転職の面接を受けにある会社に赴きました。

退職|転職における面接に転職したい会社へ向かいました。

  • 転職のための面接に赴きました。たまたまその会社にある部屋が空いていないというわけで外部のある場所で面接をする方と待ち合わせて面接をして、その場所で解散、面接担当者もそのままそのまま自宅に帰るとのことでしたが、なんと自宅最寄駅が私と同じ。それで電車の中でも面接官と一緒におしゃべりをしながら帰宅することになって、緊張がほぐれて面接しているよりも話が弾んで、それが功を奏したのか何事もなく採用を手に入れることができました。

    近年の企業の労働背景の慌ただしい変化に際して、働きざかりの世代の中で…

  • ここ数年の企業の雇用に対する考え方の変移について、働きざかりの世代の中で34歳ぐらいまでの若年層は鋭く感じ取って、それはたぶん、自身のキャリアアップと転職とを思案しているのでしょう。このため、サラリーマンや労働者といった人たちの労働市場の「流動化」が年々増えてきているので、一層、将来、より広範囲な世代で転職について考える機会が増加すると考えられます。労働市場の「流動化」が進むことで勤め先を変えることは誰しもが身近な出来事として捉えるようになるのです。「終身雇用制度」が機能したかつては、転職者には悪いイメージがあり、損をしてしまうこともありました。しかし時代が変わり現在の仕事に固執する意味がますます無くなってきています。

    失業者がもらえる失業保険は、失業しているあいだは給付条件になりますが・・

  • 失業したときにもらえる失業保険は、失業のあいだが給付の条件ですが、期間に制限があります。失業時までに働いていた期間によって異なり、3ヶ月とか、1年と決定するのですが、世の中にはこれを知らない人が一定数います。失業を続ける限り給付されると思い込んで「失業保険が給付される間は遊んでいよう」という人をたまに見かけますが、給付期間が終わろうというところでようやく自分の間違いを知り焦りつつ仕事探しを開始しても好条件の仕事を見つけるのは至難の業です。会社の面接官も無能では無いので、「いつ失業したか?」「失業してからどのくらい時間が経過したのか?」「その間、何をしていたのか?」といった内容はほぼ相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いです。ヘタをすると、面接時にそのような質問を食らう可能性もあります。答えに困ってバレバレの嘘をついたりしていると、まず受からないでしょう。

    退職|転職の準備をしようと人材紹介会社へ登録に行きました。

  • 数日前仕事を探すために人材会社へ登録に行きました。そこで登録するときのカウンセリングをしに現れた担当者が見たところ経験の少ない社員のようで、私の説明の5割もその社員は理解できていない模様。それなのに「そのキャリアデザインでは厳しいですね」とか「自分の強みをはっきりと知ることが大事でしょう」とか、上から目線で横柄に言い散らかすので大変不快でした。カウンセリング担当者はある程度カウンセリングの経験がある人にするべきです。

    就職活動において、必ず問題になるのが年収です。

  • 転職活動をしていれば、必ず「年収」の話題が上がってきます。面接において、現職の年収に加え、将来的な希望年収額も尋ねられるでしょう。ここで本当の年収を偽って、多く申告し、転職先の年収を引き上げてもらおう、とは思わないようにしましょう。なぜかといえば、結局は源泉徴収を提出することになるので、仮に一時的に信じ込ませたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、結果的にウソがバレてしまうのです。ヘタをするとトラブルに発展するおそれもあるので、現在の年収を正確に相手に伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。なお、現在の年収が300万円の人が転職して500万円となる可能性はほとんどありえません。もし、年収が400万なのであれば、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくのが無難です。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に採用されたとしても、そのまますぐに退職しなくてはいけなくなることを招きかねません。

    今ではスマホで調べればネット上では、今では「転職に役に立つサイト」に類するものが…

  • 近頃はスマホで調べればネットのエリアには、いわゆる「転職のためのサイト」に類するものが無数にあります。サイトから自分自身が欲している転職先を見つけたいなら、とりあえず情報収集をする必要があります。「転職サイト」をしっかり使いこなすことで、効率的かつ満足度の高い転職先探しができます。更新頻度が高く、さらには客観性と正確性を持ち合わせた「転職サイト」もありますが、それとは対称的なサイトもあるので、注意しておきましょう。まずは、信用に値するサイトかどうかを見極めることがポイントとなりますからよそと比較しながら厳しく確かめてみてください。

