転職活動で大事なことは企業そのものというより、具体的には「担当面接官」…

転職活動では、企業そのものよりも、ある意味、「担当面接官」…

  • 転職活動では、希望する企業とのやりとりというより、正確には「担当面接官」とのやり取りが肝心といってもいいでしょう。しっかりと採用してもらうために、はじめに面接だからといって冷静に対応しましょう。例えれば女性とお見合いをする気持ちで望むと問題はありません。更に大事なことは面接を通じて第一にあなたの「人間性」をチェックされるので誤解を招くような見た目・言動は気をつけてゼッタイにやめましょう。なおかつ社会人らしくきちんと整った服装で向かいましょう。あなたの個性を表現できるといいでしょう。企業にとって魅力的な人材と感じてもらえれば、きっと転職活動はかなり楽になります。
  • 再就職の時の面接などの際に面接担当者に名刺を手渡されとした・・

  • 転職の時の面接などの際に担当者が名刺を手渡してきた場合、あなたも同様に名刺を渡した方が良いのか?と対応の仕方に迷ったら、大体の場合は差し出す必要のないもの、と理解しておくと良いですね。面接というものは仕事の一部ではなく、仕事を得るための就職活動の一部です。ですから普通に考えれば名刺を交換する場とは異なります。それに、あなたは立場上会社の人間として出向いているのではなく、個人の問題でこの場にいるわけです。なので、もし相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちらに関しては、ただもらうだけで問題なくて、担当者に相手に渡すことはまったくないと推測できます。
  • 退職と転職を繰り返す日々を止めるための対策は至ってシンプルです。

  • 転社を繰り返さないための対策が一つだけあります。スキルを向上させることもそうですが、それとは別に精神的なスキルを磨くとそう簡単に転職を繰り返しません。今ではインターネットを用いて精神面を鍛えるコツはたくさんあります。また、転職とは全然違う行動によっても、メンタル面を鍛えさせてくれます。オススメは、「外国に行くこと」です。海外に行くと、生活様式、言語、文化など、違うことばかりなので、どんな瞬間も勉強になります。なので、精神的成長を果たしたい人にはピッタリの修行といえます。日本に戻ってくると、自分が小さな世界しか見ていないことに気づかされ、世間はこんなにも狭かったのだということを思い知らされることになります。その気持ちのまま、(転職のための)面接に向かうと、これまでとは比べようがないほどに胸を張った面接になるので良い方法です。しかし、退職間もないあいだは、精神的に弱くなりがちなので、休みも必要です。
  • 退職|自分の趣味に通じることや好きな分野の仕事に就きたいと思っている人は要注意です。

  • 趣味に通じることや好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている方は気をつけた方が良いです。これは、私が体験したことなのですが、私の場合、もともと食べることが本当に好きでそれが理由で、前に、飲食の世界で働いていたことがあります。そのレストランでの業務は、そのレストランで私が担当していた業務は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務です。この仕事内容に関しては、嫌なこともありませんでしたし楽しんで仕事ができていました。ですが、人間関係のいざこざで嫌になってしまいました。そのことが理由で、職場を離れることにしたのですが、その結果、好きだった食べること、そしてその飲食店で提供していた食べ物も嫌いになってしまい、同ジャンルの飲食店には現在も行けません。当時の匂いを思い出すだけで辛くなります。仕事を始めた頃は、好きだったものをキライになるなんて今でも信じられません。自分の得意なことや好きなジャンルの仕事に就きたいと夢見て、実現できるのは本当に素敵なことだとは思います。ですが、あなたの「好き」の度合いはどの程度のものか、まじめに自分に問いただした上で行動するべきです。
  • 近年の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出始めています。

  • 転職を取り囲む状況は、政治により状況が変わりつつあります。現在の安倍内閣では「アベノミクス」や「三本の矢」といった新たな経済政策が矢継ぎ早に展開されています。内閣が打ち出した経済政策ともに日銀による「金融政策」との相乗効果によって、財界・企業間でも今までとは異なった社会的な変化が顕在化しつつあります。その変化が加わり、民間企業のあいだでも若い世代の減少と現役世代の大量退職による「人材不足」が根深い問題となっています。ここ最近では、外国人の労働者も現状よりも増加させていく、と現内閣は方針として掲げています。外国人労働者の増加に伴い、日本国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こういった社会的変化のなかで日本国内の雇用や転職状況にも、大きな影響が出てくるのは間違いありません。
  • 退職|私が仕事を探していた時期にかなり多くの人材紹介会社に登録していたのですが…

