転職時は、様々な手段で情報を集めることが多いと思いますが・・

転職する場合、いろんな方法で情報を収集する人が大半だと思いますが…

  • 転職活動を始めるにあたって、様々な経路で情報を収集することが多いと思いますが、転職系の口コミサイトはとても役に立ちます。一時期、会社の損失につながる悪い口コミが掲載されたという理由で、サイト運営者に対して損害賠償請求をしたケースがありました。会社の都合で退社した元社員の報復としてその手の口コミが投稿された、という見方が一般的ですが、違った角度から見れば、ウソばかりの投稿だったなら、会社側が気にする必要は無いと言う事になります。ですが、現実は『クロ』で「マズイと考えはやく炎上をしずめよう」と思っているのかもしれません。口コミサイトも炎上によってアクセス数が増えたり、サイトが注目されるチャンスになるので黙認していますが、好ましくない内容の口コミが目立つのは、その分入社してからトラブルに遭遇する心配のあると判断して良いはずです。というか、善良企業の場合トラブルは発生しません。

  • 退職|実際に失業保険の給付を受けるためには、仕事を探しているという証明が必要となります。

  • きちんと失業保険を給付してもらうためには、職を探していることを理解してもらわなければいけません。とはいっても、現実的には「会社を辞めしばらくはゆっくりしたい」と思う人が多いとは思います。そこで、心から就業先を探しているように、見せる方法があるので紹介します。毎月ハローワークに行って担当スタッフと面談するのは当然ながら必要として、そこで、求人票を閲覧することが必ず行う必要があります。心の中では探すモチベーションがわかないときは、求人票を熱心に閲覧している芝居をして、ハローワークスタッフとの面談で、「労働条件のいい仕事や自分の能力を生かせる仕事や、希望する求人が残念ながら見当たりませんでした」と告げて次の機会まで待つという方法もあります。

  • 転職先を探している期間は、自分の好きなことに時間を費やしたり、…

  • 転職先を探している期間中は、趣味に没頭したり、体力を損なわない様にすると良いでしょう。転職先が決まり、新たなスタートを切ったとき趣味に集中していたことによって気付かないうちに集中力が養われています。また体力アップが図れていることで、その場の社員さんと比べると疲れにくいということを自ずと認識することができます。ということで、退職後は趣味に力を入れることと、体力を落とさないようにしておいて損はありません。このあと、その職場で同様の趣味の方と出会えれば、直ぐに親しくなることができます。ですから、気になったことにとことん時間を費やすのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。

  • 長年にわたって接客業で務めていたのですが、歳をとると共…

  • 長い間接客業で勤めてきましたが、年をとったせいか立ったままで行なわなければいけない仕事は体力的にハードなため、座り仕事である事務系のお仕事へ転職することを頭に入れて行動を起こしました。事務未経験の場合少々厳しく、接客経験も活かせる受付兼医療事務になりたいと思い資格も獲得して個人の医院に転職をしました。周囲はベテランである先輩パートさんだらけで人間関係に関しても難しい。夜のシフトばかりさせられ、接客の仕事をしていた頃よりも帰る時間が遅くなってしまったのですが、最初はキャリアの形成時だと思って仕事を続けます。

  • 求職活動をするとき、インターネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」…

  • 仕事を探すのに、インターネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」を利用する場合もあるでしょうが、もしもそのようなところに登録し新しい会社で働くことになった場合でも、失業保険の給付を受け取ることはできないので注意しましょう。ハローワーク以外の機関を使って就職が決まったとしても失業保険とは無関係なのであとで後悔しないようぬい気をつけてください。これと違って、ハローワークにより斡旋してもらって就職したときは、就業に備える準備金として一時金が受け取れることになります。インターネットでのエージェントは公的機関では無く、ただ彼らは、企業から「紹介料」を手にするだけで、失業保険とは何の関係もありません。これを知らないでいると、失業中にお金をもらえない状況になるので、就職エージェントの利用を検討される人は特に気をつけましょう。