    退職|就労期間中なら、できれば社内の人間に悟られないよう、…

  • 在職中には、できるだけ周囲が気づかないように、(私のときは)雇用期間中に転業の意図だけ、活動初期に社内で言ってみたことがありました。が、その後に求人サイトを必死にあれこれ見ていったものの、予想に反して就職のあても仕事を変えるタイミングも何一つ進めていたので、知らぬ間に時間だけが経過してしまいました。会社のほうは、業務の引き継ぎや手続き、退職日などが確定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず転職(できる)先を決める」という、お粗末な状況で会社を去ることになりました。結局、理想とする結果が実らず、失業期間を経験し、次の就業先を再度探しました。

    もし転職される場合は、先に資格を取得することで有利に事が運びます。

  • 転職を予定しているのなら、先に資格を取得しておくことをお勧めします。とくに、在職中に資格取得しておくと、転職でそれを生かせるので、新しい仕事を探すのも簡単になります。こういった理由から、資格取得するなら、在職中であり、かつ転職活動前の段階が良いといえます。もしあなたが転職を目指しているなら、実際に役に立つ資格を取得しておくと、仕事を辞めた後も後悔なく次に進めます。それに加えて、資格を保有することで転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、転職先の面接の時には面接担当者に「即戦力」と好意的に捉えられ、以前の職場より待遇も良くなる可能性が高いです。

    仮に転職を考えたとしても、あらゆることが順調にいくという保証はどこにもありません。

  • 転職にもあらゆることが首尾よく運ぶという確証はどこにもありません。遅かれ早かれ転職をしなくてはならないならいつか、しようと考えているなら若いうちに出来るだけ早く考えておくべきでしょう。平均的に見た場合、20代のうちは結果が出やすいですが、残念なことに、30代後半~40代に突入すると転職というのは相当に厳しくなります。もしも、重要な役職に就いているのなら、転職の気持ちが強くなっていても今の会社に残ることも結論として選ぶ答えの中に含めておくべきです。つまり、退社してから転職活動をスタートさせるよりも、現在の会社に残りつつ、じっくり探すほうが後悔がないはずです。

    近い将来、私たちの社会的環境においてより一層思考を必要としない仕事・・

  • 私たちの労働環境は、これからぐっとシンプルな労働は機械化が進み、明らかに必要な労働力はどう考えても縮小していきます。というのも、短絡的な労働は人よりも機械で作業するほうが数段に分があるからです。数をカウントしたり、同じ手順を繰り返すことは機械なら問題ありません。もちろん人間とは違って愚痴も言わず、肉体的な疲れもないし、不正行為をすることもないし、何より正確ですし、均一だし、ヒトとは違い、「人件費」が発生しないのも大きな違いといえます。ですので、労働力として人を使う理由が到底無いので機械化の流れは無理もありません。

    今あるスキルや資格を有効活用しつつ、転職活動を検討しているな…

  • 自分のスキルや資格を有効活用しながら、就職活動する場合は、再就職がしやすい業界と、そのスキルが不必要な、転職が難しい業界がある事を理解しておけば転職先を探すのに役立ちます。すんなりと転職がかなう業界としては、慢性的に人材不足がいわれている医療・介護業界が代表的といえます。医療・介護は、看護師、介護士は「資格」を必要で、ハードルの高いジャンルといえます。ただし、現在「医療・介護」の仕事をしていて、何かしらの理由によって他の業界へ再就職したいと思っているのなら、少し考えてみたほうが良いです。他の業界では人材の流動性は少ないもの、と理解しておきましょう。というわけで、簡単に考えないことが重要です。再就職をされるのであれば、他の業種では医療や介護系の業界の仕事探しよりも厳しいものとなることを覚悟しておきましょう。