  • 自らが勤め口を探していたころかなりたくさんの人材紹介会社に登録していのだが、その時に感じたこと、それは転職アドバイザーの質も驚くほど様々で大方適当な対応をする担当者ばかり。私にとってはとても重要なことなのにもっと一生懸命に向かい合ってほしいという落胆した気持ちが積もってしまいました。その事がきっかけとなって自分自身がキャリアカウンセラーの資格を取ることにしました。キャリアカウンセラーとして働くには資格が必要です。資格を取得するのは経済的な負担も増えましたし資格取得のための勉強においてもとてもきつかったのですが、仕事を探している人たちから頼りにされる人になるべく頑張っています。
  • 退職|転職活動をする上での最後の壁として、現在勤めている会社の退職があります。

  • 転職活動をする上での最後の問題として、今勤めている会社の退職があげられます。転職先がOKしたとしても、現在、所属する企業が、あなたを離したくないと慰留しようと説得してくる可能性もあります。そういったケースでは、絶対に退職する、という強い気持ちを維持することが求められます。たとえ会社に残るように説得されて、一時的に収まったとしても、一度辞めたいと思った会社は、近い内に辞めることになるでしょう。退職をスムーズに行うためには、まず会社の規定をチェックしておき、退職までに必要な日数を超過する年月以降に退職日を定め、退職届を記入しておきます。その後、決定権のある上司と直接話し、「退職に関する交渉は、一切拒否します」とキッパリと伝えましょう。「円満退社」で現職を終えることも転職活動で大切な要素となります。
  • 転職を成功させるための面接でよく思い違いがあるので…

  • 転職を成功させるための面接に関して、勘違いしている人が多いのですが採用を勝ち取りたいあまり無理に猫かぶりしていると、はっきり言って良い結果にはならないことがあります。ですから、その場を繕うのではなく面接の際は「給与システム」など、多くの人が触れにくい内容を勇気を出し率直に尋ねておいた方が、最終的に確実にあなたのためにもなります。意外に思うかもしれませんが、「そんな無遠慮なそのような質問をすることで面接で不利になるのではないか」と不安がるかもしれません。しかし、意外なことに、マイナスに作用することは最終的には少なくないようです。これらのお金や労働環境に対する内容は、実のところ、多くの人が知りたい内容なはずです。とはいえ、面接応募者の多くは、不採用を恐れて質問できないのが普通です。なので、あなたが勇気を出して質問をすることで、「言うことはちゃんと言える人だな」と面接官に印象づけられるのです。
  • 再就職をスムーズに行いたい場合、準備は必要不可欠です。

  • 転職活動をスムーズに行いたい場合、相応の準備は必須です。一言で準備といってもたくさんありますが、とりわけ身だしなみ、に含まれる服装は注意している人は多いでしょう。けれども、現在の企業面接に関しては形式ばらない服装が多い会社があるので、ビジネススーツを着込んで行く必要がない場合もあります。会社の創設して間もない会社などは、厳格なルールもないことが多く、私服の方が印象が良くなります。そして、堅いイメージを与えないのでフランクに会話できるのも魅力のひとつです。また、私服であれば時には面接時にファッションで、相手との話が広がる可能性もあるため、うまくいけば担当の人から気に入られる期待もできます。というわけで、今から転職にトライするなら「設立した年」に注目してみて、(ベンチャー系などの)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負してみるのもアリかもしれません。
  • 転職活動をスタートする際、まずは今の会社を辞職して…

  • 転職において、まずは会社を辞めた後でと考える方もいますが、そのような場合会社がいつボーナスを出すかを事前に確認しておきましょう。ボーナスのある企業はそこら中にありますが、ボーナスが支給されるなら、ボーナスが振り込まれる日まで数か月しかないのなら、支給日が過ぎるのを待って辞職するという考えも悪くないです。ボーナスは結構大金なので、手に入れなければ損ということも言えるでしょうから、転職を考える時にはいつ頃ボーナスが手に入るのかを最初に調べておいた方が得策です。
  • 再就職する際、かなり重要視されるのがまぎれもなく「面接」です。