  • 転職というものをしようと考えたとき、そこでの給料ばかりに気を取られる人…

  • 転職を考える際、転職したあとの給料ばかりに気を取られる人が案外多いものです。ほとんどの方は、だから生活費を給料としてもらうために働くとは思います。したがって年収がいくらかは自身がどのくらい評価してもらえるか、という側面もありますから、当然大切なのは至極当然です。それにしても年収というものばかりを気にかけすぎる人生というのも考え気がします。それより年収に反映されない仕事であってもやりがいを感じられることが普通に転がっているからです。

  • 女性が転職するに当たって、セクハラが社会的に問題になる前と今…

  • 女性の再就職において、一昔前と現在とでは少なからず、変化があるといいます。過去には面接のなかで、既婚者なら出産の予定など、自然に女性たちへ質問していました。ですが、今現在はその手の内容は、「セクハラ」と捉えられ、質問をしない会社が一般化しつつあります。名の知れた大企業の場合は、この手の質問を露骨に避けるようになっています。けれど実際、企業側としては、〇か×ではなく、その女性の価値観結婚後・出産後は仕事にすぐに復帰するつもりかなどを当然、把握しておきたいとは思うはずです。自らの人生設計を理解しておいてもらうためにも、志望の動機や自己ピーアールと並行して伝えることで、面接官のモヤモヤも解消できると考えられます。ですので、たとえ、質問されていないことでも、あなたが先んじて企業にとっては必要な情報と捉え、答えてみることを考えてみてください。

  • もし転職することを、今の職場の同僚たちが、あなたの転職を知ると…

  • もしも再就職の前に、今の職場の同僚たちが、あなたの退職を知ると職場の雰囲気がガラリと変わるかもしれません。働いている会社の環境によっては、これまで通りに行くこともありますが、意地悪、やっかみの対象になるおそれがあります。さらに、残業時間を意図的に増やされるキケンもあるので、むやみに「転職します」と口にするのは考えものです。なので、上記のトラブルを回避するためにも、現在の仕事場では、真面目を装いましょう。充分に警戒しておけば、良い関係を維持したまま、心置きなく仕事を辞めることが出来ます。また、トラブルなく退職できれば、辞めた会社に何かあったとき、アドバイスをもらえるチャンスにも恵まれるでしょう。会社の大きさに関係なく、どこの企業も、人とのつながりはとても大事なので、会社を辞める時のトラブルは、充分に注意しておきましょう。

  • 退職|再就職で勤め先を新しく替えるということは、自分に合う…

  • 転職することで職場を一新するということは、自分自身に適する理想に近い場所を選びたいものです。勤務先を変えることによって、あなたに適した仕事にありつくことができるかもしれません。でも、現実に行動に移すとなると、転職先にふさわしい能力を持っていないと、願いを叶えられないでしょう。表現を変えると、自身が価値ある人材になれれば、「天職」に近い転職に巡り会えることも可能、ということです。今の社会は、「職業選択の自由」が権利として当たり前になっているので、会社を変えても特に問題はありません。事実、終身雇用が死語となりつつある現在は「優秀な人材が欲しい」と願う企業もだんだん増加しているので、今の良い時期に転職を考えてみるのもアリだと思います。

  • 今と違った職場につきたいと転職をしようとがんばって…

  • もっと良い企業につきたいと転職をする活動をしている人とは「一刻もはやく採用通知が手にしたい」と思ってしまうはずです。しかし、内定通知ほしさのばかりに、自分の能力を必要以上に大きく見せたり、またその逆に自分を安売りするような行動をするのは出来るだけ止めておきましょう。焦る気持ちをこらえて、冷静に客観的に考えながらあなたに適した職場を探すことに専念しましょう。これまでの経歴を生かしつつ、さらに、今後のキャリアアップが期待できる職場を賢く選択してみましょう。

  • それ以外の仕事に転職に至る理由は、一人ひとり違います。

  • 看護師という仕事の人のそれと違う職に転職する原因は人によって違うはずです。考えてみると看護師が他の職業への転職するには「職場環境に気の合わない上司や同僚、お客がいる」「結婚することで自分勝手にできなくなって出産・子育て加えて家族の介護など、身近な家庭環境の変化によって今までと同じような働き方ができなくなった」「給与とキャリアとのバランスに不満を感じている」といったような理由が考えられます。しかしながら、それでもどうして転職をしたいとと、今一度ゆっくりとそして客観的に見つめ直すことも大切なことです。「本当に転職を叶えたら、状況が上向くのか?」と再考してみて、決断すれば間違いが減らせます。