    転職しようと思うのなら、今の仕事・業務での納得いかない部分を…

  • 転職やることに当たっては、直近の仕事・業務の何に不満があるのかを明確化する事が良いです。これは当然できていると思われますが、意外とできてないです。元々不満があるからこそ、転職しようと思われているはずです。しかし「きちんと現在ある仕事や業務の不満な点を書き出す」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びに失敗するリスクは減らせます。そのあと、仕事を変えることで「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」をしっかり想像してみましょう。転職したとしても、すべての問題が解決するとは限りません。ですが、デメリットとメリットのバランスをあらかじめ理解しておけば転職後の急激なモチベーションの低下は防ぐことができるでしょう。

    退職|転職活動は、企業とのやりとりというより採用担当の面接官と…

  • 転職活動のコツは希望する企業相手というよりもどっちかというと「担当面接官」とのやり取りが重要といってもいいでしょう。しっかりと採用してもらうために、先ずはあまり意識せずに焦る気持ちを抑え、平常心を意識しましょう。女性とお見合いをする意識で望むと緊張がとけるかもしれません。面接官に対してはもっとも最初にあなたの人柄や人間性を判定されるので誤解を招くような言動や見た目は注意し控えましょう。社会人らしくきちんと整った服装を意識してください。ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。面接官に健康的で魅力がある人物と認識されれば、転職活動での良い結果が出しやすくなるはずです。

    転職の面接などにおいて担当者に名刺を差し出された場・・

  • 転職での面接などの時にもし名刺を差し出されたとしたら、こちらとしても名刺を相手側に渡すべきか?渡さないべきか?と対応の仕方に悩んだ場合は、おおむね差し出さないもの、と考えておきましょう。面接というのは仕事の一環ではなく、就職活動内のことになるのです。ですから一般的に考えて名刺をやりとりする場とは違います。それに、あなたは会社の人間としてその場にいるのではなく、あなたのことでそこにいるわけです。それゆえ、相手から名刺を差し出されても、こちらは、ただもらうだけで大丈夫で、面接担当者に相手の方にあげる責任はまったくないと言えるのです。

    退職|退職と転職を度々しないためにすることは一つだけです。

  • 転職を繰り返さないための方法が一つだけあります。仕事面のスキルアップもそうですが、それとは別に精神的なスキルを磨くとそう簡単に転職を繰り返しません。現在はネットもあるので、メンタル面を強くするヒントはたくさんあります。そんな、時に転職とは無関係な「とある行動」によっても精神面を強化することが可能です。その典型例がズバリ「外国に行くこと」です。海外に行くと、文化も言語も大きく異なるので、どんな瞬間も勉強になります。ですから、帰国してからも心境の変化を実感できるはずです。帰国すると、自分が小さな世界しか見えていないことに気づかされ、世間はこんなにも狭かったのだということを思い知らされることになります。その気持ちを携え面接に行けば、これまでの面接とは違って自信満々に自己アピールができるはず。ただし、退職後しばらくの間は精神的に弱くなりがちなので、休暇も必要です。

    退職|大好きな分野の仕事に就きたいと思っている方は注意した方が良いです。

  • 好きなことを仕事にしたいと考えている方は注意です。これは、私の経験に基づいたことなるのですが、私自身、もともと食べることが本当に大好きだったのですが、以前は、飲食の世界(レストラン)で勤務していた時期があります。その飲食店での業務は、その飲食店で担当していた仕事内容は、簡単な盛り付けやホール業務でした。この業務内容については、不満もなく楽しんで働いていました。ですが、人間関係のいざこざにとても悩まされました。そのことが引き金となって職場を去ったのですが、その影響で、大好きだった食べることやその店で扱われていた食べ物も嫌いになり、類似の店には避けるようになりました。当時の店の匂いを思い出すだけで辛くなります。仕事を始めたばかりの頃は、好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。趣味に通じることや大好きなジャンルの仕事に就きたいと思うのは本当に素敵なことだとは思います。ですが、「好き」は、どのくらいすごいのか、冷静に向き合ってから行動するべきです。