気が一変するかもしれません。周りとの付き合い方によっては、問題はないこともありますが、やっかみや意地悪される可能性もあります。酷い場合には、残業時間を意図的に増やされる仕打ちも考えられるので、むやみに転職のことを周囲に言うのはあまり良いとは言えません。上記トラブルを避けるためにも、今現在の職場では、いたって真面目に振る舞いましょう。充分に警戒しておけば、良い空気をギリギリまで残したまま、最高の形で会社を辞められるはずです。それに、何の問題もなく円満に退職できたなら、転職後に、あなたが何かあったとき、アドバイスをもらえるような良好な関係性を持っておくことができます。どのような企業であっても、人とのつながりはとても大切であるため、辞める際のトラブルはしっかり回避しておきましょう。