  • 退職|人生初の転職を行うにあたって、頭に入れておかなければいけないの…

  • 最初に転職を行うのであれば、大切なのは「現在の仕事を辞める理由」を頭の中で整理しておくことだと断言できます。その理由こそが根本問題なので、必ず考えておいた方がいいでしょう。そして問題を改善できるであろう企業を決めていきましょう。卒業してからの転職活動は、大学等での就職活動とは異なり、今の仕事を継続しながら就職活動をやっていくので、時間と体力が必要になります。そのため理由がはっきりしないまま転職活動を開始した場合、途中で行き詰まってしまう危険があります。どんな手段を使っても転職したい、現状に変化を加えたいという感じの強い気持ちがないあいだは、転職活動を始めるのは、やめておくことをおすすめします。

  • 退職|最近では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようになり、…

  • 現代では、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件に関する取り締まりが強化されたり、社名が公表されるなど不利益を被る流れができてきましたが、まだまだ物足りないと考えられます。そのため、面接で見破る必要があります。はじめに、求人票等に書かれている労働条件を覚えておき、ひとつひとつの項目について、遠慮せずに質問してみることです。「ブラック企業」が相手の場合、求人票の記載が嘘の場合、答え方が不自然になったり、「その場ではちょっと答えられない」といったはぐらかされるはずです。中でも「休日」「給与」「残業」では、詳細について聞くと、困った表情を見せる可能性大です。それでも質問を続けると、ブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされた態度を見せるので、そこで「この会社は信用に値しない」と確信できます。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、何か違和感を感じたら、別の会社を面接しておいた方が良いでしょう。

  • 退職|転業を視野に入れているなら頻繁にたくさんの会社の採用情報の・・

  • 転身を検討しているのなら、いろんな企業の募集案内を日常的にチェックすることが、就職先の選択をするときに大いに役立ちます。あなたが今現在の職場にやりがいを感じていない場合、転職活動する際、どんな企業でもいいように見えます。そんな状態に陥ると、どの会社を選択したら良いのかわからなくなり、選択を誤りかねません。雑な行動を取ると、最終的には直ぐに退職しなくてはならなくなるので、見る力を養っておくのがベストです。方法としては、企業の雇用に関する情報だけ見るのではなく、会社の取引先を見る事です。透明性を重んじる会社は取引先情報を開示していますし、反対にそういった企業ではない場合、広告宣伝ばかりに注力しがちなので、覚えておきましょう。そのうえ、会社によっては、個人でのグループに入っている会社があるので、グループの名前を調べて、内容を確認してみてください。

  • 退職|昔務めていた会社で感じの悪い上司の存在に嫌な目に合わされ・・

  • 就職した会社で感じの悪い上司の存在に神経を使い、ついには耐えきれずに退職し、同業者の他の企業へ働き先を変えました。転職先の会社では人間関係を良好に保つことができきわめて満足の毎日でしたが、時が経つにつれて会社の業績が落ち込み、結局は経営統合されることになりました。ところがその経営統合した先の会社がなんと前いた会社で、ものすごく嫌いだった上司がまた私の上司となることに。まったく困ったことになりましたが、どうしてこんな縁があるのでしょうか。もちろんまた転職をしようと活動を始めようと思っています。

  • 退職|転職活動で面接で間違いなく聞かれる質問は志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職のための活動を行っていて面接で「志望動機」「転職理由」の2点は必ず質問されます。このうち志望動機については、率直に話しても問題ありませんが、転職理由についてそのまま伝えるのは得策ではありません。例をあげれば収入に対する不満、同僚や上司とのトラブルなど、面接官に悪い印象を持たれるものです。もっとも、過去のマイナスをそのまま話する人は稀だとは思いますが、転職先企業はその点を重要視しているため、あなたに対し、慎重に「探り」を入れてくるものと考えておきましょう。これに対して悪いイメージを与えずに答える方法としては、現職の仕事内容以外を話しないのが基本です。そのあと、この会社に入ってこんなことを実現したい、「3年後にはーしたい」「5年後にはーしているだろう」、そのために御社を選択しました、と志望動機に話をすり替えてみましょう。