  • 転職活動では、重要となるのが「面接」なのは間違いありません。普通一般的な面接では、面接官が応募してきた人に対し、転職するに至った理由や仕事の意気込みなど色々な質問が飛んできます。そして、面接が終盤を迎えるあたりで今度は、面接係員が転職者である面接者にたいして逆質問というのがされるのが普通です。面接担当者から「何か弊社について疑問点はありますか?」と言ってくれるわけです。こんなときは、気持ちの準備ができず、慌ててしまうかもしれません。こんな場面に備えて、事前に会社や仕事に対しての疑問点などの答えを考えておくのがベストです。実際に働く前の段階で、いくつかの疑問点は見つかると思います。ぜひ、試してみてください。
  • 後悔しない転職を目指すのなら、事前の情報を集めることが必須です。

  • 満足できる転職するを希望しているのなら、事前に情報収集を徹底してみましょう。そうしようと思うのなら現在は会社の名前を知られていない小さな企業でもHPに会社のことを書いているというのがとうぜんだから、ネットの機能を駆使して気になる点を調べておくとまたその会社についてよくわからないこと等を解消しておくと転職の助けになってくれます。加えて公式サイトに加え、「転職サイト」をチェックしておくのも良いかもしれません。ただし、インターネットだけに頼るだけでは不十分です。何よりも転職の候補にしている企業を自ら確かめることも大事なことです。
  • 退職|日本には「石の上にも三年」というコトワザがありますが、…

  • 「石の上にも三年」といわれる諺もありますが、大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「終身雇用制度」は過去のものとなってきています。「転職」は当たり前の世の中になってまいりました。が、「仕事を変えること」身近な存在になったからといっても、安易に考えるのは厳禁です。実際に転職するつもりなら、時期を的確に捉える必要があります。とりあえず、今やっている職場、や自分の置かれている立場などについて、不満を感じる点を10個前後、箇条書きしてみてください。この作業が、将来の転職活動に役立ちます。そして、もし将来の進む道がなんとなく見えてきたのなら、先るだけ迅速に、今よりも良い仕事ができるよう、努力していきましょう。
  • 退職|転職の時に準備する必要のある履歴書などについてですが・・

  • 再就職しようとする場合絶対に必要となってくる履歴書や職務経歴書などにおいてですが、大方は手書きではなく、パソコンを活用して作るのが一般的となっています。現代の日本では履歴書はパソコンを使わず手書きで用意するのが一般常識だと考えられていることもよくありますが、それは新卒の人たちの就活やアルバイトの時に用意する履歴書であって、実は、転職に関しては履歴書は100%手書きでないといけないと断言することはできないのです。手書きを高く買う会社もありますけど、そうではない時が徐々に増加していていますので、パソコンを用いて作成したものでもよろしいケースはかなりあるのです。
  • 退職|今までは求人誌では、雇用主が必要とする「性別」につい・・

  • 何年か前までは求人誌では、求める人材の「性別」まで記載されているのがほとんどでした。しかし最近では、1985年に男女雇用機会均等法が成立したことによって、雇用時、男女差別がないようにしないといけないルールが敷かれ、募集要項の中身に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。それでも、募集する側には男性・女性のどちらでも良い、とは心のうちでは考えていません。現実問題として、実は男手が必要としている業種に、女性の応募が殺到したり、女性が必要なのに男性がエントリーしてきたり、といった問題も無関係ではありません。もし、「女性が活躍している仕事場です」といった内容なら、会社側が「女性」を必要としている、と認識しておくトラブルを避けられます。
  • 派遣先の会社が決定しました。最初の勤務日に営業担当…

  • 派遣先が決まりました。就業初日に派遣会社の営業の担当者と勤務先の会社の近くのコンビニエンスストアで落ち合うと約束をしていたのですが、営業担当者がなぜか約束したお店の前にいないので店の中にいるのかもしれないと考えコンビニの中に入ったところ、営業担当者は驚くことに雑誌売り場の所でしゃがみ込んで成人雑誌のグラビアページを開いて読んでいるのを発見!こんな担当者のお仕事なんて勘弁してだと感じて、声もかけずにこっそりとコンビニを出て即刻派遣会社に辞退すると連絡をしました。