転職時の採用面接にとある会社に行ったときのことです。

退職|転職の面接を受けに赴いたときのことですその日に限っ…

転職のための採用面接を受けに転職したい会社へ行きました。たまたまその会社の会議室が空いていないということで外の場所で面接担当の人と待ち合わせて採用面接をし、その場で解散し、面接をした方も会社に帰らず直接自宅に向かうとのことでしたが、偶然にも自宅からの最寄駅が同じ。なので電車内でもずっとおしゃべりをしながらいっしょに帰宅することになり、その結果すっかりリラックスして面接よりお話が弾んで、それが奏功したからなのか無事に採用を獲得することができました。

このように今の時代の企業の雇用に対する考え方の変化に当たって・・

このように現在の労働環境の慌ただしい変移をに関して、若い人たちほど関心度が高いといわれています。自らのキャリアアップと転職とを視野にいれているのでしょう。サラリーマンや労働者の労働市場の「流動化」が顕著となっているので、なおさら、後々若い世代の転職への注目が強くなるでしょう。労働力の流動化」の影響により、勤め先を変えることはあなた自身も身近なこととして捉えるようになります。「終身雇用制度」が実在したしていた頃には「転職」をする人は、そのことで経歴にマイナス評価がつく、と言われて転職が思うようにいかず、困っていた人も多くあったようです。けれども、社会の流れが変わり現在の会社に固執する意味があまりなくなったように思います。

失業時の助けになる「失業保険」は、失業中でなければ給付されません…

失業した際に受け取れる失業保険は、失業していることが給付の必要条件ですが、永久に給付されるわけではありません。それまでに働いていた期間に応じて3か月とか1年とかが決まるのだが、驚くことにこれを知らない人が一定数います。失業中である限り給付されると思い込んで失業保険で食べていけばいいと考えて求職活動をしない人もいますが、給付期間があと1か月しか残ってないと気づいてから急に職探しをしたとしても好条件のところを見つけるのは困難です。転職先の面接官も無能ではないので、「いつ頃失業し、どの程度経過し、何をやっていたのか」に関してはそこそこ察しがつくでしょう。相手によっては、面接時にそれらを根掘り葉掘り訊かれることもあります。しどろもどろになると合格する可能性は限りなくゼロに近くなります。

退職|この前新しい仕事先を探すために人材紹介会社へと登録に行きました。

数日前転職の準備をしようと人材紹介会社へと登録に足を運びました。そのとき登録するときのカウンセリングに現れた担当の人が見たところ会社に入って間もない社員のようで、私の説明の3分の1も彼はわかってはいない模様だったのです。おまけに「キャリアデザインがまだまだですね」とか「もっと強みをはっきりとさせることが重要でしょう」とか、わかったように横柄にのたまうから非常に嫌な気分になりました。カウンセリングをする人は多少はカウンセリングのスキルがある社員にしてほしいと思います。

退職|就職活動において、年収はかなり重要な要素です。

就職活動において、年収はとても大切な要素です。面接時には、大半の企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。現実の年収を上回る額をもらっていると偽り、多額の年収を獲得しようとしても、無駄でしょう。というのは、結局は源泉徴収を提出することになるので、たとえ一度は信じさせたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、必ず虚偽の申告をしたことがバレていまいます。最悪の場合、トラブルに発展することもあるので、現職での年収は正直に申告し、それに釣り合った希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。例をあげると、現在の年収が300万円の方が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばほとんど無い、と見ておくべきです。年収が400万なのであれば、希望額は400~450万円であると伝えておくのが無難です。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、入社後のトラブルとなって、せっかく入社したのに退職せざるを得なくなるおそれもあるので、注意しましょう。

いわゆるパソコンは便利でインターネット上では、「転職に関するサイト」と呼ばれるも…

どうもスマートフォンを見ればネット上では、「転職のためのサイト」に類するものがそこらじゅうに存在しているのをご存知でしょうか?そのいっぱいのサイトから自分自身にピッタリの転職先と思えるのを探すためにも、何よりも情報が大事ですから収集をする必要があります。このような「転職サイト」を上手く利用することでスムーズな転職先を探せます。転職希望者にとって役立つ情報満載の役に立つ「転職サイト」がある一方、それとは対称的なサイトもあるので、充分に注意しておきましょう。とりあえずは、本当に信用していいのかどうかを見極めることがポイントとなりますから他と比べつつ、しっかり確かめてみましょう。

就労中には、できれば周りの人間に気づかれないように…

在職中には、なるべくバレないように(私の例ですが)在職期間中に転業したいという意図だけ、早期に周りの人に話したことがあります。しかしながら、その後に求人サイトを散々見て回ったものの、結局就職先やタイミングさえも無鉄砲に煮詰まっていないままいつの間にか時間だけが経過してしまいました。挙句の果てにはその一方、社内では仕事の引き継ぎ予定や手続き、私自身の退職日などが続々と確定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で就職先を探していく」という、本末転倒な状況で会社を去ることになりました。結局、理想とする結果が実らず、失業期間を経験したのち、次の就業先を再度探しました。

退職|もし転職をするなら転職前に「資格」を取っておくと選択肢が増えます。

もしあなたが転職を視野に入れているなら、資格を取得することで有利に事が運びます。とくに、在職中に資格取得をしておくと、転職の際には有効活用することができますから、新しい仕事を見つけやすくなります。そんなわけで、在職中であり、なおかつ転職活動前の段階が資格取得においてのもっとも好ましいタイミングといえます。もしあなたが将来を考え、是非とも在職中に目指したい仕事の資格を取ると仕事を辞めた後も躊躇なく次に進められるはずです。それに加えて、資格を取ってからの転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、転職先の面接時に面接担当者に「即戦力」と認められ、今までの職場より待遇も良くなる可能性があります。

転職しようとしても全てが順調にいくとは言えません。

仮に再就職を目指そうとしても、あらゆることが首尾よくいくと断言はできません。遅かれ早かれ転職をしなくてはならないならそのうちに転職をしなくてはならないなら若い間にできるだけ早く行動したほうが良いです。平均として見た場合、20代のうちは良い成果があがりやすいですが、残念なことに、30代後半~40代に至ってからの転職は相当に難しいといえます。もしもあなたが、役職を担当している場合、転職の意識が強くなっていても現在の会社に居残ることも結論として選ぶ答えの中から外さないほうが良いです。退職後に転職活動を開始するよりも、今の会社には残ったままじっくり探すほうが賢明といえます。

近い将来、ますます簡単な労働は機械に変更されていきそれに伴い、…

これから、労働力という観点においてぐっと単純労働は機械化が進み、結果的に人手はどうしても減っていきます。なぜなら単純な仕事という観点では人間の手を借りるよりも機械を稼働させたほうが圧倒的に能力が高いからです。例えば、数量をカウントしたり、同じ動作を延々と繰り返すことは、機械ならへっちゃらです。当たり前のことながら人と違って不満を言わないし、疲れもしない、適当にすることもないし、何より正確ですし、均一化できるメリットもあります。おまけに人と違って給与を渡さなくてもいいのがメリットといえます。このような理由から、人間を使う意味が到底無いため、機械化が当然といえます。

退職|今あるスキルを有効活用しつつ、転職活動を考える際…

今ある自分のスキルや資格を活かして転職を考える際は、比較的、そのスキルがプラスになる転職しやすい業界と比較的そのスキルが不必要な、転職が難しい業種がある事を理解しておきましょう。転職がカンタンといわれる業種は、常に人手不足になっている「医療・介護」がとても有名ですね。医療・介護の職種ではそれぞれ看護師・介護士資格が必要であるため、容易に応募することができない事がかなり大きく影響しています。こうした業界で働く人が、様々な理由により、他の業界へ転職したいと思っているのなら、簡単に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」以外の多数の業界は、流動性は決して高くはないのです。容易に考えない事が必要です。異業種への再就職される場合は、他の業種では医療や介護系の業界ほど売り手市場とはいかないので気をつけましょう。

そのうち転職活動を予定しているのなら、今いる業務や…

そのうち転職を考えているのなら、今現在の業務で感じている不満点を洗い出しておきましょう。当然と思われますが、意外とできてないです。元々不満な点にガマンできないから転職しようと思っているはずです。でも「いまの客観的にみた不満点を列挙する」ことをほとんどの人はやっていません。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びでの失敗を防げます。そのあとに、仮に転職した場合、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」をしっかり想像してみましょう。なぜなら、職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。こうした整理をする事で、転職してからのモチベーションの低下は高確率で防げますから、失敗しないのはできます。

退職|転職活動のコツは希望している企業そのものよりも、どちらかと言えば面接係員・・

転職活動のコツは希望先転職先の会社企業というより、どっちかというと「担当面接官」との勝負と言ったほうが正しい気がします。採用担当の面接係員に良い印象を与えるために、初歩として面接の時間になる前に焦らずに対応することを心がけましょう。たとえば素敵な女性とお見合いをする、といった気持ちでいる望むと問題はありません。とくに面接によって第一歩としてあなた自身の人間性や人柄を見られるので誤解を招くような言動や見た目は気をつけてゼッタイにやめましょう。なおかつ常識的な社会人らしい清潔感・好感度ある服装(T・P・O)を意識してみてください。オーラを感じさせることができればいいです。企業にとって必要な人材と感じてもらえれば、きっと良い結果で転職活動を終えることができるでしょう。

退職|再就職の面接などにおいて名刺を渡された場合、あなたも名刺を相手に…

転職の面接などにおいてもし面接担当者に名刺を渡された時、同じように自分も名刺を渡すべきであるのかどうかと悩んだ際は、ほとんどの場合は渡す必要はないと覚えておいてください。転職のための面接というのは仕事内ではなくて、職を得るための採用活動の一環です。ですから一般的に名刺を交換する場ではありません。重ねて、会社の人間としてその場にいるのではなく、個人のことでこの場にいるわけです。そのため、もし相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちらは名刺をもらうだけで問題なくて、相手側にあげる義務は少しもないと思われます。

退職と転職を繰り返す日々を止めるためにすることは一つだけです。

退職と転職を繰り返さないための対策は、とてもシンプルです。スキルを向上させることもそうですが、精神的に成長すると、そう簡単に転職を繰り返さなくなります。ネット社会の現在ではメンタル面を強くするための自己啓発系の情報は容易に知ることができます。また不思議に思われるかもしれませんが、転職以外の行動によっても、精神を鍛えられます。その典型例がズバリ「海外旅行」です。海外旅行に行くと、日本とは違う様々な文化があり、目につくすべてが刺激となります。なので、人間的に成長させてくれる修行とも言えます。日本に戻ってくると、「自分の視野の狭さ」にビックリしたりして、こんなにも世間は狭かったのだということを思い知らされることになります。その気持ちのまま、(転職のための)面接に臨めば、今までとは違って自然と自信に溢れた態度を示せるはずです。でも、退職直後は精神面が弱くなっているので、その後のために適度に休みましょう。

自分の得意なことや大好きなことを仕事にしたいという風に考えている人は注意した方が良いです。

自分自身の好きなジャンルの仕事に就きたいという風に考えている人は気をつけた方が良いです。これは、私が体験したことなのですが、私自身、もともと食べることが本当に大好きだったのですが、それが理由で、過去には、飲食の世界(レストラン)で仕事をしていた時期があります。そのお店での業務は、そのお店で私が任されていた仕事内容は、簡単な盛り付けやホール業務でした。この業務内容に関しては、嫌なこともありませんでしたし楽しんで働いていたのですが、人間関係のいざこざに疲れてしまいました。そのことが引き金になって、職場を去ったのですが、そのせいで、食べること、そしてその店でメニューとして扱われていた食べ物すら苦手になり、よく似た飲食店にはしばらく経った現在も行く勇気がありません。当時のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。この仕事に就いた当初、大好きだった店が嫌いになってしまいました。自分の大好きなジャンルの仕事に就きたいと夢見て、実現させることは本当に素敵だとは思います。しかし、あなたの「好き」はどのレベルのものなのか、冷静に尋ねる必要がありそうです。